クルマ グーネット

車の売却(買取)契約後に減額されるケースってあるの?

車の売却・査定時に知っておきたいお金のこと

車の売却(買取)契約後に減額されるケースってあるの?

査定後に金額も決まり、契約書にハンコを押して入金を待っていたはずなのに、買取店からきた連絡はまさかの「減額」のお知らせ、なんて場合もあるのです。

契約を既に交わしているのに、「減額」はあり得るのでしょうか?
また「減額」を言われたら応じなければならないのでしょうか?

減額に関する連絡はいつくるの?

減額に関する連絡はいつくるの?車の買取契約を簡単に表記すると、以下のような流れとなります。

車の査定→契約→引き渡し→振り込み

この「引き渡し→振り込み」の過程の間で「引き取った車に問題があったので減額する」、もしくは「満額は支払えない」と業者から連絡がくるケースが存在します。

最初の査定時ではなく振り込み前に連絡が来る理由は、引き渡した後に行われる車の整備中に、不具合が見つかる事が多いからです。

買取店としては早く整備して商品にしたいのに、不具合があればそれを修復しなければなりません。
利益にも関わる事なのでそこから再査定され、結果的に減額のお知らせが来る事になります。

車の売却契約後に減額を言われるケースとは

では、どんな時に減額を言われてしまうのでしょうか?
最初に査定した査定士の単純なミスであるケースもありますが、一般的には「修理履歴車」である事を隠していたケースに当たります。

車は引き取られた後に整備に回されますが、そこで修理履歴が判明した場合や、新たな故障箇所が発見されると減額の対象となるのです。
大きな修理歴や故障があるとないとでは当然車の価値は下がります。

初めから申告しておけばそれを差し引いた査定額をあらかじめ提示できますが、契約が終わってからとなると、払う払わないでもめてトラブルに発展するケースや、買取店から契約をキャンセルされてしまう場合もあります。

このようなトラブルを避けるためには、修理歴などは隠さずに正直に申告しておく事をおすすめします。

売却契約後に減額の連絡がきたら応じないといけないのか?

では、売却契約後に減額の連絡がきたら、必ず応じなければいけないものなのでしょうか?

前述した通り、修理歴や故障を隠していた状態であれば減額に応じなければなりませんが、傷やへこみによる減額については、最初の査定時に車をチェックした査定士が発見できたものですので、売り主側が減額に応じる必要はないと言えます。

また、車を問わず売買契約に関する減額については、消費者契約法の第10条が適用され、売り手側に落ち度がない一方的な減額要求について、無効にする事ができます。

しかし、契約書に減額について明記されている場合は、減額に応じなければならない可能性が高いです。
契約書にどう記載されているかが重要となってくるので、トラブルにならないためにも、契約前に減額請求についてきちんと確認しておきましょう。

参考:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H12/H12HO061.html


以上のように、売り手側に落ち度がなくても減額を言われたり、解約やキャンセルで違約金を請求される場合もあります。
どうしても減額に納得いかないケースの場合は、国民生活センターなどに相談する事をおすすめします。

車の売却について気になることがあればお店に相談しましょう!
お店選びはこちらから>>>https://www.goo-net.com/kaitori/shop/result/

バナーボタン

関連記事

車を買取してもらう際に手数料は必要なの?

車を買取してもらう際に手数料は必要なの?

「新しい車の購入資金にしたい」「旅行に行く資金がほしい」な…

車の査定時に手数料は必要なのか

車の査定時に手数料は必要なのか

車を売却する場合、できるだけ高く売りたいと考えるのは当然の…

車の売却(買取)契約後にキャンセルした場合キャンセル料は発生するのか

車の売却(買取)契約後にキャンセルした場合キャ…

車を売却することを決めて買取店と買取契約を結んだとし…

車の売却・査定時に知っておきたいお金のことの記事一覧を見る >>

PROTO データを未来の知恵に