クルマ グーネット

営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

マツダ ロードスターの査定相場を調べる

マツダ ロードスター

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

マツダ ロードスター 買取額シミュレーション

今月の買取参考価格¥150,000~¥2,461,000

平均使用年数9年

平均走行距離60300km

平均レビュー満足度

※2022年05月更新

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

ロードスターの年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

マツダ ロードスターのグレード別買取相場ランキング

グレード
買取相場
新車価格
年式
排気量
型式
1位
170.1万円~193.7万円
305.0万円
平成23(2011)年10月~
2000cc
DBA-NCEC
2位
171.7万円~173.7万円
303.4万円
平成27(2015)年5月~
1500cc
DBA-ND5RC
3位
161.7万円~173.7万円
286.0万円
平成21(2009)年7月~
2000cc
DBA-NCEC
4位
156.5万円~158.9万円
270.0万円
平成27(2015)年5月~
1500cc
DBA-ND5RC
5位
139.1万円~139.1万円
268.0万円
平成21(2009)年9月~
2000cc
DBA-NCEC
6位
94.7万円~130.4万円
284.0万円
平成18(2006)年12月~
2000cc
CBA-NCEC
7位
7.2万円~130.0万円
215.2万円
平成14(2002)年7月~
1500cc~
2000cc
GF-NB6C
8位
113.8万円~128.3万円
295.0万円
平成19(2007)年10月~
2000cc
CBA-NCEC
9位
91.6万円~119.5万円
270.0万円
平成18(2006)年8月~
2000cc
CBA-NCEC
10位
103.6万円~116.4万円
270.0万円
平成18(2006)年8月~
2000cc
CBA-NCEC
ボタン

生命力漲るオープンタイプスポーツカー・マツダロードスター

■コンセプト通りのたたずまい

オープンカーにしてスポーツカー、ただその言葉を聞くだけでも、車好きなら心躍りだすといったところではないでしょうか。
マツダロードスターは、まさにそんな気持ち高ぶらせてくれる1台となっています。
事実、開発コンセプトも「魂動(こどう)デザイン」と名づけられているほどで、生命力に溢れた力強い流線型が、ドライビングへのモチベーションを押し上げてくれます。

また、国内メーカーのマツダが開発した車でありながら、どこか欧米チックな印象も特徴的です。
それもそのはず、1989年に最初に発売されたのは、アメリカ市場であるためです。
良い意味で日本らしくないダイナミックなデザインに、無難な車では物足りない玄人カーファンも満足必至といったところでしょう。
事実、発売初年に国内で約9,300台、さらに翌年は世界で約94,000台もの販売を記録したほどの人気車種となっています。
もちろん、今もなおその魅力は引き継がれています。


■見た目も性能も充実

なめらかな流線型は、フロントノーズから流れるように描かれています。
ノーズ先端が低く設計されているため、まさにスポーツカーといった感じのわくわく感を感じさせてなりません。
この特徴は見栄えと同時に、運転時の視界を広く保つという意味でも役立っています。
そこへきて、オープンカー仕様もできるわけですから、モチベーション高められてなりません。
満足必至の、洗練されたスポーツカーです。

そして、スポーツカーらしい軽快な走行性を実現すべく、軽量化に注力されている点も特徴的です。
スカイアクティブ テクノロジーによる徹底的な効率の追求で、アルミ材や高張力鋼板といった軽量素材はもちろん、構造そのものにまでこだわられています。
その結果、先代ロードスターと比べおよそ100キロもの軽量化が実現されているそうです。
しなやかな運転性、そしてキレの良いコーナリングなど、快適なドライビングに必要な要素を各所に期待できそうです。

高額査定はどう狙う?マツダロードスター売却の秘訣

マツダロードスターは、とにかくボディカラーの鮮やかさが目を引きます。
色そのものだけでなく、コーティングや艶など、一線を画す雰囲気が感じられてなりません。
それもそのはず、マツダロードスターには独自の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」が採用されており、ハイライトとシェードのコントラストが高い水準で実現されているためです。
そうした特長があるため、まずはボディの状態をしっかり確認しましょう。
質感をさまたげるような傷や汚れ、またへこみなどがあると、大きなマイナス査定となってしまうでしょう。
細かいものなら、市販の研磨剤でもそれなりにカバーできます。
できる限り、購入時の状態に近づけておくべきです。

また、軽快な走行性能が売りの車であるため、エンジン周りをメンテナンスしておくこともおすすめします。
外見をきれいに保てていても、内部の状態まで良好にキープすることは難しいです。
知識があれば自分で確認しても良いですし、また確実性を考えるなら、専門店に依頼するのもひとつの選択肢です。

またその他、オープンタイプの車だけに、ソフトトップの開閉機能についても確認しておくべきでしょう。
何度も繰り返し操作することで、不具合が生じているかもしれません。
スムーズに動作するかチェックして、この点も不備があれば修理した上で査定に持っていきましょう。

グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部
中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。

マツダ ロードスター
(令和4(2022)年1月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ オープン・カブリオレ・コンバーチブル
ドア数 3ドア
乗員定員 2名
型式 5BA-ND5RC
全長×全幅×全高 3915x1735x1235mm
ホイールベース 2310mm
トレッド前/後 1495/1505mm
室内長×室内幅×室内高 940x1425x1055mm
車両重量 1060kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

マツダ ロードスター の他グレード詳細を見てみる

英数
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ラ行

レビュー評価が
高いお店

PROTO データを未来の知恵に