リース車を売る時は契約の状態に注意しましょう


正しい手順を踏めば、リース車であっても売ることは可能です。しかしリース車の仕組みと正しいやり方を理解していないと、思わぬトラブルの原因になることもあるでしょう。

リース車を売って得になることはあまりありません。もしもなんらかの事情で売りたい場合は、契約内容などをよく確認してから手続きを始めることが大切です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

リース車はあくまで貸し出しです

まず大前提として、リース車は自分のものではありません。リース車はリース契約を扱っている会社と契約することで、契約した期間車をレンタルできるサービスです。

あくまでレンタルであるため、車の所有権はリース会社にあります。そのため基本的にリース中にリースされた車を売ることはできません。

法人の場合の社用車としてリースしている場合はもちろん、個人でリースした車も扱いは同じです。

勝手に売ることは横領罪になります

レンタルしているものを勝手に売ってしまうことは、もちろん違法です。リースしている時点で名義が異なるため、手続き上通常は売れません。

しかし万が一なんらかの手段でリース契約中の車を、リース会社と相談せずに勝手に売ったり手放したりすると横領罪に該当します。横領罪に問われた場合、罰則金の支払いや、5年以下の懲役が科せられることもあるでしょう。

あくまで勝手に売った場合であるため、リース会社の契約内容によっては正式な手続きを踏んで合法的に売ることは可能です。リースした車を売りたい場合は必ずリース会社に相談しましょう。

車の所有者を確かめましょう

リースしている車であることがはっきりしている場合はよいのですが、もともと家族の車でどのように購入したのかがわからないなどのケースでは、まず車の所有者を確認してみるとよいでしょう。自動車検査証(車検証)に記載されている所有者が誰になっているかで、自分や家族が所有している車か、それともリース契約の車なのかがわかります。

リース契約の車の場合は、所有者はリース契約した会社になっているはずです。車を売る時、この車検証の所有者が車を売る本人の名義になっていないと車は売ることができません。

もし自分以外の会社名が書いてあるようであれば、車を売るためにはリース契約を結んだ会社と別途手続きが必要です。ちなみにリース契約でなくてもローンの支払いやあるいはクレジット購入でまだ引き落としが終わっていない車なども、所有権は自分ではなくローン会社やクレジット会社にあります。

リース車が売れるかどうかは契約で決まります


ではレンタルであるはずのリース車を、合法的に売ることが可能になるわけとはどんなものでしょうか。その説明のために、まずはリース車の仕組みからおさらいしましょう。

リース車は独特のメリットがあります

車のローンを払うのと同様、月々分割払いのような形でお金を支払うことで乗れるのがリース車です。車を購入する際、通常はローンの頭金、あるいは一括での支払いなど多額の初期投資がかかります。

そこでリース車の場合はあらかじめ決まった年数の契約を結ぶことで初期投資を安く抑え、月々わずかな金額で新車に乗れるようにしているのです。また契約が終わった時の車の価値である「残価」を設定しており、この分をあらかじめ支払額から差し引いているため、その分支払いが安くなるのもポイントです。

このためローンと違い、契約が終われば使用者はリース会社に車を返却しなければなりません。しかし契約内容によっては契約満了後に車を買い取れる場合もあります。

この契約終了時の扱いが、リース車を売れるか売れないかの境目です。

まずは契約を確認しましょう

リース車を売りたいのであればまずは手元の契約書を確認しましょう。リース車の契約には、オープン・エンド型、クローズド・エンド型と呼ばれる契約方法がそれぞれあります。

オープン・エンド型であれば、契約満了するまでの残りの支払い金額と、設定された残価をすべて支払うことでリース車を買い取り、自分のものとすることができるのが特徴です。リース車を売りたい場合は、いったんこのようにリース会社から車を買い取った上で、あらためて買取店などに依頼して車を買い取ってもらうことになるでしょう。

プラン変更でまかなえる場合があります

もし契約内容を見てみて、クローズド・エンド型と呼ばれるものになっている場合は、そのままでは車を買い取りすることができません。しかしリース会社によっては途中から買取可能なプランに変更できることがあります。

どんな契約になっているか、どんな変更が可能かはその会社によって違うため、リース会社に確認してみましょう。もし変更不可の場合は諦める他ありません。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

リース車の代金を全額支払う必要があります

リース車は、そのままではあくまでリース会社の所有です。そのためもしリース車を売るのであればまずはリース会社から車を買い取らなければなりません。

車を買い取ってはじめて所有権が自分に移り、車を売ることが可能になります。しかしこの仕組みがある以上、リース車を売るという行為は本来ほぼ利益が出ない行為です。

差額で損をする可能性があります

リース契約した車を売るためには、一旦本来のリース契約で支払うはずだった額を、残価設定された額も含めてすべて支払わなければなりません。そのためリース車を売るために、逆にこちらがお金を支払わなければいけない状態になります。

もちろんその後、買取店に買い取ってもらうことでいくらかの金額は戻ってきます。しかしリース会社に支払った額より多くなることはあまりありません。

もともとリース契約は単純なローンでの車購入と違い、車検代や自賠責保険料、自動車税、事務手数料などさまざまな諸経費をすべて含んだ値段設定になっていることが多くなっています。また金利もかかります。

そのため月々の支払いは安く抑えられる代わりに、契約満了時に買い取る場合でも最終的な支払いの総額は本来車を1台買うよりも高くなるのです。さらに買取店側は自らの利益も出さなければならないため、本来の車の価値よりも低い価格で買取となります。

これらの差額を考えると、リース会社から車をわざわざ買い取って、さらに店に売った場合に得をすることはほぼないといってよいでしょう。

中途解約できるとは限りません

リース会社の契約が買取可能なものでなかったり、途中で車に乗らなくなってリース契約する必要がなくなったりすることもあるでしょう。しかしそのような場合でも、中途解約したり契約を変更したりすることは慎重にした方がよいでしょう。

変更はともかく、中途解約は容易にはできないケースがほとんどです。リース会社は数年間確実に契約を結ぶという条件のもと月々の支払いを安くしています。

そのため中途解約されてしまうとリース会社としては安くする意味がありません。結果として多くの違約金や解約金を請求されることになり、そのまま乗り続けた方が得になることがほとんどです。

車を高く売るコツがあります


リース会社に相談して契約を確認し、買取可能であることを確認したら、契約していたうちの残りの代金と残価すべてを支払うことで、車の所有権が自分に移ります。ここでようやくリース会社を通さず、お好きな買取店に車を売ることが可能となります。

しかしせっかくリース会社に代金を支払ってまで買い取った車である以上、出来るだけ高く売れるようにしたいところです。車を高く売るためにはいくつかのコツがあります。

ディーラーに売らないようにしましょう

まず次の車を買う時、新車であるならばディーラーが前の車を下取りしてくれるサービスがあるはずです。しかしこのような下取りサービスは使うべきではありません。

ディーラーは新車を売るついでのおまけとして下取りサービスを実施しています。そのため下取り価格は最低限のものです。

中古車を専門に買い取り、それだけで商売している店と比べれば、どうしても価格は安くなるでしょう。たとえ新車の購入資金の足しにしようと考えていても、ディーラーではなく必ず中古車買取店に売るようにしましょう。

とくに車種によってはその車種を販売するのが得意な店もあり、買取価格に数十万円単位で大きく差がつくことがあります。

相見積もりをしましょう

もう一つ大切なコツが相見積もりです。車の買取価格は買取店によってかなり異なります。

それぞれの買取店で得意な車種があるだけでなく、販売ルートも異なるためです。たとえば走行距離の平均より長い車は、一般的な買取店では買取価格が下がりがちになります。

しかし海外では日本よりはるかに長い走行距離の車がたくさん走っているため、海外に販路を持つ買取店であれば高く買取することが可能です。細かいことを積み重ねていくことで大きな金額になることもあるため、必ず面倒でも相見積もりをして一番高い買取店に売るのが大切です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

(まとめ)リース契約をしている車を売ることはできる?

1.リース車を売る時は契約の状態に注意しましょう

リース契約している車は通常では売れませんが、正しい手順を踏めば売ることができます。しかし損をすることも多いため、リース車を売る必要性をよく考えた上で、契約内容をよく確認してから実行することが大切です。

2.リース車はあくまで貸し出しです

リース車はあくまでリース会社に所有権があり、レンタルです。そのままでは売れません。

勝手に売ると横領罪に問われることもあります。所有者を確かめた上で、正しい手順を踏んで売りましょう。

3.リース車が売れるかどうかは契約で決まります

リース車は残価設定することで毎月の支払いを安くするレンタル特有の仕組みを持っています。オープン・エンド型であれば買取可能であるため、契約を確認しましょう。

途中でオープン・エンド型に契約変更できるケースもあります。

4.リース車の代金を全額支払う必要があります

リース車を売りたい場合は、いったん買い取らなければなりません。しかしリース車の仕様上、車一台をそのまま購入するより負担が大きくなります。

売るのを諦めて中途解約したい場合でも違約金をとられるでしょう。よく検討しましょう。

5.車を高く売るコツがあります

リース車は、契約時の残りの代金と残価をすべて支払うことで自分のものになります。しかしその車をディーラーに下取りに出してしまうと損をするでしょう。

相見積もりをして一番高い店に売るのが大切です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる