廃車専門店なら引き取りも無料で可能です

廃車専門店なら引き取りも無料で可能です
古い車を処分する場合、ディーラーの下取りを利用したり、中古車買取店を利用したりする方法があります。この他にもう一つ、覚えておくと便利なのが廃車買取店です。

廃車買取店では一般的な買取店では値段のつかないような車でも、無料で引き取りをしてくれます。また、多少の買取価格が上乗せされることもあるため、価値のない車を持っている時は利用すると良いでしょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

廃車専門店は価値のない車の処分に最適です

手持ちの車が価値がないと判断された場合、無料で引き取ってくれるのが廃車専門の買取店です。車を手放す場合、もちろんディーラーの下取りや中古車買取店の査定などで、少しでも値段がつけば良いのですが、残念ながらそうとは限らない場合があります。

例えば、事故車として修復歴があり、大幅に価値が下がってしまった車や、走行距離が10万kmを超え、買い手がつかなくなってしまった車などは、中古車買取店でも持て余すことがあるでしょう。このような価値のない車でも、廃車専門店なら問題なく引き取ってくれます。

廃車専門店は価値のない車からでも利益を得ます

中古車買取店で断られるような車にも関わらず、廃車専門店では無料で引き取ってくれるのには理由があります。もちろん、商売である以上、利益がなければわざわざ車は引き取りません。

廃車専門店は、様々な方法で車から利益を引き出しているのです。もし、大きく利益が出そうな車の場合は、引き取り時に逆にお金をもらえることもあります。

中には、廃車にもかかわらず10万円以上の値段がついたという例もあるほどです。

鉄くずとしての価値

廃車によって得られる利益の1つとして、鉄くずがあります。車は様々な金属でできているため、再利用可能な金属もたくさん含有しています。

そのため、そのような金属をスクラップにすると同時により分け、リサイクルすることで廃車専門店は利益を得るのです。

部品取りとしての価値

もう1つの利益は部品取りです。まだ新しかったにも関わらず、事故を起こして修復歴有りとなってしまった車や、潰れて修理費を考えた結果廃車にすることになった車など、廃車にする車であっても、まだ十分に使える部品を持っていることがあります。

例えば、車載のカーナビなどは部品としての価値も高いでしょう。他にも、車全体ではなくそれぞれのパーツごとで見ていけば、廃車にする車といえどもまだまだ価値があることがあります。

このため、車として価値がつかない車は解体と同時に部品を取り出し、利益を上げるのが廃車専門店です。

自分で廃車にすると手間がかかります

自分で廃車にすると手間がかかります
廃車手続きそのものは、廃車専門店に行かなくても自分で行うことができます。しかし、自分で廃車にする場合、問題となるのが費用と手続きの面倒さです。

廃車にする場合、まず廃車にしたい車をスクラップ場などに持ち込み、解体しなければいけません。ナンバープレートを取って一時的に保管しておくなどではなく、永久抹消登録として完全に廃車にする場合、その車そのものが存在していないという証拠が必要です。

そこで車をスクラップ場に持ち込み鉄くずにした上で、ナンバープレートと共に運輸支局に赴く必要があります。

解体やレッカーに費用がかかります

ここで問題となるのが、車の移動です。自走できる状態であれば良いのですが、廃車にする車となると正常な状態で走ることができなかったり、事故車で潰れていたり、車検が切れていたりすることもしばしばでしょう。

そうなると公道を走ることができないため、レッカー移動が必要になります。しかし、スクラップ場までレッカー車を利用するとなると、5千円から1万5千円ほどの費用がかかってしまいます。

また、スクラップ場に持ち込み解体する時も、やはり最低1~2万円ほどの費用がかかります。解体まで済んでしまえば、運輸支局で手続きする際の費用自体は100円程度です。

しかし、車が無いために交通費などがかかることもあるため、それもまた負担のひとつとなります。こうして様々なところで費用がかかり、全て合わせると廃車にするだけで何万円も飛んで行くということになってしまいます。

廃車専門店なら費用も手間もかかりません

廃車専門店は、こうした複雑な手続きも全て無料で代行してくれます。そのため、費用がかからないだけでなく、レッカー車はどこの会社に依頼するのが最も安く済むのか、廃車にするために必要な書類にはどんなものがあるのかなど、いちいち自分で調べる必要もないのです。

書類が必要な場合は、廃車専門店に言われた書類のみを用意して渡せば済みます。自分で廃車にするあらゆるデメリットを打ち消してくれるため、どうしても廃車にする場合は廃車専門店を利用するのが便利です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

廃車寸前の車でも買取可能な場合があります

車を無料で引き取りしてもらうのなら、廃車専門店が便利です。しかし、あくまでそれは車の価値がない場合に限ります。

事故を起こして潰れてしまった車など、人によっては「こんな車ではもう売れないだろうから、廃車にするしかないだろう」と勝手に自己判断してしまう場合もあるでしょう。しかし、それは少し早合点かもしれません。

車の状態にもよりますが、中古車買取店によっては古い車を買取修理して海外に輸出することで利益を得ている会社もあります。また、事故を起こしてもフレーム部分に損傷がなければ事故車扱いとはならないため、価値が付く場合もあります。

そのため、廃車専門店は必ず中古車買取店に相談した後に連絡してみるといいでしょう。

まずは中古車買取店で相見積もりしましょう

走行距離が長い車や事故車などは、確かに査定は低くなりがちです。しかし、買い取ってくれる店も存在します。

車を手放す場合はまず、いくつかの中古車買取店に連絡してみましょう。問い合わせて買い取ってくれる店が見つかれば儲けものです。

また、買い取ってくれる店が複数見つかれば、その店に相見積もりで価格を競わせ、車の値段をつり上げることもできます。人によっては事故車で売れないと思っていた車が、30万円で売れたというような例もあるため、諦めずに連絡してみましょう。

もし、あらゆる店に連絡して、それでもどうしても価値がつかなかった場合にだけ、廃車専門店に連絡するのが正しい方法です。

ディーラーの下取りは手数料がかかることがあります

中古車買取店が買い取ってくれるのなら、ディーラーの下取りを利用してはどうかと考える人もいることでしょう。しかし、廃車寸前の車を、ディーラーの下取りを利用して手放すのはおすすめできません。

ディーラーは中古車を専門に扱っているわけではないため、ディーラーが下取りしてくれるのはあくまで一般的に売れる車に限ります。廃車を検討するような車を下取りに出しても、下取り額がつかないばかりか、逆に処分のための手数料を取られる可能性もあるでしょう。

これは、ある意味で手数料を支払えば処分してくれるということでもあります。しかし、廃車専門店であれば無料で処分できる以上、わざわざディーラーを通す必要はありません。

そのため、よっぽど急いでいて店を選んでいる余地がない場合などの特殊な場合のみ、ディーラーで下取りしてもらうのがいいでしょう。

廃車にすると自動車税などが還付されます

廃車にすると自動車税などが還付されます
廃車にすると、毎年5月頃に請求が来ていた自動車税や、車検の際にまとめて支払った自賠責保険料などのうちの一部が還付されます。これは自分で廃車にする場合も、廃車専門店に依頼する場合も同じです。

手続きが必要なものもあるため、自分で廃車にする場合は注意した方が良いでしょう。

自動車税

自動車税は毎年4月1日に、その車を所有している人物へと請求される税金です。所有していることそのものにかかる税金で、毎年4月1日に翌年3月までの1年分を支払うことになります。

そのため、ちょうど3月に廃車にしたのでない限り、自動車税は還付されることとなるでしょう。自動車税や自動車重量税の還付は月割り計算となり、例えば10月に廃車にしたのであれば、その翌月の11月から3月までの5ヶ月間の自動車税が戻ってきます。

この時、注意しなくてはならないのは、あくまで廃車の翌月からの計算となることです。廃車の手続きが10月1日になってしまったとしても、戻ってくる税金は11月からになります。

そのため、廃車にする時期には注意し、月をまたがないようにした方が還付金を多く受け取るでしょう。ちなみに、軽自動車の場合は自動車税が無く、軽自動車税となっており、還付金のシステムがないため還付金は受け取れません。

自動車重量税

自動車重量税は自動車の重さにかかる税金で、重くなればなるほど税金も高くなります。この自動車重量税は車検時に支払うものです。

車検は通常2年に1回であるため、自動車重量税も2年にまとめて支払うこととなっています。そのため、車検切れの状態で廃車にしない限りは、自動車重量税も多く支払った分が自動車税同様還付されるのです。

自賠責保険料

自賠責保険はご存知の通り、車を持っている限り誰もが必ず加入しているはずの保険です。車検時にまとめて自賠責保険料を払うのが一般的であるため、車検の残り期間=自賠責保険の残り期間と考えても良いでしょう。

この自賠責保険は人ではなく、あくまで車にかかるため、廃車にするとこの自賠責保険も戻ってきます。こちらも1ヶ月未満の残り期間は切り捨てとなるため、還付金を多く受け取りたい場合はできるだけ早く廃車手続きをするのが有効です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

(まとめ)いらない車は無料で引き取りしてもらえる?

1.廃車専門店なら引き取りも無料で可能です

どう見ても値段のつかないような車は、廃車専門店を利用すると無料で引き取りしてもらえます。また、車の状態によっては買取価格がつく可能性もあります。

下取りや中古車買取店が使えない時は利用してみましょう。

2.廃車専門店は価値のない車の処分に最適です

廃車専門店は、一見価値のない車からでも利益を得られるため、無料で車の引き取りをしてくれます。例えば解体の時に鉄くずを集めたり、部品取りをしたりして利益を上げているのが特徴です。

3.自分で廃車にすると手間がかかります

自分で廃車にすると、レッカー車の依頼や解体費用など、廃車にするだけなのに思わぬ費用がかかります。しかし、廃車専門店に依頼すればそのような手間も費用もかかりません。

そのため、自分で廃車にするくらいなら専門店に依頼するのがお得です。

4.廃車寸前の車でも買取可能な場合があります

最初から廃車専門店に依頼すると、損をすることがあります。中には専門家の視点から見れば、まだまだ中古車として使える車もあるのです。

そのような時は中古車買取店に査定に出した方が、高く買い取ってもらうことが出来ます。

5.廃車にすると自動車税などが還付されます

廃車でたとえ無料で引き取ってもらったとしても、あとから税や保険料の残りが還付されることがあります。自動車税や自動車重量税、自賠責保険料などは還付対象であるため、残り期間がある場合は戻ってくるでしょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる