車を買い替える時は、走行距離10万km以内を目安にしましょう

車を買い替える時は、走行距離10万km以内を目安にしましょう
車の買い替えにあたり、売るにも買うにも走行距離は重要な目安となります。一般的に、「車の寿命」と言われる走行距離は10万kmが目安です。

そのため、10万kmが近づいてきたら売却を検討し、あるいは10万kmを過ぎた車はできるだけ買わない方が良いでしょう。また、10万kmだけでなく3万km~5万kmなど、金額が変わりやすい節目となる走行距離があります。

自分の目的に合わせて走行距離を確認しましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車を買い替えると自動車税はどうなるの?

10万kmを超えた車の価値は急落します

走行距離10万kmは車の買い替えにおいて最も注意すべきラインの1つです。自分の乗っていた車が古くなってきたと感じ、そろそろ買い替えを検討している時、乗っていた車を中古車買取店に出すことも多いでしょう。

しかし、この時ほとんど価値がつかなくなり、どの買取店でもなかなか買い取ってもらえなくなる節目のようなものがあります。それが走行距離10万kmを超えた時なのです。

走行距離が10万kmを超えても走ることは可能です

実際のところ、走行距離が10万kmを超えても、日本製の車は質が良いため、メンテナンスさえしっかりとしていれば問題なく走ることができます。世の中には走行距離15万km、20万kmの車でも当たり前のように走っているのです。

例えば、タクシーなどは朝から晩まで稼働するために、走行距離10万kmなどあっさりと超えてしまいます。このことからも分かるように、仮に買い替えでなく自分でその車を乗りつぶしたいと考える場合や、古い車でもメンテナンスをきちんと行い乗り続けていきたいと考える場合は、走行距離が10万kmを超えていても何ら問題はありません。

10万kmを超えると買い手がつかなくなります

自分で乗り続ける分には支障がないものの、売るとなるとそうはいきません。今まで乗っていた車を中古車買取店に売りたいと考える場合、残念ながら10万kmを超えた時点で査定額はほとんどゼロに近くなっていることでしょう。

10万kmという距離は、一般的には「車の寿命」という認識になっており、市場での価値はほぼ無くなってしまいます。

また、わざわざ走行距離10万kmを超えた車をメンテナンスを必要とすると分かっていて購入しなくても、市場には走行距離3万km、5万kmといった、まだまだ乗れる車がお手頃な価格でたくさん存在しています。他の車よりも売れにくく、中古車買取店であっても走行距離10万kmを超えた車はなかなか買取してくれないのが現状です。

走行距離が長くなっていくほど買取価格が下がります

走行距離が長くなっていくほど買取価格が下がります
走行距離約10万kmで買取価格がつかなくなるため、もし車を買い替えるにあたり、今まで乗っていた車をできるだけ高値で売りたい場合は、10万kmを超える前に売る必要があります。ただし、いくら10万kmを超えていなくても、走行距離9万5千kmなどギリギリでは、やはり買取価格はかなり控えめになってしまうでしょう。

値段がつかない店も多いかもしれません。そのため、ある程度余裕を持った状態で売ることが大切です。

走行距離3万kmを超えたら買い替えを検討しましょう

乗っている車を中古車として売却する際、どこの中古車買取店でも買い取ってもらいやすく、かつ高値が付きやすいのは、だいたい走行距離が3万~5万kmの車です。中古車を購入する人は、「新車よりはお手頃な価格で、そこそこ状態の良い車に乗りたい」と考えます。

しかし、いくら安くても走行距離が10万kmを超えてしまうと、もう廃車が目前で買う価値はほとんどありません。一方、走行距離が3万kmから5万kmであればある程度乗っているため、価格は新車よりも下がり、なおかつ古すぎるということはない、ちょうど良い状態と言えるでしょう。

実際、中古車業界では3年落ちから5年落ち程度、走行距離5万km未満の車の在庫が非常に豊富です。高値で売却したいのであれば、少なくとも走行距離5万kmが近づいてくる前に検討しましょう。

少しの差が命取りになることがあります

走行距離で注意しておきたいのは、走行距離が3万kmや5万kmを少しでも超えてしまうと、価格に大きく響くことがあるという点です。昔、まだインターネットが発達していなかった頃は、中古車を購入する際の情報源が販売店の店頭や雑誌などでした。

一方で、現在ではインターネットで欲しい車を簡単に検索することができ、条件によって絞り込んで車を決める人も少なくありません。

そんな時、走行距離の目安として5万km以内と入力してしまうと、5万kmを超えた車は対象外となり表示されなくなってしまいます。このような都合から、3万km、5万kmといった節目の走行距離から少しでも外れてしまうと、買取価格に大きく響くことがあるため、気をつけましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

走行距離は年式と深く関連します

車の買い替えにあたり、走行距離と合わせて買取価格に深く影響するのが年式です。実は、走行距離が多いか少ないかは単純に「何kmか」という数字だけでなく、年式と合わせて判断されます。

年式を見ることによって、その車が新車として登録されてから何年経ったのかが分かります。そのため、その経過年数に見合った走行距離であることが必要なのです。

年式と走行距離の基準があります

一般的に、適切な走行距離は1年当たり普通車で1万km、軽自動車で8千kmと言われています。この範囲内から多すぎても、また極端に少なすぎても、査定額が低くなってしまうでしょう。

例えば、同じ走行距離3万kmの車でも、3年間乗って走行距離3万kmの場合と、1年乗って3万kmの場合では大きく査定が異なってきます。また、10年乗って3万kmもやはり査定額に差が出ます。

この中で一番良いのは、3年間乗って3万kmの車です。1年あたり1万kmという適切な走行距離内に収めっており、中古車買取店としては最もリスクが少ない商品となります。

基準から逸脱した車はリスクがあります

1年あたり1万kmという走行距離の目安を考えれば、確かに1年乗って3万kmも走っているというのは基準を大きく外れていると思えることでしょう。車の部品の中にはいくつか消耗品があり、1年あたり1万km以上走っている車は、当然1万km以内に収めっている車よりも部品の消耗が激しくなっています。

そのため、同じ年式の車よりも価格が下がりがちになるのです。また、人によっては、「多く走ると部品の消耗が激しくなるのであれば、いっそ乗らない方が良いのではないか」と思うこともあるかもしれません。

しかし、逆に10年乗って3万kmしか走っていないような車もまた、リスクがあります。車は基本的に短時間でも毎日動かしていた方が調子が良いものです。

10年乗って3万kmというような車だと、長年使われないまま車庫に眠っていたものを売ろうとしているケースもあります。すると、部品が劣化していたり錆びついていたりして、車の挙動に問題がある可能性も出てくるでしょう。

そうなれば当然、一般的な基準内に収めっている他の車よりもリスクが高く買取価格は控えめになるのです。結果として、走行距離は多すぎても少なすぎても良くなく、あくまで年式に見合った距離であれば良いということになります。

走行距離によって価格に差がつきます

走行距離によって価格に差がつきます
走行距離の違いによって、どのくらい価格に違いが出るのかは気になる点でしょう。どのくらい価格に差がつくのかは、どんな車種なのか、もともとの新車としての販売価格がいくらぐらいなのか、また、リセールバリューなどによっても変わってくるため、一概にはいえません。

しかし、走行距離が長くなるほど価格が落ちるのは事実です。

例えば走行距離が4.5万kmの車と5.1万kmの車の価格を比べた場合、買取価格が何万円も違うということも十分にあり得ます。節目を超えてしまったばかりに買取価格が大きく下がっては大損です。

基本的に車は早く売れば売るほど高値がつきやすいため、買い替えを検討し始めたら売却はできるだけ早く済ませるのが良いでしょう。

基準の走行距離を少しだけ外れた車がお買い得です

逆に、購入する時の視点で考えてみると、走行距離5万kmを少しだけ超えた車というのはお買い得な部類に入ります。4万9千kmの車と比べて千kmしか変わっていないにも関わらず、価格は10万円くらい違うこともあります。

多くの人が探す車は基本的に高いため、少しだけ違うところを探すと掘り出し物とも言える良い車が見つかりやすいでしょう。

走行距離の長い車は他の点で査定に差をつけましょう

中古車の価格は、年式や走行距離が大きく影響して決められますが、それ以外の点でもかなり変わってきます。例えば、喫煙車か禁煙車か、車のボディに大きな傷がないか、内部のパーツはどのくらい劣化しているか、オイル漏れはないか、あるいは、修復歴があるかないかなど、様々なものが複雑に影響して価格が決まるのです。

走行距離はもう走ってしまった以上、変えることができません。しかし、他の部分で努力することはできます。車を買い替えようと思っている場合、今乗っている車はできるだけ綺麗な状態にしてから査定に出すと良いでしょう。

また、途中で取り替えたパーツなどがあれば純正品のパーツに戻しておきます。さらに、査定してもらう中古車買取店も、相見積もりなどしてできるだけ高く買い取ってくれる店を探しましょう。

こうすることで買取金額は数十万単位で変わってくることもあるはずです。細かな努力で車は高く売ることができます。走行距離の長い車でも諦めずに、高く買い取ってくれる店を探しましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車を買い替えると自動車税はどうなるの?

(まとめ)車を買い替える時の走行距離の目安はどのくらい?

1.車を買い替える時は、走行距離10万km以内を目安にしましょう

走行距離が10万kmを超えると車の寿命と言われます。5万km、10万kmなど価格が変わりやすい節目があるため、走行距離を気にして車を買い替える場合は、売るにも買うにもこの節目に注意すべきでしょう。

2.10万kmを超えた車の価値は急落します

走行距離10万kmを超えた車は、性能的にはまだまだ走ることができるものの、査定としてはほとんど無価値になります。そのため、10万kmを超える前までに売ることが大切です。

3.走行距離が長くなっていくほど買取価格が下がります

走行距離で高値がつきやすいのは、だいたい5万kmまでの車が多いでしょう。インターネット検索の仕様から、5万kmを超えた瞬間価格が落ちる可能性もあるため注意しましょう。

4.走行距離は年式と深く関連します

走行距離は、年式と合わせて判断されるのが普通です。同じ走行距離でも年式が違えば価格も異なります。

走行距離は多くても少なくてもよくなく、年式に見合った走行距離を保つことが重要です。

5.走行距離によって価格に差がつきます

走行距離は長いほど価格が落ちやすいため、車を売るなら早めの方がお得です。もし、走行距離が長い車を売る場合は、他の点で高査定をもらえるよう工夫しましょう。

相見積もりなどして高く売れる店を探すことも大切です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる