車の乗り換え費用は車両本体以外にも、税金や保険料などの諸経費がかかってきます

車の乗り換え費用は車両本体以外にも、税金や保険料などの諸経費がかかってきます
車購入時には、車両本体価格とオプション以外にも自動車税や消費税などの各種税金や、自賠責保険などの保険料がかかります。更に、名義変更などの手続きにかかる諸費用や業者を依頼する場合は代行費用も必要です。

少しでも乗り換え費用を節約するには、車両本体価格を抑える手立てや手続きを自分で行うなど代行費用をカットする方法などがあります。また前の車を少しでも高く売ることで購入費用に充てることができるので工夫が必要です。

新車購入は車両本体価格次第ですが、諸経費を合わせると高額になる可能性があります

車購入でかかる費用

車の乗り換えには、新しく購入する車のための費用がまず必要となります。車両そのものにかかる車両本体価格と、ナビなどのオプションになります。

大部分は車両本体とオプションが占めますが、それだけではありません。各種税金や保険料がかかってきます。

具体的には、毎年1年分をまとめて支払う自動車税、軽自動車なら軽自動車税が挙げられます。更に、車本体とオプションにかかる消費税、以前は自動車取得税でしたが、購入時に納める自動車税環境性能割もあります。

また、購入時と車検時に納める自動車重量税も課税されます。自賠責保険は、強制保険であり加入が法律で定められているので必ず保険料を支払って契約しなければなりません。

自賠責保険は車検までが一応の期間となり、車検ごとに更新されていきます。そのためまとめて支払うのが一般的です。

また、自賠責保険のみではカバーしきれないため任意の保険に加入するのが一般的なので、任意の保険料もかかります。他にも、購入時に将来的な廃車処分に備えてリサイクル料金の支払いも必要となります。

任意ではないので購入費用の内訳に含まれているはずです。乗り換えにかかる費用は、諸経費にも及びます。諸経費というの車の名義変更や新規登録などの手続きにかかる費用のことです。

車庫証明書の交付や納車時に、新しく乗り換えた車を自宅まで運搬してもらう費用も含まれます。そして、希望ナンバー制度を利用する場合にかかる費用も諸経費になります。

こうしてみると、お店で物を買うように目の前にある車の代金だけを支払うわけではないのが分かります。車両本体価格やオプションによって乗り換えにかかる費用が大きく変わりますが、諸経費や税金なども含めると色々と費用が必要です。

車の売却代金を補填できる

車の乗り換えには車両本体価格などに税金や保険料までについてかなり高くなることが予想されます。車両本体価格にもよりますが、200万円の車でもオプションを付けて税金などで50万円位かかるとなると、ざっと総額で300万円以上となる可能性もあります。

これだけのお金をさっと出すのは一般家庭では経済的な負担がかなり重くなるでしょう。少しでも乗り換え費用を抑えるには、前の車を少しでも高く売却して購入費用の一部に充てることが需要だと言えます。

車両本体価格以外にも税金や保険料などがかかります

車両本体価格以外にも税金や保険料などがかかります
車両本体価格と保険料

車の車両本体価格は中古車だと数万円から、新車なら数百万円かかる車もあるなどピンからキリまであります。また、オプションもナビやオーディオ、ドライブレコーダーなど種類があってグレードも様々です。

予算を決めて、その範囲内で納めるように車を選ぶ必要があります。自賠責保険料は17ヶ月から24ヶ月分をまとめて納めることが多いです。

地域や車の種類によって保険料が違ってきます。また中古車を購入した場合も、次の車検までの期間の保険料を支払わなければなりません。

自動車税などの税金

また税金もかかりますが、主に3種類の税金額を見積もって購入費用に含めなければなりません。自動車税は排気量や車の種類などによって異なります。

1年分をまとめて5月に前払いしますが、年度の途中に車を乗り換えた場合、車検証登録日の翌月からその年度の3月までの期間の税額を支払うことになります。ただし、軽自動車だと一律であり、購入年は納税義務がなく、翌年から納めることになるのです。

自動車税環境性能割は、環境性能が良い車だと税金の割引率が高くなります。逆に初年度登録からかなり年数が経過しており、燃費の悪い車だと増税となります。

そして自動車重量税は、車両重量0.5tごとに課税額が異なります。重たい車だと税額が高いのです。税額は経済情勢や環境保全の状態から年によって増減があるので一概には言えません。

手続きにかかる諸経費

車の名義を新しく購入した車に新規で登録してもらう手続きや、中古車を購入した場合は名義移転などの細かな手続きが必要です。慣れていないと準備する書類や書類の書き方なども分かりにくいので大変かもしれません。

また、車庫証明の場合申請と受け取りで2回は警察署に出向かなければなりません。こういった面倒な手続きは車販売業者に依頼することで代行してもらえます。

ただし、無料というわけにはいきません。代行手数料として数万円請求されるのが一般的です。こういった費用も乗り換えにかかる費用に含まれてくるのです。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車両本体価格を抑え、手続きも自分でやれば乗り換え費用が節約できます

車両本体価格やオプション費用を抑える

車は高い買い物なので、乗り換える際はかかる費用を少しでも抑えたいという人が多いものです。少しでも抑えるには、車両本体価格を見直すことも大事です。

同じような車種で似たようなグレード、性能で別のメーカーの車にも目を向けてみましょう。また、中古車の中には登録済み未使用車という新車と同程度のものもあります。

販売店の販売実績を計上する上で、こういった車が出ることがあります。登録はしてありますが、実質誰も使用していないのに中古車としての扱いになるので本来の価格よりは3割程度安いのが一般的です。

車種や台数なども限られるので購入期間に余裕をもって販売店に依頼しておくと、キープして連絡してもらえる場合もあります。またナビなどのオプションを付ける際も本当に必要なのかをよく考えて、必要最小限にとどめておくと乗り換え費用も抑えられるでしょう。

諸経費を自分で手続きして抑える

名義登録や車庫証明など車を乗り換える際に必要な手続きは、慣れていない人が行うのは手間がかかる作業かもしれません。しかし、自分で行っても問題ありません。

業者に代行をしてもらうだけで数万円ほどの出費になってしまうからです。名義変更や移転登録なら3000~4000円の手数料で済みます。

また車庫証明も2000~3000円程度かかります。平日に陸運支局や警察署へ出向かなければなりませんが、平日動ける人で費用を抑えたいなら自分で手続きをすると十分節約になるでしょう。

前の車をできる限り高く売ると乗り換え費用対策になります

前の車をできる限り高く売ると乗り換え費用対策になります
車を高く売る

車の乗り換えには、前の車を売却した買取金を購入費用に充てるという人も多いはずです。そのため、売却価格が高ければその分、車購入費用も増えるということになります。

車購入費を抑えるための対策と同時に、今乗っている車をできる限り高く売るというのも有効的でしょう。中古車を高く売るには、売却のタイミングも重要です。

中古車はいつ売っても価格が同じわけではなく、1年を通じて中古車の需要が増える時期に売却するとより高値で売れることがあります。1年の中で3月は進学や就職などで新生活の足として車を所有する人が増えやすい傾向にあります。

そのため、中古車市場の需要も増えて売れ行きが良くなるのです。また、中古車販売店はこの時期に在庫を多く抱えておきたいので、人気車種なら通常よりもやや高めの値段で売れる可能性があります。

モデルチェンジ前に売却を

更に、モデルチェンジ前というのも狙い目です。車はモデルチェンジをすると新しいモデルの方に人気が集まるので、前のモデルは価格が下がる可能性があります。

ただ過去にはモデルチェンジした車のデザインが奇抜すぎて、前のモデルの方が人気があったという事例もあるので一概には言えません。でもモデルチェンジが中古車の査定にも影響を及ぼす場合があるのでタイミングを見極めることが大事です。

複数の業者の査定額を比較

また、中古車買取業者によっては査定額に開きが生じる場合もあります。そのため、査定は1社だけに絞らないで数社まずは簡単な見積もりをネットから依頼し、大まかな査定額を比較してみるとよいでしょう。

その後、2、3社からの実地査定を受けて交渉しながらお得に買い取ってもらえるところを最終的に選んでください。

(まとめ)車の乗り換えには多額の費用がかかるの?

1.車の乗り換え費用は車両本体以外にも、税金や保険料などの諸経費がかかってきます

乗り換える際は、車を購入するのに車両本体費用や各種税金、保険料など様々な諸経費を加算すると結構な金額になります。手続きを自分で行う、前の車をできる限り高く売るなどの対策により費用を抑えることも可能です。

2.新車購入は車両本体価格次第ですが、諸経費を合わせると高額になる可能性があります

車の乗り換えでは新たな車を購入するのに、車両そのものの価格とオプション代、それにかかる消費税を始めとする各種税金が課されます。また自賠責や任意などの保険料や手続きにかかる費用なども含まれます。

3.車両本体価格以外にも税金や保険料などがかかります

車乗り換えの際に、車両本体価格やオプション代は、グレードが高いものだと限りがないのでは自分で決めた予算内に収まるように考えることが大事です。また税金や保険料なども乗り換え費用となるので考慮しましょう。

4.車両本体価格を抑え、手続きも自分でやれば乗り換え費用が節約できます

車両本体価格を抑えるには、登録済み未使用車など新車同様なのに中古車の扱いで価格や安い車を探すのも一つの手です。車庫証明などの必要な手続きを業者に任せると代行費用がかかるので、自分で行うことで手数料の実費だけに収まるのでお得です。

5.前の車をできる限り高く売ると乗り換え費用対策になります

前の車を高く売却することで、車の購入費用を増やすことができます。そのためには、中古車の需要が高まる時期や車のモデルチェンジ前などのタイミングが最適です。

また、複数の買取業者に査定を依頼し、一番高い査定額のところに売るのも有効的です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる