自動車ローン

「クルマを買うぞ」って決めたのはいいけど、
肝心の購入資金はどうする?
今までの自動車ローンは販売店で組むのが当たり前だったけど、これからは、自動車ローンもインターネットで探すのが
スタンダード。
自分にあった商品を探してみよう。

■ 自動車ローン申込ランキング

今、注目されているのは!?自動車ローンをランキングから選ぶ!

■  安心の借り方ガイド

自動車ローンを安心して利用するために知っておきたい基礎知識です。

■  自動車ローン大辞典

アドオン?元利?とかく難しい自動車ローン用語を項目別、50音別でわかりやすく解説します。

■  自動車ローンシミュレーション

返済パターンや利率、支払い回数を指定して簡単にシミュレーションできます。

■  E-LOANで銀行・ローン会社のサービス・金利を比較して選ぶ

自動車を購入する際に気になるのが金利ですよね。SBIホールディングス(株)がサービスを提供するE-LOANでは自動車に関わる用途に合わせたローンを様々な銀行・ローン会社のサービスから金利・借入可能金額・借入期間・審査などが比較でき、金利の相場なんてわからないという方でも簡単にローンサービスを調べられるおすすめサービスです。

※上記はSBIホールディングス(株)のコンテンツです。(株)プロトコーポレーションでは上記のコンテンツに関する責任を負いかねます。

※上記の申込ボタンはE-LOAN利用に基づき、お客様の入力情報を金融機関に伝達すること及び申込書を取り寄せる機能です。正式な申込はお客様が直接金融機関に行う必要があります。

Powered byイー・ローン

自動車ローンシミュレーション

返済パターンや利率、支払い回数を指定して簡単にシミュレーションができます。
自動車ローンシミュレーターはこちら

グーネットでローンの仮審査が行える中古車一覧

中古車を購入する際、中古車販売店でローン審査を行う前にネットで仮審査を行っておくことで中古車販売店でのローン審査待ちが減らせます。
グーネットでローンの仮審査が行える中古車一覧
仮審査サービスの流れ

車購入前に知っておきたい「自動車ローン」(マイカーローン)

Q.自動車ローン(マイカーローン)とは?

A.

自動車を購入するための用途に使われるローンのことです。自動車は非常に種類が多く、その車種によって低価格なものから高い価格で販売されているものまで様々です。そんなときに自動車ローンを利用することで、購入にかかる費用を金融機関やディーラー、ローン会社などから貸し付けてもらうことができるのです。
つまり、自動車を買うための高額なお金を事前に準備しておかなくても、高額になりがちな車両代金を分割で支払うことが可能となるわけです。
また、自動車ローン(マイカーローン)は自動車の購入費用以外にも「カーナビ」や「ETC車載器」などといったオプションとしてつけるカー用品の費用も含められる他、自動車を購入したあとの「修理」や「車検」「自動車保険料」などにも利用できるので覚えておきましょう!

自動車ローン(マイカーローン)を利用するメリット

自動車ローン(マイカーローン)を利用することで、得られるメリットとは具体的にどんなことなのでしょうか?
実際にローンを利用する前に確認しておきましょう。

① まとまったお金を払えない人にとって便利!大金を用意しなくても購入できる

自動車を購入するときには、車本体の費用はもちろんですが、その後も「車を整備するための費用」「税金」などたくさんの経費がかかってしまいます。
しかし、そんなときに自動車ローン(マイカーローン)を利用することで、自動車を購入するためのまとまったお金を用意することができなくても、購入が可能となるのです。
一時的に大きなお金が手元から減ってしまうことを避けられるだけでなく、自分の収入に合わせて返済計画を立てられるというメリットがあります。

② 自動車ローン(マイカーローン)は意外と低金利

実は自動車ローン(マイカーローン)は、ディーラー系やローン会社が用意しているカードローンなどといった他のローンと比べて、低金利でお金を借りることができる特徴があります。
一般的なカードローンを利用してお金を借りると、15%以上の金利が発生してしまうことがありますが、自動車ローン(マイカーローン)の場合は「3 ∼ 5%の金利」で設定されていることが一般的です。そのため、他のカード会社のカードローンを利用して購入するよりも、自動車ローン(マイカーローン)を利用したほうが金利も低く抑えることができるのです。

③ 金利が優遇!?自動車ローン(マイカーローン)によっては特典付きのものもある

銀行などの金融機関で取り扱っている自動車ローン(マイカーローン)には、その金融機関で他のサービスなどの利用・取引などをしていたりすると、金利が優遇されるものも存在しています。
金利の優遇以外にも、万が一事故が起きてしまった場合の対応はもちろん「バッテリーが上がってしまった」「タイヤがパンクした」などといったトラブルに対応してくれるロードサービスなどの特典がついていることも。このようなサポートサービスがついていると、もしものときにも安心ですよね。

自動車ローン(マイカーローン)を利用するデメリット

自動車ローン(マイカーローン)を利用することで得られるメリットがわかってきましたが、そんなに良い話ばかりなのでしょうか?
続いては、自動車ローン(マイカーローン)を利用する際のデメリットについて確認していきましょう。

① 事前審査に通らなければ利用することができない

自動車ローン(マイカーローン)に限ったことではありませんが、どんなローンでもローンを組むためには審査を受けなければなりません。審査の基準というのは、ローンの種類によって異なりますが、基本的にはどのローンもその審査をクリアできなければ利用することができない仕組みになっています。

  • 「年収が少ない」
  • 「収入が不安定」
  • 「他のローンで少しでも延滞歴」

などがあると、保証人を求められることもあります。
また、金融会社のローンは金利が低いのですが審査は厳しく、信販会社のローンは金利が高い一方で審査は早く完了するという特徴があります。

② お得から損に!?低金利でも返済期間が長くなると総支払額が大きくなる

低金利のローンを利用すればお得になると思われがちですが、いくら低金利の自動車ローン(マイカーローン)だったとしても、支払い期間が長くなればなるほど、お得になるというわけではありません。

自動車ローン(マイカーローン)を含むすべてのローンには、金利が設定されています。

Q.金利とは?
A.ローンの借入金額に応じて支払うことになる利息の割合のことです。

そのため、一定期間のうち決められた割合で貸しつけられた額が増えていくという仕組みになっているため、実際には車を一括払いで購入したときよりも、支払総額が大きくなってしまうのです。

③ ローンの返済が終わるまでは自分の所有物にはならないこともある

実はローンの返済が終わるまで、自動車は自分の所有物にはなりません。

例えば、ディーラー系ローンを利用した場合に限って言えば、基本的に購入した自動車は支払いが終わるまでは「ディーラーの所有物」という扱いになります。

つまり、ローンで購入した自動車を自由に使うことはできても、自分に所有権があるというわけではありません。そのため、自分の好きなタイミングで自由に売却をして、違う車に乗り換えるといったようなことはできなくなるというわけです。

自動車ローン(マイカーローン)には4つの種類のローンがある

自動車ローン(マイカーローン)は、大きく分けると4種類のローンが存在ししていることをご存知でしょうか?

  • ディーラー系ローン
  • 銀行系ローン
  • ローン会社
  • 残価設定ローン

続いては、それぞれのローンの特徴を詳しく解説していきたいと思います。

「ディーラー」系ローン

Q.ディーラー系自動車ローン(マイカーローン)とは?
A.

車の販売会社(ディーラー)を通して申し込みをするタイプのローンのことです。

自動車の販売会社と提携していることから、柔軟な対応をしてくれるところが多い傾向にあります。そのうえ、銀行系マイカーローンと比べると審査の基準がそれほど厳しくないので、素早く申し込みを完了させることができるというメリットがります。その理由は、購入した自動車の所有権が本人ではなく、信販会社にあることです。

メリットはこれだけではありません、銀行系マイカーローンは何度も店舗に足を運ばなければならないのに対して、ディーラー系であればその場ですぐに完了するケースがほとんどです。

これらのことから、ローンを組む際の負担が軽いというメリットがわかった一方で、銀行系のマイカーローンと比べるとディーラー系は金利が高くなっている特徴があることもしっかり覚えておく必要があります。

「銀行」系ローン

Q.銀行系の自動車ローン(マイカーローン)とは?
A.

名前のとおり銀行が主体となって貸し付けを行っているローンのことです。

銀行といっても大手銀行だけではなく、地方銀行や信用金庫、農協系のJAバンクやネット専業銀行まで、さまざまなタイプの銀行がサービスを提供しています。そのため、非常に豊富な数の銀行の中から、どこで申し込むのかを自由に選ぶことができます。

選択肢の多さだけでなく、銀行系は信販系の自動車ローンと比べると、金利が低めになっているというメリットもあります。そのうえ、自動車ローンを利用した同銀行で、給与振り込み口座や公共料金引き落とし口座として設定したり、住宅ローンの利用をしたりする場合には、金利を優遇してもらえるケースもあるそうなので上手に活用すればさらにお得になるでしょう。

しかし、メリットだけではありません。申込時には事前に書類の準備が必要となるケースや審査が比較的厳しいことから審査を終えるまでに時間がかかってしまうケースもあるということを忘れないようにしましょう。

「ローン会社」系ローン

Q.ローン会社系のローンとは?
A.

他のローンとは違って借入金の使用用途が限定されていない個人向けのローンのことです。消費者金融やクレジットカード会社などが扱っているサービスのことで、一般的にカードローンと呼ばれています。

ローン会社といっても消費者金融のローンの場合は、比較的審査が緩いのが特徴で、審査のスピードも他のローンと比べて早く完了する傾向にあります。しかし、利用するには他のローンと比べて金利が高いというデメリットがあります。
また、クレジットカード会社のローンの場合は、自動車という高額な決済をするため、決済手数料がかかってしまいます。基本的には、この手数料は自動車の販売店側が負担する仕組みにはなっているものの、決済手数料が数万数 ∼ 十万円になることもあるため、購入者自身に手数料が上乗せされてしまうケースもあるのです。

「残価設定」系ローン

Q.残価設定ローンとは?
A.

残存価格設定を略した言葉です。聞きなれない人も多いかもしれませんが、この「残存価格」とは、将来的に車を買い換えようとしているときに残っている評価額、つまり下取り価格のことを指しています。そのため、将来的に車を売却するということを考えた上で、事前に車の下取り価格を設定しておかなければならないのです。
つまり、購入しようとしている車の価格から、この残存価格を引いた金額に対してローンを組んで、分割で支払っていくというローンが「残価設定ローン」というわけです。

この残存価格の求め方は、基本的に対象の車種の中古車市場などでの価格などを参考にして設定されます。残価設定ローンで返済することにより、実際の総額よりも少ない金額の負担で車を購入することが可能となるのが特徴です。

自動車ローン(マイカーローン)には2種類の金利がある

中古車を購入する際、中古車販売店でローン審査を行う前にネットで仮審査を行っておくことで中古車販売店でのローン審査待ちが減らせます。

  • 固定金利
  • 変動金利

このうちどちらの金利を選ぶかによって、車のローンの返済総額が決まるのが特徴です。この2つの金利には、それぞれどのような特徴があるのでしょう。

【自動車ローン】固定金利とは?

固定金利の自動車ローン(マイカーローン)は、自動車ローンの返済をしている途中に金利が変わってしまうということはありません。
景気によって市場金利が上昇してしまったとしても影響を受けることがないので、返済中に金利が上昇してしまうというリスクを回避することができます。また、毎月の返済額はもちろんのこと、返済総額も変わることはないので安定感のある返済計画を立てることが可能です。

【自動車ローン】変動金利とは?

変動金利の自動車ローン(マイカーローン)は経済状況や金利の動向によって、利率が変動する金利のことです。
固定金利と比べると、利率が低く設定されています。基本的に不景気のときには金利が低くなっていくため、ローン返済の負担が軽減されるのが特徴です。ただし、景気がよくなると金利が上がってしまうため、想定していた以上の返済額になってしまったり、固定金利よりも返済総額が増えてしまったりする可能性があります。

自動車ローン(マイカーローン)の選ぶ時に気を付けておきたい3つのポイントとは?

実際に自動車ローン(マイカーローン)を利用することを決めた際には、どういった条件を基準にしてローンを選ぶとよいのでしょうか?
今回は自動車ローン(マイカーローン)を選ぶときに気をつけておきたい3つのポイントをご紹介します。

ポイント1:比較して相場を知る!さまざまなタイプの自動車ローン(マイカーローン)の見積もりを取ること

銀行系やディーラー系などといったさまざまなタイプの自動車ローン(マイカーローン)の見積もりを取ることによって、それぞれの金利などの違いを確認することができます。
銀行系の自動車ローンでも、大手と地方の銀行では設定されている金利が異なります。また、それらのなかにはネットを利用した申し込みを優遇している銀行もあります。
同じように、ディーラー系ローンでも、店舗によって提携している信販会社が異なるので、同じ自動車メーカーの車を取り扱っていたとしても店舗によって金利が異なるというケースも発生してきます。
そのことから、さまざまなタイプのローンの見積もりを出してもらい、そのなかから自分の条件に合ったローンを見つけて利用することをおすすめします。

ポイント2:自動車ローン(マイカーローン)の借入の上限額を確認すること

基本的に、自動車ローン(マイカーローン)などのローンには借入上限額というものが設定されています。
ローンの利用限度額は、他に借入をしているローンの年間返済額の合計を考慮した上で、その目安が算出されるものです。そのため、自動車ローン(マイカーローン)を扱っている金融機関は、借りる人の返済能力を考慮した上で、提供しなければいけない仕組みとなっています。
このことから、せっかく低金利のローンを見つけたとしても、返済能力によってはローンを利用できないことがあるので、見積もりを取るときには借入上限額についてしっかりと確認することが大切です。

ポイント3:諸経費が落とし穴に?金利以外にお金がかかるかチェックしておくこと

自動車ローン(マイカーローン)の金利以外にも、諸経費がかかることがあります。
車を購入するための費用に比べれば、少ない金額だと思いがちですが、これらの諸経費がかさむだけでも低金利のメリットが失われることもあるのです。そこで、どのような場合に手数料が発生してしまうのかを事前に確認しておきましょう。

経費1:事務手数料

Q.事務手数料とは?

A.

車を購入する際に必要となる地方運輸局への登録や車庫証明の取得などにかかる費用のことをいいます。
大手銀行の自動車ローン(マイカーローン)の場合だと、この事務手数料は無料にしているものが多く存在しています。しかし、中には同じ銀行系のローンだったとしても、数千円程度の手数料を徴収するケースもあるので、利用する際にはしっかりとチェックすることをおすすめします。

経費2:保証料

ほとんどの金融機関では、金利に保証料が含まれているケースが大半ですが、なかには保証料が別途必要となる金融機関もあります。そのため、いくら金利が低かったとしても、保証料率を金利に加えると低金利のメリットが失われてしまうことも。
つまり、保証料率を加味した「実質的な金利」で比べた上で低金利かどうかを判断することが重要となります。

マイカーローンの繰り上げ返済について

Q.自動車ローン(マイカーローン)の繰上げ返済とは?

A.

予定をしている返済時期よりも前倒しで借入残高を返済していく方法のことです。
繰り上げ返済には、大きく分けると2種類の方法があります。

  • 一括繰り上げ返済

    自動車ローン(マイカーローン)の借入残高のすべての残高を一括でまとめて返済する方法です。一括で返済することになるで、残りのローンはなくなり、その後は返済する必要がなくなります。

  • 一部繰り上げ返済

    自動車ローン(マイカーローン)の借入残高の一部の金額だけを前倒しで返済する方法です。一部だけ返済するものなので、繰り上げ返済したあとも月々のローン返済は続きます。しかし、借入元金が少なくなるので、その後の利息負担が軽減される仕組みです。金融機関によっては、「○万円以上 ∼」というように返済の下限金額を決めているところもあります。

【まとめ】自動車ローン(マイカーローン)で車を購入するならしっかりと金利相場を比較した上で利用しよう

今回は自動車ローン(マイカーローン)の仕組み、利用する際のメリットやデメリットをご紹介しました。
車の購入は非常に大きな買い物です。このようにまとまったお金が必要になる場合には、面倒だからといって聞いたことのある名前の自動車ローンで済まそうとするのではなく、しっかりとした資金計画を立てる必要があります。
自動車ローン(マイカーローン)は4つの種類のローンが存在するため、それぞれの仕組みをしっかり比較検討した上で、自分の条件に合ったローンを選ぶことが大切です。
マイカーを手に入れることは決して夢ではありません。自動車ローン(マイカーローン)を上手に利用してお得に車を手に入れて、自動車のある暮らしを楽しんでみませんか。