池田直渡(いけだ なおと)のプロフィール

池田直渡(いけだ なおと)
池田直渡(いけだ なおと)
1965年神奈川県生まれ。1988年企画室ネコ(現ネコ・パブリッシング)入社。取次営業、自動車雑誌(『カー・マガジン』『オートメンテナンス』『オートカー・ジャパン』)の編集、イベント事業などを担当。2006年に退社後スパイス コミニケーションズでビジネスニュースサイト「PRONWEB Watch」編集長に就任。2008年に退社。以後、編集プロダクション、グラニテを設立し、クルマのメカニズムと開発思想や社会情勢の結びつきに着目して執筆活動を行う。
1965年神奈川県生まれ。1988年企画室ネコ(現ネコ・パブリッシング)入社。取次営業、自動車雑誌(『カー・マガジン』『オートメンテナンス』『オートカー・ジャパン』)の編集、イベント事業などを担当。2006年に退社後スパイス コミニケーションズでビジネスニュースサイト「PRONWEB Watch」編集長に就任。2008年に退社。以後、編集プロダクション、グラニテを設立し、クルマのメカニズムと開発思想や社会情勢の結びつきに着目して執筆活動を行う。

池田直渡(いけだ なおと)の記事一覧

部品不足問題を乗り越えるために(基礎編)【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】 NEW

車の最新技術 2022.08.19 UP

文●池田直渡 写真●トヨタ  もはや日常化しつつある部品不足問題。新車を契約しても納期は当分先。車検の都合を考えると、その納期では間に合わず、仕方なくターゲットを中古に変更する人も頻出しており、中古車相場まで高止まりしている...
文●池田直渡 写真●トヨタ  もはや日常化しつつある部品不足問題。新車を契約しても納期は当分先。車検の都合を考えると、その納期では間に合わず、仕方なくターゲットを中古に変更する人も頻出しており、中古車相場まで高止まりしている...

クラウンはなぜ変わらなくてはならなかったのか?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】

車種別・最新情報 2022.07.15 UP

なぜクラウンは4年という短期間でフルモデルチェンジを行うのか。自動車ジャーナリストの池田直渡氏が解説します。
なぜクラウンは4年という短期間でフルモデルチェンジを行うのか。自動車ジャーナリストの池田直渡氏が解説します。
レクサスRZステアリングbyワイヤーに乗る【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】

新車試乗レポート 2022.07.08 UP

レクサスが電気自動車RZに採用した「ステアリングbyワイヤー」とはどのような技術なのか。自動車ジャーナリストの池田直渡氏が解説します。
レクサスが電気自動車RZに採用した「ステアリングbyワイヤー」とはどのような技術なのか。自動車ジャーナリストの池田直渡氏が解説します。
GRMNヤリス 伝説が生まれた日【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】

新車試乗レポート 2022.06.24 UP

500台の限定生産があっという間に完売したGRMNヤリスは何がすごいのか。自動車ジャーナリストの池田直渡氏がレポート。
500台の限定生産があっという間に完売したGRMNヤリスは何がすごいのか。自動車ジャーナリストの池田直渡氏がレポート。
テスラ 快進撃の構造【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】

車種別・最新情報 2022.06.17 UP

テスラが2021年度の決算でたたき出した約20%という利益率にはどのような意味があるのか。自動車ジャーナリストの池田直渡氏がレポートする。
テスラが2021年度の決算でたたき出した約20%という利益率にはどのような意味があるのか。自動車ジャーナリストの池田直渡氏がレポートする。

↑一番上へ

他のカテゴリから記事を探す

メーカーから記事を探す

関連情報から記事を探す

ȥURL򥳥ԡޤ