法定点検を受けると車の査定額が上がる可能性はあります


法定点検は車検と違って、車の故障を未然に防ぐため12ヶ月ごとに行われる定期点検です。法律で義務付けられていますが、受けなくても罰則はありません。

日本自動車査定協会の基準では、法定点検を受けていると1万5000円査定額が上げられると規定されています。ただあくまでの目安なので、査定額を上げるかは買取業者の裁量となります。

法定点検は整備工場で受けたほうが費用的にはお得だとされています。査定前にあえて受ける必要はないですが、もし法定点検を受けているなら、整備記録簿を準備して、査定員に見せて交渉してみましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

法定点検は義務ですが、受けなくても罰則はありません

車の法定点検というのは、道路運送車両法に規定されています。1年後に受ける12ヶ月点検と、2年ごとに受ける24ヶ月点検があり、それぞれ点検項目が異なります。

12ヶ月点検は26項目、24ヶ月点検は56項目もあります。ブレーキやタイヤ、ハンドルなど自動車の走行に関する部分を細かく点検していきます。

法定点検は受けなくても罰則はないので、受けずに終わるという人もいるでしょう。しかし車を買取に出す際に法定点検を受けた記録があると、査定額アップにつながると言われているのです。

一般社団法人日本自動車査定協会の査定基準によると、査定を受ける日から1年以内に法定点検を受けていると、査定時に15点加点することが可能で、1万5000円査定額がアップすると規定されているのです。ただし必ずしも加点しなければいけないという解釈にはなりません。

買取業者によっては加点しない場合もあります。また記録で法定点検を受けていることが確認できないと、加点の対象にもならないので注意しましょう。

ディーラーよりも整備業者で行うほうが費用が安いとされています

車の検査なら車検を受けているから問題ないのでは?と思われる人もいるでしょう。しかし車検と法定点検は違います。車検は2年に1回受けることが法律で義務づけられており、国が行う検査です。

車検を受けないと、無車検で法律違反となるうえに罰則が設けられていて、公道を走行することができません。一方で法定点検は義務ですが、受けなくても公道を走ることは可能です。

法定点検は、人でいう健康診断のようなものです。故障を予防し、安全に車を走行させるためのものです。

法定点検は、ディーラー・整備工場・ガソリンスタンドなどで受けることができます。法定点検を受けると、基本料に部品交換にかかる費用、工賃がかかります。

大体12ヶ月点検では、エンジンオイルやオイルエレメント、ブレーキパッドなどを交換する場合が多いとされています。ディーラーで受けると、電子制御されている細やかな部分まで点検してもらえます。

ただ修理部位の部品交換などが純正のものが使われることがあり、故障していない部位に関してもその周辺一式を交換する必要が出てくると、点検費用がかさむ可能性があります。整備工場だと、部品交換も中古のパーツを使うなどして費用を抑えてもらえる場合がありますが、電子制御の部分までは対応できない場合もあります。

ガソリンスタンドは他の所よりも一般的に金額が高めに設定されています。

費用もかかるので、法定点検を査定前にあえて受ける必要はないとされています


査定を受けるにあたり、結局法定点検を受けたほうがよいのか受けなくてもよいか迷うところです。車の安全走行や故障に備えての整備を考えると、法律にも定めがあることからも受けたほうがよいと言えます。

また査定額もプラスになるケースもあります。法定点検を受けていると、きちんとメンテナンスが行われている車であることの証明になります。

愛車を次に購入する人にとっても、故障しにくいという安心材料にもなるので、買取業者にとっても売却しやすいといえるでしょう。法定点検を受けた際には定期点検整備記録簿が記載されるので、この記録簿を査定員に見せられるようにきちんと保管しておきましょう。

また法定点検を受けていないからといって、査定額が下がることはありません。外装や内装にも傷が少なく、オイル交換などをきちんと行っているなど最低限のメンテナンスを行っていて、大きな事故歴などがなければまず大きな減額はないとされているからです。

点検費用もかさむので、買取を前にしてあわてて法定点検を受けるよりは、そのまま査定に出すほうがよいとも考えられています。

(まとめ)車の法定点検を受けていると査定額は上がるの?

1.法定点検を受けると車の査定額が上がる可能性はあります

法定点検を受けると、車に対するメンテナンスがきちんと行われている証明になるので、査定額が上がる可能性があります。ただ上がるかどうかは買取業者によりますが、受けているなら記録簿を見せて交渉するとよいでしょう。

2.法定点検は義務ですが、受けなくても罰則はありません

車の法定点検は受けないという人もいますが、買取に出す際に受けた記録があると査定額がアップする場合があります。日本自動車査定協会の基準では、査定日から1年以内に法定点検を受けると15点加点が付くとされています。

3.ディーラーよりも整備業者で行うほうが費用が安いとされています

法定点検は法律で定められていますが、受けなくても罰則はありません。ディーラーに依頼するよりも、整備工場で受けたほうが部品交換や工賃などの費用面でみるとお得だとされています。

4.費用もかかるので、法定点検を査定前にあえて受ける必要はないとされています

法定点検を受けていると、査定額がプラスになる可能性が高いでしょう。ただ法定点検を受けて居なくても、日頃からきちんと整備されていれば減額にはならないものです。

費用もかかるので査定前に慌てて受ける必要はないと考えられています。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる