車買取で一番高い査定額を出すには、売却のタイミングなどが大事です


車を一番高く買取してもらうには、買取に時期がポイントです。1月~3月と9月10月はディーラーや中古車販売店も決算期になり、需要が一気に増えます。

また3月は就職などで中古車を購入する人も多くなるので、買取業者は少し高値でも在庫が欲しいため、1年で一番高く査定額がつくと言われています。また、古くなればそれだけ価値が下がるので、早めに買取してもらった方が良いでしょう。

下取りよりも、買取の方が金額が高くなる傾向にあるのでおすすめです。また、車の軽微な傷は自分で直す、査定前に洗車や車内の掃除をしておくと査定でプラスに働く場合もあるとされています。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車を買い替えると自動車税はどうなるの?

一番高い査定額が出るのは、3月や9月の決算期だと言われています

3月や9月の買取は高額査定のチャンス

車買取で一番高い買取額を出してもらうには、買取に出すタイミングが大事です。1年のうちで一番高い査定額が出そうなのは、1~3月まで期間です。

この時期は就職や進学などで生活スタイルが変化するため、通勤や通学のために中古車を購入する人が増えます。特に、新社会人は始めはお金がないので安い中古車を購入して乗る人が多いことが、中古車市場の需要をぐっと伸ばす要因の一つです。

買取業者はできる限り販売のための中古車を確保したいため、多少高くても特に人気の車種は積極的に買取しようと動きます。また、3月と9月はディーラーや中古車販売店は、決算期にあたります。

新車も安くなるため、新車購入を考えている人が中古車を売りに出すこと時期でもあるのでそれを狙って中古車を購入する人も増えると言われているからです。

車検前の売却もトータル的にお得

車の乗り換えは車検などのタイミングで考える人もいるでしょう。車検を通すと数万から十数万円かかるとされています。

車検を通してから売却しても、諸費用分は買取金額に相殺されるのであまり関係ありません。それよりも、走行距離で見ると5万㎞、10万㎞などを境に、買取価格が大幅に下がってしまうと言われています。

もったいないからといつまでも乗っていると、今度買い替える時に逆に損になることもあるのです。中古車は年数が経過すればするほど、市場でも価値もどんどん下がっていってしまうのが現状です。

新型のモデルが発売され、モデルチェンジが行われると旧タイプの値段も下がります。今乗っている車を一番高い値で買い取ってもらうには、走行距離やモデルチェンジ時期にも注目し、車検前に売却していしまうのがお得だとされています。

下取りよりも買取の方が高く売却できる可能性があります

下取りは安くなりやすい

車を売却するのに、ディーラーに持ち込んで下取りしてもらうという方法もあります。新車を購入する際に、今まで乗っていた車を引き取るという意味でディーラーから話を持ち掛けられることもあるでしょう。

下取りだと、ディーラーに車を引き渡し、新車を納車してもらうだけなので簡単です。しかし、下取り額はさほど高くない場合が大半と言われてます。

しかも、下取り額は新車の購入額から差し引かれるので現金では受け取らない場合がほとんどです。新車の値引きと混在して実際には値引きされていなくても、得したように錯覚してしまいます。

ディーラーは新車を販売するのが大きな目的です。中古車をうまく市場の需要に合わせて仕入れて、販売するのは中古車市場や相場の動向に詳しくないので無理です。

そのため、下取り額には限度はあるため、ある程度の額までしか増額はできないとされています。

買取だと高額査定が狙える

中古車買取業者は、中古車市場の刻々と変化する相場の動向にも詳しく、市場でのニーズにも敏感です。どの車種が人気があるかも常に調べているので、タイミングが合えば高額で買取してもらえる可能性が高まります。

国内の中古車販売店での販売の他にも、海外へ輸出やオークションでの出品など、中古車の販路も豊富なので高値で仕入れてもすぐに再販へと結びつけることが可能です。また、ディーラーでは値段がつかない、価値のない車もあります。

故障車だ逆に処分料を請求されることもあります。しかし、買取業者なら、解体してパーツのみを販売する、故障を修理してニーズのある海外へ送るといった方法をとることができます。

そうなると利用価値があるので査定額が付く可能性もあるのです。トータルで考えると少しでも高く売るには買取業者を利用するのが良いと言えます。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

軽微な傷は自分で磨いて直し、大きな傷は修理しないでそのまま査定に出しましょう

車のかすり傷は自分で直す

車買取で一番高い査定額を狙うなら、車をできる限り新車に近づけるように綺麗にすることが大事です。長年使っていると事故を起こさなくても、かすり傷などができてしまいます。

特にドアのカギ穴や取っ手付近、ガラスやミラーなどに見られます。更に、大きな事故を起こしていなくても、車庫入れボディの下のあたりをこすり、軽い傷ができてしまうこともあるでしょう。

こういった軽微な傷な市販の研磨剤などでこすれば、綺麗に落とせる場合があります。車に詳しくない人でも簡単にできるのでやってみる価値があると言えます。

大きな傷や凹みは直さない方良い

ただ、凹みに関しては素人では難しいのであえて修理しない方が良いとされています。また大きな傷や凹みは、もはや素人の手に負えないので板金修理をプロに依頼しなければなりません。

ただ、いくら高額買取を目指すからといって修理に出したら数万から数十万の修理代がかかる可能性はあります。修理しても、事故歴があるという事なので、期待するほど査定額も上がらなければ、修理代の方が高くつくこともあります。

いくら修理したといっても、買取業者が修理代金まで査定額に上乗せしてくれるわけではありません。大きな傷や凹みや無理に直さないでそのまま査定に出した方が良いと言われています。

買取業者では自社の整備工場を持っているもしく修理工場と提携していところが多く、普通の人が修理に出すよりも、かなり安く修理できるのが一般的です。場合によっては、買取額もさほど減額にならないかもしれません。

また、バッテリーやオイルの交換時期が来てもそのまま査定に出した方が良いでしょう。買取業者の方でもバッテリー切れであっても問題はなく、査定額にもさほど響きません。

売却前に交換すれば費用の負担が増えてしまいます。もちろん、買取業者はそこまでカバーしてくれないので損をすることになるでしょう。

査定前に車内を清掃し、純正の付属品も出しておきましょう

車内の綺麗にしておこう

車の外装が汚れていると、査定員の印象もよくはないので査定までに洗車しておいてください。時間があれば、ワックスをかかてピカピカにしておきましょう。

また、車の内装もチェックしましょう。特に気になるのが臭いです。普段から喫煙や、ペットを乗せる習慣がある人はタバコのヤニやペットの体臭がシートや天井、ダッシュボードなどに染み付いています。

ドアを開けるだけで臭いはすぐにわかります。車を再販する際に、こういった臭いは嫌がられるので、査定額減額につながってしまいます。

査定の2週間前位から、車内喫煙やペットを乗せるのをやめて脱臭、消臭剤を入れておけば、多少なりとも臭いは取れます。また、シートにペットの毛がついている場合も綺麗に掃除機などで吸い取っておきましょう。

シートの破れなどもできる限り修復しておくと良いでしょう。他にも足元のマットも水洗いしておくとすっきりとします。

車内のダッシュボード上などの埃もはらい、水拭きしておいてください。車内クリーニングに頼むと費用がかかってしまうのでそこまでは不要です。

自分のできる範囲で掃除しましょう。

付属も査定してもらおう

内装機器をカスタマイズした場合は、元の純正品、メーカーやディーラーのオプション品などがあれば出して査定の時に見てもらいましょう。純正品はプラス査定となりやすいからです。

特に、カーナビやオーディオ、サンルーフなどはポイントが高いとされています。ただし、別のブランドのナビなどが取り付けてあるのに無理に外さなくても大丈夫です。

むしろ、無理に外すと跡がついてしまいマイナス査定となってしまうこともあるからです。また、スペアキーは取り扱い説明書なども保管してあれば探して出しておきましょう。

こういった付属品があるかないか査定額も違ってきます。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車を買い替えると自動車税はどうなるの?

(まとめ)車買取で一番高い査定額を出させるには?

1.車買取で一番高い査定額を出すには、売却のタイミングなどが大事です

1年にうちで3月や9月は、業者の決算期であり中古車市場でも需要が高まるので、一番高く査定がつくと言われています。更に、下取りよりも買取の方が、査定額が高くなります。

査定額アップのためにも車の外装、内装をできる限り綺麗にしておきましょう。

2.一番高い査定額が出るのは、3月や9月の決算期だと言われています

極力一番高い価格で買取してもらうには、タイミングが重要です。毎年3月9月は決算期で、中古車の需要も高まるのでおすすめです。

また車検が切れる前や、モデルチェンジする前などのタイミングでの売却も買取価格が上がる可能性があります。

3.下取りよりも買取の方が高く売却できる可能性があります

車を売却して新しく乗り換える際は、新車を購入するディーラーに下取りに出す場合もありますが、下取り額はあまり高額が期待できません。一方、中古車市場に詳しい買取業者に売却すると、人気車種だと高価買取してもらえる場合もあります。

4.軽微な傷は自分で磨いて直し、大きな傷は修理しないでそのまま査定に出しましょう

少しこすったくらいの傷や、ドアのカギ穴付近にひっかき傷は研磨剤を購入して、自分で磨いておくと査定にプラスになります。ただ、凹みや大きな傷など板金修理が必要な場合は、無理に直さないでそのまま査定に出した方が損が少ないとされています。

5.査定前に車内を清掃し、純正の付属品も出しておきましょう

査定前は洗車をして、車内もタバコやペットの臭いがついていと査定額に響くので消臭剤を入れて、シートなども掃除しましょう。また、ナビやオーディオなどをカスタマイズした場合は、元の純正品があれば査定額が上がる可能性もあるので出しておきましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる
グー買取ラボ編集部
グー買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。