残価設定型ローン返済途中の車でも買取は可能です


残価設定型ローンで車を購入し、返済が完了していなくても買取業者に売却することも可能です。厳密に言うと買取代金でローンを一括返済する形になります。

ローンが残っている段階では売却ができません。ローンが残っている段階ではその車の所有者がディーラーもしくはローン会社になっているからです。

ローンを完済して自分名義に変更して、そのうえで売却する形です。手続きは買取店が行ってくれますし、完済後にさらに代金が残ればその分は皆さんの手元に入ります。

代金でローン完済できない場合でも大丈夫です

中には車の買取代金が残価設定型ローンの残債よりも少ないというケースもあるでしょう。その場合、完済ができません。

ローン組みなおしで対処する方法も

このようなときには、ローンを組みなおして売却する方法が考えられます。買取業者がローンの残債を一括返済します。

そして残債から買取代金を差し引いた残りの部分を今度は買取業者に対して返済する方式です。もし買取代金を差し引いてなお残ったローンについて、自分のポケットマネーで返済できる場合は買取業者に支払えば、ローンを再度組む必要もなくなります。

買取業者に査定をお願いすれば、買取金額の提示を受けられます。もし残債よりも少なければ、どの程度の金額が残るのか、返済可能かを検討して売却するかどうか決めればいいでしょう。

またこの買取業者のローンについては、組めるところと組めないところがあります。ローンを再度組んで月々返済したいと思っているのなら、ローンが組めるかどうか買取業者の担当者に前もって確認しておいた方がいいです。

残価設定ローンはデメリットがあります

残価設定ローンは3~5年後の下取り価格を車両本体価格から差し引いて、残りの部分を月々支払う方式です。このため通常の自動車ローンと比較すると返済額が少なくて済むというメリットがあります。

しかし残価設定型の場合、デメリットもいくつかあります。デメリットも理解したうえで、利用するかどうか決める必要があります。

残価が保証されない場合も

残価設定型ローンが、「一定の年数経過した時の下取り価格をあらかじめ決めます」という意味合いの商品です。しかし場合によっては、この残価の保証がされないこともあります。

たとえば事故歴や修復歴があるのはもちろんのこと、傷やへこみが結構大きくて車のコンディションが一定基準を満たさない場合です。また走行距離に関する制約があって、これを超えてしまった場合も追加で料金を請求されるかもしれません。

そのほかにはドレスアップやカスタマイズした場合に、残価がダウンする可能性もあります。返却時に元に戻せれば残価が保証されるかもしれません。

またこちらの落ち度がなくても残価保証されないケースもあります。買ったときには人気車種だったけれども満期になった時には不人気車になって、買取金額がダウンしてしまうなどです。

同じお店でないと受け付けてくれないことも

残価設定ローンでは、一定期間が経過したらその車は返却することが前提です。大手のディーラーになると、日本全国にお店を展開しています。

一部ディーラーの中には、車を購入したお店でないと返却できないシステムになっているところもあります。たとえば転勤が頻繁にある職種の場合、利用しにくくなります。

この辺の対応はディーラーによって異なります。中には同じディーラー系列であれば、別のお店でも返却は可能としているところもあります。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

残価設定ローンよりも買取を利用したほうがお得な場合もあります

残価設定型ローンの返済途中でも買取代金で一括完済してしまえば、車を売却することは可能です。たとえ買取代金で全額返済できない場合でも、再度、買取業者に対してローンを組みなおすことで売却可能です。

残価設定型ローンの場合いろいろな条件が付いてくる

残価設定型ローンの場合、残価が保証されるためには一定の条件が設けられている点に注意しましょう。走行距離の年間の制約があったり、車のコンディションを一定状態に保ったりなどの条件です。

また残価設定型ローンを組んだお店に、車は返却しなければならないとしているところもあります。転勤で日本各地を転々としている人は利用しにくいサービスといえます。

残価設定型ローンの場合、残価が下取り価格になると考えていいでしょう。このディーラーの下取り価格、買取業者の査定金額よりも下回ることが多々あります。

メーカーの残価設定ローンの残価と、そのお店の査定金額とで数十万円の差があったといったケースもあるようです。お得に車を売却したければ、残価設定ローンよりも買取サービスの利用を検討したほうがよいでしょう。

残価設定型ローンを解約するにはクレジット会社に連絡しましょう

残価設定型ローンを組んでいる車を買取に出すことは可能です。その場合の対処法として、ローンの残債を一括返済する方法がありますが、具体的にどのような手続きをすればいいかについてみていきます。

ローンを組んでいるクレジット会社に連絡すること

残価設定型ローンの一括返済をして、買取サービスを利用する場合、まずは、クレジット会社に電話にて連絡をしましょう。電話がつながったら、「残価設定型ローンを解約したい」という旨を伝えてください。

その後、「○○日までにお支払いいただく場合、金額は○○円になります」と、実際の精算金額を教えてくれるはずです。この金額を期日までに入金することで、ローンは解約されます。

営業スタッフには連絡しないほうがいい場合も

残価設定型ローンを申し込んだディーラーに連絡したほうがいいと思うかもしれません。しかし場合によっては、ディーラーには連絡を入れず、クレジット会社と直接コンタクトをとったほうがよいケースもあります。

担当のディーラーの営業スタッフに解約する旨伝えると、慰留される可能性があるからです。解約しない方向に説得してくるケースの場合は、手続きに時間のかかってしまう場合もあります。

クレジットを組んでいると、その間金利手数料がディーラーに入ってきて、それはお店の利益になります。つまり残価設定型ローンが解約されることで、ディーラーの利益が少なくなってしまう場合もあるのです。

ディーラーの対応については、店によっていろいろです。中には親身になってくれて、クレジット会社への連絡方法などを教えてくれる場合もあるかもしれませんが、このようなケースもあることについては念頭に置いておきましょう。

3年間は買取サービスの利用は我慢しましょう

残価設定型ローンを解約して、買取に出そうと思っている人もいるでしょう。残債よりも買取価格の方が高くなってお得になる可能性が高いからです。

5年の残価設定型ローンの場合、3年未満で売ると損する

ただしタイミングによっては、残価設定型ローンを解約して買取サービスを利用すると逆に損する恐れもあります。それは5年の残価設定型ローンで3年未満のうちに売却するケースです。

車の買取動向を見てみると、新車登録から3年までは車の価値の落ち幅が大きくなっていきます。もし3年より前に解約してしまうと、残債部分が大きくなってしまうからです。

もし買取価格が残債部分よりも少ない場合、車を手放しても返済していかないといけません。残価設定型ローンを組んだ車の場合は、3年以上乗り続けたほうがお得と言えるでしょう。

わからないことがあれば買取業者に聞いてみよう


以上のように残価設定型ローンであっても、売却を行うことは可能です。しかしローンを組んでいる車の売却については、関わる業者も多く、実際自分だけで行うとなると、やるべきことも多くなってしまうでしょう。

そのためもしわからないことがあれば、査定を依頼した買取業者に尋ねてみることも一つの方法です。どのような買取の方法になるのか、どういった手順で進むのかを細かく説明してくれる業者であれば、皆さまの車を安心してお渡しすることもできるでしょう。

また親身な買取業者であれば、作業の丁寧さはもちろん、買取金額についても満足の行く額が出てくる可能性も高いです。査定を依頼する場合は、お互いに喜ばしい結果が生まれる取引になるよう、細心の注意を払っている業者を利用するのがおすすめです。

まずはインターネットなどで複数店舗を比較査定し、どういった店舗でどのような査定金額になるのかをチェックするところから始めてみましょう。そしてもし信頼できそうな業者に出会えれば、そのタイミングで残価設定型ローンについても伺ってみてください。

きっと満足の行く答えが返ってくるはずです。

(まとめ)残価設定型ローンで購入した車の買取は可能ですか?

1.残価設定型ローン返済途中の車でも買取は可能です

残価設定型ローンの返済完了していない車を売却する際には、残債を代金で一括返済する形になります。そして車の名義を自分に変更したうえで、売買手続きに移行する流れになります。

2.代金でローン完済できない場合でも大丈夫です

車の買取代金が残価設定型ローンの残債よりも少なかった場合、差し引いた金額は自分で支払わないといけません。一括返済できるお金が手元にないようなら、再度ローンを組んで月々返済する方法を検討しましょう。

3.残価設定ローンはデメリットがあります

車の状態によっては残価が保証されずに追加料金を請求される、購入したお店でないと車を返却できないなど残価設定型ローンの場合いろいろな制約のある点には注意しましょう。

4.残価設定ローンよりも買取を利用したほうがお得な場合もあります

残価設定型ローンで残価が保証されるためには車の状態や走行距離など、いろいろな制約があります。追加料金を請求されるくらいなら、買取業者の査定を受けたほうがいい場合も考えられます。

5.残価設定型ローンを解約するにはクレジット会社に連絡しましょう

残価設定型ローンを解約して、車買取サービスを利用したければ、クレジット会社に連絡するのがおすすめです。またディーラーによっては、解約しない方向へ説得されるケースもあるため、注意はしておきましょう。

6.3年間は買取サービスの利用は我慢しましょう

残価設定型ローンを解約して、車の買取サービスを利用するのがお得なケースは多いです。しかし5年の残価設定型ローンを組んで3年未満で売却すると、逆に損してしまう恐れが高いです。

7.わからないことがあれば買取業者に聞いてみよう

残価設定型ローンが残っている場合の売却について、わからないことがある場合は、買取業者へ相談してみましょう。親身に回答してくれる業者であれば、安心して査定を任せることができます。

まずは複数店舗で比較査定をするところから始めてみてください。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる