ローンを返済して名義を変更すれば車を売ることができます


車を売るためには、所有者と使用者の名義が売る人と同じでなければいけません。そのためローンによって名義が違う場合は名義を変更した上で売る必要があります。

名義を変更するためには所定の手続きがあるためよく確認しましょう。またローンの残りの金額と比べて本当に売ることがよいのかどうか、よく考えることも大切です。

ローンが残った車でも売ることができます

車のローンが残っていても、生活環境の変化でその車がいらなくなってしまったという場合もあるかもしれません。また人によってはさらに別の車に乗り換えたいという場合もあるでしょう。

このような時、一番気になるのがローンが残った車の処遇です。実はローンが残った車でも、やろうと思えば買取店に売却することが可能です。

ただしローンが残っている以上は普通に車を売る時よりも複雑な手続きが必要になるため、注意しましょう。

車を売るには名義の変更が必要です

どの買取店に売る場合でも、また、知人などに譲る場合でも、必ずその車の名義の変更が必要となります。車の名義を確認するには、手元の車検証を見ましょう。

車検証を見ると、「所有者の氏名または名称」という部分があります。この所有者の部分にどの名前が書いてあるかによって、車の名義の判断をつけることができます。

所有者の部分に自分の名前が書いてあれば、もちろん自分の車です。家族の名前が書いてある場合は家族の車であるため、売るためにはその家族の同意や委任状などが必要になります。

そして問題なのが、自分でも家族でもないどこかの会社名が書いてある場合です。会社名としてはディーラーやクレジット会社、ローン会社などの名前が入っていることが多いでしょう。

このような自分以外の名前が入っていた場合は、手続きを踏んで名義を変更しなければ車を売却することはできません。

名義を変更するためにローンの完済が必要です

たとえばローンを組んで車を購入した際、車検証の使用者の欄に自分の名前が、所有者の欄にローン会社の名前が入っていることがあります。これはローンの返済が済んでいないために、その車の現在の所有権がローン会社にあるということを示すものです。

車に限らず、ローンやクレジットなどで購入した商品はすべての支払いが完了するまで、その所有権はクレジット会社やローン会社にあることとなっています。そのためたとえ車に乗っているのは自分であっても、車の売却などその車を好きにすることはできないのです。

名義を変更するということは所有権を自分に移すということであるため、支払いが完了していなければ名義も変更できません。したがってローンが残っている車を売るためには、まずローンの支払いをすべて終えることが大前提となります。

ローンの支払い方法には3種類あります


ローンが残っている車を売りたいと思った時、そのローンをどのように支払えばよいのでしょうか。具体的に、ローンの支払い方法としては次のようなものがあります。

まとめて支払う

残ったローンの金額を一括で支払う方法です。とにかく払ってしまえば後は車をどうしようが自分の自由になります。

新しくローンを借りる

残ったローンを払うために、新しく別のローンを借り一旦車の全額を支払った後、名義を変更して車を売るという方法です。ローン自体は別のものになって残りますが、最初のローン会社への支払いは終了できるため、車も売ることができます。

ただしこの場合借りるのは自動車ローンではなく多目的ローンなどになるため、金利が自動車ローンより高くなる傾向にあるのがデメリットです。

次の自動車ローンに上乗せする

ローンが残っている車を売却した後、さらに新しい車を買って乗り換える場合にのみ有効な方法です。自動車を購入する際に自動車ローンに加入する場合、残っていたローンの金額を今度の自動車ローンに上乗せして支払っていくことができます。

つまりローンが30万円残っていて200万円の車を自動車ローンで新たに購入する場合、本来は200万円の自動車ローンとなるところ、230万円の自動車ローンを組むことになります。新しい車のローンを支払うのと同じ感覚で返済ができるため、手間がないのがメリットです。

新しく自動車を購入する際、自動車ローンの契約をする時にあらかじめ前回のローンの残りを上乗せしてほしい旨を伝えます。ただしこれは自動車ローンのサービスによるため、契約する前に上乗せでの支払いが可能かどうかをよく確認しましょう。

愛車のかんたん査定はこちら

ローン残高と買取金額の差額をよく比較しましょう

ローンの残った車を売る上で、重要なのが本当にローンが残っていても売るべきであるのかということです。よく計算してみると、人によっては売ることを諦めてそのまま乗っていた方が得をするケースもあります。

数十万単位で金額が動くため、じっくり比較検討してから買取を決めましょう。

ローン残高が買取金額を上回るケース

たとえばローンが100万円残っているのに、車が80万円でしか売れなかったというケースです。この場合当然差額の20万円は貯金を崩したり新たにローンを組んだりして、自分でどうにか捻出しなければなりません。

当然手元から車もなくなってしまうため、人によっては大損になります。ローン残高が買取金額を上回る場合は本当に売るべきかどうかよく検討しましょう。

買取金額がローン残高を上回るケース

買取店での査定金額が残ったローンの額を上回っていた場合、話は簡単です。たとえばローンの残っている金額が50万円であっても、車の買取価格が80万円であれば差額の30万円は得をし手元に入ることになります。

貯金するもよし、次の車を買う資金にしてもよし、もちろんこの30万円は好きに使って問題ないお金です。

相場をあらかじめ知っておきましょう

買取価格を皮算用していると、想像と違い後悔することがあります。あらかじめ自分の車種についてどの程度で取引されているか、よく調べておくとよいでしょう。

中古車は業者オークションに出されることが多いため、実はネットの相場以上の額がつくことはめったにありません。また中古車の販売価格には当然利益分が上乗せされているため参考にならないことも注意しましょう。

少しでも高く売る工夫をしましょう


ローンの残った車を売る場合、ローン残高と買取金額の差は死活問題です。そのためこの差を少しでも埋めるためには買取金額をいかにして上げるかが重要となります。

たとえばローンが100万円残っており、とある買取店で50万円の査定しか出なかったとしても、すぐには諦めないでいましょう。少し工夫をすれば50万円が80万円になる可能性もあるのです。

相見積もりをしましょう

車の買取価格は店によってまちまちです。また中古車買取の専門店とディーラーでの下取りでは、価格には大きな差があります。

車の価格を上げるためにはディーラーではなく、必ず中古車買取店複数社に査定を依頼して、その中からもっとも高い値段をつけてくれた店に売ることが大切です。車は同じでも、買取店によって得意な車種があり、また、在庫状況や販売ルートなども異なります。

たとえば走行距離が平均より長くなってしまい、買取価格が下がりぎみの車があったとします。A社では走行距離が長いから国内で売れないと、安い価格を提示されてしまうかもしれません。

しかし海外に強力な販路を持つB社であれば、走行距離が長い車でも売れる国に持ち込み高く売れるため、買取価格も高くなりやすいのです。このように同じ車でも買取店によって査定価格が異なる要因がたくさんあります。

3社から5社程度に相見積もりを取り、価格の高い会社を探しましょう。

車の掃除などを徹底しましょう

車は年式や走行距離だけでなく、ニオイや汚れなどがないかどうかなど内部の状態の良さも査定項目に含まれます。そのため自分で努力してよくできる部分があるのであれば、妥協せずキレイにしておくことが大切です。

車の中は丁寧に掃除して、悪臭や汚れがないようにしましょう。足元のシートなどはもちろん、シートとシートの隙間などゴミがたまりやすいため要チェックです。

車内と違い、車のボディに関しては洗車してもしなくても査定金額には響かないこととなっています。しかしざっとでも洗車してキレイにしておいた方が、査定員の心証はある程度よくなるでしょう。

また付属品を揃えておくだけでも減点がされにくくなります。このような細かいことの積み重ねで査定価格は上がっていきます。

少しでも買取価格を上げて、ローン支払いの負担を軽減しましょう。

(まとめ)ローンで名義が違う車も売ることができる?

1.ローンを返済して名義を変更すれば車を売ることができます

車を売る際、車の所有者が売る本人であることが条件です。そのためローンが残っている車を売るためにはまず名義を変更する必要があります。

本当にローンが残ったまま売るべきなのかどうか、よく考えてから手続きしましょう。

2.ローンが残った車でも売ることができます

ローンが残った車も売ることができますが、大前提として名義の変更が必要です。そしてその名義の変更のためにはローンの返済が必要となります。

返済さえすれば車は自分のものとなるため、好きに扱うことができるのです。

3.ローンの支払い方法には3種類あります

ローンの支払い方法としては、まとめて支払うか、新たにローンを組むか、次の自動車ローンに上乗せしてもらうなどの方法があります。メリットもデメリットもあるため、自分の支払いにムリがないものを選びましょう。

4.ローン残高と買取金額の差額をよく比較しましょう

そもそも売る前に本当に売ることが得策なのかを考えることも重要です。ローンを返済して車を売ったとしても、買取価格が二束三文では損をしてしまいます。

数十万単位でお金が変わってくるため相場をよく見てよく検討しましょう。

5.少しでも高く売る工夫をしましょう

ローンで損をしないためにも、相見積もりなどを利用してできるだけ高い金額を買取業者から引き出すようにしましょう。買取店によって、同じ車でも買取価格はずいぶんと異なってきます。

また車内のニオイや汚れがきつい時は掃除することも大切です。


※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。