軽自動車は、普通車と比べるとリーズナブルな価格で販売されているのが魅力の一つです。

中古車で買い求めれば、さらに低価格でマイカー購入できるかもしれません。中古の軽自動車を購入するにあたって、相場がどのくらいか気になる方もいるでしょう。

この記事では、中古の軽自動車の相場について、詳しく見ていきます。

また、軽自動車を所持していて、売却を検討している方もいるかもしれません。買い取りに出すにあたり、少しでも高値で売る方法についても紹介していますので、参考にしてください。

軽自動車の中古車相場の基本

軽自動車の中古車価格は、どのように決められているのでしょう?

ここからは、軽自動車の中古車価格を決めるにあたっての仕組みについて見ていきます。

軽自動車の中古車価格を決める際は、重視される要因がいくつかあります。価格を見るにあたって、どんなところに注意すればいいのか参考にしてみてください。

需給で価格は決まる

需給で価格は決まる
軽自動車の中古車価格を決める基本は、需要と供給の関係にあります。簡単に言えば、買い手が多ければ多いほど価格も高くなるということです。

多くの買取業者は中古の軽自動車を引き取ると、業者専門のオークションに出品して売却します。このオークションの相場をもとにして、価格が決められます。

中古車市場の相場について、近年では私たち一般人でも入手できるようになりました。それは、自動車専門誌や中古車関連サイトの普及が大きく関係しています。

もし欲しい軽自動車を中古で購入したければ、「同じ車種」で「同じ年式や走行距離」の車の相場をチェックしましょう。そうすれば、おおよその査定価格が想像できます。

年式と走行距離で決まる

年式と走行距離で決まる
中古車の相場ですが、年式と走行距離が大きな要素になります。

同じ車種でも年式と走行距離がどうかで、大きく査定価格が変わります。

年式とは、初度登録をしてから何年経過しているかを表すものです。基本的に年式が古いほど、中古車価格は下がります。

走行距離とは、今までどのくらい走行してきたかを示す数値です。走行距離が延びると、そのぶん中古車価格は下がります。

低年式や過走行距離の車は、それだけ大きな負荷がかかっている状態と推測できます。つまり、今後故障や不具合の現れるリスクが高いと判断され、査定金額もマイナスになるわけです。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら

車種によって価格差がある場合も

ミニバンやコンパクトカーなど同じカテゴリーの車でも、車種によって中古車価格の相場は異なります。これも中古車市場が関係しています。

中古車市場で高い需要のある人気の車種であれば、高値査定になりやすいです。新車で人気の車種は、中古車でも同様の傾向になることが多いです。

もしいずれ軽自動車を手放すことを想定しているのであれば、人気のある新車を買い求めるといいでしょう。しばらくして手放すことになった場合、高値査定になる可能性が高いからです。

車種についてこだわりがなければ、自動車専門誌やサイトなどで人気ランキングが掲載されています。こちらで自分の欲しいボディタイプで人気になっている車種をチェックしてみてもいいでしょう。

車の状態も影響する

車の状態も影響する
中古車の価格の決め方で、車の状態も重要な要素になりえます。

プラス査定になるのは、オプションや付属品の有無です。特にメーカーオプションのような後付けできないパーツが付いている場合、高く評価されます。

また、マニュアルや保証書など付属品がフルセットで揃っていれば、プラス査定になるでしょう。

ただし、車に傷やへこみがある場合はマイナス査定の対象になります。それは中古車として売りに出すにあたって、修理する必要があるからです。

小さな傷であれば、軽自動車に乗り続けているとどうしてもできる不可抗力的な要素になります。そのため、細かな傷であれば、マイナス査定にならないかもしれません。

しかし、目立つ大きな傷やへこみ、小さな傷でもたくさんあれば、マイナス査定の対象となります。

軽自動車が中古車市場で人気の理由

軽自動車が中古車市場で人気の理由
軽自動車は新車でも人気がありますが、中古車市場でも同様に人気があります。それは、軽自動車は普通車と比較して、気軽で扱いやすいところが高く評価されているからです。

なぜ中古車市場で軽自動車が高い人気を誇るのか、ここで詳しく見ていきましょう。

人気の理由①価格が安いから

軽自動車が人気の理由として大きいのは、リーズナブルな価格で販売されている点です。そのため、交通の足として必要だが、そんなにお金は出せないという方の間で人気です。

軽自動車の場合、100万円前後の価格で販売されています。ミドルクラスでも150万円くらいが相場です。その上、中古車になればさらに安い価格で販売されているでしょう。

もともと新車でも安いので、買い取りに出してもそこまで大きく価値が下がらないのもおすすめなポイントです。

また、メンテナンスコストが安いのも人気の理由です。例えば、車を保有すると毎年自動車税の納税義務が発生します。軽自動車の場合、その費用は一律10,800円です。普通車の場合はどんなに安くても25,000円かかるので、半額以下に節税できます。

人気の理由②燃費がいいから

車を保有するにあたり、それなりに負担しなければならないのはガソリン代です。

軽自動車の場合、燃費の良い車種が多いのでガソリン代が節約できるのも人気の理由の一つです。

軽自動車は、エンジン排気量が660cc以下と決められてます。より大きなエンジンを搭載している普通車と比較すると、燃費に優れるのはそのためです。

また、軽自動車は普通車と比較して、一回り小さなサイズになっています。コンパクトサイズのため、車両重量も軽めです。このことも燃費の良さにつながっています。

普通車と比較して、1Lのガソリンで2~3倍の距離を走行できるような性能の軽自動車も少なくありません。

ガソリンは時に急に高騰することもありえます。燃費の良い軽自動車を購入すれば、ガソリンが高騰しても、そこまで経済的に大きなダメージを受けないでしょう。

人気の理由③小回りが利くから

軽自動車は、普通車と比較して規格がコンパクトに作られているため、その分小回りが利くので、取り扱いやすいのも人気の理由です。

また、軽自動車はハンドル操作がしやすいようになっているのも魅力の一つです。運転技術に自信がない方でも、あまりストレスを感じずに運転できるでしょう。

日本では特に都市部を中心として、狭い路地や駐車場も少なくありません。取り回しのしやすい軽自動車であれば、狭い道幅の道路もスムーズに運転できます。

また、商業施設の狭い駐車場でも、何度もハンドルを切り返すことなく車を停められます。

扱いやすい車を探している方の間で、軽自動車の人気はとても高いのです。

軽自動車の中古車価格の相場の調べ方

軽自動車の中古車価格の相場の調べ方
今乗っている軽自動車を売却したいと思っている方もいるでしょう。

自分の愛車を買い取りに出すにあたって「どの程度の値がつくか」気になると思います。

実際に査定に出す前に、愛車の査定価格の相場を把握する方法はあります。

どのような方法があるのか、以下にまとめました。

シミュレーションしてみる

軽自動車を売却する方法の一つに、下取りがあります。

下取りとは、新車購入を前提として、今乗っている車の査定価格を販売価格から差し引く方法です。

メーカーのホームページを見てみると、シミュレーションページが用意されています。ここを利用すれば、愛車のおおよその下取価格が調べられます。

ホームページの案内に従って、必要な情報を入力すれば査定金額が表示されます。中には自分のメーカー以外の車種のシミュレーションにも対応しているところもあるようです。

ただし、このシミュレーションで判明するのは、おおよその価格です。外装や内装の状態などは反映されないので、実際の買取価格とは若干異なる可能性があります。

販売価格から逆算する

愛車の査定相場を把握する方法として、販売価格から逆算する方法もあります。

まず、自分の愛車と同じ車種で似たような年式・走行距離の車の中古車価格をチェックしてください。

実際の買取価格は、中古車販売価格よりも低くなることが多いです。買取業者の利益や、オークションに出すにあたってのコスト(手数料や輸送費)が価格に上乗せされるからです。

軽自動車の場合、ほとんどが50~150万円の価格帯で売りに出されています。この場合は大体、販売価格から15~25万円差し引いた金額程度に落ち着きます。

また、大手の買取業者の場合は一定の利益を上乗せして中古車として販売することが多いです。この場合、販売価格から25~40万円差し引いて査定の概算を出すといいでしょう。

複数の業者で査定を受ける

愛車の買取価格を知るのに最も確実な方法は、実際に査定を受けることです。この時に重要なのは、複数の業者の査定を受けることです。

買取業者はそれぞれ独自の査定基準を設けています。そのため、全く同じ車でも買取業者によって、査定金額は変わってきます。

複数のところで査定をお願いすれば、おおよその相場が見えてくるはずです。プロが査定するので業者によって価格が違っても、一定の範囲に収まっているでしょう。

複数業者で査定を受ければ、どこがより高値で買い取ってくれるかも分かります。また、相場よりも低い金額を提示してきたことも分かるので、不当に安く買い叩かれる心配もありません。

インターネットで調べる

今ではネットで検索すれば、いろいろな情報や知識を手に入れることができます。軽自動車の中古車価格の相場も同様に、インターネットで調べることが可能です。

中には車の基本情報を入力すれば、相場価格を提示してくれるようなサイトもあります。「メーカー」「車種」「年式」「走行距離」などを入力するだけなので、そんなに手間もかかりません。数分もあれば、相場価格が分かるでしょう。

ただし、車両の基本的な情報だけで価格が表示されるので、実際の車の価格と若干異なる可能性が高いです。あくまでも大まかな愛車の価値を知るために利用してください。

実際の査定金額については、買取業者の査定を受けたほうが確実です。

軽自動車を相場よりも高く売る方法

軽自動車を相場よりも高く売る方法
軽自動車の買取価格の相場が分かっても、やはり少しでも高値で売却したいところでしょう。

相場よりも高く売るためには、いくつかポイントがあります。査定に出す前にいろいろな準備をする、売るタイミングを考えるだけでも買取価格は変わってきます。

そこで、少しでも高く軽自動車を売却するためのポイントを6つ紹介します。

①売るタイミングを考える

軽自動車の買取価格の相場は、同じ車でも年間通じて上下するものです。つまり軽自動車の買取価格の相場が上がる時期がいくつかあります。

そこでまずは、軽自動車が高く売れるタイミングについて見ていきましょう。

該当するタイミングに差し掛かっているのであれば、速やかに買取手続きを進めることです。

決算期に売る

軽自動車の買取価格の相場が上がるのは、年間で「1~3月」と「8~10月」と言われています。共通しているのは、中古車の需要が高まるという点です。

1~3月は新年度を迎えるにあたり、生活の足として車を購入する方が増えます。

8~10月も異動が多くなり、夏のボーナスが入った直後なので車の購入意欲が高まる時期です。

また、ディーラーや買取業者にとって1~3月は決算期、8~10月は中間決算期になるのも高値がつく理由です。

お店として見れば、少しでも売り上げを良くしようとして1台でも多くの軽自動車の在庫を抱えたいと思います。そのため、いつもよりも高い価格で買い取ってくれる可能性もあります。

交渉すれば、業者の提示した買取価格に色をつけてもらえるかもしれません。

②走行距離が大台に乗る前

軽自動車の中古車価格を決める要素の中の一つに「走行距離」があります。

基本的に走行距離が多ければ多いほど、買取価格は下がります。ただし、1km単位で価格を決めているわけではありません。

中古車価格を決めるにあたって、いくつか走行距離のラインがあります。そのラインを超えるか超えないかかで、買取価格が大きく変わってきます。

もしそのラインに差し掛かっているのであれば、早めに売却したほうが高く売れるでしょう。

そのラインがどこにあるかというと、切りのいい数字です。一般的によく言われるのは「50,000km」や「100,000km」のラインです。

40,000km台と50,000km台、90,000km台と100,000km台では買い手の受ける印象も変わってきます。

一度自分の愛車の走行距離を確認してみてください。

③課税される前

軽自動車を保有している方は、毎年「軽自動車税」が課税されます。

軽自動車税は、毎年4月1日時点で車を保有している方に課せられる税金です。軽自動車税は、向こう1年間の税金を前払いする方式をとっています。

つまり、4月1日を超えて軽自動車を保有していると、1年分の税金を納めないといけません。

もし4月1日が近づいているのであれば、3月31日までにお手持ちの軽自動車を売却するのがおすすめです。4月1日を1日でも経過すると1年分の軽自動車税を負担しなければなりません。

普通車の場合は、売却した後の分の税金は還付されます。しかし、軽自動車税の場合は、このような還付手続きがないのでかなり損をしてしまう危険性があります。

④車内を綺麗にしておく

軽自動車の中古車価格は、車の状態も大きく左右する要素です。

そのため、誰もができることとして車のクリーニングが挙げられます。「洗車をする」「車内清掃をしておく」などです。

洗車だけでなく、内装をきれいにしておくことが重要です。査定では外装だけでなく、内装の状態もチェックされます。

コイン洗車場などに掃除機があるので、こちらでごみやほこりは吸い出しておきましょう。また、フロアマットも意外と汚れているので、軽く水洗いしておくのもおすすめです。

その他に「臭い対策」も結構重要です。消臭剤を使う、換気を行うなどの準備をしておきましょう。

⑤小さい傷は消しておこう

ボディに小さな傷が見られる場合、マイナス査定の対象になるかもしれません。

小さな傷の場合、自分で直せる可能性があるので消しておくといいでしょう。

カー用品店に行くと、研磨剤やコンパウンドなどの傷消し用のグッズが販売されています。これを使えば、浅い傷や細かな傷なら綺麗に消えるかもしれません。

大きな傷やへこみの場合は、市販のコンパウンドでは修理するのは難しいです。ただし、修理工場に持っていく必要はありません。修理代金のほうが高くついてしまう可能性があります。

もし自分では修理できそうもない傷やへこみがあった場合は、そのまま査定に出すようにしましょう。

⑥純正オプションは積極的にアピールする

軽自動車の査定の中でプラスに評価されるものとして「純正オプション」があります。

軽自動車のメーカーの中にはサンルーフや安全装備などのオプションを付けられる車種もあります。もしこのような純正オプションを取り付けているのであれば、積極的に査定時にアピールしましょう。

特に後付けできないメーカーオプションは、高く評価されやすいです。

また、取扱説明書や整備手帳など、軽自動車を購入した時に受け取っているものがあります。これら付属品が揃っているかどうかも、査定金額を決める要素の一つです。

全ての付属品を保管しているのであれば、査定の時にそのことをアピールすることをおすすめします。そうすれば、プラス査定になるかもしれません。

まとめ

①中古車市場は需要と供給の関係で価格が決まる
②軽自動車の中古車相場は、自分でネットから調べることができる
③軽自動車は「小回りが利く」「リーズナブル」「燃費がいい」という理由から中古車市場でも人気が高い
④売却するタイミングや車内を綺麗にするなどで相場以上の査定額がつく場合もある

※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
LINEで完結!車のプロに無料相談 賢く・納得な初めてのクルマ探しお手伝いします!
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。