軽自動車を購入するための契約に必要なものは書類です

軽自動車を購入するための契約に必要なものは書類です
軽自動車を購入するために契約を結ぶためには、6種類の書類が必要です。軽自動車と普通自動車は、必要となる書類に違いがあるのでしっかりと確認しましょう。

車は、主に7つのステップを踏んで手続きを進めていくことになります。あらかじめ流れを把握しておくと、実際に購入する時に戸惑わずに済みます。

車を購入する前に、家族の同意を得ることは大切です。また、オプションや維持費について考えることも重要です。

実際に車を購入する際は、業者に要望を細やかに伝えたり、疑問に感じたことは質問をしたりすると良いでしょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
4ナンバーの軽自動車の税金は安いの?

軽自動車を購入するためには6種類の書類を用意しましょう

軽自動車を購入する場合、6種類の書類を用意する必要があります。これから軽自動車を購入しようとお考えの場合は、忘れずに用意しておきましょう。

以下では、軽自動車購入に必要な6つの書類について解説します。

1.住民票

本人確認書類として、住民票の提出を求められます。普通自動車の場合は、印鑑証明書が必要となりますが、軽自動車では用意する必要はありません。

住民票は、その代わりとして用いられる書類です。市区町村役場で住民票は発行してもらえます。

発行の際は、身分証明書が必要ですので忘れずに持っていきましょう。

2.自動車検査証

軽自動車を購入する場合、軽自動車検査協会から自動車検査証が交付されます。この書類は、基本的には販売店側が用意するものですので、ご自身が手続きをすることはないでしょう。

3.印鑑

軽自動車の場合、実印を用意しなくても良いです。認印で問題ありませんので、他の書類と一緒に用意しておきましょう。

しかし、三文判・シャチハタなどは使用できないケースもありますので、事前に確認しておいたほうが良いです。

4.自賠責保険証

車を所有する以上、必ず加入しなければならない強制保険に関する書類です。自賠責保険証は、保険会社に申請を行えば発行してもらえます。

しかし、この書類は業者が手続きを代理してくれるケースがほとんどですので、ご自身で取得する必要はありません。

5.委任状

名義の変更や登録などの手続きを、本人に代わって業者が対応する場合は委任状が必要です。委任状は業者が用意してくれますので、業者が指示する通りに記入すると良いでしょう。

6.車庫証明書

車を所有するためには、駐車するスペースを確保できている必要があります。保管する場所を担当している警察署にて、車庫証明書の申請は行えます。

申請の際は、いくつかの必要書類に加え手数料が必要ですので、事前に確認しておくと良いでしょう。

車の購入の流れは7ステップです

車の購入の流れは7ステップです
軽自動車を購入するのであれば、購入の流れを知っておいたほうが良いでしょう。車の購入は、以下のように7つステップを踏むことになります。

1.予算と欲しい車を決める

車を購入するのであれば、まずは予算を決めることが大切です。欲しい車から決めてしまうと、用意できる予算を上回ってしまい結局購入できない可能性もあります。

予算から決めて、その範囲内で購入できる車を選ぶことで予算オーバーせずに済みます。どれくらいの予算まで用意できるのかを決めたら、次は購入する車を決めましょう。

買い物に使うのか、通勤に用いるのかなど使用用途を考えれば、欲しい車がおのずと見つかるはずです。もちろん使用用途に限定するのではなく、色や車種などご自身にとって譲れない要素があるのであれば、それを念頭に探すのも良いでしょう。

2.お問い合わせ

予算と購入する車を決定した後は、実際に利用する店舗を決めます。店舗ごとに提供しているサービスの内容や在庫の状況が異なりますので、インターネットや電話で確認してみましょう。

3.来店

利用する店舗を決めた後は、実際に足を運んでみましょう。購入する車は、必ず実物を確認することをおすすめします。

車内の広さやボディのカラー、乗り心地など画像だけでは詳しく確認できない部分を把握することで、自分にとって本当に良い車であるのかを判断できます。また、購入する車が中古車である場合は、傷の有無や修復歴なども確認しておきましょう。

4.見積もりを依頼する

実際に購入する車が決まった後は、見積もりを依頼しましょう。車両の価格や法定費用、手数料など、見積もりに記された項目をしっかりと確認することが大切です。

特に手数料の部分は厳しくチェックしましょう。手数料は、代行費用なども含まれており、店舗ごとに料金が異なります。

気になるようであれば、スタッフに質問をして、疑問を残さないようにしましょう。

5.契約と必要書類の用意

見積もりに問題がなければ、契約する流れとなります。契約書は基本的に販売店が用意するので、自分で準備をする必要はありません。

契約内容をよく確認せずに契約を交わすと、後に認識の違いからトラブルが生じる可能性があります。契約の際は、内容をしっかりと確認した上で手続きを行いましょう。

また、このステップで必要書類も用意します。どのような書類が必要であるのかは、しっかりとスタッフに確認しておき、早めに用意しましょう。

6.車の購入

書類が用意できた後は、車をいよいよ購入することになります。現金以外にも、ローンやクレジットカードなど、様々な支払い方法があります。

現金で一括購入が厳しい場合は、ローンやクレジットカードを利用することになるでしょう。実際にどのように支払いを続けていくことになるのかを考えながら、ご自身に合った支払い方法を見極めることが大切です。

7.納車

これらのステップを終えれば、納車を待つだけです。新車は1ヶ月以上納車までかかるのが一般的ですが、中古車であれば数週間で車を受け取ることもあります。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車を購入する前に確認しておきたいポイントは3つあります

車を購入する際に、確認しておきたいポイントは3つあります。前もって確認しておくことで、満足のいく買い物ができるでしょう。

以下では具体的に3つのポイントについて解説します。

1.家族に納得してもらう

車を購入後は、家族も使用することでしょう。家族の同意を得ずに、ご自身の意見のみで決めてしまうと、後に揉めてしまう可能性もあります。

通勤や買い物などに使う車であれば燃費の優れた車が良いでしょうし、ちょっとしたドライブを楽しむだけに購入するのであれば、デザインの良い車を選ぶのも良いでしょう。家族とよく話し合って、どのような車であれば全員が納得できるのかを考えることが大切です。

2.どのオプションを選択するべきか決める

車は車体のみならず、どのようなオプションを選択するかで乗り心地に大きな差が生じます。高速道路をよく利用する場合はETC車載機が装備されているほうが良いでしょうし、遠出をするのであればカーナビがあったほうが快適でしょう。

また、安全性を重視したいのであれば、バックモニターを搭載するのもおすすめです。どのオプションを付けたほうが快適に過ごせるのかを考えることで、最も適したオプションを選択できるはずです。

3.維持費の計算も行う

車は購入後も税金や燃料費、メンテナンス費など、様々な費用がかかります。実際にどの程度かかるのかは、車の使用頻度によっても変わりますが、それなりの費用がかかるのは間違いありません。

維持費を計算してみて高いと感じるようであれば、中古車を購入する、減税の対象となる車を選ぶなど、工夫をしてみると良いでしょう。

車を購入する際は2つのポイントを業者に確認することが大切です

車を購入する際は2つのポイントを業者に確認することが大切です
実際に車を購入する際は、業者と確認しておきたいポイントが2つあります。車選びを成功させるためにも、業者とのやり取りは慎重に行うようにしましょう。

1.自身の要望と合っている車か?

車を購入する前に、どのような車を購入するべきかある程度は決まっていることでしょう。業者と会った時に要望を伝えれば、おすすめの車を紹介してくれるはずです。

その際、相手の言葉にただ頷くのではなく、要望を細やかに伝えて本当に自分に合った車であるのかを確認しましょう。細やかに伝えていないと、自分と業者の認識にズレが生じており、要望に合っていない車を紹介されることもあります。

車は決して安い買い物ではありませんので、念入りに確認したほうが良いでしょう。

2.疑問に思うことがあれば質問する

車を購入する段階になると、あらゆる疑問が浮かぶはずです。それらの疑問を解決しないまま車を購入してしまうと、後に「こんなはずではなかった」と後悔する可能性もあるでしょう。

疑問に思うことがあれば、しっかりと質問をすることが大切です。なるべく、本契約を結ぶ前に疑問は解消しておくことが望ましいでしょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
4ナンバーの軽自動車の税金は安いの?

(まとめ)軽自動車を購入するための契約に必要なものとは?

1.軽自動車を購入するための契約に必要なものは書類です

軽自動車を購入する際は、6種類の書類が必要です。車を購入する際は、7つのステップを踏んで手続きを行います。

車を購入する前には、家族の同意を得ておきましょう。また、車を購入する際は業者に要望を伝え、疑問に感じたことは質問することが重要です。

2.軽自動車を購入するためには6種類の書類を用意しましょう

軽自動車を購入する場合、「住民票」「自動車検査証」「印鑑」「自賠責保険証」「委任状」「車庫証明書」などの書類が必要です。軽自動車と普通自動車は用意する書類に違いがありますので、しっかりと必要書類を確認しておきましょう。

3.車の購入の流れは7ステップです

車は、7つのステップを踏んで購入する流れとなります。予算と購入する車を決めることから始まり、最終的には納車となります。

購入する前に購入の流れを把握しておくと、戸惑わずに済みます。

4.車を購入する前に確認しておきたいポイントは3つあります

車を購入する前に、家族の同意を得ることは大切です。また、オプションや維持費についても考えておきましょう。

オプションは乗り心地に影響しますし、維持費はそれなりにかかりますのでしっかりと考えておかないと後悔することになります。

5.車を購入する際は2つのポイントを業者に確認することが大切です

車を購入する場合は、業者に自分の要望を細やかに伝えるようにしましょう。きちんと伝わっていないと、自分の要望とは違う車を紹介される可能性もあります。

また、購入時に疑問が生じた場合は、遠慮なく質問することも大切です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる