車の高額査定のために清掃は必要です


車の査定を受ける前に掃除をしておくことは高値にするために有効なことです。査定を行う人は人間だからです。

車の査定を行うにあたって、きれいな方が気持ちよく作業できるでしょう。また汚れたままになっていると、車が雑に扱われてきたのではないかという懸念も抱かれかねません。

またあまりに汚れがひどい場合には、それをきれいにするためにそれなりの人件費が発生するかもしれません。その分が買取金額から差し引かれてしまうので、損することもあり得ます。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

外装と内装の両方の清掃が必要です

掃除をする場合、どこを対象に作業すればいいかという疑問を抱く人もいるでしょう。結論から言ってしまうと、外装と内装の両方とも全体的にきれいにしておくことです。

外装については洗車にかけて、ワックスがけを行うといいでしょう。見た目がピカピカな方が査定士の印象もよくなるからです。

査定で意外と重要な内装

内装は見落としがちですが、内装の状態は査定に響きやすいといわれていますから注意したほうがいいです。内装の状態でこれまでその車がどのように扱われてきたか、推測もできるからです。

外装に関しては定期的に洗車を行っている人もいるでしょう。しかし内装をこまめに清掃している人はあまりいないはずです。

このため気が付かないうちに汚れが進んでいる可能性も高いです。査定に出す際には、内装は念入りに清掃しておくのがおすすめです。

車内の清掃では臭い対策が重要です

車内の清掃をする場合、意外と重要なポイントになるのが消臭対策です。自分では気が付かないかもしれませんが、それぞれの車に独特の臭いがあります。

とくに愛煙家やペットのいる方の場合、強い臭気がこびりつきやすいです。すると次に購入する人が嫌がるため、査定がマイナスになりかねません。

もし心当たりのある人は、消臭対策を進めましょう。しつこいヤニや獣臭も取り除く方法はあります。

重曹を活用しよう

台所の掃除をする際に重曹を使っている家庭も多いでしょう。重曹はスーパーやドラッグストアなどで購入できます。

水100mlに対して小さじ1杯の重曹を混ぜ、スプレーにして吹きかけます。そして固く絞った雑巾で水拭きをすれば、かなり臭いの度合いも軽減されるでしょう。

中性洗剤を使って拭き掃除をする

もし重曹だけでは臭いがしっかり消えない場合、中性洗剤を使った拭き掃除にチャレンジしましょう。バケツの水に中性洗剤を入れて、それに雑巾を浸して絞って、後はいつも通りの拭き掃除をするだけです。

タバコのヤニや食べこぼしの汚れなどをしっかり落とせます。においだけでなく汚れ対策も一挙にできてしまえるのがメリットです。

中性洗剤と重曹のダブルで清掃すれば、臭いもかなりなくなって、車内の汚れも十分に取り除けます。中性洗剤で拭き掃除が完了したら、水で絞った雑巾を使って洗剤をきれいに洗い落としましょう。

タバコやペットの臭いが心配のない方も天日干しを

タバコを車内で吸わない、ペットもいないのであれば、車内の臭いがきつくなることは少ないでしょう。それでも多少臭いがあるはずです。

その臭いが心配であれば、窓もしくはドアを全開にして車内換気を行います。そうすれば車内にこもっている臭いも外に出ていき、臭いも軽減されるからです。

できる範囲で掃除を進めていきましょう


車があまりに汚れている場合、マイナス査定にされてしまう恐れがあります。もし少しでも愛車を高く買い取ってほしいと思っているのであれば、清掃をしておくといいでしょう。

汚れがひどいとマイナス査定になるかも

外装はもちろんのこと、内装も結構汚れているものです。外装は洗車をしてワックスがけを行って、ピカピカの状態にしておくといいです。

内装の場合、車内クリーナーなどを使ってほこりなどのごみを取り除いておきましょう。結構フロアマットなど土足で汚れていることが多いので注意しましょう。

そして車内清掃する際に注意したいのが、臭いです。とくにタバコを吸う機会がある、ペットと一緒にドライブする場合には、臭いがこびりついている可能性が高いので消臭対策するのがおすすめです。

車の査定金額をあげるためのほかにも、これまで長年乗り続けていて愛着もあるはずです。最後のお別れの時にはきれいな状態で手放しましょう。

(まとめ)車査定の前に清掃するのは有効?

1.車の高額査定のために清掃は必要です

気持ちよく査定士に作業してもらうためには、車の清掃はやはり必要と思ったほうがいいです。ひどく汚れていると、それをきれいにするためのコストが買取金額から差し引かれる恐れもあります。

2.外装と内装の両方の清掃が必要です

査定前に車の清掃は必要ですが、これは外装だけでなく内装も含まれます。洗車はしても内装の掃除をこまめに行っていない人も多いでしょうから、査定前にていねいに清掃してみるといいでしょう。

3.車内の清掃では臭い対策が重要です

車内の臭いは自分では気が付かなくても、ほかの人は気になることも多々あります。とくにタバコを吸う、ペットと同乗する機会の多かった人は臭いがきつくなっているので消臭対策を進めるべきです。

4.できる範囲で掃除を進めていきましょう

車がひどく汚れていると、どうしてもマイナス査定になりがちですから車内清掃をしたうえで査定に臨むことです。この時車内の臭いは結構マイナス査定の材料になりやすいので消臭対策を進めましょう。

愛車の簡単査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。