ローンが残ってる車でも下取りに出すことは可能です


ローンが支払い途中の車であっても、一般的に下取りは可能だとされています。ただそれには必要な手続きを行わなければなりません。

まず残ったローンの完済です。ローンは、査定してもらって出た下取り金で支払うことも可能です。それでも不足する場合は、新しく借り入れを行うか、新車購入時に組むローンに残りの返済分を上乗せすることができます。

また車の名義人がローン会社やディーラーになっている場合は、所有権解除と名義人変更の手続きを行わなければなりません。車検証など必要な書類を準備し、自分でもできますが販売店などに手数料を支払えば代行してくれます。

車は下取りに出すよりも金額面では買取して貰うほうが有利なので、買取に出すことも検討してみましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車を買い替えると自動車税はどうなるの?

ローンを完済し、名義人を本人に変更すればローンが残っていても下取りはできます

下取りには名義人変更が必要

下取りは、新しく車を購入する際に今まで乗っていた車をディーラーに売却することです。一方買取は、新しく車を購入するしないに関わらず、車を買い取って貰うことなので全く意味が違います。

今乗っている車を新車で購入した時にローンを組んでおり、まだローンの支払いが残っていると下取りに出せないと思われがちです。しかし実際には下取りに出すことができます。

ただし下取りに出すには名義人を自分にする必要があります。ローンを組んでいる場合、完済するまでは担保としてローン会社などが名義人となっているケースがあります。

完済すると名義人が本人へと変更されるので、下取りに出すことが可能になります。

名義人変更にはローン完済が必要

また名義人を変更するには残っているローンの完済が条件とされている場合がほとんどです。ローンを完済しないまま名義人変更を行うと、そのまま支払いが滞る可能性もあるからです。

ローンを完済する方法としては、残金が少額ならば、現金で完済するという選択肢もあります。しかし経済的な余裕がなければそれもままならないのが現実です。

さらに下取りの査定をディーラーで算出して貰い、下取り金でローンの残りの金額を支払い完済するという方法もあります。ただ下取り金額がローンの残り金額よりも少ないと、下取りをしてもローンが残ってしまいます。

この残ったローンを完済するために新たなローンを組むなどの方法もあります。

ローンの完済方法は、新たなローンに上乗せするなど色々な方法があります

新たに借り入れを行う

今まで月々もしくはボーナス払いなどで支払っていた車のローンを、いきなり現金ですべて返済するのは経済的に難しいケースも多いでしょう。現金でなくても完済の方法は他にもあります。

ディーラーに査定を依頼し、下取り金額を算出してもらい下取り金をローンの返済にあてます。しかし下取りの査定額が低いとローンを返済しきれず、ローンが残ってしまう場合もあります。

不足分のローンに関しては現金で払えそうなら補填して、払えないなら銀行など他の金融機関から新たに借り入れをして完済する方法があります。ただ他の金融機関からの借り入れだと、金利がどうしても高めになるため、後の返済が苦しくなる場合があります。

また新車購入でローンを抱えることになるので、審査が厳しくなる場合もあると言われています。

新車購入時のローンに上乗せする

新車に乗り換えるのなら、新しく組むローンに上乗せしてもらうのがムリなく返済できる方法だとも言えます。ローンの上乗せも、車を購入するディーラーで手続きして貰えるので、効率的です。

ただローンを上乗せしたことで、月々の支払の負担が大きくならないかを今一度確認しておきましょう。ローンの支払いは独身なら月収の3、4割位、既婚者なら月収の2割位がムリなく支払える割合だと言われているので慎重に計画を立てましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車の名義人が本人でないと、下取りはできません

名義人がローン会社などになっている場合が多い

ローンを組んでいると、車の名義人はローン会社やディーラーなどにある場合がほとんどです。名義人とは、車の所有権を有する人や法人のことです。

名義人は、車の売却や譲渡を行う権利を有しています。実際に車を使っている人は使用者といいます。

車検証の所有者、使用者欄を確認すれば名義がどうなっているかわかります。車を下取りに出すのは、所有者である名義人にしかできません。

名義人が自分ではないの場合、勝手に下取りに出すと横領罪に問われることがあります。ただディーラーに下取りに出したとしても、名義人を確認するため、名義人を自分にしなければ下取りを受け付けてもらえないでしょう。

名義人変更をしないと下取りできない

名義人が自分でない場合、名義人を変更するために所有権解除の手続きを行う必要があります。現在の名義人に依頼して準備してもらう書類もあるので、名義人を調べて早めに連絡する必要があります。

名義人が自分ではないのに勝手に下取りに出してしまうと、罪に問われることもあります。第一、ディーラーの方で名義人を確認するので、名義人が違っていればそもそも下取りに出すのは不可能だとも言えます。

また銀行のマイカーローンの場合名義人は本人になっていますが、ローンの支払い期間中は下取りを含めた売却ができないという決まりになっていることもあるので、きちんと確認しておきましょう。

所有権解除、名義人変更手続きには車検証などの書類が必要です

名義人変更に必要な書類

所有権を解除して、名義人の変更をして下取りを可能にする手続きは自分でも行えます。そのためには、現在の名義人を車検証で確認し、印鑑登録証明書や譲渡証明書、委任状などの必要書類を準備して貰うよう依頼しなければなりません。

また自身では印鑑証明書や車検証や自動車税の納税証明書、リサイクル券の準備が必要です。車のダッシュボードなどの内に入っているファイルに車検証などと一緒にリサイクル券も入っているはずなので、確認しましょう。

また納税証明書は毎年支払う自動車税の納付後に受け取れるものです。探しておきましょう。

ディーラーなどに手続きを依頼することも可能

必要書類を準備できたら、車のナンバープレートが登録されている地域を管轄する陸運局に出向き、手続きします。印紙代として500円ほどかかるので現金も忘れないように持参しましょう。

ただ手続きが面倒である、時間がないという場合は、ディーラーが代行してくれることもあります。場合によっては手数料を請求されることもありますが、新車購入に付随するサービスの一環として無料でやってもらえる場合もあります。

手続きを自分以外の人に依頼するなら、自身の委任状なども必要となってきます。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車を買い替えると自動車税はどうなるの?

下取りよりも買取の方が査定額ではお得になる場合が多いとされています

下取りのメリットとデメリット

今乗っている車を手放し、新しい車に乗り換える際の方法としては、下取り以外に中古車専門業者に買取して貰う選択肢があります。下取りは、車の引取りから新車の購入までを効率よくディーラーで手続きして貰える、納車日まで旧車が使えるなどのメリットがあります。

またどのような車種であってもほぼ引き取って貰えます。一方でディーラーは中古車市場には詳しくないので相場での買取が難しい、純正パーツでないと下取り価格が下がるなどのデメリットも否めません。

買取のメリットとデメリット

一方で買取の場合は中古車市場の刻々と変わりゆく売買価格にもいち早く反応し、その時人気の買い手が付きやすい車種は高値がつきやすいといったメリットがあります。さらに人気ブランドの純正以外のナビやオーディオなどがついていると査定額が上がる、査定項目が細かいので下取りよりも査定額が上がりやすいといった傾向にあります。

一方で時期によっては査定額が低くなる、査定依頼から買取までにやや時間や手間がかかるという面もあります。なにを重要視するかによって、買取と下取りどちらを選ぶべきかは違ってきます。

価格より効率性を選ぶならディーラーにすべて手続きを任せられる下取りの方が楽です。一方で少しでも高く売却して残ったローンの返済に回したいなら、買取を選んだほうがお得だと言えます。

新車を購入するからといって下取りに出す義務もないので、自分でよいと思える方を選びましょう。

(まとめ)ローンが残ってる車は下取りに出せるの?

1.ローンが残ってる車でも下取りに出すことは可能です

ローンが未完済の車であっても、ローンを完済して名義を本人にする手続きを取ることで車を下取りにだして、乗り換えることは可能です。また下取りよりも買取業者に買取してもらうほうが査定額が高くなる可能性もあるのでよく考えてみましょう。

2.ローンを完済し、名義人を本人に変更すればローンが残っていても下取りはできます

車のローンが残っていても、必要な手続きを行えば基本的に下取りをすることはできます。まず下取り額を算出して貰い、そのお金を使うか、または新たにローンを組み込んでローンを完済し、名義人が別の人ならば本人に変更する手続きが必要となってきます。

3.ローンの完済方法は、新たなローンに上乗せするなど色々な方法があります

ローン返済中の車を下取りに出すには、ローン完済が必要です。下取り金で完済できない場合でも、新たに購入する車のローンに上乗せするなどの方法で問題をクリアすることができます。

ただしローンの支払いはムリのないように計画を立てましょう。

4.車の名義人が本人でないと、下取りはできません

車購入時にローンを組んでいると、名義人はローン完済までローン会社やディーラーになっている場合があります。下取りに出すには、まず所有権解除、名義人変更の手続きを行わなければなりません。

5.所有権解除、名義人変更手続きには車検証などの書類が必要です

所有権を解除するには、車検証・自動車税納税証明書・印鑑登録証明書・委任状などの書類が必要となります。必要な書類が揃えば自分でも手続きできます。

ただ自分で陸運局に出向くのが難しい場合などは、手数料がかかりますが業者に依頼することも可能です。

6.下取りよりも買取の方が査定額ではお得になる場合が多いとされています

下取りは、納車まで車が使える、ディーラーがすべて手続きを行ってくれるので効率よく車が手放せるなどのメリットがあります。一方で買取は中古車市場の相場に合わせて買取して貰えるので、タイミングが合えば査定額が高くなる可能性があります。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる
グー買取ラボ編集部
グー買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。