クルマ グーネット

バナー
営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

トヨタ ノアの査定相場を調べる

トヨタ ノア

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

トヨタ ノア 買取額シミュレーション

今月の買取参考価格¥32,000~¥2,663,000

平均使用年数8年

平均走行距離67910km

平均レビュー満足度

※2021年6月更新

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

ノアの年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

ノアを高く買い取ってもらうポイント

タウンエース・ノアの後継車種として、2001年登場したのが「トヨタ ノア」です。

2020年現在で3代目ノアが発売され、通算19年の販売期間となり、多くのファミリーに愛されているミニバンといえます。長きに渡って販売されているノアは世代が変わるごとに進化を続け、快適性、利便性を向上させました。

そして、2014年に登場した3代目ノアでは、燃費性能を大きく向上させたクラス初となるハイブリッド車も登場しています。そんなノアを高く買い取ってもらうためのポイントをご紹介します。

<ポイント1:人気グレードはスポーティーグレード>
初代ノアから3代目ノアまで世代を通して設定された“スポーティーグレード”である「S」「Si」「ハイブリッドSi」が人気のグレードです。実際に中古車市場においても半数近くがスポーティーグレードであるため、その人気の高さがうかがうことができます。

初代ノアの「S」では、専用前後バンパーや専用15インチアルミホイールなど外装を中心にスポーティーさを演出したグレードです。また、このグレードでは専用に設定されたHインフィニティTEMSサスペンションを選択することができました。2代目の「S」でも初代ノア同様、専用外装パーツでスポーティーさを演出。

「Si」はSの装備に加え、高出力エンジンとパドルシフトを装備しているのが特徴です。その後、2010年のマイナーチェンジにて「意のままに操る喜び」を体感できるグレードとして、新たに「G‘s」がラインナップされました。

この「G‘s」では、「S」「Si」をベースに内外装に専用のパーツをセットし、専用セッティングのサスペンションや18インチアルミホイール、ボディ補強や空力パーツなど追加し、走りの質を向上させています。

3代目では、「Si」「ハイブリッドSi」ともに専用前後バンパーなどの外装パーツでスポーティーさを演出。また、2代目同様「G’s」もラインナップされていましたが、2017年「G’s」の理念を継ぐ形で「GRスポーツ」のグレードが入れ替わり、ラインナップされました。

これも「G‘s」同様、専用の内外装パーツに加え、サスペンションやボディ補強などチューニングが施されています。スポーティーグレードの「S」「Si」が高価買取りを期待できますが、その中でも「G’s」「GRスポーツ」は希少価値の高さから、高価買取りはもちろん値崩れも少なくないのが特徴です。

<ポイント2:陰に隠れた高価買取グレードに注目>
中古車市場における取引台数こそ少ないものの、買取価格の高いグレードがあります。それは3代目ノアの「G」グレードです。この「G」は、専用の外装を纏っているスポーティーなルックスのグレード「Si」に対し、ノア本来の落ち着いたデザインと充実した快適装備となっています。「Si」にはない装備として、以下のような装備が「G」に加えられました。

・運転席助手席に快適温熱シートを装備、それに合わせてシート表皮もハイグレードに変更
・エアコンに空気清浄作用があるナノイーを搭載
・純正スピーカー数が4→6へ
・UVカット機能付きサイド・リアウインドウがスーパーUVカット+IRカット機能付きに変更

これらの装備が加えられたことにより、ルックスより機能を優先したグレードとなりました。ノアは人気車種ということもあり、その需要から高い買取相場を維持しています。

<ポイント3:ファミリー層から高い評価>
数多くあるミニバンの中でも、ノアは特にファミリー層からの支持を受けている車種といえます。ノアには広い室内スペースが確保されており、両側にスライドドアを採用することで、後部座席への乗り降りがとてもスムーズとなっているのが特徴です。

また、「3列シート8人乗り」と「2列シート5人乗り」もあるため、使い勝手の良さはもちろん、バリエーションの豊富さがファミリー層に人気となっています。2代目ノアでは室内空間をさらに拡大し、回転式の2列目シートを採用するなど、さらに利便性を高めました。ファミリー層からの人気も高いノアとあって、中古車市場でも流通量が多いのが特徴です。

2001年式(平成13年式)の初代ノア(AZR60G,AZR65G)の買取相場

2001年式(平成13年式)の初代ノアの買取相場を見ていきましょう。

<年式:買取相場>
2001年式:1.0万円~12.0万円

生産開始から19年経過しているため、相場はすでに底値となっています。グレード問わず、状態の良いモデルであれば買取価格は10万円程度の価格を見込めるでしょう。

2001年(平成13年式)式の初代ノア(AZR60G,AZR65G)の特徴

モデルの概要

斬新な立体空間に先進的なスタイルと快適な走りを高い次元で統合し、“21世紀の豊かなモビリティライフを創造する”をコンセプトに2001年に発売されたノア。FR車のタウンエースからプラットフォームを一新し、FF車として登場しました。

駆動方式をFFベースとしたことでフラットなフロアを実現し、以下の広さを確保して、ゆとりの室内空間を実現しています。
・フロア地上高:440mm
・室内長:2680mm
・室内幅:1470mm
・室内高:1340mm
また、ロングホイールベースとする一方で全長をミディアムセダン並みの4560mmとして、取り回しの良さも確保されているのが特徴です。

エンジンは多くのトヨタの中型車に搭載される2.0L直4 1AZ-FSE を全車に搭載しました。152psの十分なパワーを持ちつつも、「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」を達成しており、同時にCd値0.32の空力に優れたボディとの組み合わせで燃費性能は、クラストップとなる14.2km/Lを達成しています。組み合わされるトランスミッションは4ATが搭載され、全グレードで4WDを選択することも可能です。

ボディサイズ
全長:4560mm
全幅:1695mm
全高:1850mm
車両重量:1480kg

ノア(2001年式)の主なグレード
・ノア X FF
・ノア X Gセレクション FF
・ノア S FF
・ノア S Gセレクション FF
・ノア L FF
・ノア X 4WD
・ノア X Gセレクション 4WD
・ノア S 4WD
・ノア S Gセレクション 4WD
・ノア L 4WD
が設定されています。

初代では3つのグレードが展開されました。価格を抑えたベーシックな「X」、専用前後バンパーやルーフスポイラー、専用アルミホイールを備えたスポーティーなスタイルの「S」。そしてオーディオやウッドパネル、オプティトロンメーター、トリコット素材のシート+内装に加え、パワーアシストドア、スライドドアイージークローザーなどの豪華装備を持った「L」があります。

また、XとSにはGセレクションが設定され、これはMD・CD一体型のラジオ、オートエアコン、リモートドアロックなどの装備が追加されるのが特徴です。

人気が高いグレード

初代ノアは主に「X」「S」「L」の3種類のグレードが販売されています。

その中でも、初代で最も人気が高いグレードはSです。

・S
Sは大型バンパー、サイドステップ、リアスポイラー、専用アルミホイールなどを装備し、もともとスタイリッシュだったノアの外装をさらに精悍なスタイルに仕上げたものです。ノアのユーザーは若いファミリー層が多いため、ミニバンであってもカッコイイ車に乗りたいというニーズにマッチしたことから、人気グレードとなりました。

特に、2004年のマイナーチェンジではトランスミッションがスーパーCVT–iになったことから、手元変速可能な7速スポーツステアマチック付3本スポークステアリングが装備されます。この他にも、専用スポーツメーターや専用シート生地が用意されました。

また、Sだけの特徴としてサスペンションに、HインフィニティTEMSをオプション設定しています。これは走行状況に応じショックアブソーバーの減衰力を9段階に自動調整し、快適な乗り心地と、高い安定性を実現させました。

2007年式(平成19年式)の2代目ノア(ZRR70G,ZRR75G,ZRR70W,ZRR75W)の買取相場

2007年式(平成19年式)の2代目ノアの買取り相場を見ていきましょう。

<年式:買取相場>
2007年式:6.0万円〜41.5万円

この年式ではすでに13年経過しており、過半数以上の個体に経年劣化が進んでいるため、過走行のモデルが多い傾向です。しかしながら、外装・内装共に良い状態を維持しているなどであれば、高価買取も多少ですが望めるでしょう。

2007年(平成19年)式の2代目ノア(ZRR70G,ZRR75G,ZRR70W,ZRR75W)の特徴

モデルの概要

先代モデルが好評を博す中、モデルチェンジとなり登場した2代目ノア。初代のコンセプトを継承し、使いやすい室内空間、居住性、快適な走りなど初代の持っていた高い基本性能をアップデートして登場しました。

ボディサイズも5ナンバーサイズと先代を踏襲しながらも室内寸法は、以下のようになります。
・室内長:2970mm
・室内幅:1485mm
・室内高:1350mm
特に室内長は初代の2680mmから一気に拡張されました。

今回からワンタッチで3列目シートを跳ね上げ、脚も同時に折り畳まれる構造で、ラゲッジスペースを使用する際の労力が大幅に軽減される「ワンタッチスペースアップシート」という装備が採用。

また、2列目シートをレバー操作で60°外側に向ける機構を持ち、チャイルドシートに子どもを乗せる動作が無理なく行えるように配慮された「チャイルドケアモード」と呼ばれる機構も採用されています。これらの装備はドライバーだけではなく、同乗者にも快適で優しい乗り心地を与えました。

搭載エンジンは新開発の3ZR−FE (2.0L 143ps)とバルブマチックを搭載した3ZR−FAE (2.0L 158ps)の2本立てとなり、グレードによって使い分けられています。組み合わされるトランスミッションは初代モデルの途中から採用されたスーパーCVT−iを引き続き搭載しています。

ボディサイズ
全長:4595mm
全幅:1695mm(S、Si は1720mm)
全高:1850mm
車両重量:1550kg〜1670kg

ノア(2007年式)の主なグレード
・ノア YY
・ノア X
・ノア X Lセレクッション
・ノア X Lセレクション・サイドリフトアップシート装着車
・ノア S
・ノア Si
・ノア Si サイドリフトアップシート装着車
・ノア G
が設定されています。

各グレード4WDの選択が可能です。その他、「Si」と「X」をベースにしたウェルキャブシリーズもラインナップされています。

2代目では乗車人数を5名乗車とし、3列目を積載スペースとした「YY」、ベーシックな「X」、専用エアロとホイール、ワイドフェンダーを装備したスポーティな「S」。そしてSの装備にパドルシフトと高効率タイプのエンジンである3ZR−FAEを搭載した「Si」豪華装備の「G」といったバラエティに富んだグレード構成が特徴です。

また、2010年のマイナーチェンジでは、内外装に専用のパーツ、18インチアルミホイールや専用セッティングのサスペンションを装備し、上質感と走りの質を向上させた「G’s」が登場しています。

人気が高いグレード

2代目ノアの主なグレードは「YY」「X」「S」「Si」「G」「G’s」などがあります。その中でも人気グレードとなるのは、先代同様スポーティーグレードである「S」「Si」です。

・S
Sには「ワンタッチスペースアップシート」や「チャイルドケアモード」といったユーザーフレンドリーな装備が追加されました。使いやすい室内空間、居住性、快適な走りなどミニバンとしての基本性能を備えた上で、大型バンパー、サイドステップ、リアスポイラー、専用16インチアルミホイール、ワイドフェンダーを装備しています。先代同様スタイリッシュで精悍に仕上げたグレードとなっているため、高い支持を得ているグレードです。

・Si
SiではSと同様の装備に加え、内装がグレードアップし、スマートエントリー&スタートシステムといった便利装備が追加される他、エンジンが高効率タイプの3ZR-FAEとなっており、同時にパドルシフトも装備しています。Sよりもスポーティに、低燃費に仕上げられているのが特徴です。

2014年式(平成26年式)の3代目ノア(ZRR80G,ZRR85G,ZRR80W,ZRR85W)の買取相場

2014年式(平成26年式)の3代目ノアの買取相場を見ていきましょう。

<年式:買取相場>
2014年式:63.0万円~146.3万円

2014年式は6年落ちとなりますが現行車種ということで、市場での人気もまだまだ高いようです。そのため、好条件が揃えば、高価での買取りが望めるでしょう。

2014年式(平成26年式)の3代目ノア(ZRR80G,ZRR85G,ZRR80W,ZRR85W)の特徴

モデルの概要

2014年1月、満を持して発売開始された3代目ノアですが、新開発の技術を多数盛り込んだ全く新しい次世代ミニバンとして登場しています。Fun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)を高次元で融合する「Spacious FUN Box」をキーワードに開発されました。

エクステリアは大型フロントグリルを正面に据え、上下四隅を強調したデザインとフロントマスクの厚みでワイド感と堂々としたスタイルを表現しています。ボディサイズは先代を踏襲し5ナンバーサイズとなっており、「Si」も先代同様膨らみを持たせたフェンダ-のため3ナンバーサイズとなっています。

エンジンも引き続き3ZR-FAEを搭載していますが、バルブマチックには改良が加えられています。組み合わされるSuper CVT-iも新開発となり、高い燃費性能と環境性能を実現。また今モデルから、プリウスと同様のハイブリッドシステム(THS-Ⅱ)を搭載し、クラス初のハイブリッド搭載ミニバンとなり、同時にクラス最高の燃費性能(23.8km/L)も実現しています。

インテリアでは、ボディ骨格を一新した、新開発の低床フラットフロアの採用により、クラストップレベルの広々とした室内空間を確保しています。従来比で60mm低くなったフロアの恩恵で高い乗降性、使い勝手のよい荷室を実現しました。この新開発のボディは剛性も向上しており、新開発のリアサスペンションと相まって、乗り心地とスタビリティ向上に寄与しています。

また、乗車定員は7人乗りと8人乗りがあり、7人乗り仕様では2列目キャプテンシートに、805mmもの超ロングスライド機構を備えこれまで無かった圧倒的な足元スペースを確保しています。

ボディサイズ
全長:4,695mm
全幅:1,695mm
全高:1,825mm
車両重量:1,560kg

3代目ノアのグレードとして
・X
・G
・Si

ハイブリッド車は、
・X
・G
が設定されていました。

3代目ノアのグレードを個別に解説すると、ガソリン車は、
X: ノアの基本となるグレードですが、LEDヘッドランプや充電用USB端子、フルオートエアコンなど必要な装備が揃っています。
G:「X」の装備に機能を追加し、オプティトロンメーターを上位版に変更。加えて快適装備を充実させた、「X」の上位版と言えるグレードになります。
Si: 専用フロントグリルや大型前後バンパー、サイドステップ、リアスポイラーなどのエアロパーツが追加され、ホイールは16インチアルミホイールになり、スポーティーで精悍なエクステリアとなっています。

ハイブリッド車は、
X:ガソリン車「X」のハイブリッド版になり装備も同等になります
G:ガソリン車「G」のハイブリッド版になり装備も同等になります

人気が高いグレード

3代目ノアの主なグレードには、「X」「Si」「G」「ハイブリッドX」「ハイブリッドG」があります。

これらのグレードの中でも、人気なのは、先代同様スポーティーグレードの「Si」です。

・Si
3代目ノアのSiは専用グリル、専用フロントバンパー・リアバンパー、リアスポイラーを装備しました。姉妹車であるヴォクシーが精悍さをイメージしたのなら、ノアはミニバンの王道ともいえる堂々としたスタイルが特徴です。

室内に目を移しても、3列目シートを簡単に収納することができる「ワンタッチスペースアップシート」を3代目ノアでも引き続き、装備しています。さらに低床化されたフロアと合わせて、スタイルだけではなく、利便性も確保されているのが特徴です。

燃費性能も14km/L~16km/Lと、ミニバンでありながら高水準となっています。ハイブリッド車との車両価格と燃費性能を総合して考えれば、ガソリン車でも選択される要因となっているようです。

走行距離による平均相場

ノアに限らず、車の買取査定額は走行距離によっても金額は変動します。車の買い取りにおいて走行距離は重要な評価基準のひとつで、普通車は年間1万km、軽自動車は年間8,000kmを目安に買取価格がプラスまたはマイナスになるのです。

こちらでは、ノアの走行距離による平均相場をご紹介します。

<走行距離:買取相場>
1万km:169.2万円〜215.7万円
2万km:162.4万円〜216.3万円
3万km:150.3万円〜200.9万円
4万km:144.1万円〜177.0万円
6万km:78.2万円〜107.2万円
8万km:51.3万円〜76.8万円

ノアは中古車市場においても人気車種であるため、4万km以上の距離を走行したモデルであっても高めの買取価格を見込めるようです。また、ノアがメインターゲットとしているのがファミリー層であるため、週末に近場で買い物を済ませる程度として利用するというケースも多く、過走行ではないモデルが多く出回っているようにも見受けられます。

ボディカラーによる買取価格の比較

走行距離や年式だけでなく、ボディカラーによっても買取価格は変動します。そこで今回は2017年式の走行距離3万kmのノア「Si」ガソリン車に絞って、ボディカラーによる買取相場を比較していきたいと思います。

2017年式の走行距離3万kmの場合
<ボディカラー:買取相場>
ホワイトパールクリスタルシャイン:167.3万円
シルバーメタリック:166.6万円
ブラック:160.3万円
ボルドーマイカメタリック:156.1万円
アイスチタニウムマイカメタリック:147.0万円

ノアのメインユーザーはファミリー層だということもあり、あまり派手なボディカラーをしているモデルは好まれない傾向となっています。そのため、どのメーカーの車種でも人気のある定番カラーのホワイトやブラック、シルバーがノアでも上位を占めるという結果となりました。

また、ノアにはソリッドのホワイトが設定されていないので、真珠のような滑らかな輝きで華やかな印象を与えるホワイトパールクリスタルシャインに人気があるようです。

下取り価格と買取査定額との比較

今回は2014年式と2016年式のノアのGグレードの下取り価格と買取査定額の違いをご紹介します。また、走行距離によっても買取価格が変わることを覚えておきましょう。

<年式:走行距離:グレード:下取り価格:平均買取相場>
2014年式:3万km:G:117万円:128万円
2014年式:5万km:G:101万円:112万円
2014年式:7万km:G:91万円:101万円
2016年式:3万km:G:171万円:181万円
2016年式:5万km:G:161万円:171万円
2016年式:7万km:G:150万円:160万円

他の車種同様に、下取り価格よりも買取査定額の方が高い結果となりました。そのため、ノアを少しでも高額で売却したいというのであれば、買取査定に出したほうが良いでしょう。

今回調査してみたところ、同じグレードでも純正オプションが装備されている、走行距離が短い車両などが特に買取査定額も高くなっているようです。車内も広く、内装なども充実していることがファミリー層を中心に人気となっているため、中古車市場でも需要があることが分かりました。

まとめ

トヨタ ノアは2001年より19年間の長きに渡って販売され続けている車種です。長い販売期間の中で技術の進歩とともに、より高性能により使い勝手よく進化してきました。そんなノアを高く買い取ってもらうポイントは以下の通りです。

・人気のあるグレードはスポーティーグレードの「S」「Si」「ハイブリッドSi」
・ノア本来の落ち着いたデザインと充実した快適装備のGグレードに人気がある
・ファミリー層からの人気も高いため、中古車市場でも流通量が多い
・ノアのメインターゲットがファミリー層ということもあり派手なボディカラーは好まれず、ホワイトがベースのホワイトパールクリスタルシャインが人気カラーである

タウンエース・ノアの後継車として誕生したノア。5ナンバーサイズの手ごろなボディと3列シートの広い室内空間、リヤ両側スライドドアが好評で、3代目となった現在でも人気の高いミニバンです。

今回ご紹介した高く買い取ってもらうポイントを踏まえて、ノアを売却する際の参考にしてはいかがでしょうか。

グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部
中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。

トヨタ ノアのグレード別買取相場ランキング

グレード
買取相場
カタログ・スペック情報
新車価格
年式
排気量
型式
1位
ハイブリッドSi ダブルバイビーⅡ
242.4万円~266.3万円
338.0万円~
344.3万円
平成31(2019)年1月~
令和2(2020)年
1800cc
6AA-ZWR80W
DAA-ZWR80W
2位
Si GRスポーツ
188.8万円~260.1万円
324.6万円~
330.6万円
平成29(2017)年9月~
2000cc
3BA-ZRR80W
DBA-ZRR80W
3位
ハイブリッドSi
173.2万円~257.3万円
322.9万円~
334.7万円
平成28(2016)年1月~
1800cc
6AA-ZWR80W
DAA-ZWR80W
4位
ハイブリッドSi ダブルバイビー
176.3万円~238.7万円
332.1万円~
336.3万円
平成28(2016)年7月~
令和元(2019)年
1800cc
DAA-ZWR80W
5位
Si ダブルバイビーⅡ
205.0万円~238.2万円
285.6万円~
313.8万円
平成31(2019)年1月~
令和2(2020)年
2000cc
3BA-ZRR80W
3BA-ZRR85W
DBA-ZRR80W
DBA-ZRR85W
6位
Si
8.4万円~223.6万円
245.7万円~
304.2万円
平成19(2007)年6月~
2000cc
3BA-ZRR80W
3BA-ZRR85W
DBA-ZRR70W
DBA-ZRR75W
DBA-ZRR80W
DBA-ZRR85W
7位
ハイブリッドG
121.0万円~223.0万円
297.0万円~
321.8万円
平成26(2014)年2月~
1800cc
6AA-ZWR80G
DAA-ZWR80G
8位
9.5万円~216.3万円
257.0万円~
306.4万円
平成19(2007)年6月~
2000cc
3BA-ZRR80G
3BA-ZRR85G
DBA-ZRR70G
DBA-ZRR75G
DBA-ZRR80G
DBA-ZRR85G
9位
Si ダブルバイビー
158.3万円~212.1万円
280.0万円~
306.3万円
平成28(2016)年7月~
令和元(2019)年
2000cc
DBA-ZRR80W
DBA-ZRR85W
10位
ハイブリッドX
102.4万円~200.8万円
285.0万円~
305.9万円
平成26(2014)年2月~
1800cc
6AA-ZWR80G
DAA-ZWR80G
ボタン

トヨタ ノア
(令和2(2020)年10月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ ミニバン・ワンボックス
ドア数 5ドア
乗員定員 8名
型式 3BA-ZRR85W
全長×全幅×全高 4710x1735x1870mm
ホイールベース 2850mm
トレッド前/後 1500/1480mm
室内長×室内幅×室内高 2930x1540x1400mm
車両重量 1690kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

トヨタ ノア の他グレード詳細を見てみる

英数
ハ行

レビュー評価が
高いお店

PROTO 情報を未来の知恵に