車を手放すなら車検の前が良いです

車を手放すなら車検の前が良いです
車を手放すつもりであれば、車検の前が望ましいです。車検はそれなりの費用がかかります。

車検を受けるより、売却をして得たお金と車検に使うはずだった費用を新しい車の購入資金に充てた方が結果的にお得です。車を売却すれば、まとまったお金が手に入り、維持費の節約にもつながります。

また、車がないことで運動する機会が増えるメリットがあります。しかし、車がないデメリットも存在しますので、手放すかどうかは慎重に決めた方が良いです。

車を売却を検討する際は、余裕を持つことが大切です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

車を手放すつもりであれば車検の前が望ましいです

車を手放すつもりであれば、車検を受ける前に処分することをおすすめします。車検はそれなりの費用が必要なため、特別な理由がない限りは車検前に処分した方が得をします。

車検を受けるタイミングについて解説した後、車検を受ける前に車を手放した方が良い理由について解説しましょう。

車検は何年ごとに受けるのか?

車を所有しているのであれば、車検を一定の期間ごとに受ける必要があります。車検は新車の時は3年、それ以降は2年経過するごとに受けなければなりません。

車検の際は、以下のような費用がかかります。

代行手数料

車の持ち主の代理として業者が車検を引き受ける際に支払うのが、代行手数料です。ユーザー整備を行う以外は、代行手数料を支払う必要があります。

修理費用

部品の修理や交換を行う場合に支払う費用です。

検査費用

車検の基本料のことです。

印紙代

自動車検査証の発行時に支払う費用です。

自動車重量税

普通車の場合は重量によって納める金額が異なりますが、軽自動車は金額が一律です。

自賠責保険料

強制保険である自賠責保険は、車検の際に支払うことになっています。

車検の際は、これらの費用を支払う必要があります。数万円から数十万円かかるので、車検は決して負担の小さなものではないでしょう。

そのため、車検のタイミングで車を手放す方も大勢います。

車検を受ける前に車を手放した方が良い理由

車を売る場合、車検を受ける前に車を手放すのがおすすめです。車検が切れていない方が、高く売れる可能性はあります。

しかし、車検の費用を上回るほどプラスに評価されることはありません。車検が残っていることに対するプラス評価分よりも、車検費用の方が高くかかりますので、車検前に手放した方が良いでしょう。

車検にお金をかけるよりも、売却をして得たお金と車検に使うはずだった費用を新しい車の購入資金に充てた方がお得です。

車を手放すメリットは3つあります

車を手放すメリットは3つあります
車を手放す場合、考えられるメリットとしては3つあります。こちらでは、それぞれのメリットについて解説します。

節約につながる

車は車検以外にも様々な費用がかかる乗り物です。毎月支払うものでいえば、駐車場の料金やガソリン代が挙げられますし、1年単位で考えれば点検費用や自動車税などもかかります。

それらの費用は、積み重なればかなりの金額となります。車を手放せば、数万から数十万かかっていた費用を節約できます。

車がないとバスや電車を使用することになりますが、遠出を頻繁にする方でなければそれほど交通費はかからないでしょう。

運動をする機会が増える

車は、人や物を遠くまで楽に運んでくれる素晴らしい乗り物です。しかし、車にばかり頼りすぎると、歩く機会が減ってしまい運動不足につながる可能性があります。

車を手放した場合、徒歩で移動する機会が増えるので自然と運動量を増加させることができます。特にデスクワークをしている方の場合、体を動かさないで作業することが多いので運動不足になりがちです。

運動をする機会を増やしたいのであれば、車を手放すのも良い方法といえます。

売ればまとまったお金が手に入る

車を売却すれば、数万から数十万円のお金が手に入ります。そのお金は、生活費に充てても良いですし、欲しいものを購入する資金としても活用できます。

車を維持するメリットがあまりないようであれば、売ってお金を得た方が良いでしょう。業者によっては、あまり状態の良くない車であっても高値で買い取ってくれる場合があります。

売って車を処分する場合は、複数の業者に査定を依頼した方が良いです。査定の結果を見比べて、最も高く買い取ってくれる業者に売却すれば、まとまったお金を手に入れることができます。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車を手放す前に確認しておきたいポイントは3つです

車を手放すことで得られるメリットは様々です。しかし、車がないことによるデメリットも存在するため、慎重に考えた上で手放すかどうかを決めた方が良いです。

こちらでは、車を手放す前に確認しておきたい3つのポイントについて解説します。

普段車をどのくらい使用しているのか?

車を使用する頻度が高い場合は、車を手放すのは少し待った方が良いかもしれません。例えば、家からスーパーや病院などが遠い場合、車がないと苦労をして通うことになります。

車をもう一台持っていたり、すぐに新車を購入したりするのであれば、車を手放しても問題はないかもしれませんが、しばらく購入する予定がない場合はそのまま所持し続けた方が良いでしょう。しかし、あまり車を使用していない場合は、車を手放してもそれほど影響はないはずです。

年に数回ほど遠出をするくらいであれば、公共交通機関を利用すれば良いだけですので、車がなくとも問題なく生活できます。

お金が必要なタイミングなのか?

車を売却する場合、まとまったお金が手に入りますので、その点を魅力に感じている方もいらっしゃるでしょう。しかし、まとまったお金を手に入れても、特に使い道がない場合は、車を手放すかどうかを慎重に考えた方が良いです。

ライフスタイルによっては、車がないと不便な思いをすることもあります。どうしてもまとまったお金がないと駄目なのか、車がなくても問題ないのかを考えた上で、結論を出した方が後悔せずに済むはずです。

現在乗っている車に不満はあるのか?

例えば、家族が6人いる場合、軽自動車だと全員を乗せることができないので不便に感じるはずです。また、山道を走る機会が多い場合は、パワーのある車でないとスムーズに運転できないことも多いでしょう。

車は車種ごとに特徴が異なりますので、ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。現在所有している車に不満を感じているようであれば、早めに手放して新しい車を購入した方が良いでしょう。

車の売却を検討する場合は余裕を持つことが大切です

車の売却を検討する場合は余裕を持つことが大切です
車を売るべきかどうかを検討するのであれば、余裕を持つように心がけましょう。余裕がない時に検討すると、焦りからベストではない選択をしてしまう可能性があります。

また、車は車検が切れた状態でも売却できるので、過度に慌てずとも良いです。焦らずに売却準備を進めましょう。

車の売却を検討する場合は余裕を持つように心がける

例えば、車検の有効期限が過ぎる前に車を売却するかどうかを決めたい場合、車検の有効期限が迫る前に余裕をもって検討した方が良いです。焦った状態では、よく考えずに行動しがちになるので、結果的に損をする可能性があります。

余裕をもっておけば、売りたいと思った時も焦らずにじっくりと業者の情報を集めたり、査定を依頼したりできます。しかし、余裕がない状態で売ることを決断した場合、情報収集が疎かになり、安値で売却してしまう可能性もあるでしょう。

何事も余裕をもって行動することが、損をしないコツといえます。

万が一車検が切れても車は売却できるので慌てる必要はない

車検が切れてしまった場合、「車を売れないのでは?」と不安に感じる方もいるかもしれません。しかし、車は車検が切れたとしても問題なく売ることができます。

注意点としては、車検切れの車では公道を走ることができない点です。万が一車検切れの車を公道で走らせてしまえば、免停などのペナルティがあります。

買取業者に依頼をすれば、レッカー車などを用いて運んでくれるので運転しないように注意しましょう。また、どうしても車検切れの車をご自身で運転したい場合は、仮ナンバーを発行する必要があります。

役所などで発行してもらえる仮ナンバーを使用すれば、車検切れであっても公道を走ることが可能です。仮ナンバーを渡された際は、きちんとナンバープレートの位置に取りつけなければなりません。

仮ナンバーをダッシュボードなどに置いて運転した場合、違反とみなされるので注意しましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

(まとめ)車を手放すなら車検を受ける前が良いのか?

1.車を手放すなら車検の前が良いです

車検はそれなりの費用がかかるので、車を手放すなら車検前が望ましいです。車を手放すと維持費の節約などのメリットがあります。

しかし、デメリットもありますので手放すかどうかは慎重に決めましょう。車の売却を検討する際は、余裕を持つことが大切です。

2.車を手放すつもりであれば車検の前が望ましいです

車検は新車の時は3年、以降は2年ごとに受けます。それなりの費用を支払うことになるので、車検を受ける前に車は処分した方が良いです。

車検を受けるより、売却をして得たお金と車検に使うはずだった費用を新しい車の購入資金に充てた方が結果的にお得です。

3.車を手放すメリットは3つあります

車を手放すと、費用の節約につながります。車は所有しているだけで駐車場代などの費用がかかるものです。

また、車がないことで運動をする機会も増えます。車を売却すれば、まとまったお金が手に入るので、その点も車を手放すメリットといえるでしょう。

4.車を手放す前に確認しておきたいポイントは3つです

頻繁に車を乗っている場合は、車がないと不便ですので手放すのを待った方が良いかもしれません。また、車を売って処分する場合、まとまったお金が必要なのかを考えましょう。

現在所有している車に不満がある場合は、処分した方が良いでしょう。

5.車の売却を検討する場合は余裕を持つことが大切です

車の売却を検討する場合は、余裕を持つように心がけましょう。焦った状態だと、よく考えずに行動しがちになるので、結果的に損をするような結果を招いてしまう可能性があります。

車は車検切れでも問題なく売れるので、慌てる必要はありません。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる