マツダ ロードスター(ROADSTER)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

マツダの新車ディーラーを探す

マツダ ロードスター 2018年7月(平成30年7月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目マツダ「ロードスター」。ラインアップは「軽快感」と「開放感」を追求したベーシックモデル「S」、より安全・環境に配慮したハイグレード「Sスペシャルパッケージ」、快適装備が充実したレザーシートモデル「Sレザーパッケージ」、運転の楽しさを深化させたモデル「RS」、モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた「NR‐A」を用意。直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV‐G 1.5」をフロントミッドシップに搭載し、前後重量配分を50:50としている。FR用の6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV‐MT」では、軽い操作感、シフト操作中の吸い込み感、節度感を実現し、6速オートマチックトランスミッションでは、スリップ・ロックアップ領域の拡大によるダイレクト感の向上とともに、ブリッピング機能やドライブセレクションの追加などスポーティで力強い走りを実現。今回、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の多くの装備を全機種標準化した。また、ガソリンエンジン「SKYACTIV‐G 1.5」の改良により、気持ちの良い加速感はそのままに、より人間の感覚にあった走りを実現するとともに、環境・燃費性能を向上。安全装備として、ドライバーの認知を支援する交通標識認識システム(TSR)、ロングドライブでの安心感と疲労軽減に貢献するドライバー・アテンション・アラート(DAA)とクルーズコントロールを新採用。さらに、「Sレザーパッケージ」をベースに特別仕様車「キャラメルトップ」を設定。新色のブラウンの幌とスポーツタン内装を組み合わせた。特別感を演出する、深みと輝きが美しい高輝度塗装16インチアルミホイールを特別装備している。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
5BA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 ----km/l 2,554,200
NR−A 5BA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 ----km/l 2,705,400
Sスペシャルパッケージ 5BA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 ----km/l 2,759,400
Sスペシャルパッケージ 5BA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 ----km/l 2,872,800
Sレザーパッケージ 5BA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 ----km/l 3,094,200
キャラメル・トップ 5BA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 ----km/l 3,094,200
Sレザーパッケージ 5BA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 ----km/l 3,207,600
キャラメル・トップ 5BA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 ----km/l 3,207,600
RS 5BA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 ----km/l 3,256,200

マツダ ロードスター 2017年12月(平成29年12月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目マツダ「ロードスター」。ラインアップは「軽快感」と「開放感」を追求したベーシックモデル「S」、より安全・環境に配慮したハイグレード「Sスペシャルパッケージ」、快適装備が充実したレザーシートモデル「Sレザーパッケージ」、運転の楽しさを深化させたモデル「RS」、モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた「NR‐A」を用意。直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV−G 1.5」をフロントミッドシップに搭載し、前後重量配分を50:50としている。FR用の6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV−MT」では、軽い操作感、シフト操作中の吸い込み感、節度感を実現し、6速オートマチックトランスミッションでは、スリップ・ロックアップ領域の拡大によるダイレクト感の向上とともに、ブリッピング機能やドライブセレクションの追加などスポーティで力強い走りを実現。今回、ロードスターが持つ普遍の価値である「人馬一体」の走りをさらに磨き上げることに注力、リアサスペンションと電動パワーステアリングの制御に綿密なチューニングを施し、よりしなやかで上質な走りへと進化した。さらに先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」のアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)も導入した。ボディカラーは新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」等を含む全7色を用意。同時に「Sレザーパッケージ」をベースに特別仕様車「レッド・トップ」を設定。ダークチェリー色のソフトトップやオーバーン(赤褐色)のナッパレザーシートのインテリア、特別感を演出する、深みと輝きが美しい高輝度塗装16インチアルミホイールを採用。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,494,800
NR−A DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,646,000
Sスペシャルパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,700,000
Sスペシャルパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 18.6km/l 2,808,000
Sレザーパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 3,045,600
レッド・トップ DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 3,045,600
Sレザーパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 18.6km/l 3,153,600
レッド・トップ DBA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 18.6km/l 3,153,600
RS DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 3,207,600

マツダ ロードスター 2017年1月(平成29年1月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目マツダ「ロードスター」。ラインアップは「軽快感」と「開放感」を追求したベーシックモデル「S」、より安全・環境に配慮したハイグレード「Sスペシャルパッケージ」、快適装備が充実したレザーシートモデル「Sレザーパッケージ」、運転の楽しさを深化させたモデル「RS」、モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた「NR‐A」を用意。直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV−G 1.5」をフロントミッドシップに搭載し、前後重量配分を50:50としている。FR用の6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV−MT」では、軽い操作感、シフト操作中の吸い込み感、節度感を実現し、6速オートマチックトランスミッションでは、スリップ・ロックアップ領域の拡大によるダイレクト感の向上とともに、ブリッピング機能やドライブセレクションの追加などスポーティで力強い走りを実現。今回、初代「ロードスター」の象徴的なカラーを最新の塗装技術で再現し、2017年1月13日より予約受付を開始し、2017年2月28日まで期間限定でボディカラー「クラシックレッド」を用意。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,527,200
NR−A DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,678,400
Sスペシャルパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,732,400
Sスペシャルパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 18.6km/l 2,840,400
Sレザーパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 3,067,200
Sレザーパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 18.6km/l 3,175,200
RS DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 3,229,200

マツダ ロードスター 2015年10月(平成27年10月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目マツダ「ロードスター」。ラインアップは「軽快感」と「開放感」を追求したベーシックモデル「S」、より安全・環境に配慮したハイグレード「Sスペシャルパッケージ」、快適装備が充実したレザーシートモデル「Sレザーパッケージ」を用意。直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV−G 1.5」をフロントミッドシップに搭載し、前後重量配分を50:50としている。FR用の6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV−MT」では、軽い操作感、シフト操作中の吸い込み感、節度感を実現し、6速オートマチックトランスミッションでは、スリップ・ロックアップ領域の拡大によるダイレクト感の向上とともに、ブリッピング機能やドライブセレクションの追加などスポーティで力強い走りを実現。今回、モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた「NR‐A」、運転の楽しさを深化させたモデル「RS」を新たに追加。「NR‐A」は、パーティレースへの参加などサーキット走行を想定して、車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパーを採用。大容量ラジエーター、大径ブレーキなどを採用して冷却性と耐久性を向上している。「RS」は、ビルシュタイン社製ダンパーとフロントサスタワーバー、大径ブレーキを標準装備し、高G/高速領域でより正確な回頭性と手応えに優れたステアリングフィールが得られ、ロードスターのポテンシャルを極限まで引き出せる足回りを実現。また、RECARO社と共同で、特に高G領域でもよりしっかりと体幹を支え、正確な運転操作をサポートする「RS」専用シートを開発。エンジンサウンドにもこだわり、高回転域まで軽快に吹け上がるロードスターのエンジンの持ち味をさらに強調するために、インダクションサウンドエンハンサーも標準装備。ボディカラーは、「アークティックホワイト」を含む全7色を用意。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
NR−A DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,646,000
RS DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 3,196,800

マツダ ロードスター 2015年5月(平成27年5月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目マツダ「ロードスター」。今回、フルモデルチェンジを行った。新開発の直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV−G 1.5」をフロントミッドシップに搭載し、前後重量配分を50:50としている。新開発のFR用の6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV−MT」では、軽い操作感、シフト操作中の吸い込み感、節度感を実現し、6速オートマチックトランスミッションでは、スリップ・ロックアップ領域の拡大によるダイレクト感の向上とともに、ブリッピング機能やドライブセレクションの追加などスポーティで力強い走りを実現。ラインアップは「軽快感」と「開放感」を追求したベーシックモデル「S」、より安全・環境に配慮したハイグレード「Sスペシャルパッケージ」、快適装備が充実したレザーシートモデル「Sレザーパッケージ」を用意。エクステリアとして、短く低いフロントオーバーハングと、人を中心に配置したコンパクトなキャビンとでつくり出した、乗る人の姿が引き立つ美しいプロポーションとなり、路面に張りつくような安定感と敏捷さをイメージさせる、低くワイドな台形フォルムとなった。さらに、閉時の静粛性を向上し、軽く、座ったまま片手での開閉操作が容易なソフトトップ(幌)を採用。インテリアには、新開発のネット素材とウレタンパッドを組み合わせることで、着座した瞬間に体を包み込み、走行中のホールド性を大幅に向上させた新構造「S−fit構造」シートを採用。さらに、ボディパネルがドアトリム上部まで回り込んで、クルマの内と外の境界を感じさせない、開放感のあるインテリアデザインとした。さらに、スマートフォンと連携してハンズフリーでの通話やショートメッセージの受信・返信が可能になるなど多彩な機能を持つカーコネクティングシステム「マツダコネクト」を搭載(SスペシャルパッケージとSレザーパッケージに標準装備)。安全装備として、カメラでレーンマーカーを検知し、車線逸脱を予測してドライバーに警告する「車線逸脱警報システム(LDWS:Lane Departure Warning System(LDWS)」を設定(Sスペシャルパッケージにメーカーオプション、Sレザーパッケージに標準装備)。ボディカラーは「ブルーリフレックスマイカ」を含む全7色用意。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,494,800
Sスペシャルパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 2,700,000
Sスペシャルパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 18.6km/l 2,808,000
Sレザーパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6MT FR 2名 17.2km/l 3,034,800
Sレザーパッケージ DBA-ND5RC 1496cc 2 6AT FR 2名 18.6km/l 3,142,800

マツダ ロードスター 2014年5月(平成26年5月) 発売モデル

マツダ ロードスター

全幅1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる3代目マツダ「ロードスター」。2L 直列4気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは6速MTと5速MT、電子制御6速ATであるアクティブマチックを組み合わせる。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様の標準モデル「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級モデル「RS」。電動開閉ルーフを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」仕様の「S RHT」、「RS RHT」、ラグジュアリーモデルの「VS RHT」をラインナップ。今回、「RS RHT」(6MT)をベースに、25年分の「Fun」を集約させた特別仕様車「25周年記念車」を設定(限定25台)。ブリリアントブラックで統一したルーフ、フロントピラーカラー、ドアミラー、オフホワイトのレザーシートおよびドアトリム、手塗り仕上げのインテリア装飾パネルを施し、随所にこだわりを織り込んだ。また、ベストバランスを求めてピストン、コネクションロッド、フライホイールなど、エンジンの回転系部品を厳選し、レスポンス、伸び、吹き上がり、音質を追求。さらに、所有する楽しみをより大きく、世界中のオーナーの方との絆を感じられるようにグローバルで統一した仕様とし、生産順にシリアルナンバーを採番。ボディカラーには、マツダの情熱を象徴する色である「ソウルレッドプレミアムメタリック」を用意。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
25周年記念車 DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 3,250,000

マツダ ロードスター 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

マツダ ロードスター

全幅1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる3代目マツダ「ロードスター」。2L 直列4気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは6速MTと5速MT、電子制御6速ATであるアクティブマチックを組み合わせる。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様の標準モデル「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級モデル「RS」。電動開閉ルーフを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」仕様の「S RHT」、「RS RHT」、ハバナブラウン本革シート装着のラグジュアリーモデル「VS RHT」をラインナップ。ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車それぞれの個性の違いをスポーティなブラックや、プレミアム感のあるシルバー基調の装備によって鮮明に表現するコーディネート。さらに、ロードスターならではの運転の楽しさとして、スロットルやブレーキブースター(制動倍力措置)の特性を生かし、アクセル(MT車)やブレーキはコントロールがしやすい。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 12.6km/l 2,397,600
NR−A DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 12.6km/l 2,521,800
RS DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 2,700,000
S RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.2km/l 2,808,000
RS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 2,959,200
VS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.2km/l 3,024,000

マツダ ロードスター 2013年12月(平成25年12月) 発売モデル

マツダ ロードスター

全幅1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる3代目マツダ「ロードスター」。2L 直列4気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは6速MTと5速MT、電子制御6速ATであるアクティブマチックを組み合わせる。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様の標準モデル「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級モデル「RS」。電動開閉ルーフを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」仕様の「S RHT」、「RS RHT」、ハバナブラウン本革シート装着のラグジュアリーモデル「VS RHT」をラインナップ。ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車それぞれの個性の違いをスポーティなブラックや、プレミアム感のあるシルバー基調の装備によって鮮明に表現するコーディネート。さらに、ロードスターならではの運転の楽しさとして、スロットルやブレーキブースター(制動倍力措置)の特性を生かし、アクセル(MT車)やブレーキはコントロールがしやすい。今回改良を行い、従来、アルミホイールとセットオプションだったRECARO社製バケットシート(アルカンターラ/本革)を単独オプションとして設定するなど、お客様の要望に応えた内容となっている。さらに、フォグランプを標準装備化(S、NR-Aを除く)。また、ソフトトップ車のルーフ生地をビニール素材から全車クロス/ブラックに変更し、エクステリアの質感を向上。安全装備としては、滑りやすい路面でのコーナーリングや急ハンドル操作時などにクルマの横滑りを抑制するDSC+TSCを「S RHT」にも標準装備とした。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 12.6km/l 2,331,000
NR−A DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 12.6km/l 2,451,750
RS DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 2,625,000
S RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.2km/l 2,730,000
RS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 2,877,000
VS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.2km/l 2,940,000

マツダ ロードスター 2013年5月(平成25年5月) 発売モデル

マツダ ロードスター

全幅1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる3代目マツダ「ロードスター」。2L 直列4気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは6速MTと5速MT、電子制御6速ATであるアクティブマチックを組み合わせる。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様の標準モデル「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級モデル「RS」。電動開閉ルーフを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」仕様の「S RHT」、「RS RHT」、ハバナブラウン本革シート装着のラグジュアリーモデル「VS RHT」をラインナップ。ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車それぞれの個性の違いをスポーティなブラックや、プレミアム感のあるシルバー基調の装備によって鮮明に表現するコーディネート。さらに、ロードスターならではの運転の楽しさとして、スロットルやブレーキブースター(制動倍力措置)の特性を生かし、アクセル(MT車)やブレーキはコントロールがしやすい。安全面では、スポーツカーとしてボンネットを低く抑えたデザインを維持しながら、万一の事故の際にボンネット後端を持ち上げて、歩行者の頭部への衝撃を緩和する「アクティブボンネット」(歩行者保護システム)を採用。今回、一部カラー変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 12.6km/l 2,330,000
NR−A DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 12.6km/l 2,450,000
RS DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 2,600,000
S RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.2km/l 2,680,000
RS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 2,860,000
VS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.2km/l 2,920,000

マツダ ロードスター 2012年7月(平成24年7月) 発売モデル

マツダ ロードスター

3代目マツダロードスターは、2L 直列4気筒エンジンを搭載、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速MTと5速MT、電子制御6速ATであるアクティブマチックも用意される。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様で標準仕様「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級仕様「RS」。電動開閉ルーフを装備したパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)は、「S RHT」、「RS RHT」、ハバナブラウン本革シート装着のラグジュアリー仕様の「VS RHT」をラインナップ。今回、ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車それぞれの個性の違いをスポーティなブラックや、プレミアム感のあるシルバー基調の装備によって鮮明に表現するコーディネートを行ったほか、フロントフェイスのデザインを変更し、よりアグレッシブなデザインとした。インテリアでは、本革シートに質感の高い新色「タン」色を新たに採用。また、ロードスターならではの運転の楽しさにさらに磨きをかけ、スロットルやブレーキブースター(制動倍力措置)の特性を見直し、アクセル(MT車)やブレーキをさらにコントロールしやすくした。安全面では、スポーツカーとしてボンネットを低く抑えたデザインを維持しながら、万一の事故の際にボンネット後端を持ち上げて、歩行者の頭部への衝撃を緩和する「アクティブボンネット」(歩行者保護システム)を開発して、同車に初採用した。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 12.6km/l 2,330,000
NR−A DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 12.6km/l 2,450,000
RS DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 2,600,000
S RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.2km/l 2,680,000
RS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 11.8km/l 2,860,000
VS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.2km/l 2,920,000

マツダ ロードスター 2011年10月(平成23年10月) 発売モデル

マツダ ロードスター

3代目マツダロードスターは、2L 直列4気筒エンジンを搭載、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速MTと5速MT、電子制御6速ATであるアクティブマチックも用意される。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様で標準仕様「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級仕様「RS」。電動開閉ルーフを装備したパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)は、「S RHT」、「RS RHT」、ハバナブラウン本革シート装着のラグジュアリー仕様の「VS RHT」をラインナップ。今回、特別仕様車「ブラック チューンド」を設定。電動リトラクタブルハードトップを装備する「RS RHT」(6速MT)と「VS RHT」(6速AT)をベースとしている。リトラクタブルハードトップ、ドアミラー、フロントグリルガーニッシュ、リアロールバーガーニッシュ、フォグランプベゼルなどの外装部品をブリリアントブラックで統一し、ガンメタリック塗装のアルミホイールを装着した。ボディカラーは専用色の「スピリティッドグリーンメタリック」、「ベロシティレッドマイカ」と、「クリスタルホワイトパールマイカ」の3色を用意。内装はブラックレザーシート、本革巻ステアリングホイール、本革巻パーキングブレーキレバー、ドアトリムにサンドカラーステッチを施し、デコレーションパネルやスイッチベゼルをピアノブラックとした。このほか本革巻きシフトノブ、ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT 2)と7スピーカー、サイドドアトリムアームレストソフトパッド、センターコンソールリッドソフトパッド、シートヒーター(温度5段階調節機能付き)、フロントサスタワーバー(カウル結合タイプ)を特別装備する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ブラックチューンド DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 3,050,000
ブラックチューンド DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 3,050,000

マツダ ロードスター 2009年9月(平成21年9月) 発売モデル

マツダ ロードスター

3代目マツダロードスターは、2L 直列4気筒エンジンを搭載、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速MTと5速MT、電子制御6速AT「アクティブマチック」も用意される。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様で標準仕様「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級仕様「RS」。電動開閉ルーフを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」は、「S RHT」、「RS RHT」、ハバナブラウン本革シートや、AM/FMラジオ/MP3/WMA対応CDプレーヤーをオプション装着するラグジュアリー仕様「VS RHT」。今回ボディーカラーの見直しが実施された。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,330,000
NR−A DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,450,000
RS DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,600,000
S RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,680,000
RS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,860,000
VS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,920,000

マツダ ロードスター 2009年7月(平成21年7月) 発売モデル

マツダ ロードスター

3代目マツダロードスターは、2L 直列4気筒エンジンを搭載、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速MTと5速MT、電子制御6速AT「アクティブマチック」も用意される。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様で標準仕様「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級仕様「RS」。電動開閉ルーフを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」は、「S RHT」、「RS RHT」、ハバナブラウン本革シートやAM/FMラジオ/MP3/WMA対応CDプレーヤー装着のラグジュアリー仕様「VS RHT」。今回、ロードスター誕生20周年を記念した特別仕様車「20周年記念車」を設定。RS(6速MT車)およびVS RHT(6速AT車)をベースに、赤色と黒色を組み合わせたバケットタイプのRECARO製専用スポーツシート、20周年を表す専用オーナメント、フロントフォグランプ等を装備する。ボディカラーはロードスターとしては初採用となる「クリスタルホワイトパールマイカ」の1色のみ。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
20周年記念車 DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,860,000
20周年記念車 DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 3,110,000

マツダ ロードスター 2008年12月(平成20年12月) 発売モデル

マツダ ロードスター

3代目マツダロードスターは、2L 直列4気筒エンジンを搭載、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速MTと5速MT、電子制御6速AT「アクティブマチック」も用意される。ルーフバリエーションにより、手動式布製「ソフトトップ」仕様で標準仕様「S」、走りに徹した車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパー装着「NR-A」、17インチ装着+6速ATの上級仕様「RS」。電動開閉ルーフを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」は、「S RHT」、「RS RHT」、ハバナブラウン本革シートやAM/FMラジオ/MP3/WMA対応CDプレーヤー装着のラグジュアリー仕様「VS RHT」。今回のマイナーチェンジにより、エクステリアは、マツダ車の特徴である5角形グリルを採用する等、フロント廻りのデザインを一新。RHTモデルは、クロームメッキで縁取られたメッシュタイプのグリルを採用。サイドシルガーニッシュにキャラクターラインを加え、新デザインのコンビネーションランプがバンパーと滑らかにつなげた。ドアモジュール素材のガラス繊維含有量を増やして剛性を向上。車体では座席下のクロスメンバに補強材を追加し、剛性を高めた。内装では、新デザインの5連メーターやダークシルバー色の装飾パネル等をインパネ周りに、シート素材として触感の良い茶系の本革や、RECARO社製バケットタイプの本革/アルカンターラを新採用。5段階の温度調整機能付シートヒーター(本革シートのみ選択可)を設定する等、快適性も向上した。MT車のエンジン最高回転数(レブリミット)を7500rpmとする事で、エンジンの伸び感を向上。鍛造クランクシャフトの採用によりクランク剛性を向上させ、ピストンのフルフロート化やバルブスプリングの見直しでエンジン全体の精度を向上。AT車にはDレンジのままでステアリングシフトスイッチでのシフト操作を可能にする「ダイレクトモード」や路面の状況や車両の挙動を判断して最適なシフトを自動選択する「アクティブアダプティブシフト(AAS)」の機能を付加した。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,330,000
NR−A DBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,450,000
RS DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,600,000
S RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,680,000
RS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,860,000
VS RHT DBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,950,000

マツダ ロードスター 2007年10月(平成19年10月) 発売モデル

マツダ ロードスター

2人乗りライトウェイトオープンスポーツカー、マツダロードスターは、3代目となり排気量は2L 直列4気筒エンジンを搭載、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速マニュアルと5速マニュアル、電子制御6速AT「アクティブマチック」も用意される。最大出力は、マニュアルが170馬力、オートマチックが166馬力を発揮。ルーフバリエーションが、布製「ソフトトップ」と、電動ルーフシステムを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」の2タイプ。RHTは、トランクスペースを犠牲にしない電動ルーフシステムで、ルーフの開閉操作は世界最速の約12秒で完了する。グレードバリエーションは、ベーシックな「ROADSTER(ロードスター)」/「ロードスターRHT」および、より走りを重視した17インチホイール装着の「RS」/「RS RHT」には、アルミ調パーツとの組み合わせのブラックファブリックシート、より上質な雰囲気を重視した「VS」/「VS RHT」には、スタイリッシュなサドルタンレザーシートを標準装備する。RS RHTとVS RHTは、17インチ高輝度塗装アルミホイールとフロントフォグランプ+フォグランプベゼル、それにヒーター付本革シートもしくはDSC(横滑り防止機構)をセットにした「プレミアムパッケージ」(14万円高)を選択できる。今回の特別仕様車「Prestige Edition(プレステージエディション)」は、電動ルーフシステムを装備したパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)の上級機種「RS RHT」/「VS RHT」をベースとして、シートヒーター付本革製バケットシート(ブラック)、BBS社製鍛造17インチアルミホイール、ステンレス製スカッフプレート、フロントフォグランプ等を特別装備した。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
プレステージエディション CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,950,000
プレステージエディション CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 3,050,000

マツダ ロードスター 2007年4月(平成19年4月) 発売モデル

マツダ ロードスター

3代目となるマツダロードスターには、排気量は2Lの直列4気筒エンジン、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速マニュアルと5速マニュアル、電子制御6速AT「アクティブマチック」も用意される。バリエーションとなるのは、既存モデルの布製「ソフトトップ」と、電動ルーフシステムを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」。RHTは、トランクスペースを全く犠牲にしない画期的な電動ルーフシステム。ルーフの開閉操作は世界最速の約12秒で完了する。グレードは、ベーシックな「ROADSTER(ロードスター)」/「ロードスターRHT」および、より走りを重視した17インチホイール装着の「RS」/「RS RHT」には、アルミ調パーツとの組み合わせのブラックファブリックシート、より上質な雰囲気を重視した「VS」/「VS RHT」には、スタイリッシュなサドルタンレザーシートを標準装備する。今回の「ブレイズエディション(BLAZE EDITION)」は、きらめき、強い光、燃え立つような色彩といった意味の名を持つ特別仕様車。BBS社製鍛造アルミホイール、各部に採用したクロームパーツおよびクリアタイプパーツ、濃いボルドー系の専用ボディカラー「ラディアントエボニーマイカ」などを特別装備している。一方で、サンドベージュ色と黒色の革素材を多用しながら、アルミ調パーツをアクセントとして用いる質感の高い内装とすることにより、スポーティかつエレガントな仕様としている。パワーリトラクタブルハードトップ(電動格納ルーフ)モデルは2007年4月からの発売。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ブレイズエディション RHT CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 3,040,000
ブレイズエディション RHT CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 3,135,000

マツダ ロードスター 2006年12月(平成18年12月) 発売モデル

マツダ ロードスター

3代目となるマツダロードスターには、排気量は2Lの直列4気筒エンジン、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速マニュアルと5速マニュアル、電子制御6速AT「アクティブマチック」も用意される。バリエーションとなるのは、既存モデルの布製「ソフトトップ」と、電動ルーフシステムを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」。RHTは、トランクスペースを全く犠牲にしない画期的な電動ルーフシステム。ルーフの開閉操作は世界最速の約12秒で完了する。グレードは、ベーシックな「ROADSTER(ロードスター)」/「ロードスターRHT」および、より走りを重視した17インチホイール装着の「RS」/「RS RHT」には、アルミ調パーツとの組み合わせのブラックファブリックシート、より上質な雰囲気を重視した「VS」/「VS RHT」には、スタイリッシュなサドルタンレザーシートを標準装備する。今回の「ブレイズエディション(BLAZE EDITION)」は、きらめき、強い光、燃え立つような色彩といった意味の名を持つ特別仕様車。BBS社製鍛造アルミホイール、各部に採用したクロームパーツおよびクリアタイプパーツ、濃いボルドー系の専用ボディカラー「ラディアントエボニーマイカ」などを特別装備している。一方で、サンドベージュ色と黒色の革素材を多用しながら、アルミ調パーツをアクセントとして用いる質感の高い内装とすることにより、スポーティかつエレガントな仕様としている。パワーリトラクタブルハードトップ(電動格納ルーフ)モデルは2007年4月からの発売。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ロードスター CBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,200,000
ロードスター CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,300,000
ロードスターRHT CBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,400,000
ロードスターRHT CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,500,000
RS CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,500,000
VS CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,500,000
VS CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,600,000
RS RHT CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,700,000
VS RHT CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,700,000
VS RHT CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,800,000
ブレイズエディション CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,840,000
ブレイズエディション CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,870,000

マツダ ロードスター 2006年8月(平成18年8月) 発売モデル

マツダ ロードスター

3代目となるマツダロードスターは、初代から継承する「人馬一体」の開発コンセプトを基に、排気量は2Lエンジンの採用、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速マニュアルと5速マニュアル、電子制御6速AT「アクティブマチック」も用意される。最大出力は、マニュアルが170馬力、オートマチックが166馬力を発揮。バリエーションとなるのは、既存モデルの布製「ソフトトップ」と、今回新規設定された電動ルーフシステムを装備した「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」。RHTは、トランクスペースを全く犠牲にしない画期的な電動ルーフシステム。ルーフの開閉操作は世界最速の約12秒で完了する。グレードは、ベーシックな「ROADSTER(ロードスター)」/「ロードスターRHT」および、より走りを重視した17インチホイール装着の「RS」/「RS RHT」には、アルミ調パーツとの組み合わせのブラックファブリックシート、より上質な雰囲気を重視した「VS」/「VS RHT」には、スタイリッシュなサドルタンレザーシートを標準装備する。RS RHTとVS RHTは、17インチ高輝度塗装アルミホイールとフロントフォグランプ、それにヒーター付本革シートもしくはDSC(横滑り防止機構)をセットにした「プレミアムパッケージ」(14万円高)を選択できる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ロードスター CBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,200,000
ロードスター CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,300,000
ロードスターRHT CBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,400,000
ロードスターRHT CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,500,000
RS CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,500,000
VS CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,500,000
VS CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,600,000
RS RHT CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,700,000
VS RHT CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,700,000
VS RHT CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,800,000

マツダ ロードスター 2006年4月(平成18年4月) 発売モデル

マツダ ロードスター

マツダブランドメッセージである「Zoom-Zoom」をフルに具現化したライトウェイトオープンスポーツカー、ロードスター。3代目は、初代から継承する「人馬一体」の開発コンセプトを基に、軽量かつコンパクトな2L直列4気筒 MZRエンジンの採用、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。6速マニュアルと、操作性を更に向上させた5速マニュアル、新たな楽しさを付加する電子制御6速AT「アクティブマチック」も用意される。マニュアルは170馬力、オートマチックは166馬力を発揮。バリエーションとなるのは、ベーシックな「ROADSTER(ロードスター)」および、より走りを重視した17インチホイール装着の「RS」には、アルミ調パーツとの組み合わせのブラックファブリックシート、より上質な雰囲気を重視した「VS」には、スタイリッシュなサドルタンレザーシートを標準装備する。今回、ナンバー取得が可能なレース仕様ベースモデル「NR-A」(5速マニュアルのみ)を追加。このモデルは、マツダが後援するワンメイクレース「ロードスター・パーティレース(主催:ジャパンNR-Aレースアソシエーション)」に、今年の9月から参加可能となる車両。特別装備として、車高調整機構付ビルシュタイン社製ダンパー、トルクセンシング式スーパーLSD、フロントサスタワーバーなどを採用することによって、スポーツ走行により適した仕様としている。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
NR−A CBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,300,000

マツダ ロードスター 2006年1月(平成18年1月) 発売モデル

マツダ ロードスター

マツダブランドメッセージである「Zoom-Zoom」をフルに具現化したライトウェイトオープンスポーツカー、ロードスター。軽量かつコンパクトな新開発2L直列4気筒 MZRエンジンの採用、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。新開発の6速マニュアルと、操作性を更に向上させた5速マニュアル、新たな楽しさを付加する電子制御6速AT「アクティブマチック」もラインアップする。マニュアルは170馬力、オートマチックは166馬力を発揮。バリエーションとなるのは、ベーシックな「ROADSTER(ロードスター)」および、より走りを重視した17インチホイール装着の「RS」には、アルミ調パーツとの組み合わせのブラックファブリックシート、より上質な雰囲気を重視した「VS」には、スタイリッシュなサドルタンレザーシートを標準装備する。今回「2005−2006日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞を記念して、特別仕様車「日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車」を発売。新しい内外装カラーの組み合わせの採用に加えて、本革製バケットシート、クロス製ソフトトップ、BOSEサウンドシステムなどの特別装備により、ロードスターの質感をさらに高めた仕様となっている。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車 CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,694,500
日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車 CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,700,000

マツダ ロードスター 2005年8月(平成17年8月) 発売モデル

マツダ ロードスター

マツダブランドメッセージである「Zoom-Zoom」をフルに具現化したライトウェイトオープンスポーツカー、ロードスター。7年ぶりにフルモデルチェンジした3代目は、初代から継承する「人馬一体」の開発コンセプトを基に、軽量かつコンパクトな新開発2L直列4気筒 MZRエンジンの採用、全幅は1720mmの3ナンバーワイドサイズとなる。新開発の6速マニュアルと、操作性を更に向上させた5速マニュアル、新たな楽しさを付加する電子制御6速AT「アクティブマチック」もラインアップする。マニュアルは170馬力、オートマチックは166馬力を発揮。バリエーションとなるのは、ベーシックな「ROADSTER(ロードスター)」および、より走りを重視した17インチホイール装着の「RS」には、アルミ調パーツとの組み合わせのブラックファブリックシート、より上質な雰囲気を重視した「VS」には、スタイリッシュなサドルタンレザーシートを標準装備する。車両盗難を防止するイモビライザーを全車に標準装備。平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)認定を取得する。また、発売を記念した限定販売台数500台のプレミアムモデル「3rd Generarion Limited」についても、同時販売される。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ロードスター CBA-NCEC 1998cc 2 5MT FR 2名 13.4km/l 2,200,000
ロードスター CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,300,000
RS CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,500,000
VS CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,500,000
VS CBA-NCEC 1998cc 2 6AT FR 2名 11.8km/l 2,600,000
3rdジェネレーションリミテッド CBA-NCEC 1998cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,750,000

マツダ ロードスター 2004年4月(平成16年4月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「2人乗り小型オープンスポーツカー生産台数世界一」としてギネスワールドレコードにも認定されたマツダ・ロードスター。ブランドメッセージである「Zoom-Zoom」を象徴し、意のままに操れる人馬一体のドライビングプレジャーを具現化する後輪駆動、オープン2シーターである。現在はバリエーションは整理され、充実装備の「SP」とモータースポーツ入門用ベース車の「NR-A」の2タイプ。エンジンは125馬力の1.6L 直列4気筒ユニット。SPには5速マニュアルに加え、4速ATが設定される。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式、NR-Aについてはビルシュタイン社製ダンパーとシリカコンパウンド配合のブリヂストン社製195/50R15タイヤ「TURANZA」が奢られる。ソフトトップのリヤスクリーンはガラス製で熱線プリント式デフォッガー付きとなる。安全対策としてデュアルエアバッグとプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、4W-ABS&EBD(電子制御制動力配分システム)を標準で装備する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,942,500
GH-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,092,650
SP GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 2,100,000
NR−A GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 2,152,500
SP GH-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,152,500
RS GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,467,500
VS コンビネーションA GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,520,000
VS コンビネーションB GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,520,000
VS コンビネーションA GH-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,570,400
VS コンビネーションB GH-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,570,400
RS−II GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,577,750
ターボ GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 12.2km/l 2,698,500

マツダ ロードスター 2004年2月(平成16年2月) 発売モデル

マツダ ロードスター

マツダ・ロードスターは、意のままに操れる人馬一体のドライビングプレジャーを具現化するオープン2シーターである。搭載されるエンジンは、160馬力の吸気バルブタイミングを最適化するS-VT機構付き1.8L 直4DOHCと125馬力の1.6Lの2種類。FR駆動のみ。日本では350台の限定販売となる「ターボ」をリリース。過給圧を抑えたマイルドターボで、最高出力はベースの1.8L 自然吸気の160ps/7000rpmに対し172ps/6000rpm、最大トルクは17.3kgm/5500rpmから21.3kgm/5500rpmへ大きく向上した。新デザインのエアロパーツやメタル調インテリアパーツ、ビルシュタイン社製ダンパー、専用チューンローダウンサスペンションを採用、6速マニュアルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ターボ GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 12.2km/l 2,570,000

マツダ ロードスター 2003年9月(平成15年9月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「2人乗り小型オープンスポーツカー生産台数世界一」としてギネスワールドレコードにも認定されたマツダ・ロードスター。ブランドメッセージである「Zoom-Zoom」を象徴し、意のままに操れる人馬一体のドライビングプレジャーを具現化するオープン2シーターである。搭載されるエンジンは、160馬力の吸気バルブタイミングを最適化するS-VT機構付き1.8L 直4DOHCと125馬力の1.6Lの2種類。FR駆動のみ。1.8Lモデルのグレード展開は、アルミ製インパネパーツやブラックのレザーシートと布幌を装備した上質スポーティなVSコンビネーションA、同様にベージュ色やウッドステアリング&シフトノブでシックなVSコンビネーションB、専用チューンされた高剛性ボディや16インチホイールを装備するハンドリングを重視したRS-IIとRS、ベーシックなSの4種。1.6Lは、充実装備のSP、モータースポーツ入門用ベース車のNR-A、ベーシックなMの3種となる。組み合わされるミッションは、RSとRS-IIが6MTのみの設定で、他の1.8Lモデルには6MTと4AT、1.6Lモデルには5MTと4ATが設定される。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式。RS系とNR-Aについてはビルシュタイン社製ダンパーが奢られる。ソフトトップのリヤスクリーンはガラス製で熱線プリント式デフォッガー付きとなる。安全対策としてデュアルエアバッグとプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、AT車とSPには4W-ABS&EBDを標準で、その他グレードはオプションで装備する。なお、VSグレードと新色は8月下旬発売予定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,850,000
GH-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 1,993,000
SP GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 2,000,000
NR−A GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 2,050,000
SP GH-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,050,000
RS GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,350,000
VS コンビネーションA GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,400,000
VS コンビネーションB GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,400,000
VS コンビネーションA GH-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,448,000
VS コンビネーションB GH-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,448,000
RS−II GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,455,000

マツダ ロードスター 2002年12月(平成14年12月) 発売モデル

マツダ ロードスター

2002年7月に一部改良を行ない、一層上質を謳うマツダロードスター。限定車「SGリミテッド」は、1.6L「NR-A」(5速MT)と1.8L「RS」(6速MT)がベース。専用ボディ色「セリオンシルバーメタリック」(シルバー)とブルー基調の内装、ソフトトップで飾り、新デザインのアルミホイール。ビルシュタイン社製ダンパーや大径化されたブレーキディスク(フロント&リア)、さらに、アルミ調パーツやNARDI社製本革巻きステアリングホイール、BOSEサウンドシステムなどが備わる。両グレード合わせて400台の限定販売。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
SGリミテッド GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 2,150,000
SGリミテッド GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,450,000

マツダ ロードスター 2002年7月(平成14年7月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「2人乗り小型オープンスポーツカー生産台数世界一」としてギネスワールドレコードにも認定されたマツダ・ロードスター。ブランドメッセージである「Zoom-Zoom」を象徴し、意のままに操れる人馬一体のドライビングプレジャーを具現化するオープン2シーターである。搭載されるエンジンは、160馬力の吸気バルブタイミングを最適化するS-VT機構付き1.8L 直4DOHCと125馬力の1.6Lの2種類。FR駆動のみ。1.8Lモデルのグレード展開は、アルミ製インパネパーツやブラックのレザーシートと布幌を装備した上質スポーティなVSコンビネーションA、同様にベージュ色やウッドステアリング&シフトノブでシックなVSコンビネーションB、専用チューンされた高剛性ボディや16インチホイールを装備するハンドリングを重視したRS-IIとRS、ベーシックなSの4種。1.6Lは、充実装備のSP、モータースポーツ入門用ベース車のNR-A、ベーシックなMの3種となる。組み合わされるミッションは、RSとRS-IIが6MTのみの設定で、他の1.8Lモデルには6MTと4AT、1.6Lモデルには5MTと4ATが設定される。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式。RS系とNR-Aについてはビルシュタイン社製ダンパーが奢られる。ソフトトップのリヤスクリーンはガラス製で熱線プリント式デフォッガー付きとなる。安全対策としてデュアルエアバッグとプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、AT車とSPには4W-ABS&EBDを標準で、その他グレードはオプションで装備する。なお、VSグレードと新色は8月下旬発売予定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,839,000
GH-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 1,982,000
SP GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,995,000
SP GH-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,045,000
NR−A GH-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 2,048,000
GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,183,000
GH-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,231,000
RS GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,333,000
VS コンビネーションA GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,398,000
VS コンビネーションB GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,398,000
RS−II GH-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,442,000
VS コンビネーションA GH-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,446,000
VS コンビネーションB GH-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,446,000

マツダ ロードスター 2001年12月(平成13年12月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「2人乗り小型オープンスポーツカー生産台数世界一」としてギネスワールドレコードに認定されたのがマツダ・ロードスター。「ダイナミックDNA」と定義された意のままに操れる人馬一体のドライビングプレジャーを具現化するオープン2シーターである。搭載されるエンジンは160馬力の吸気バルブタイミングを最適化するS-VT機構付き1.8L直4DOHCと125馬力の1.6L直4DOHCの2種類。1.8Lモデルのグレード展開はインテリアパーツにウッドやタンカラー本革シートを装備したオーセンティックなVS、専用チューンされた高剛性ボディや16インチホイールを装備するハンドリングを重視したRS-IIとRS、ベーシックなSの4種。1.6Lのグレード展開は充実装備のSP、M、NR-Aの3種となる。新たに追加されたNR-Aはサスペンションやブレーキ、ラジエターなどの強化がされた、ナンバー取得可能なモータースポーツ入門用ベース車。組み合わされるミッションは、RSとRS-IIが6MTのみの設定で、他の1.8Lモデルには6MTと4AT、1.6Lモデルには5MTと4ATが設定される。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式。RSとRS-II、NR-Aについてはビルシュタイン製のダンパーが奢られる。ソフトトップのリヤスクリーンはガラス製で熱線プリント式デフォッガー付きとなる。安全対策としてデュアルエアバッグとプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、ATモデルにはEBD&4W-ABSを標準で装備する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
NR−A GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.0km/l 2,048,000
MVリミテッド GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 2,098,000
MVリミテッド GF-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,148,000

マツダ ロードスター 2001年5月(平成13年5月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「2人乗り小型オープンスポーツカー生産台数世界一」としてギネスワールドレコードに認定されたのがマツダ・ロードスター。搭載されるエンジンは160馬力の吸気バルブタイミングを最適化するS-VT機構付き1.8L直4DOHCと125馬力の1.6L直4DOHCの2種類。1.8Lモデルのグレード展開はVS、RS-II、RS、Sの4種。1.6Lのグレード展開はSPとMの2種となる。組み合わされるミッションは、RSとRS-IIが6MTのみの設定で、他の1.8Lモデルには6MTと4AT、1.6Lモデルには5MTと4ATが設定される。なお、「web-tuned@Roadster」は、インターネットでのみ販売される受注生産モデルとなる。また、「マツダスピードロードスター」はRSをベースにする限定車。減衰力4段階調整式ダンパーを採用し、ユーザーが走行シーンに合わせて減衰力を調整できるようにしたほか、排気効率を高めたエキゾーストマニホールドを採用。心地良いエキゾーストサウンドを楽しめるスポーツサウンドマフラーを装着している。エアロパーツ装着ボディは、専用色「スターリーブルーマイカ」、ゴールド色アルミホイールを組み合わせる。限定販売台数は200台、同時リリースされる「マツダスピードファミリア」が100台。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
マツダスピードロードスター GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,548,000

マツダ ロードスター 2000年12月(平成12年12月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「2人乗り小型オープンスポーツカー生産台数世界一」としてギネスワールドレコードに認定されたのがマツダ・ロードスター。搭載されるエンジンは160馬力の吸気バルブタイミングを最適化するS-VT機構付き1.8L直4DOHCと125馬力の1.6L直4DOHCの2種類。1.8Lモデルのグレード展開は「VS」、「RS-II」、「RS」、「S」の4種。1.6Lのグレード展開は「SP」と「M」の2種となる。組み合わされるミッションは、RSとRS-IIが6MTのみの設定で、他の1.8Lモデルには6速MTと4速AT、1.6Lモデルには5速MTと4速ATが設定される。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式。RSとRS-IIについてはビルシュタイン製のダンパーが奢られる。ソフトトップのリヤスクリーンはガラス製で熱線プリント式デフォッガー付きとなる。安全対策として全車にデュアルエアバッグとプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、ATモデルにはEBD&4W-ABSを標準で装備する。なお、「YSリミテッド」はMをベースとする限定車。センターパネルやドアトリムの一部をチタン調とし、ナルディ製本革巻ステアリング&シフトノブを黒とチタン調のツートーンとし、若々しい印象に仕上げている。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
YSリミテッド GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,797,000
YSリミテッド GF-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 1,940,000

マツダ ロードスター 2000年7月(平成12年7月) 発売モデル

マツダ ロードスター

「2人乗り小型オープンスポーツカー生産台数世界一」としてギネスワールドレコードに認定されたのがマツダ・ロードスター。「ダイナミックDNA」と定義された意のままに操れる人馬一体のドライビングプレジャーを具現化するオープン2シーターである。搭載されるエンジンは160馬力の吸気バルブタイミングを最適化するS-VT機構付き1.8L直4DOHCと125馬力の1.6L直4DOHCの2種類。1.8Lモデルのグレード展開はインテリアパーツにウッドやタンカラー本革シートを装備したオーセンティックなVS、専用チューンされた高剛性ボディや16インチホイールを装備するハンドリングを重視したRS-IIとRS、ベーシックなSの4種。1.6Lのグレード展開は充実装備のSP、M、NR-Aの3種となる。新たに追加されたNR-Aはサスペンションやブレーキ、ラジエターなどの強化がされた、ナンバー取得可能なモータースポーツ入門用ベース車。組み合わされるミッションは、RSとRS-IIが6MTのみの設定で、他の1.8Lモデルには6MTと4AT、1.6Lモデルには5MTと4ATが設定される。サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式。RSとRS-II、NR-Aについてはビルシュタイン製のダンパーが奢られる。ソフトトップのリヤスクリーンはガラス製で熱線プリント式デフォッガー付きとなる。安全対策としてデュアルエアバッグとプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、ATモデルにはEBD&4W-ABSを標準で装備する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,839,000
GF-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 1,982,000
SP GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,990,000
SP GF-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,040,000
GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,178,000
GF-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,226,000
RS GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,328,000
VS GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,390,000
RS−II GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,437,000
VS GF-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,438,000

マツダ ロードスター 2000年1月(平成12年1月) 発売モデル

マツダ ロードスター

2代目となるロードスターは、マツダブランド。145馬力の1.8L直4DOHCと125馬力の1.6L直4DOHCの2つのエンジンがラインアップされる。1.8Lモデルのグレード展開は上からVS、RS、Sの3車。1.6Lのグレード展開はスペシャルパッケージ、Mパッケージ、標準車の3種となる。このうち、RSと標準車は5MTのみの設定で、残りは5MTと4ATが用意される。今回、限定車として「NRリミテッド」を発売(500台)。より個性的で洗練された外観、高級感のあるクラシカルな内装を採用した。ボディカラーはアールヴァンレッドマイカ、ベージュのソフトトップを組み合わせ、ドアトリム、フロアカーペット、本革製バケットシートなどコーディネイトする。また、BOSEサウンドシステムやパワードアロックなど快適装備を標準とする。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
NRリミテッド GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,516,000

マツダ ロードスター 1999年10月(平成11年10月) 発売モデル

マツダ ロードスター

このマツダロードスター(MAZDA ROADSTER)は、145馬力の1.8L 直4DOHC(BP-ZE型)と125馬力の1.6L 直4DOHC(B6-ZF型)の2つのエンジンがラインアップ。1.8Lモデルのグレード展開は上からラグジュアリー志向「VS」、スポーツ志向「RS」、標準的な「S」の3車。1.6Lのグレード展開は「スペシャルパッケージ」、「Mパッケージ」、「標準車」の3種となる。また、標準車にはエアコン非装着車も設定する。このうち、ビルシュタイン社製ダンパーと、フロントサスタワーバー、15インチタイヤを装着したRSと、廉価版である標準車は5速MTのみの設定で、残りは4速ATも用意される。ソフトトップのリヤスクリーンはガラス製で、標準車以外は熱線ディフォガー入りとなっている。このほか標準車はオートアンテナが脱着式になるほか、パワステ、パワーウインドウといった装備を省略。Mパッケージになると、パワステやパワーウインドウを標準装備、スペシャルパッケージ以上のグレードならアルミホイールも標準となる。エアコンはマニュアルタイプが全車に標準装備する。安全対策として全車にデュアルエアバッグとプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、4速ATには4W-ABSを標準で装備する。今回、価格改定を行なった。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
標準車 GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.8km/l 1,614,000
標準車 GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.8km/l 1,790,000
Mパッケージ GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,880,000
スペシャルパッケージ GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,980,000
Mパッケージ GF-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,023,000
スペシャルパッケージ GF-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,078,000
GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,205,000
GF-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,253,000
RS GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,315,000
VS GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,415,000
VS GF-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,463,000

マツダ ロードスター 1999年1月(平成11年1月) 発売モデル

マツダ ロードスター

2代目となるロードスターは、145馬力の1.8L直4DOHCと125馬力の1.6L直4DOHCの2つのエンジンがラインアップされる。1.8Lモデルのグレード展開は上からVS、RS、Sの3車。1.6Lのグレード展開はスペシャルパッケージ、Mパッケージ、標準車の3種となる。このうち、RSと標準車は5速MTのみの設定で、残りは5速MTと4速ATが用意される。今回、限定車として「10周年記念車」を発売。日・北米・欧州・豪州の各市場向けに世界統一仕様とする、計7,500台(500台/海外7000台)のモデル。ボディにはイノセントブルーマイカ、同系色の幌、内装は黒と青のツートーン、クロームメッキリングメーターやセンターコンソールにカーボンファイバー調素材を採用する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
10周年記念車 GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,483,000

マツダ ロードスター 1998年1月(平成10年1月) 発売モデル

マツダ ロードスター

このマツダロードスター(MAZDA ROADSTER)は、1989年ユーノスチャンネルからリリースされたモデルの2代目にあたる。オープン2シーター・ライトウエイトスポーツカーとして、運動性能を左右する重量については、ボディ剛性の向上や安全整備の充実などにともなう重量増に対し、各部の徹底した軽量化を図った。固定式へッドランプに変更したボディは、初代ロードスターと比べて全幅だけを5mm広くした程度、室内寸法もほぼ同サイズとし、バッテリーやスペアタイヤは、トランクルーム床下に収納して低重心化を図っている。145馬力の1.8L 直4DOHC(BP-ZE型)と125馬力の1.6L 直4DOHC(B6-ZF型)の2つのエンジンがラインアップ。1.8Lモデルのグレード展開は上からラグジュアリー志向「VS」、スポーツ志向「RS」、標準的な「S」の3車。1.6Lのグレード展開は「スペシャルパッケージ」、「Mパッケージ」、「標準車」の3種となる。このうち、ビルシュタイン社製ダンパーと、フロントサスタワーバー、15インチタイヤを装着したRSと、廉価版である標準車は5速MTのみの設定で、残りは4速ATも用意される。ソフトトップのリヤスクリーンはガラス製で、標準車以外は熱線ディフォガー入りとなっている。このほか標準車はオートアンテナが脱着式になるほか、パワステ、パワーウインドウといった装備を省略。Mパッケージになると、パワステやパワーウインドウを標準装備、スペシャルパッケージ以上のグレードならアルミホイールも標準となる。エアコンはマニュアルタイプが全車に標準装備する。安全対策として全車にデュアルエアバッグとプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、4速ATには4W-ABSを標準で装備する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
標準車 GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.8km/l 1,770,000
Mパッケージ GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,860,000
スペシャルパッケージ GF-NB6C 1597cc 2 5MT FR 2名 14.2km/l 1,960,000
Mパッケージ GF-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,003,000
スペシャルパッケージ GF-NB6C 1597cc 2 4AT FR 2名 12.0km/l 2,058,000
GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,185,000
GF-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,233,000
RS GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,295,000
VS GF-NB8C 1839cc 2 6MT FR 2名 13.0km/l 2,395,000
VS GF-NB8C 1839cc 2 4AT FR 2名 11.4km/l 2,443,000

オプションからロードスターの中古車を探す

ロードスター(マツダ )のクルマ情報(中古車両)をオプションから簡単に車両検索できます。

色からロードスターの中古車を探す

ロードスター (マツダ )のクルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

マツダ ロードスターの車種カタログ情報ならGoo-net

グーネットお役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜