車の売り方は大きく分けて3つです

車の売り方は大きく分けて3つです
車の売り方は、「買取」「下取り」「個人売買」などの方法があります。それぞれの方法ごとに内容が異なりますので、車を売る際はご自身にあった方法を選択するようにしましょう。

買取では、「ダメージ具合」「内装の美しさ」「エンジンの状態」などがマイナスに評価されやすいポイントです。査定を依頼する前に、チェックしておきましょう。

車を少しでも高く売りたい場合は、ちょっとしたポイントを押さえるだけでも変わるものです。ご自身でできる範囲で良いので、高く売るための工夫をすることが大切です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

車の売り方には3つの種類があります

車を売却する場合、選択肢としては主に3つの方法が考えられます。それぞれ特徴が異なりますので、違いを把握した上でご自身にとって最も良い選択をすることが大切です。

こちらでは、3つの車売却方法の特徴についてお伝えします。

買取

車の買取を行っている業者に、車を売却する方法です。買取業者は相場を目安に、車の状態や装備などを総合的に判断して値段を導き出します。

カーナビやエアロなどのパーツがあれば、プラスに査定してもらえる可能性が高いです。一般的に、下取りよりも買取の方が高くで売却できるケースが多いといわれています。

買取のプロが査定しますので、売却した後にトラブルが生じるリスクは少ないです。査定で提示された金額を現金として受け取りますので、新しい車の購入資金に充てたり、その他の用途に用いたりできます。

下取り

ディーラーや販売店に車を売却し、これから購入する車の代金の一部として充てる売却方法のことです。一般的には、それぞれの販売店が所有している価格表を参考に、車の状態などを総合的に判断し、価格を導き出します。

価格表は相場と必ず連動しているとは限りませんので、その点は買取と異なります。車の売却と購入を同じ店舗で行うため、手間なく乗り換えができるのがメリットです。

納車のギリギリのタイミングまで車に乗れるので、車の使用頻度が高い方にとって下取りは魅力的な売却方法でしょう。下取りは車の購入を前提としていますので、買取と違って売却して得た資金を自由に使えるわけではありません。

車の乗り換えを検討していない場合は、買取を選択した方が良いでしょう。

個人売買

買取や下取りは、車の業者を利用した売却方法ですが、個人売買は文字通り個人同士で行われる売却方法です。友人や知人に譲る場合やオークションで売る場合などが、個人売買に該当します。

買い手次第では、業者に売るよりも高値で買い取ってくれる可能性があります。しかし、業者が関わらないので、トラブルが生じることも少なくありません。

また、売買に必要となる書類も、全てご自身で用意する必要があるため、手間がかかります。個人売買を選択する際は、それらを理解した上で車の売却をするようにしましょう。

買取でマイナスになりやすい3つのポイントをご紹介します

買取でマイナスになりやすい3つのポイントをご紹介します
車買取の査定を業者に依頼した場合、様々なことをチェックされた上で最終的な買取価格が導き出されます。こちらでは、マイナスに評価されやすい3つのポイントをご紹介しましょう。

ダメージ具合

ボディに傷や凹みがあったり、修復したような跡があったりする場合は、損傷の具合に応じてマイナスに評価されます。車であれば、使っているうちにある程度のダメージは負うものですので、軽度な傷や凹みであればマイナスに評価されないこともあるでしょう。

査定の際は、ボディ以外にも、鍵穴や天井などあらゆるところの損傷具合をチェックされます。プロのスタッフが査定するため、細やかに調べられた上で評価されていきます。

内装の美しさ

外装だけでなく、内装も査定対象です。傷やテープ跡の有無など、綺麗な状態を保っているかどうかを詳しく確認されます。

ダッシュボードなどは、特に目立つので傷や汚れが酷い場合は、マイナスに評価されてしまう可能性があります。目立つ部位は、査定前に軽く掃除をしておくと良いでしょう。

また、内装をチェックする上で欠かせないのが臭いです。ペットの体臭や煙草の臭いなどがあると、マイナスに評価されてしまいます。

状態が軽ければ、窓を開けておけばある程度臭いを緩和することができます。臭いはシートに付着し、いつまでも残り続けているケースがほとんどです。

窓を開けても改善がみられない場合は、消臭スプレーなどを使ったり、清掃したりすると良いでしょう。

エンジンの状態

エンジンは、車の重要な査定ポイントです。調整のみで良いのか、それともオーバーホールを行わなければならないのかなど、状態ごとにマイナスに評価される具合が異なります。

また、エンジン本体だけでなく、ラジエータやバッテリーなど、周辺にあるパーツの状態も厳しくチェックされます。交換、もしくは修理が必要であればマイナスに評価されてしまいます。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車を高く売りたい時に押さえておきたいポイントは3つあります

車はちょっとしたことを心がけるだけで、高く売却できる可能性があります。こちらでは、車を高く売るために知っておきたいポイントを3つご紹介します。

車を売る際の参考としてお役立てください。

走行距離が短いうちに売る

一般的に、車は走行距離があまり長くない方が高く売れる傾向にあります。車の買取では、10万㎞がひとつの基準となっています。

この走行距離を超えた場合、買取価格を大きく下げる業者も中にはいます。理由としては、10万㎞を超えた車のエンジンは、トラブルが起きやすいからです。

メンテナンスをしっかりと行っていた場合は、10万㎞以上でも問題なく走れます。しかし、バッテリーやタイミングベルトなど、様々な部品が交換のタイミングを迎えることが多いので、買取価格が下げられてしまう可能性があります。

なるべくは10万㎞を超える前に売った方が良いでしょう。

純正オプションがある場合はアピールする

買取では、車の状態だけでなく純正オプションの有無も確認されます。サンルーフや自動スライドドア、ブラインドモニターなど、純正オプションは後から装備させることができません。

純正オプションがある場合は、査定スタッフに積極的にアピールをすることで買取アップに繋がる可能性があります。また、スペアキーや取扱説明書なども高評価される要素の一つですので、持っている場合は査定の際に提示しましょう。

車が高く売れるタイミングを見計らう

車を売る際は、1・2・3月などの時期を狙いましょう。これらの時期は、車がたくさん売れる時期です。

そのため、買取業者は在庫を少しでも多く確保できるように、買取価格を高く設定しています。査定をしてみて、高く買い取ってくれそうな業者がいれば、思い切って売ってみるのも良いでしょう。

注意点としては、1・2・3月に固執しすぎないことです。中古車は、1日でも早く売った方が高く売れるのが基本といえます。

1・2・3月から遠い月だからといって、その時期が到来するまで売らずにおくとかえって損をする可能性があります。「できそうであれば狙う」くらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

下取りの際に注意すべきことは3つです

下取りの際に注意すべきことは3つです
車の買い替えを検討している場合は、下取りを選択する方もいるでしょう。下取りを選択する際は、3つの注意点があります。

下取りを決意した場合は、注意点を確認した上で業者に依頼することをおすすめします。

購入する車両の見積もりを詳しくチェックする

下取りの場合、古い車の下取り価格に意識が向きがちかもしれませんが、その他にも注目しておいた方が良いポイントはあります。新車でしたら、車体の価格や諸経費など業者ごとに大きな差はないでしょう。

しかし、値引きの金額やオプションの内容などは、業者によって差があります。業者は売り上げを伸ばすために、それぞれ独自のサービスを用意しているものです。

たとえ系列が同じであっても、サービスの内容に違いが生じることはありますので、見積もりの際は細部まで確認しておくことをおすすめします。

諸経費も用意する

車を購入する場合、車本体の価格だけでなく、諸経費がかかります。どの程度かかるのかはケースごとに異なります。

一般的には、車本体の価格の10パーセントほどが諸経費として必要となるといわれています。下取りに限った話ではありませんが、車を購入する場合は、諸経費の存在を忘れないようにしましょう。

分からないことは契約する前に質問する

新車の購入と下取りについての交渉が済んだ後は、契約を結ぶことになります。契約後は、原則として取り消せません。

分からないところをそのままにしたまま契約を結んでしまうと、「しまった」と後に後悔してしまう可能性があるでしょう。不明なところがある場合は、スタッフに質問をし、納得してから契約を結ぶことが大切です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

(まとめ)車の売り方とは?

1.車の売り方は大きく分けて3つです

車は、「買取」「下取り」「個人売買」などの売り方があります。買取の際は、マイナスに評価されることがありますので、注意が必要です。

車はちょっとしたことを心がけるだけでも、買取価格がアップする可能性があります。

2.車の売り方には3つの種類があります

車を売却する場合、「買取」「下取り」「個人売買」などの方法があります。それぞれの方法は特徴が異なりますので、ご自身にとって最も良い選択肢とは何かを考えて選ぶことが大切です。

3.買取でマイナスになりやすい3つのポイントをご紹介します

車の査定では、業者が様々なことをチェックした上で買取価格を提示します。ボディのダメージ具合や内装の傷、汚れ、臭い、エンジン本体と周辺パーツの状態など、それらの箇所は特に厳しくチェックされ、時にはマイナスに評価されてしまうケースもあります。

4.車を高く売りたい時に押さえておきたいポイントは3つあります

車を少しでも高く売りたい場合は、「走行距離が短いうちに売る」「純正オプションがある場合はアピールする」「車が高く売れるタイミングを見計らう」などのポイントを押さえることが大切です。

5.下取りの際に注意すべきことは3つです

下取りを依頼する際は、「購入する車両の見積もりを詳しくチェックする」「諸経費も用意する」「分からないことは契約する前に質問する」などのポイントに注意しましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる