クルマ グーネット

車買取でよくあるトラブルと対処法

車の売却・査定時の豆知識

車買取でよくあるトラブルと対処法

車買取では、契約の締結や、大きなお金が関わることもあり、どうしてもトラブルが発生してしまうことも少なくありません。
車買取時によくあるトラブルについて予め理解をしておくと、トラブル発生時のリスクを防げるはずです。

ここでは、買取時のよくあるトラブルの事例と対処法について見ていきましょう。

買取契約前によくあるトラブル

買取契約前によくあるトラブル車の買取時のトラブルは、買取契約の前と後、どちらにも起こりえます。
買取契約前に起こるトラブルの一つが、見積もり費用に関することです。

買取業者の中には、見積もりだけなら無料で行う買取業者もありますが、全ての買取業者が無料とは言い切れません。
査定を依頼する際の確認不足で、実際に査定を頼んでみたところ、見積料金が必要になってしまったケースや、出張査定に来てもらった際に出張費用を請求されるという事例も聞かれます。
なお、グーネット買取で依頼した査定依頼は全て無料です。

また、双方が買取契約を急いでしまったため、トラブルになった事例も多いです。
買取業者としても売却側の利益を考えて「今売却しないと価格が下がるかもしれません」と提案をしますし、売却側としても、より高値で、スムーズに売却をしたいという考えもあるため、お互いに契約を早まるケースもあります。

この様に、双方が売買契約を急いでしまうため、契約時における意思疎通に支障が出てしまい、トラブルに発展してしまうケースもあります。

買取契約後によくあるトラブル

一方、買取契約後に起こるトラブルとしては、車を引き渡した後にキズや故障が見つかり、買取金額を減額されるという事例です。

これは引き渡し後の再査定でキズなどが見つかったため、減額を要求されるケースですが、本来なら最初の査定でプロの査定士が車を見るため、その時点でキズなどが見つかっていない場合は、査定士の見落としということで売り主側が応じる義務はありません。

しかし、契約書に減額について明記されている場合は、売り主側も減額要求されることを納得した上で契約を結んだことになるため、減額に応じなければならない場合が多いので、注意が必要です。

また、買取契約を結んで車を引き渡したにも関わらず、手続きのミスや確認ミスなどにより、入金予定日が過ぎても代金が入金されないというトラブルもあります。

入金前に買取業者が倒産してしまった可能性などがありえるため、車の引き渡し何日後までに代金が入金されるのか、契約を結ぶ前に双方でよく確認しておくことが重要です。

車買取でトラブルを回避するためには

スムーズに車を売却するために、買取業者とのトラブルはできる限り避けたいものです。
トラブルを回避するためにも、どんな些細な疑問でも買取業者に念を押して確認し、必要であれば契約書に一筆書いてもらうと良いかもしれません。

例えば、査定や見積もりに来てもらう際には、出張査定など、どのような条件でも無料で見積もりを出してもらえるのか予め聞いておきましょう。

また、査定額が提示され、実際の売買契約の場面に移行する際、車を売ろうかどうか迷ってしまう時もあると思いますが、この様な場合は、買取業者に対して、きっぱりとした態度で意思を伝えるのも重要になってきます。

契約書にサインしてしまうと、後で車を売りたくなくなったとしてもキャンセルできず、無理に解約しようとすると、違約金などを請求される可能性もあります。


どんなに気を付けていても、トラブルを100%回避することは難しいでしょう。
もしもトラブルに遭ってしまった時は、双方で納得のいく契約になるよう、まずは買取業者とよく話し合うことをおすすめします。

万が一、それでも双方の主張が平行線をたどり、問題解決が難しいようであれば、国民生活センターや弁護士などに相談して、アドバイスしてもらいましょう。

車の売却について気になることがあればお店に相談しましょう!
お店選びはこちらから>>>https://www.goo-net.com/kaitori/shop/result/

バナーボタン

関連記事

車を買取査定に出した場合のメリット・デメリットについて

車を買取査定に出した場合のメリット・デメリット…

新しい車に買い替える場合や、環境の変化などが理由でこ…

車の売却・査定時の豆知識 >>

PROTO 情報を未来の知恵に