掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

ページ
トップ

RX−8 紫・パープル系(マツダ)の中古車を探す

1〜5台

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

車両本体価格 (税込)

57万円

支払総額 (税込)

88万円

id車両
グー鑑定車
内装3
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2003年
  • 走行距離10.1万km
  • 車検なし
  • 排気量RE
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションMT6速

カラー同色APパープル

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

177万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2005年
  • 走行距離3.3万km
  • 車検なし
  • 排気量RE
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションMT6速

カラーパープル

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

お気に入り

車両本体価格 (税込)

143万円

支払総額 (税込)

161万円

  • 年式2005年
  • 走行距離6.1万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量RE
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・3000km

ミッションMT6速

カラーダークパープル

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

75万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2005年
  • 走行距離8.9万km
  • 車検なし
  • 排気量RE
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションMT6速

カラーパープル

ボディタイプクーペ・スポーツ

法定整備整備無

この条件でよく検索しますか?

マツダ RX−8 | パープル系

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

マツダ RX−8

グーネットに掲載されている「マツダ RX−8」の掲載状況は?

グーネット中古車ではマツダ RX−8の中古車情報を543台掲載しています。
車両価格は20万円~478万円、最も掲載の多いボディーカラーはブラックで58台となっています。(2022.07.08)

車種の特徴

「RX-8」はマツダが2012年6月まで製造販売していた、ロータリーエンジンのスポーツカーです。1代前のモデルである、RX-7は厳しさを増す排ガス規制に対応できず生産中止となり、その次のモデルとして登場しました。1999年の東京モーターショーで出品されたコンセプトモデルが、やがて市販モデルとして発売されます。開発にあたっては4枚ドアが条件だったので、「RX-8」はRX-7とは違い4ドアクーペになっているのが特徴です。セダンのような4ドアにすると、車体が大きくなって車両重量も増えるため、ロータリーエンジン車の軽快な走りが失われる恐れがあります。そのために観音開きのドアにして、ドア素材に軽量アルミを採用しました。エンジンには、ロータリーエンジンを採用。ロータリーエンジンでは初のサイドの排気ポートを採用し、オーバーラップ0が可能となりました。6ポートと4ポートのエンジンがあります。ターボチャージャーは廃止し、マイナーチェンジでは4ポートが廃止されました。軽量化により、全グレードでスペアタイヤは装備していません。過去には、カーボンがエンジン内部に蓄積するためにエンジンブローが起こったため、エンジンコントロールユニットを改良しています。冷却水のリザーバータンクの改良や運転席足元の遮熱材追加もしました。2008年にマイナーチェンジを実施。このとき、前後のバンパーの形状を変更し、ヘッドライトも変更しています。スピードメーターには、可変レッドゾーンシステムが採用されました。エンジンの回転領域が3段階で表示されるシステムです。グレードによって、17インチホイールまたは18インチホイールを採用しています。また、新たに専用の19インチタイヤ、レカロ製のシート、専用エンジンカバーなどを備えるタイプRSのグレードを追加しました。他にも、2000台のみ製造された特別限定車のスピリットRも設定されています。タイプRSをベースに、エクステリアとインテリアに特別装備を施しました。さらに市販はされていませんが、水素ロータリーエンジン搭載車も設定されています。一度の水素充填で150kmしか走れないために、スイッチでガソリンと水素に切り替えられるシステムを採用。広島市など、一部でのみ導入されました。「RX-8」は販売終了近くになると売れ行きが極端に減ってしまいます。燃費の悪さから売れ行きが落ち込んでいき、排ガス規制に対応できなくなったことで、2012年に販売終了となりました。※記載の文章は、2021年8月時点の情報です。

車名の由来は?

「RX-8」という車名の「R」はロータリーエンジンの頭文字から取られており、「X」は未来を象徴する文字として表現されています。さらにRX-7の次のモデルにあたることから、数字の「8」という数字を与え、「RX-8」と命名されました。この車名には、新しいジャンルのスポーツカーを生み出したいという願いが込められています。

モデル概要、その魅力は?

「RX-8」の魅力というと、ロータリーエンジンでしょう。高回転で加速性能が良く、市街地でもサーキットでも活躍します。ロータリーサウンドと呼ばれる特徴的なエンジン音があり、レシプロエンジンとは違うサウンドを奏でるのが特徴。ロータリーサウンドに魅了される人も多く、スポーツカーらしい運転を楽しめるでしょう。また、ターボチャージャーを搭載しないために燃費性能が向上。また、4シーターであるためにロングドライブでも使えます。トランク容量は290Lを確保しているため、荷物をたくさん積むことが可能です。そのため、スポーツカーらしい走りを体感しながらも、長旅にも使うことができます。

RX−8口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印