車売却の手続きでは車検証や自賠責保険証など必要書類となります


車売却の手続きでは複数に必要書類があるので、確認しておくとよいでしょう。また普通自動車と軽自動車では必要書類が違ってきます。

車検証と自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券は共通します。他に実印と印鑑登録証明書、譲渡証明書や委任状は普通自動車売却時に必要です。

軽自動車では認印が必要です。車検証や自賠責保険証、リサイクル券は車の助手席側、ダッシュボード内のファイルに入っていることが多いので確認しておきましょう。

紛失した際は、車検証はナンバーが登録する地を管轄する陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会で再発行手続きをしてもらいます。自賠責保険証の再発行は保険会社に依頼します。

譲渡証明書や委任状は、買取業者側が準備してくれたものに、必要事項を記入し押印するだけです。また車検証記載の住所や氏名の名字、現在と異なる場合は住民票や戸籍謄本が必要となるので準備しておきましょう。

車売却の手続きの必要書類は普通自動車と軽自動車の場合で異なります

車売却の手続きにおける必要書類は色々とあるので、早めに準備しておくと安心です。また必要書類は普通自動車と軽自動車で異なるので注意しましょう。

さらに場合によっては住民票など別途書類が必要となってくることもあるので、自分がそのケースに該当するかどうかも合わせて確認しておきましょう。まず車の自動検査証(車検証)と自賠責保険証書、自動車税納税証明書やリサイクル券が挙げられます。

さらに実印に印鑑登録証明書、譲渡証明書や委任状も必要書類に含まれます。

普通自動車と軽自動車の売却ではそれぞれ必要書類が違う

普通自動車の売却には、車検証・自賠責保険証・自動車税納税証明書・リサイクル券・実印・印鑑登録証明書・譲渡証明書・委任状が必要となります。一方で軽自動車の売却には、車検証・自賠責保険証・自動車税納税証明書・リサイクル券・認印が必要です。

譲渡証明書や委任状、印鑑証明書などは不要である点が異なります。

自動車検査証

車検証と一般的には呼ばれているもので、自動車が公道を走行する上で必要が検査を行い、クリアしたことを証明するものです。車検証には車台番号や型番を始め、車の所有者、つまり名義人、使用者など重要な情報が記載されています。

通常はダッシュボード内のファイルの中に入っています。ただ車検以外には目にすることもない書類なので、気づくと紛失していることもあります。

車検証が紛失した場合は、車のナンバーを登録している地域を管轄する陸運局に出向き、再発行してもらうことができます。費用が数百円程度かかります。

平日しか受付していないので、早めに手続きをしておきましょう。

軽自動車の場合は、軽自動車検査協会に行きますが、手続きは普通自動車と同様になります。

自賠責保険証や自動車税納税証明書、リサイクル券も必要書類となります

必要書類にはさまざまな種類があります。いずれも漏れがないように確認しましょう。

自賠責保険証

車の運転をする場合、自賠責の加入は法律で義務付けられており、自賠責保険は強制保険です。加入済みであることを証明するための保険証は、車購入時に加入し、車検時に更新するので車検証と一緒にダッシュボード内のファイルに入っているのが一般的です。

万一見当たらない場合は、再発行の手続きが必要となります。自賠責保険に加入している保険会社に連絡すれば、無料で手続きしてもらえます。

保険会社名がわからない時は、ディーラーなどに問い合わせるとすぐにわかります。再発行の書類を記入し、身分証明書のコピーと一緒に提出します。

発行までに短くても1週間位、長いとそれ以上の期間を要するので、こちらも早めの手続きが賢明です。

自動車税納税証明書

自動車税は毎年5月に振込用紙が郵送されてきて、1年分を支払い、銀行やコンビニなど振り込んだ際に渡される小さな紙片が証明書となります。無くさないように、車検証が入ったファイルなどに一緒に保管している人もいます。

ただ小さな紙片なので出番がないと紛失する場合もあります。紛失したら、各都道府県税事務所へ行き、機械にナンバーを打ち込むだけで、すぐに再発行がなされ、手数料はかかりません。

リサイクル券

リサイクル券は車の所有者にはなじみの薄いものかもしれませんが、売却時には重要な書類です。車を購入した際に廃車する時にかかるリサイクル料を支払っていることを証明する書類です。

車検証が入っているファイルに一緒に挟んであるのが通常です。万一紛失していても、リサイクル料支払いの事実があれば、問題ありません。

買取業者に一度相談してみましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

実印や印鑑登録証明書、譲渡証明書や委任状も必要です

実印は車買取の際に、買取業者との間に売買契約を締結するため必要となります。車購入時の実印と別の物でも問題ありません。

実印と印鑑登録証明書

印鑑登録証明書というのは、自治体に届け出て登録された印鑑が実印であることを証明するものです。

つまり契約書に押印された印鑑が本当に実印であることを裏付けるために提出するのです。自治体の市民課の窓口へ出向き、数百円の手数料で即日発行してもらえます。

また印鑑登録カードを持っていれば、窓口でなくても、自治体設置もしくはショッピングモールなどに設置された機械で発行できます。発行から1ヶ月以内のものが有効なので、あまり早めに発行しすぎないように時期に注意しましょう。

ただしたとえば先に述べたように車購入時と現在の実印が異なるなど途中で実印を変更した場合は、以前の印鑑登録証明書は以前の実印が本物であることを証明しているため使えません。新たな実印として使う印鑑を印鑑登録しなければなりません。

運転免許証など顔写真付きの身分証明書と当該印鑑を持参の上、自治体の市民課の窓口へ行って申請書を記載し手続きすれば即日に登録完了となります。同時に証明書も発行できるので一度で手続きができて効率的です。

顔写真付きの署名書がない場合は、一度写真がついていない身分証明書を2点と当該印鑑を持参して自治体窓口へ出向いて手続きします。その後に自宅に照会書が郵送されてくるので、必要事項を記載して再度窓口へ出向いて手続きすれば登録されます。

この場合時間を要するので早めに手続きしましょう。軽自動車の場合は、認印で対応できるので印鑑登録証明書は不要です。

譲渡証明書や委任状

譲渡証明書は買取業者側が用意してくれる書類です。車の名義を自身から買取業者へ変更し、所有権を完全に移行させたことを証明するものです。

譲渡証明書に氏名と住所を書き、実印を押して捺印を買取業者へ提出するだけです。委任状は車の売却時に発生する名義変更の手続きを、買取業者に一任すること証明するものです。

買取業者が準備してくれるので、記載して実印を押すだけです。

住民票や戸籍謄本が別途必要になるケースもあります


車を購入してから引っ越しをし、車検証に記載に住所と現住所が違っているという人もいるでしょう。現住所は売買契約書などに記載するため、車検証の住所とは違うけれど、結局はつながっていることを証明しなければなりません。

住民票が必要なケース

車検証の住所と違う場合には、住民票の提出が求められることがあります。住民票は現住所の他に、一つ前の住所も記載してあるので車検証の名義人と、車を売却する本人が同一人物であることの裏付けとなります。

ただ車購入時から複数回引っ越しをしている場合は、住民票の写しだけでは不十分です。というのも住民票には一つ前の旧住所しか記載されておらず、車検証の住所と現住所がつながらないからです。

この場合は、住民票の附票というものを発行してもらう必要があります。住民票の附票には、これまでの旧住所の変遷が記載されているので、2回以上引っ越した場合でも最終的に車検証記載の住所は現住所に行きつき、明らかになります。

戸籍謄本が必要なケース

車検証に記載に住所のみならず、所有者(名義人)の氏名が現在の氏名と違っているケースもあります。車購入後に結婚すれば、名字が変わります。

それは車検証には反映されないので、ずっと旧姓のままです。婚姻による名字の変更の経緯は、住民票には記載されていないので、戸籍謄本を発行してもらう必要があります。

家族全員のものではなく、自身の部分だけの戸籍謄本で問題ありません。結婚して改姓されたことを証明できるため、車検証の名義人が自身であることがはっきりわかります。

(まとめ)車売却の手続きでの必要書類とは?

1.車売却の手続きでは車検証や自賠責保険証など必要書類となります

車売却では、車検証や自賠責保険証が手続き上で必要書類となります。軽自動車と普通自動車の売却では必要書類が違います。

譲渡証明書や委任状などは普通自動車のみに必要です。また各書類が紛失していたら、早めに再発行手続きをしなければなりません。

2.車売却の手続きの必要書類は普通自動車と軽自動車の場合で異なります

車売却手続きで必要な書類は、普通自動車と軽自動車で異なるので確認しておきましょう。車検証は車検を浮けた際に発行される証明書で通常はダッシュボード内のファイルに入っています。

もし紛失していれば、手続きをとって再発行しなければなりません。

3.自賠責保険証や自動車税納税証明書、リサイクル券も必要書類となります

加入が義務付けられている自賠責保険の保険証や、自動車税の支払いを証明する自動車税納税証明書も売却で必要です。紛失の際は、早めの再発行の手続きをしたほうがよいでしょう。

また車購入時にリサイクル料を支払ったことを証明するリサイクル券も同様です。

4.実印や印鑑登録証明書、譲渡証明書や委任状も必要です

実印と印鑑登録証明書は普通自動車売却の際の必要書類です。軽自動車売却の場合、認印のみで事足ります。

また普通自動車売却のみ名義変更手続きを行うため、所有権を移行させたことを証明する譲渡証明書や手続きを業者に任せるための委任状もいります。

5.住民票や戸籍謄本が別途必要になるケースもあります

車検証に記載の住所と、現住所が異なる場合は住民票が別途必要になる場合もあります。また2回以上引っ越しの経験があれば住民票の附票を発行してもらうことになります。

そして結婚などで名字が変更になった場合は、戸籍謄本がいる場合もあります。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

著者情報