買取店は統一された基準のもとに車の査定を行います


買取店によって車の買取価格はまちまちです。しかし実は基本的にどの中古車買取店であっても、査定の基準は同一となっています。

標準となる査定シートがあり、この査定項目によって評価されるため、高くなる車の傾向は知識のない一般の人でも把握しやすいでしょう。将来的に車を売るつもりであるならば、基準を知っておいた方が車を管理しやすくなります。

車の査定項目は決まっています

実は車を買取する場合、ほとんどの店舗は独自のルールで査定しているわけではなく、JAAI(日本自動車査定協会)の定めた「中古車査定基準」を元に査定しています。この査定基準では車のコンディションについて非常に細かく項目が分類されており、それに対して点数をつけていき、最後に店舗ごとの評価も加えることで最終的な車の買取価格が決まるのです。

たとえば傷1つとっても、1cm未満か、カードサイズ未満かなど大きさについても明確に決められた上で分類されています。

車の基本的な査定基準

一つひとつを見ていくと細かいものの、大枠としては車の査定基準は以下のとおりです。

  • 車の外装と内装は綺麗かどうか(見た目に対する評価)
  • 車のエンジンなどに異常がないか(機能的な評価)
  • 年式や走行距離
  • 事故歴や改造歴がないか

この他に、その車種やカラーが人気かどうかなど、全体的な需要も加味されます。

買い手の立場で考えてみましょう

自分の車を見て、どこまで査定に含まれるのかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。そんな時は視点を変えてみましょう。

車は結局のところ中古車として販売され、他の人の手に渡るものです。仮に自分が中古車を選んで買う立場だった場合、気になる部分はだいたいすべて査定対象となると考えておけばわかりやすいでしょう。

ただしバッテリー上がりや単なる泥汚れなどすぐに直せるトラブルもあるため、必ずしもそれだけで大きく価格が変わるとは限りません。

外装と内装はできるだけ綺麗な状態を保ちましょう

車の査定基準として大きく影響するのはやはり外観です。車を買った時点で、将来売ることを見越して丁寧に使っていくのがベストでしょう。

外装は目立つ傷に注意しましょう

外装ではボディの傷やへこみ、さびや塗装はげなどが主に見られます。鍵穴についた傷なども査定対象としてチェックされるため注意しましょう。

ただし傷については中古車である以上避けられないものです。1cm未満の傷であれば減額対象にはされないため、安心してよいでしょう。

一方でうっかりどこかにぶつけてバンパーを破損したり車体が凹んだりしているなどの場合は修理も大がかりになり、減額を免れることはできなくなります。

内装はニオイや色に気をつけましょう

内装についても注意が必要です。車をぶつけず丁寧に使っていて、定期的に洗車をしてたとしても、内装は徐々に汚れていきます。

一見問題なさそうでも、シートに染み着いた汗やニオイ、あるいは色褪せやヤニ汚れなども減額対象となるため注意しましょう。シートは汚れがひどい場合、交換しないと販売できないため差し引かれる金額も大きくなります。

また注意したいのがニオイです。ペットを同乗させていたり、タバコを車内で吸っていたりするとニオイがこびりついてしまいます。

自分では気が付きにくい部分であり、しかも落としにくいため、こびりつく前に対策しておくのが大切です。ニオイがする車はやはり嫌がられる傾向にあるため、程度によっては金額が大きく下がる可能性もあります。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

新しく、走行距離が少ない車ほど高く売れます

中古車といっても、最終的な乗り手となる人間はもちろん、できるだけ新車に近い状態を望んでいます。そのため古い車種や走行距離がかさんでいる車は売れにくくなる傾向にあります。

具体的な基準の目安を見てみましょう。

5年以上経った車は査定価格が下がりやすくなります

中古車の買取は、新車として購入後3~5年経った車がもっとも多いと言われています。そのため購入から5年以上経過した車は他の中古車より売れにくく、査定が急激に下がる可能性があるため注意が必要です。

走行距離は平均内で収まっていることが大切です

走行距離の平均は、普通車で年間1万km、軽自動車で8000kmほどと言われています。そのためたとえば3年落ちの普通車であれば累計3万km以内に収まっていることが重要です。

一般的に車は累計10万kmを超えると査定価格がとくに下落すると言われています。10年落ちで10万kmの車を売るのは難しいですが、だからといって4年しか使っていないのに走行距離10万kmを超えている車なども売るのが難しくなるため注意しましょう。

走行距離が少なすぎるのも査定に響く場合があります

意外なことに、走行距離が少なすぎるのもかえって敬遠される原因となります。年数に対して走行距離が少ない車は、それだけ使っていない車ということです。

なんらかの事情で数ヶ月以上全く乗らなかった車であるかもしれません。車は長い間乗らないでいるとエンジンなどの見えない部分にも影響が出やすく、あまり歓迎されない傾向にあるため注意しましょう。

エンジンなど内部の状態も査定に大きく影響します

見た目だけでなく、内部の機能的な部分も、査定に響く代表的な部分です。たとえばバッテリー上がりやエアコンの故障程度なら数千円~数万円程度の減額で済むでしょう。

しかしもしも大きなパーツが痛んでいたり、また手を入れていたりする場合は査定への大きな影響があります。

エンジンなどの損傷は大きな減額になります

車のパーツの故障で、とくに大きな減額となりやすいのがエンジンです。異音程度ならともかく、完全にエンジンが故障している場合はオーバーホールが必要となります。

しかしエンジンの分解には大きな労力が必要です。手間、時間、そして技術のあるエンジニアが必要不可欠となります。

そのため数十万単位での減額となってしまうのです。売れないわけではありませんが、査定価格が下がることは覚悟しておきましょう。

改造歴や純正パーツ以外の使用は減額対象になります

車いじりが趣味で、いろいろなパーツを交換したり、追加したりしている人もいるでしょう。高いからといって純正パーツ以外を使用している場合もあるはずです。

法律に違反していない限りは改造車でも買い取ってもらうことができますが、純正パーツ以外を使用しているなど本来の新車の状態から外れれば外れるほど、やはり査定金額が低くなります。買取後に純正品の状態に戻さなければならないからです。

また買取店ではなくディーラーに下取りしてもらおうと考えている場合、ディーラーでは拒否されるため注意が必要です。調べればすぐにわかることでもあるだけに、ディーラーにしろ買取店にしろ、嘘を言えばやはりすぐにトラブルの原因となります。

むしろ自分から申告した方が安心といえるでしょう。査定に響くかはともかく、査定員の心象もよくなります。

車の買取価格は中古車買取店によっても大きく差が出ます


車の査定は一定であるため、どの地域、どの中古車買取店を選んだとしても基本的に査定項目は変わりません。しかし実際には中古車買取店によって、同じ車でも買取価格には幅があります。

これはその買取店によって最終的な評価が異なるためです。たとえば以下のようなことでも評価は変わります。

在庫状態や地域事情

たとえば買取と販売両方を行っている店舗の場合は、店舗内に在庫が少なく、かつ人気がある車種の方を高く買い取るのも必然と言えます。また地域によっても変わるでしょう。

当然ながら、雪道に強い車は北海道や東北なら売りやすいですが、九州や沖縄ではなかなか売れません。

店舗の得意分野

もう一つわかりやすい例として事故車や故障車が挙げられます。一般的な買取店では、事故車や故障車はそれだけで値が下がります。

どの店舗でも二束三文の値になってしまいがちですが、一方でそのような修理が必要な車でも比較的高く買い取ってくれる店があります。車の修理に必要な部品や器具、技術のあるエンジニア、また専門の販売ルートなどを確保している店では、自社でたやすく修理できるため他の店と比べて事故車や故障車に抵抗がありません。

このように同一の基準であっても、買取店の事情によって買取価格は大きく異なります。車のコンディションは重要ですが、車の買取を検討している段階でコンディションそのものを変えることは難しいでしょう。

少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、相見積もりを取り、店舗の比較をすることが重要となります。

(まとめ)車の査定基準って何かあるの?

1.買取店は統一された基準のもとに車の査定を行います

中古車買取には基準となる共通の査定シートが存在しているため、ほとんどの買取店では同一の基準で査定を行います。基準を知っておき、将来車を売る時に備えておくとよいでしょう。

2.車の査定項目は決まっています

車の査定は細かいところまで統一した基準のもと行われます。外装・内装・車の機能・年式・走行距離・事故歴・改造歴などが、主なチェック項目です。

乗り手が気にするようなところはすべて見られます。

3.外装と内装はできるだけ綺麗な状態を保ちましょう

外装はわずかな傷であればともかく、大きな傷があると当然減額対象です。内装はシミなどの汚れはもちろんですが、ニオイもチェックされます。

タバコを吸う人やペットを乗せている人は気をつけましょう。

4.新しく、走行距離が少ない車ほど高く売れます

新車で購入して3~5年以内の車と、その年数に見合った走行距離の車は査定価格がアップするでしょう。走行距離は少なすぎると、長い間乗っていないと思われて敬遠されることもあります。

5.エンジンなど内部の状態も査定に大きく影響します

エンジンの故障はとくに査定価格に数十万単位で影響しやすい部分です。また純正パーツ以外への交換なども買取価格が減額されやすくなります。

基本的に修復車や改造車は査定が低くなりがちです。

6.車の買取価格は中古車買取店によっても大きく差が出ます

中古車は一定の基準のもと査定されていますが、そこに各買取店ごとの需要も考慮された上で最終的な価格が決まります。店舗の得意分野なども把握しながら、複数の店舗で相見積もりを取ることが買い取り価格を上げるコツです。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる