車買取にかかる費用は基本無料です


車を買取店に売却する場合、基本諸費用の発生することはないです。個人間売買の場合、名義変更手続きにあたって費用を負担する必要があります。

しかし買取業者で名義変更手続きをお願いする場合、この時の費用はお店側が負担するのが一般的です。このため費用を請求されることはないです。

また店側が負担しない場合でも、その費用分は買取価格から差し引いています。よって売却時になんらかの経費を支払うように求められることはないでしょう。

買取店が諸費用を負担するのはサービスです

買取業者の中には名義変更手続きの際にかかる手数料などの諸費用を負担するか、買取価格から差し引きます。しかし実際には店が負担するケースが多いです。

ライバル業者に勝つため

この理由は簡単で、もし諸費用を売り主に請求すれば、売り主は別のお店に車を売却するからです。諸費用を負担しなければならないところと負担してくれるところであれば、後者に車を売るでしょう。

買取業者は引き取った車を中古車として販売することではじめて利益が発生します。このため中古車を少しでもたくさん確保できれば、その分売り上げもアップする可能性が高いわけです。

もし車の買取ができなければ、売り物がなくなって利益確保できません。このため少しでも多く在庫を押さえるためにもお客さんが売りやすいサービスを心がけています。

名義変更手続きを司法書士にお願いする場合、2~3万円程度の手数料がかかります。この程度のコストなら自分たちで負担したほうがいいと判断するところが多いわけです。

自動車ローンが残っている場合には完済してからの手続きです

通常車の売却手続きにあたって、諸費用を負担することはないです。しかし例外もあります。

自動車ローンを組んでいる場合

自動車ローンを組んで車を購入して、その返済が完了していない場合があります。この場合、車検証を見てみると名義はローン会社になっているはずです。

自分の持ち物ではない車を所有者の了承なく勝手に売却できません。そこでローンの残債をすべて支払って、名義を自分に変えてもらってから売却する形になります。

この場合、買取価格からローン返済分が差し引かれます。その代金が買取業者から支払われる形になります。

自動車税未納の場合

もう一つ、自動車税を納税していない場合も税金を支払わないといけません。そうしないとそもそも名義変更ができないからです。

まずは自動車税を納税してから買取に出しましょう。しかし中には自動車税を支払うお金が手元にないというケースもあるでしょう。

もし買取価格が自動車税よりも上回った場合、代金で納税する方法もあります。ただしこの場合、税額分が買取価格から差し引かれる形になる点はあらかじめ理解しておきましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

諸費用の取り扱いは見積書で確認しましょう

車買取サービスを利用するにあたって、名義変更などに伴う手数料などの諸費用をお客さんが実際に支払って負担することはまずないです。ただし買取価格から差し引かれる可能性はありますから注意しましょう。

見積書で確認すべき

諸費用の取り扱いがどうなっているか、見積書で確認できます。見積書の中に「諸経費」などの内訳が含まれている場合には、諸費用が買取価格から差し引かれていることになります。

見積書ができると、買取価格にどうしても目が行ってしまうかもしれません。しかし見積書の内訳など、細かな内容についてもしっかり確認しましょう。

ただし車買取業者の近年の動向を見ると、お店側の負担しているケースが多いです。大小合わせるとたくさんの業者が日本各地にあって、競争で勝つためにはできるだけ高値の買取金額を提示する必要があるからです。

しかし自動車税を滞納している、自動車ローンの返済がまだ終わっていない場合には、こちらの支払いをしなければなりません。お金を準備できないようであれば、買取価格から差し引かれる形になるでしょう。

また売買契約をするにあたって、印鑑証明書や住民票などを提出する必要があります。役所で発行してもらうには手数料がかかりますが、これは自己負担となるのでこの点もあらかじめ理解しておきましょう。

査定額から差し引かれている可能性もあります


車を売るにあたってそれに伴う費用を請求されることはまずありません。しかし場合によっては査定額から諸費用の差し引かれている可能性もあります。

もし気になるのであれば、査定額の内訳など詳しい説明を担当者に求めたほうがいいです。考えられる費用として、以下のようなものがあります。

査定料

文字通り、車の査定にかかったコストのことです。査定士のための人件費と考えるといいでしょう。

また近年出張査定といって、自宅まで査定士に来てもらって査定をお願いするサービスを行っているところもあります。この場合、自宅までの移動費が計上されている可能性もあります。

ただし査定料については無料としている買取業者が多いです。Webサイトなどで無料を謳っているところであれば、査定額から差し引いていない可能性が高いです。

名義変更手数料

車検証を見てもらえればわかりますが、車にはそれぞれ所有者が記載されています。車を売却すれば、皆さんから別の人に名義変更手続きをする必要があります。

買取業者であれば名義変更手数料を請求してくる場合もあります。人件費や書類作成にかかる費用と考えておきましょう。

引取費用

出張買取などで、皆さんの愛車を買取業者が引き取る場合にはこちらの費用が掛かるかもしれません。この場合も引き取りに来た人の人件費が該当するでしょう。

事故車などの不動車や車検切れで公道を走れない車の場合、レッカー車で運ぶ必要があります。この経費が引取費用に計上されるでしょう。

ただし皆さんが愛車を買取業者のお店に直接持っていった場合には、引取費用は発生しないはずです。もし見積書を見て引取費用が計上しているのであれば、その部分は抹消してもらうようにお願いしましょう。

印紙代

名義変更もしくは廃車手続きをするにあたって、印紙代が発生します。法的な手続きをする際には必要なことで、車検の時にも印紙代が発生しています。

見積書を見てみると、印紙代が記載されているはずですから確認しておきましょう。車のサイズなどによって、負担する印紙代の金額は変わってきます。

このように車を売るにあたって、諸費用が査定金額から差し引かれている可能性があります。いくらくらい費用が掛かるかはお店によって異なりますが、大体1~2万円が相場と考えておきましょう。

ただしこの諸費用に関する取り扱いですが、業者によって考え方は異なります。すべての費用を査定額から差し引いている場合もあれば、サービスで無料としているところもあります。

査定費用を請求される場合もあります

ここまで見てきたように車買取サービスを利用するにあたって費用が掛からない、もしくは査定額から差し引くというケースが一般的です。しかしまれにではありますが、査定料を請求されるケースもありますから注意しましょう。

査定だけお願いする場合に請求される可能性が

買取業者に査定を依頼する人の中には、本気で売却を検討している人のほかにもどのくらいの金額があるのか知りたいだけという方もいるでしょう。また「今すぐには売らないけれども今後のために査定だけお願いしたい」という人もいるはずです。

大手買取業者であれば、このようなケースでも無料で査定を実施してくれます。しかし中小の買取業者やディーラーの中には、査定のみの場合査定料を請求してくる場合もあります。

ただし査定料を請求されるかどうか、買取店に確認しておいた方がいいでしょう。中小でも査定料はどのような場合でも無料としているところもあるからです。

車買取費用を請求されることはないです

このように車の買取サービスを利用するにあたって、費用を無料としているところがほとんどです。しかしお金を請求されることはないけれども、査定金額から差し引くことで実質支払いをしているケースもあります。

見積書をしっかり確認しよう

車の買取サービスを利用するにあたってかかる費用については、名義変更手数料や引き取り料、査定料などが考えられます。もしどの程度費用が査定額から差し引かれているのか、見積書などで確認しておきましょう。

ただし諸費用を査定額から差し引くと、その分買取価格が安くなります。ほかで査定額のいいところがあれば、そちらに売ってしまう人が多いでしょう。

ライバル店に勝つため、費用をできるだけ無料にして高額査定にしている業者も多いです。よりよい条件の買取価格で売却したいという場合は、いくつかの店舗を比較してみるのもよいでしょう。

(まとめ)車買取サービスを利用するにあたって必要な費用は?

1.車買取にかかる費用は基本無料です

車の売却時には名義変更手続きに伴う手数料が発生します。しかし店側が負担する、もしくはその分を差し引いた金額を見積もり価格として提示するため、費用を支払うように求められることはまずありません。

2.買取店が諸費用を負担するのはサービスです

買取に伴う諸費用については買取業者の方で負担するケースが多いです。そうしないとお客さんがほかの諸費用を負担してくれる買取業者の方にマイカーを持っていってしまうからです。

3.自動車ローンが残っている場合には完済してからの手続きです

基本的に車を売るにあたって、諸費用をお客さんが負担することはないです。しかし自動車税を滞納している、自動車ローンの返済が完了していない場合、その分が買取価格から差し引かれる可能性があります。

4.諸費用の取り扱いは見積書で確認しましょう

諸費用がお店負担になっているのか、買取価格から差し引かれているのかは見積書で確認できます。基本費用支払いはありませんが、売買契約を交わすにあたっての印鑑証明や住民票などの発行手数料はお客さん負担になります。

5.査定額から差し引かれている可能性もあります

車を売却するにあたって、諸費用を請求されることはないでしょう。それは買取業者側のサービスで本当に無料としているケースもあれば、査定額から差し引くというスタイルをとっている場合もあります。

6.査定費用を請求される場合もあります

車は売らないけれども査定だけお願いしたいという場合、中小の買取業者やディーラーの中には査定料を請求されるケースもあります。対応は業者によりまちまちなので、心配であれば前もって問い合わせましょう。

7.車買取費用を請求されることはないです

車買取サービスの場合、費用を請求されることはまずないですが、査定金額から差し引く形をとっているケースもありますので、見積書をしっかり確認することが大切です。

またよりよい条件で車を売却するのであれば、査定金額を比較する事もおすすめです。


※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。