リサイクル券がなくても車売却時に払い戻しはされます

リサイクル券がなくても車売却時に払い戻しはされます
リサイクル券がなかったとしても車売却時に、払い戻しはされます。手元にリサイクル券がない場合は、リサイクル料金を支払った事実を証明できれば問題ありません。

リサイクル券がない場合は、「車買取店にチェックしてもらう」「再発行する」の2つの手段で払い戻しされます。買取業者に売る場合は、リサイクル料金が買取価格に含まれているか確認しましょう。

リサイクル券は、廃車時に必要となります。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

車を売却する時にリサイクル券がなくても払い戻しはされます

車を売却する場合、リサイクル券がないと払い戻しはされるのか気になっている方もいらっしゃるでしょう。結論から申し上げると、リサイクル券がなくても払い戻しはされます。

こちらではリサイクル券の概要を解説した後に、リサイクル券がなくても払い戻しがされる理由についてお伝えします。

そもそもリサイクル券とは何か?

リサイクル券(自動車リサイクル券)は、自動車リサイクル法と呼ばれる法律が制定されたと同時に導入されたものです。自動車リサイクル法とは、自動車のメーカーをはじめ、自動車のリサイクルに関係のある人々にそれぞれの役割を担ってもらい、使用した自動車のリサイクルと適正な処理を行うために制定されました。

この法律が登場したことで、車を所有している方はリサイクル料金を負担する必要があります。リサイクル券とは、リサイクル料を支払ったことを証明するための書類です。

リサイクル料は、新車を購入する際に支払っており、車種ごとに料金が異なります。また、中古車の場合も、車の購入代金にプラスして、リサイクル料を支払わなければなりません。

リサイクル券がなくても払い戻しはされる

リサイクル料金は、車を売却する際に払い戻しされます。車の買取業者に売却した場合、預託金相当額として査定額に含まれた状態で支払われることが多いです。

リサイクル料が払い戻しの際は、当然のことながらリサイクル券の有無を訊ねられることでしょう。探してみてあれば良いのですが、既になくしてしまっている場合は「払い戻しされないのでは?」と不安になる方もいるかもしれません。

しかし、リサイクル料を支払ってさえいれば、返金はされます。なぜならば、リサイクル券は、あくまで証明書に過ぎないからです。

あった方が良いのはいうまでもありませんが、なくても支払った事実を証明できれば問題はありません。

リサイクル券がない場合に取るべき手段は2つあります

リサイクル券がない場合に取るべき手段は2つあります
リサイクル券をなくしてしまった場合、取るべき選択肢は2つあります。探してみてなかった場合は、慌てずにこれらの方法で対処すれば問題ありません。

車買取店にチェックしてもらう

リサイクル料を支払った事実を、車買取店に確認してもらうことができます。確認してもらうためには、登録番号と車体番号の2つの情報が必要となります。

車検証を持っていれば、確認してもらえるので探してみてください。ちなみに車ごとのリサイクル料金は、各自動車メーカーがweb上で公開しています。

気になる方は確認してみると良いでしょう。

再発行する

ご自身でリサイクル券の再発行手続きを行うこともできます。再発行の手続きは、運輸支局にて行います。

運輸支局には、再発行するための端末が用意されていますので、簡単に再発行することが可能です。また、自動車リサイクルシステムのホームページを利用して証明書の印刷もできます。

車を購入時に利用したディーラーに再発行を代理で行うように依頼することもできますが、費用が発生する可能性があるのがネックです。費用が気になる方は、ご自身で行うと良いでしょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

リサイクル料金が払い戻しされる方法は2つです

リサイクル料金はどのような方法で払い戻しがされるのでしょうか?払い戻しは、誰に車を譲渡したのかによって還付方法が異なります。

こちらでは、リサイクル料金の2つの還付方法について解説します。

中古車の買取業者から支払ってもらう

車を中古車の買取業者に買い取ってもらった場合、業者からリサイクル料金を支払ってもらうことになります。預託金相当額として、買取金額に含まれて支払われます。

リサイクル料金を受け取るために、何らかの手続きを行うことはありません。しかし、きちんとリサイクル料金が買取金額に含まれているかは確認しておきましょう。

車を受け取った人物に支払ってもらう

車を個人間で取引した場合、車の次の所有者にリサイクル料金を支払ってもらうことになります。直接相手に請求することになるため、言いにくいと感じる方もいるかもしれません。

しかし、リサイクル料金を支払ってもらうことは正当な権利です。忘れずに請求をしておきましょう。

買取業者に車を買い取ってもらった際は注意すべきことがあります

買取業者に車を買い取ってもらった際は注意すべきことがあります
車を買取業者に買い取ってもらった場合、買取金額にリサイクル料金が含まれているかを確認した方が良いです。また、買取業者に車を売りたいとお考えでしたら、信頼できる業者に依頼することを心がけるようにしましょう。

売却時はリサイクル料金の有無を確認する

車を売却する場合、業者に査定を依頼することになるでしょう。その際、査定金額だけでなく、リサイクル料金がその金額に含まれているか業者に確認してください。

業者の中には、リサイクル料金を売却時に含めることを把握していない方もいます。万が一、そのような方に買取を依頼した際は、リサイクル料金が含まれていないこともあります。

信頼できる業者に買取は依頼する

買取と聞くと、どこか機械的なやり取りのように感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、車の買取は人同士のやり取りです。

車を売却する際は、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。しかし、買取業者は世の中に数多くいます。

そのため、どの業者に依頼をするべきか判断が難しいと感じる方もいるでしょう。手当たり次第探しても、時間が無駄に過ぎていく可能性があります。

信頼できる業者を探す方法は、大きく分けて2つです。1つが口コミをチェックすることです。

口コミを見てみると、どのような業者であるのかがある程度予想することができます。もちろん、口コミは個人の主観的意見ですので、情報が誤っている場合はあります。

しかし、参考にはなりますのでぜひチェックしてみてください。業者を探すもう1つの方法が、日本自動車流通研究所に所属している業者を確認することです。

日本自動車流通研究所は別名JADRIと呼ばれ、この団体は減額行為を禁止しています。所属するためには、買取や査定に関する厳しい審査をクリアする必要があります。

日本自動車流通研究所に所属している業者であれば、安心して査定を依頼できるはずです。信頼できる業者選びに迷った際は、これらの方法を使って探してみてください。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

リサイクル券は廃車時に必要となるものです

リサイクル券がなくてもリサイクル料金が払い戻しされることは、一番はじめの項目でご説明した通りです。では、そもそもリサイクル券は、どのようなタイミングで必要となるものでしょうか?

こちらでは、リサイクル券が必要となるタイミングに加え、リサイクル料金の内容に関してもお伝えします。

リサイクル券が必要となるタイミング

リサイクル券は、車を廃車にする時に使用するものです。車の売却時にも使用しますが、リサイクル券そのものがなくなっても問題はないため、絶対に必要といえるのは廃車時の時でしょう。

廃車にする場合、リサイクル料金の払い戻しはありません。なぜならば、リサイクル料金は廃車にする時に車を所有している人物が負担するものだからです。

リサイクル料金の内容

リサイクル料金の内容
車はほとんどのパーツがリサイクルできます。リサイクル料金は、車をリサイクルするための費用として使用されるものです。

この料金が納付されなければ、せっかく再利用できる車のパーツをリサイクルすることができません。リサイクル料金の内容は、シュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類・情報管理・資金管理などです。

それぞれの概要は以下の通りです。

シュレッダーダスト

金属素材をリサイクルする場合、シュレッダーダストと呼ばれるものが残ります。シュレッダーダストとは、ガラスやプラスチックなどのくずのことです。

エアバッグ類

エアバッグ・シートベルトプリテンショナーなどのことです。

フロン類

エアコンに用いられているフロンガスのことです。

情報管理

車のリサイクルを行うためには、情報管理が欠かせません。情報管理料金は、情報管理に必要な実務を遂行するために利用されています。

資金管理

リサイクル料金は然るべき運用をされるまで、しっかりと管理されています。資金管理料金は、リサイクル料金を管理するために行う実務の遂行のために利用されています。

(まとめ)車の売却時にリサイクル券がなくても払い戻しはある?

1.リサイクル券がなくても車売却時に払い戻しはされます

リサイクル券がなかったとしても車売却時に払い戻しされます。手元にリサイクル券がない場合は、2つの手段で払い戻しがされます。

車買取店に売る際は、買取価格にリサイクル料金が含まれているか確認しましょう。リサイクル券は廃車時に必要となります。

2.車を売却する時にリサイクル券がなくても払い戻しはされます

リサイクル券は、自動車リサイクル法とともに登場したものです。リサイクル料を支払ったことを証明する書類です。

リサイクル券がなくとも、支払った事実さえ証明できれば問題なくリサイクル料は払い戻しされます。

3.リサイクル券がない場合に取るべき手段は2つあります

リサイクル券がない場合、取るべき手段は2つあります。その手段とは、「車買取店にチェックしてもらう」「再発行する」の2つです。

リサイクル券がない場合は、慌てずにそれらの方法で対処しましょう。

4.リサイクル料金が払い戻しされる方法は2つです

リサイクル料金は、「中古車の買取業者から支払ってもらう」「車を受け取った人物に支払ってもらう」などの還付方法があります。誰に車を譲渡したかによって、還付方法が異なりますのでその点は覚えておきましょう。

5.買取業者に車を買い取ってもらった際は注意すべきことがあります

買取業者に車を買い取ってもらう際は、買取金額にリサイクル料金が含まれているか確認しましょう。また、売却を行う際は、信頼できる買取業者に依頼することが大切です。

信頼できる業者を探す方法は、主に2つあります。

6.リサイクル券は廃車時に必要となるものです

リサイクル券は、廃車を行う時に必要となります。廃車する際は、リサイクル料金の払い戻しはありません。

リサイクル料金の内容は、シュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類・情報管理・資金管理などです。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる