クラウンハイブリッド(全て) ピンク系(トヨタ)の中古車を探す

モデルで絞り込む

  • クラウンハイブリッド 220系

    2018年6月~

  • クラウンハイブリッド 210系

    2013年1月~2018年6月

  • クラウンハイブリッド 200系

    2008年5月~2013年1月

価格相場・詳細もっと見る

平均価格306.7万円
(中古車価格帯39.9~746万円)

カタログ情報・詳細もっと見る

WLTCモード燃費 16.0~20.0km/l
JC08モード燃費 14.0~24.0km/l
10・15モード燃費 15.8km/l
排気量 2500~3500cc

口コミ

総合評価

星 星 星 星 星

4.3135件

外観4.4

乗り心地4.6

走行性能4.3

燃費・経済性4.2

価格3.8

内装4.3

装備4.4

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数
メーカー区分
ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

5台中1~5台表示

新着順 ▲新 ▼古

車両本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

お気に入り

クラウンハイブリッド アスリートG リボーンピンク 白革 記録簿 取説 フルセグ ステアリングヒーター WEDS18アルミ シートヒーター シートクーラー プリクラッシュセーフティー ETC メーカーナビ バックカメラ クリアランスソナー

車両本体価格 (税込)

208万円

支払総額 (税込)

224万円

  • 年式2014年
  • 走行距離16.4万km
  • 車検2023年7月
  • 排気量2500cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションCVT

カラーモモタロウ

ボディタイプセダン

法定整備整備込

お気に入り

クラウンハイブリッド アスリートG リボーンピンク サンルーフ・白本革・ディーラー展示車両・走行700km・ETCセットアップ未登録 自動車の魅力を感じてもらいたいカフェ「モノトーントーキョー」の出入り口に看板車として展示中です!

車両本体価格 (税込)

600万円

支払総額 (税込)

618.9万円

  • 年式2014年
  • 走行距離700km
  • 車検車検整備付
  • 排気量2500cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・1000km

ミッションCVT

カラーピンク

ボディタイプセダン

法定整備整備込

グー保証付けられます

お気に入り

クラウンハイブリッド アスリートG Four

車両本体価格 (税込)

249.8万円

支払総額 (税込)

267.1万円

  • 年式2016年
  • 走行距離1.2万km
  • 車検なし
  • 排気量2500cc
  • 修復歴あり
  • 保証保証無

ミッションCVT

カラーピンク

ボディタイプセダン

法定整備整備無

お気に入り

クラウンハイブリッド アスリートG リボーンピンク

車両本体価格 (税込)

495万円

支払総額 (税込)

515.7万円

  • 年式2013年
  • 走行距離0.3万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量2500cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションCVT

カラーピンクM

ボディタイプセダン

法定整備整備込

ページトップへ戻る

トヨタ クラウンハイブリッド(全て)

グーネットに掲載されている「トヨタ クラウンハイブリッド(全て)」の掲載状況は?

グーネット中古車ではトヨタ クラウンハイブリッド(全て)の中古車情報を2,715台掲載しています。
車両価格は39.9万円~746万円、最も掲載の多いボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャインで844台となっています。(2021.10.21)

車種の特徴

正統派セダンの「クラウンハイブリッド」は、2008年にリリースされた13代目「クラウン」で登場したモデルです。この自動車における初代モデルに関しては、高い車両安定性と安全性を確保する「VDIM」や、ドライバーモニター付プリクラッシュセーフティシステムが採用されました。なお、15代目「クラウン」は、「クルマの機能を拡張するコネクティッド」「デザイン、走り、安全性能の進化」を追及してフルモデルチェンジが行われ、このモデルより「ロイヤル」シリーズに代わり設定されたグレード「G-Executive」が、ハイブリッド仕様専用のグレードとなっています。2018年6月発売モデルのグレードについては、「RS」「RSアドバンス」「G」「S Cパッケージ」などがラインナップされており、ボディカラーには、「ブラック」「ダークブルーマイカ」「シルバーメタリック」などが用意されています。また、車両重量については、1730kg~1900kgとなっています。そのほか、このモデルの特別仕様車については、2015年4月発売モデルにラインナップされている「アスリートS 空色エディション」「アスリートS 若草色エディション」や、2017年8月発売モデルにラインナップされている「アスリートS J-フロンティアリミテッド」などがあります。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

英語で「王冠」を意味する「クラウン(CROWN)」は、長年にわたりトヨタのフラッグシップを務めてきたが、その高級セダンにもエコ化の波が押し寄せる。「クラウンハイブリッド」は13代目クラウン(2008年)で、「ロイヤル」、「アスリート」に次ぐ新しいシリーズとして登場した。

モデル概要、その魅力は?

13代目で導入された「クラウンハイブリッド」は、14代目(2012年)で大きな進化を遂げる。エンジンが3.5Lから2.5Lにダウンサイジングし、ボディも軽量化、モーターも進化したことで、燃費が14km/Lから23km/Lに劇的に改善される。さらに3L V6ガソリン車に匹敵するポテンシャルを得ることで、高級車のハイブリッド化はさらに大きく進むことになる。

色からクラウンハイブリッド(全て)の中古車を探す

クルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

クラウンハイブリッド口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印