車のリサイクル預託金とは廃車時に必要となる処分料のことです

車のリサイクル預託金とは廃車時に必要となる処分料のことです
車のリサイクル預託金は、廃車時に必要となる処分料のことです。リサイクル預託金を新車購入時に支払った場合、ディーラーからリサイクル券が発行されます。

車を売却した場合、リサイクル預託金は手元に戻ってきます。車を売却する際に、リサイクル券をなくしていたとしても問題はありません。

車を廃車にする場合は、引き取り業者に依頼をすることになります。車はほとんどのパーツがリサイクル可能であり、リサイクル預託金はリサイクルに欠かせないものです。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

車のリサイクル預託金は廃車時に使用されます

車のリサイクル預託金は、廃車にする際に使用されます。車の所有者にとって関係のある話ですので、リサイクル預託金について知識を深めておくことが大切です。

こちらでは、2つの項目に分けてリサイクル預託金に関する情報をお伝えします。

リサイクル預託金とは?

車を廃車して処分するためには、処分料がかかります。リサイクル預託金とは、その処分料を指す言葉であり、リサイクル法(自動車リサイクル法)とともに登場しました。

この法律が登場する以前は、自動車を解体・処分する際にかかる費用を事業者が負担していました。しかし、事業者の負担が増加したことで、車の不法投棄が増えていき問題となったので、リサイクル法が施行される運びとなったのです。

この法律が登場して以降、処分料金を車の購入者が支払うことになりました。リサイクル料金は、原則として新車を購入する際に支払われることになります。

金額は車種によって異なるため、誰もが同じ金額を支払うわけではありません。金額は各メーカーのホームページに掲載されています。

基本的にはどのような車でも、リサイクル預託金を支払うことになっています。しかし、二輪車や大型特殊自動車など、一部の車両は支払わなくても良いことになっています。

リサイクル券とは?

リサイクル券とは?
リサイクル預託金を新車の購入時に支払った場合、ディーラーなどからリサイクル券と呼ばれる券が発行されます。この券は、リサイクル預託金を支払ったことを証明してくれるものです。

A~Dまでの券があり、それぞれの概要は以下の通りです。

A券

A券は、預託したことを証明する券で、預託した金額を確認する際に利用されます。

B券

B券は、使用済みとなった車を、業者が引き取ったことを証明する券です。車を引き取った業者が、その車の最終所有者に渡します。

C券

C券は、資金管理料金を受領した事実を証明する券です。費用処理をする際の証憑として活用されます。

D券

D券は、事業者が自動車のユーザーに対してリサイクル預託金の金額を伝える際に使われる券です。

どのリサイクル券も重要であることに変わりはありません。忘れずに保管しておきましょう。

リサイクル預託金は売却時に戻ってきます

リサイクル預託金は、車を処分する際は戻ってきません。しかし、車を売却する際は払い戻しがあります。

こちらでは、車を売却した際にリサイクル料金がなぜ戻ってくるのかをまずは説明し、次にリサイクル券をなくしてしまった場合の対処方法についてお伝えします。

車を売却する場合はリサイクル預託金が手元に戻ってくる

車を廃車にする場合、リサイクル預託金は戻ってきません。しかし、車を売却する場合は別です。

中古車の買取業者に車を売却した場合、買取価格にプラスしてリサイクル料金相当額を受け取ることになります。そして、リサイクル券を業者に譲渡します。

リサイクル預託金は、廃車時の処理に使用されるものです。車を売却した場合は、廃車にしているわけではないため、リサイクル預託金は使用されません。

リサイクル預託金は、対象となる車の最終使用者が負担することになっています。最終使用者とは、車の廃車時にその車を所有している人物のことです。

買取業者に依頼した場合、査定額にリサイクル預託金が含まれているか確認しましょう。業者によっては査定額に含めるのではなく、別々に支払う場合もあります。

万が一リサイクル券をなくしていた場合はどうすべき?

売却をする際、リサイクル券がなかったとしても問題はありません。業者にリサイクル預託金を支払った事実を証明したいのであれば、簡単に用意することが可能です。

まずは自動車リサイクルシステムのサイトにアクセスして、リサイクル料金検索をクリックします。そして、必要情報を入力後、印刷を行えばなくしてしまったリサイクル券の代わりとして機能します。

登録番号や車両区分などの情報が必要となりますので、入力の際は車検証を用意してください。車検証に必要な情報が記載されています。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車を廃車にする場合は引き取り業者に依頼します

車を廃車(使用済自動車)にする場合は、引き取り業者に依頼して処分することになります。こちらでは、使用済自動車の概要と、廃車する場合の手順について大まかに解説します。

車を売却ではなく、廃車にしたいとお考えでしたら、こちらの項目をぜひご一読ください。

使用済自動車とは?

使用済自動車とは、車の役割を終えた車のことです。このような車は、中古車として販売されることはなく、業者の手に渡った後は解体されます。

解体後は、パーツとして再利用されたり、資源として活用されたりします。所有している車が使用済自動車であるのか、中古車として扱うのかは、その車のユーザーが判断します。

取引を行う際に、廃車にしたい意志を示せばその車は使用済自動車として扱われるのです。

廃車として処分する場合の流れ

使用済自動車を処分する場合は、以下のような流れで処分することになります。流れを把握しておくことで、実際に廃車として処分する際に戸惑わずに済みます。

1.引き取り業者に車を渡す

引き取り業者に、使用済自動車を渡します。その際、リサイクル券も忘れずに提出しましょう。

業者は誰でも良いわけではありません。自治体に登録している業者にのみ、使用済自動車を引き渡すことができます。

2.引取証明書を受け取る

使用済自動車を業者に引き取ってもらう際は、引取証明書を発行してもらいましょう。この証明書は、永久抹消登録を行う際に使用しますので忘れずに受け取ってください。

3.永久抹消登録を行う

車を引き取った業者が、後に解体報告記録日の連絡をしてくれます。この連絡を受けてから、永久抹消登録は行います。

手続きは運輸支局などで行えます。

4.自動車重量税が還付される

使用済自動車として処分をした車に、検査証(自動車検査証)の有効期限が残っている場合は、自動車重量税が還付されます。どのくらいの金額が還付されるのかは、有効期限がどの程度残っているかによって異なります。

車はほとんどのパーツがリサイクル可能です

車はほとんどのパーツがリサイクル可能です
車をリサイクルするために、リサイクル預託金は必要です。では、車はどのくらいのパーツがリサイクル可能なのでしょうか?

こちらでは、車のリサイクル比率について解説し、2つめの項目でリサイクル預託金がどれほど大切なものなのかについてお伝えします。

車は90%がリサイクルできる

車はどのくらいのパーツがリサイクル可能なのでしょうか?車はあらゆるパーツの集合体です。

実はそれらのパーツの90%は、リサイクルすることができます。リサイクル預託金は、主に別の材料に生まれ変えるものや、処理に時間がかかる部品の処理に使用されています。

以下では、車の各パーツがどのような処理をされるのかについて解説します。

シュレッダーダスト

シュレッダーダストとは、廃車した際に出るくずのことです。ウレタン繊維は、熱エネルギーとして活用され、ガラス類は塗装材などに再利用されます。

エアバッグ

金属部位は、資源として再利用します。その他の部分は、安全に処理されます。

フロンガス

フロンガスは、無害化して処理されます。

エンジンやボディ類

エンジンやボディ部分は、中古の部品として再利用されることが多いです。鉄やゴムなどは、原材料として活用されます。

これらをご覧くだされば分かるように、車はリサイクルできる部位が多い乗り物です。身近な製品の中にも、元は車の部品として利用されていたものもあるかもしれません。

リサイクル預託金は環境のために必要不可欠なもの

リサイクル預託金は、車検や税とは異なり、いまいち理解がしにくい出費かもしれません。しかし、リサイクル預託金は車をリサイクルするために必要不可欠なものです。

地球の環境破壊が問題視される現代において、再利用できるものは極力再利用することが大切です。リサイクル預託金を支払うことで、車のリサイクルを支援できます。

リサイクル預託金に対する理解が深まれば、なぜ支払うのかが分かるはずです。地球の環境を守るためには、一人一人の協力が重要といえます。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

(まとめ)車のリサイクル預託金とは?

1.車のリサイクル預託金とは廃車時に必要となる処分料のことです

車のリサイクル預託金は、廃車時に必要となります。車を売却する場合は、手元に戻ってきます。

車を廃車にする際は、引き取り業者に依頼をすることになります。車はほとんどのパーツがリサイクル可能であり、リサイクル預託金は再利用に欠かせないものです。

2.車のリサイクル預託金は廃車時に使用されます

車を廃車する場合、リサイクル預託金が使用されます。リサイクル料金は、原則として新車を購入する際に支払われます。

リサイクル預託金を新車購入時に支払った場合、ディーラーからリサイクル券が発行されます。

3.リサイクル預託金は売却時に戻ってきます

リサイクル預託金は、車を売却する際に払い戻しされます。リサイクル預託金は、対象となる車の最終使用者が負担することになっています。

車を売却する際に、リサイクル券をなくしていたとしても問題はありません。

4.車を廃車にする場合は引き取り業者に依頼します

車を廃車として処分する場合は、引き取り業者に依頼をすることになります。使用済自動車として処分したい場合は、その意志を取引の際に伝えれば良いです。

廃車として処分する際の流れを覚えておくと、実際に処分する際に戸惑わずに済みます。

5.車はほとんどのパーツがリサイクル可能です

車はほとんどのパーツが、リサイクル可能です。リサイクルするためには、リサイクル預託金が必要となります。

地球の環境を守るためには、リサイクルをすることが大切です。リサイクル預託金は、環境のために必要な出費といえます。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる