ソリオ ピンク系(スズキ)の中古車を探す

価格相場・詳細もっと見る

平均価格100.4万円
(中古車価格帯5~265.5万円)

カタログ情報・詳細もっと見る

WLTCモード燃費 17.8~19.6km/l
JC08モード燃費 18.0~32.0km/l
10・15モード燃費 16.4~24.5km/l
排気量 1200~1300cc

口コミ

総合評価

星 星 星 星 星

4.1197件

外観4.1

乗り心地4.1

走行性能3.9

燃費・経済性4.2

価格4.1

内装4.0

装備4.1

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数
メーカー区分
ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
運転支援
その他

条件指定

4台中1~4台表示

新着順 ▲新 ▼古

車両本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

お気に入り

ソリオ ハイブリッドSX 後期 自動スライドドア ナビ フルセグ Bカメラ Bluetooth CD録音 DVD 禁煙 USB端子 ドラレコ シートバックテーブル プッシュスタート ETC シートヒーター チルトステアリング

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書

車両本体価格 (税込)

119.9万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2016後
  • 走行距離3.4万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし
  • 保証4ヶ月・3000km

ミッションインパネAT

カラークォーツピンクメタリック

ボディタイプミニバン・ワンボックス

法定整備整備込

お気に入り

ソリオ ハイブリッドMX 2020年製ダンロップタイヤ 左R自動スライド アイドリングストップ 衝突安全ボディ 禁煙 ナビ 走行中フルセグ視聴可 Bカメラ Bluetooth DVD シートヒーター ETC 電格ミラー

車両本体価格 (税込)

129.9万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2015年
  • 走行距離2.3万km
  • 車検2022年9月
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし
  • 保証4ヶ月・3000km

ミッションインパネAT

カラークォーツピンクメタリック

ボディタイプミニバン・ワンボックス

法定整備整備別 別途49,500円

お気に入り

ソリオ ハイブリッドMZ 社外メモリーナビ・ETC

ソリオ ハイブリッドMZ 社外メモリーナビ・ETC ソリオ ハイブリッドMZ 社外メモリーナビ・ETC ソリオ ハイブリッドMZ 社外メモリーナビ・ETC
id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書

車両本体価格 (税込)

109.8万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2017年
  • 走行距離3.2万km
  • 車検2022年8月
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無:別途有償保証有

ミッションCVT

カラーピンクM

ボディタイプミニバン・ワンボックス

法定整備整備込

お気に入り

ソリオ X 14AW NEWタイヤ リアスポイラー スマートキー 14AW NEWタイヤ リアスポイラー スマートキー プッシュスタート たっぷり収納 禁煙車 ナビTV オートエアコン 電動スライドドア ETC 取説保証書

車両本体価格 (税込)

39万円

支払総額 (税込)

55万円

  • 年式2011年
  • 走行距離8.9万km
  • 車検2024年1月
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションCVT

カラーピンク

ボディタイプミニバン・ワンボックス

法定整備整備込

ページトップへ戻る

スズキ ソリオ

グーネットに掲載されている「スズキ ソリオ」の掲載状況は?

グーネット中古車ではスズキ ソリオの中古車情報を1,728台掲載しています。
車両価格は5万円~265.5万円、最も掲載の多いボディーカラーはパールホワイトで173台となっています。(2022.01.29)

車種の特徴

「ソリオ」は、5ナンバー登録の5ドア5人定員の自動車で、スズキからリリースされたコンパクトトールワゴンです。このクルマの前身となる「ワゴンRワイド」は1997年に発売され、1999年のフルモデルチェンジ後から車名に「ソリオ」が使われるようになりました。この車両の2004年4月発売モデルでは、リアシートにダブルフォールディング機構が装備されており、リクライニング機構と105mmシートスライド機構を備えた5対5の分割可倒式シートも同時に採用されています。2011年のフルモデルチェンジにより2代目となったモデルは、「乗って楽しく、使って便利、燃費も優れたコンパクトハイトワゴン」をコンセプトに開発されています。2018年7月発売モデルには、「G」「ハイブリッドMX」「ハイブリッドSX」などのグレードが用意されています。また、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能が充実した「セーフティサポート装着車」が設定されたグレードも用意されており、「後退時ブレーキサポート」「デュアルカメラブレーキサポート」が標準装備されています。ボディカラーについては、「スーパーブラックパール」「クラッシーブラウンメタリック」「ラッシュイエローメタリック」「スターシルバーメタリック」などの標準色が用意されている他、メーカーオプションとして「ミッドナイトバイオレットメタリック」「ピュアホワイトパール」などが設定されています。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

スペイン語の「Solio(玉座、王様)」をその語源とし、2005年に前身となるスズキ「ワゴンRソリオ」から「ソリオ」へと名前が変更され登場。2代目(2010年~)は、「乗って楽しく、使って便利、燃費も優れたコンパクトハイトワゴン」をコンセプトに、さまざまな要素を凝縮した小型乗用車となった。

モデル概要、その魅力は?

コンパクトサイズの5人乗りハイトワゴンで、初代(2005年~2010年)は1.3L DOHCエンジンを搭載。2010年のフルモデルチェンジでは、燃費が向上した1.2Lエンジンや両側スライドドア、多彩なシートアレンジを可能とする装備などを組み合わせ、経済性と乗りやすさをバランスよくまとめている。

ソリオ口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印