車を買い替える際に知っておきたい手数料の種類は4つです

車を買い替える際に知っておきたい手数料の種類は4つです
新車を購入する時は、登録代行費用、車庫証明取得代行費用、納車費用、下取り関連の費用などの手数料がかかります。手数料を節約したい場合は、ご自分で手続きを行うと良いでしょう。

車をお得に手に入れたいのであれば、交渉することをおすすめします。車検は高額な費用がかかるので、車検前に車を売る方は多いです。

走行距離が10万㎞を超えたり、モデルチェンジがあったりすると、買取価格が下がるのでその前に売るのもおすすめです。車を高く売りたいのであれば、買取を選択する、掃除する、修理はしないなどのポイントがあります。

新車を購入する際は4つの手数料がかかります

車を買い替える場合、新車の購入にかかる手数料が気になる方は多いでしょう。新車を購入する際は、主に4つの手数料がかかります。

手数料を支払いたくない場合は、ご自分で手続きを行うことで節約が可能です。節約したい方は、どの手数料を削るべきか考えてみると良いでしょう。

以下では、新車購入時にかかる手数料を4つ紹介します。

1.登録代行費用

新車購入時に、陸運局でナンバーを手に入れなければなりません。手続きはご自分で行うこともできますが、面倒に感じる場合は店舗に任せても良いでしょう。

店舗に任せた場合、登録代行費用がかかります。手数料の金額は、安くて1万円前後、高くて3万円ほどです。

ご自分で行う際は、ディーラーにお願いして必要書類を渡してもらう必要があります。

2.車庫証明取得代行費用

車を所持する条件の一つが、保管場所の確保です。車があっても、保管場所がなければいけないため、それを証明する車庫証明書が必要となります。

申請は、駐車場がある場所を管轄している警察署で可能です。手続きそのものは、それほど複雑なものではありません。

しかし、警察署は平日の昼間のみ対応しているので、仕事をしている方だとなかなかご自分で手続きができないこともあります。そのような時は、店舗に代行を依頼しましょう。

代行にかかる費用は、安くて1万円、高くて2万円ほどです。また、申請の際に別途数千円ほど費用がかかるので、そちらも忘れずに用意しておくことが大切です。

3.納車費用

納車の際、ご自分が店舗に行くのではなく自宅へ運んでもらうのであれば、納車費用を支払わなければなりません。運ぶ距離によって費用が変化しますので、運んでもらう前に確認しておくと良いです。

4.下取り関連の費用

車を乗り換えるのであれば、現在所有している車を下取りしてもらうこともあるでしょう。その場合、下取り手数料が生じることがあります。

下取り手数料の金額は、1万円ほどです。店舗によっては、下取り手数料のみならず、名義変更の代行手数料を請求する場合があります。

手数料のことで疑問に感じたことがあれば、スタッフに質問して確認をしましょう。

車をお得に手に入れたいのであれば交渉することをおすすめします

車をお得に手に入れたいのであれば交渉することをおすすめします
車乗り換えの際、車の購入にかかる費用が気になる方は多いでしょう。車を少しでもお得に購入したいのであれば、販売店のスタッフと交渉することをおすすめします。

交渉をすることで、安く販売してもらえる可能性があります。こちらでは、スタッフと交渉する上で知っておきたい3つのポイントを紹介します。

1.新車がお得に販売されるタイミングを見極める

販売店が売りたいと思っている時期はセールが開催されていますので、そのタイミングで交渉してみることをおすすめします。セール中は、1台でも多く販売したいと販売店は考えていますので、価格交渉に応じてくれる可能性は高いです。

3月や9月はディーラーの決算月ですので、これらのタイミングでの交渉が特におすすめです。大きく値引きしてくれる場合もあるので、挑戦してみてください。

2.おまけがもらえないか交渉する

車本体の価格を値引きするのは、さすがに限度が存在します。ご自分が下げたい金額まで到達しなかった場合は、代わりにオプションをおまけしてもらえないか交渉してみましょう。

オプションを値引きしてくれるのであれば、車本体の金額があまり下がらなかったとしても、全体で考えればお得な買い物ができたと言えます。

3.いつ頃納車したいのかは伝えない

お得に購入しようと考えるあまり、店舗側がなにを考えているのかを考慮しないのは避けた方が良いです。店舗側としては、なるべく値引きせずに売りたいという本音があります。

「納車の希望日はいつですか?」と質問された場合は、すぐには答えないのも手です。購入する時期を伝えてしまうと、値下げをギリギリのタイミングまで渋り、上手く契約へとつなげられる可能性があります。

納車日は、交渉の段階では伝えずに、後ほど伝えるようにしましょう。交渉では、相手が有利な状況を作り出さないことが大切です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車の買い替えを考えるべきタイミングは4つです

車を乗り換えたいのであれば、どのタイミングが良いのでしょうか?こちらでは、車を買い替えるタイミングを4つ紹介します。

タイミングを見極める際の参考にしてください。

1.車検の前

車の維持費の中でも、特に高額と言えるのが車検です。車検では、7~11万円ほどかかってしまうこともあります。

修理する箇所が多かったり、部品交換をしなければならなかったりした場合は、20万円以上かかることも多いです。一般的に車は古くなればなるほど、修理・交換する箇所が増えていきます。

車検の費用が高くつく場合は、買い替えを検討した方が良いでしょう。車検前だからといって、買取価格を下げる買取業者はあまりいませんので、気にせずに売ることができます。

2.走行距離が10万㎞を超える前

日本車の性能は優れており、走行距離が10万㎞を超えたとしてもメンテナンスをきちんと行っていれば、問題なく走行可能です。しかし、一般的に車は、走行距離が10万㎞を超えると買取価格が大きく下がると言われています。

そのため、走行距離が10万㎞を超える前に売る方も大勢います。走行距離を確認してみて、10万㎞に到達しそうであれば、一度査定に出してみることをおすすめします。

3.価格が大きく下がる前

現在所有している車がモデルチェンジする、ライバル車が販売されるなど、このような事態になった時は車の価格が下がることがあります。車をお得に手放したいのであれば、車の情報は絶えず確認しておくと良いでしょう。

4.ライフスタイルに変化があった時

車は車種ごとに異なる特徴があります。子供が生まれた、引っ越しをした、就職が決まったなど、ライフルスタイルに変化があると、現在乗っている車では使い勝手が良くない場合もあるかもしれません。

そのような時に車を買い替えることで、ライフスタイルにあった車を手に入れることができます。どの車に乗るべきか迷った時は、買取店のスタッフに相談をすればアドバイスがもらえるので、気軽に質問してみましょう。

車を少しでも高く売るコツは3つあります

車を少しでも高く売るコツは3つあります
車を高く売りたいのであれば、3つのポイントを押さえておくと良いでしょう。ちょっとしたことを心がけるだけでも、買取価格は上がる可能性があるので覚えておいてください。

以下では、3つのポイントについて解説していきます。

1.買取を選択する

現在持っている車を処分する場合、買取と下取りの2パターンがあります。買取は車を売って、買取価格分の現金を受け取ることです。

一方、下取りは車を売って得たお金を、そのまま購入資金に充てる方法のことを指します。下取りは、一店舗で売却から購入までを済ませられるので、便利ではあります。

しかし、一般的には下取りよりも買取の方が、高額で車を売れることが多いです。車を高く売りたいのであれば、買取を選択した方が良いでしょう。

2.車を綺麗にしておく

車の査定は、機械ではなく人間が直接目で見て確認します。車が汚れているとマイナスの印象を与えてしまい、買取価格に影響する可能性はあります。

車を軽くで良いので掃除をしておくことで、良い印象を査定スタッフに与えられます。また、たばこやペットなどの臭いも、買取価格が下がる原因です。

車を掃除する際に、消臭剤を使ってしっかりと臭いを緩和しておきましょう。

3.車を修理しない

車に傷や凹みがあると、修理をしてから売る方もいます。しかし、傷や凹みがあっても、直さずにそのまま売るのがおすすめです。

傷や凹みがない方が、高くで売れるのは間違いありませんが、修理費用を上回るほどプラスに評価されないことがほとんどです。多少の傷や凹みであれば、あまりマイナスに評価されないので、修理をせずに査定に出してみると良いでしょう。

(まとめ)車を買い替えるなら知っておきたい手数料とは?

1.車を買い替える際に知っておきたい手数料の種類は4つです

新車を購入する時は、4つの手数料がかかります。車をお得に手に入れたいのであれば、交渉をしましょう。

車検は高額な費用がかかるので、車検前に売る方は多いです。車を高く売りたいのであれば、買取を選択するなどのコツがあります。

2.新車を購入する際は4つの手数料がかかります

新車を購入する場合、登録代行費用、車庫証明取得代行費用、納車費用、下取り関連の費用などの手数料がかかります。手数料を支払いたくない場合は、ご自分で手続きを行うことで節約できます。

どの手数料を節約するべきか考えてみることが大切です。

3.車をお得に手に入れたいのであれば交渉することをおすすめします

セール中であれば、価格交渉に応じてくれる可能性があります。車本体の値引きが厳しい場合は、オプションの値引きができないか交渉してみましょう。

納車の希望日を伝えると、ギリギリのタイミングまで値引きを渋られる可能性があるので、注意が必要です。

4.車の買い替えを考えるべきタイミングは4つです

車検は高額な費用がかかるので車検前に車を売る方は多いです。走行距離が10万㎞を超えたり、モデルチェンジがあったりすると、買取価格が下がるのでその前に売るのもおすすめです。

ライフスタイルに変化があった場合はそれに合わせて買い替えるのも手です。

5.車を少しでも高く売るコツは3つあります

一般的に下取りよりも、買取の方が高額で車を売れると言われています。車を売る際は、軽く掃除をしておくと良いでしょう。

車を修理しても損をする可能性があるので、傷や凹みがあってもそのまま売ることをおすすめします。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる