買取の場合は車査定の手数料は基本的に無料です

買取の場合は車査定の手数料は基本的に無料です
車を現金にて買い取るサービスを実施している業者は日本全国にあります。買取業者が車を引き取る際、査定をして金額を出します。

この時の査定料が、車査定における手数料になります。しかし大半の買取業者が査定料などの手数料を無料としています。

車を店に持ち込めない場合、出張査定を行っている業者もあります。出張査定の場合でも出張料などの手数料を請求しているところは少ないです。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

下取りの場合には手数料を請求される可能性はあります

車を引き取ってもらう方法として、買取のほかにもディーラーなどの下取りサービスもあります。下取りの場合、査定時に手数料の発生する可能性があります。

無料の場合はムリな下取りの恐れも

これは業者によって対応はまちまちのようです。しかし下取り無料のディーラーの場合、軽い気持ちで車を出すと半ば強引に車を引き取ろうとする場合もあります。

査定するディーラーからしてみると、人件費の経費が掛かっています。このためどうしても車を引き取りたい、だめなら手数料でコストを相殺しようとするわけです。

下取り査定料の相場はどのくらいかかるのでしょうか?これは1万5000~2万5000円といったところが相場になります。

下取りに出すとこのように査定でもコストがかかってしまいます。買取であれば無料のところが多いので、この部分のコストを気にする必要はないでしょう。

売却する際には手数料がかかります

車の査定だけを行う場合、手数料の発生することはまずないです。ただし買取価格に納得して、実際に売買する際には手数料が発生します。

査定を受けた際に、いくらくらいの代金になるか見積書を提示されるはずです。そこに諸経費が書かれているはずですから、どの程度のコストがかかるか確認しましょう。

名義変更手数料

車の車検証を見てみると、皆さんの名前が所有者として書かれているはずです。もし車を手放すのであれば、この名義を変更する必要があります。

名義変更手続きは、管轄の陸運局もしくは自動車検査登録事務所で行えます。軽自動車の場合には軽自動車検査協会が受け付けです。

自分で手続きすることも可能ですが、買取業者に売却する際にはスタッフが代行してくれます。この代行作業の手数料が、名義変更手数料になります。

買取業者によっても手数料はまちまちです。ちなみに個人で手続きをした場合には、どんなにかかっても6000円程度でしょう。

車の引き取り料

出張査定などで車を買取業者に人に引き取ってもらう場合に発生する手数料です。とくに車検切れや故障者の場合、この手数料が高くつく可能性があります。

いずれも公道で運転できません。このためレッカー車で移動する必要がありその費用が手数料に上乗せされます。

ただし買取方法として、お店に自分で直接持ち込む方法もあります。この場合、自分で車を運びますから、この部分の手数料は発生しません。

レッカー車は自分で手配して店に持ち込むこともできますが、それなりの費用が掛かります。手続きにも手間がかかりますから、業者に任せたほうがいいでしょう。

印紙代

名義変更や廃車手続きをするにあたって、印紙代が発生します。このような法的手続きをする際には必要なコストと思ったほうがいいでしょう。

印紙代がいくらかかるか、これは車種などによって料金が異なります。4もしくは5ナンバーの車の場合、印紙代400円と証紙1300円の1700円です。

一方3ナンバーの場合、印紙代300円と証紙1300円の1600円が必要になります。買取サービスを利用する際には、これらの現金は準備しておきたいところです。

役所で発行してもらう際の手数料

ほかにも役所で発行されるものが車の売買では必要になります。たとえば売買契約を交わす際には実印が必須で、実印であることを証明する印鑑証明書が必要になります。

印鑑証明書は役所で発行してもらえますが、この時手数料がかかります。手数料は自治体によって異なり、大体200~400円といったところが相場です。

もし印鑑登録をしていない場合、まずは登録手続きをしなければなりません。印鑑登録の申請をする場合でも手数料が必要で、200~500円かかります。

どの程度の手数料がかかるかは、役所のホームページなどで確認しましょう。一般的な傾向として、地方と比較して首都圏の方が手数料の高くなるところがあります。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら

税金関係には注意しましょう

車の査定の際には手数料のかかることは少ないですが、買取を行う際にはいろいろなコストが発生します。また車の売買の場合、何十万円や何百万円といった大きなお金が動きます。

多額の現金が入ってくると、税金が発生するのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。これはケースバイケースで、税金を支払わないといけないケースもあれば、逆に還付金を受け取れるケースもあります。

自動車税の還付が受けられる可能性も

自動車のオーナーであれば、毎年自動車税を納めているはずです。毎年4月1日時点で自動車を保有している人が課税対象です。

自宅に課税の請求書が届き、4月下旬から5月上旬にかけて支払います。この自動車税は、向こう1年間の税金を前納する方式をとっています。

もし4月1日よりも前に車を売却した場合、未経過分の納税額は還付されます。これは買取業者の方から支払われる形式をとっているので、見積書にきちんと盛り込まれているかどうか確認しましょう。

軽自動車に乗っている人も多いでしょう。軽自動車の場合、軽自動車税がかかっています。

この軽自動車税、自動車税と異なり還付の対象外ですから注意しましょう。もしうっかり4月1日を過ぎて軽自動車を売却した場合、1年分の税金を納める羽目にもなりかねません。

たとえば名義変更手続きに手間取って、すでに手放しているのに軽自動車税の請求書の届くこともあります。この場合、事情を説明すれば1年分の税金を納める必要はなくなるかもしれませんが、一時的に1か月分の納税をしなければなりません。

所得税を納税するケースも

通常自家用車を売却する場合、所得税の課税はまずないと思っていいでしょう。しかしレアケースながらも課税対象になることもあります。

所得税は売却益の発生しているケースが対象で、言い換えると売却金額が購入金額を上回っている場合です。通常車は時間が経過すればするほど、その価値は下がるので売却金額が購入金額を上回ることは少ないです。

しかし売却する車が発売してからあまり年月の経過していない場合、希少価値の高い車種だと売却益の発生する可能性があります。もし売却益が発生していた場合、所得税で重要なポイントになるのが売却しようと思っている車の所有期間です。

5年が一つのラインになります。もし保有期間が5年を超えている場合、控除を差し引いた金額の半分が課税対象になります。

しかし5年以内の保有期間しかない場合、控除を差し引いた全額が課税対象になってしまいます。かなり税額に差がついてしまう恐れもありますから、できるだけ長く車を保有することも所得税対策として必要なことです。

車の査定をお願いするだけなら手数料はかかりません

車の査定をお願いするだけなら手数料はかかりません
車の査定をお願いするだけであればまず手数料を請求されることはないでしょう。近年では買取業者に車を持ち込まなくても、出張査定といって査定士が自宅まで来てチェックするサービスもあります。

このような出張査定の場合でも、大半の業者が査定料を無料としています。しかし一部買取業者の中には、出張料などをキャンセルしたときに請求される可能性はあります。

査定に関して手数料がかからないかどうか、ホームページなどで前もって確認しておくといいでしょう。もしWebサイトを見ても確認できないようであれば、問い合わせをして手数料のかからないことを確認しておきましょう。

買取の場合は手数料がかかる

査定の場合、手数料は発生しませんが、実際に買取をお願いする際には各種手数料がかかるかもしれません。車を引き取ってもらう場合や名義変更手続きの代行をお願いした場合の手数料などです。

しかしこの手数料は実際に業者に支払うことはまずないでしょう。買取金額から差し引くという形で支払われます。

そこで手数料などの諸費用がどのくらいかは、見積書などで確認しておきましょう。もし手数料がよくわからないようであれば、買取業者の担当者に直接質問することです。

税金に関して、3月よりも前に売却すると1年分支払った自動車税の未経過分の還付が受けられます。還付は買取業者を通じて受け取る形になるので、その部分が反映されているかどうか確認をとっておきましょう。

このように車の買取サービスを利用するには、いろいろと手数料が発生します。手数料も込みで業者の提示した買取金額に納得できるか、検討しましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

(まとめ)車査定時の手数料はかかる?

1.買取の場合は車査定の手数料は基本的に無料です

車の買取業者の場合、査定にあたっての手数料は請求されることはまずないです。出張査定の場合、金額に納得がいかずにキャンセルしたときでも手数料を請求されることは少ないです。

2.下取りの場合には手数料を請求される可能性はあります

車を引き取ってもらうにあたって、買取サービスのほかにディーラーなどの下取りもあります。しかし下取りの場合、査定手数料の発生することも多いので注意したほうがいいです。

3.売却する際には手数料がかかります

車の査定時にはかかりませんが、売買契約をするためにはいくつか手数料がかかります。名義変更の代行をお願いする場合や車の引き取りにかかる手数料がかかりますので、見積書などで確認しましょう。

4.税金関係には注意しましょう

車の売買の場合、大きなお金の動くことも多いです。このため税金のことも意識したほうがいいでしょう。自動車税は売るタイミングによっては還付されますし、売却益の発生している場合所得税の課税対象になることも考えられます。

5.車の査定をお願いするだけなら手数料はかかりません

車の査定を受けるだけであれば、どの買取業者でも手数料のかかることはないでしょう。ただし実際に売買手続きに移行する際には、各種手数料が発生するので見積書などで確認することです。


※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
LINEで完結!車のプロに無料相談 賢く・納得な初めてのクルマ探しお手伝いします!
愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。