年式などから総合的に判断し車の買い替え時期を決めましょう

年式などから総合的に判断し車の買い替え時期を決めましょう
車を買い替えるということは、当然古い車は処分することになるはずです。買い替えの負担を最小限に抑えるためにも、古い車が処分しやすいうちに車を買い替えるのが良いでしょう。

中古車は適切な時期を過ぎてしまうと大きく価格が下落します。十万円単位で損になることもあるため、自分の車が古くなってきたと感じたら早めに車の買い替えについて検討し、計画的に車に乗ることが大切です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車を買い替えると自動車税はどうなるの?

中古車としての価値があるうちに車を売却しましょう

車を買い替えたいと思った時、古い車を中古車買取店に売り、得た金額を次の車の購入資金に充てたいと思う人も多いことでしょう。しかし、肝心の車が売れなければ意味がありません。

そこで、車を買い替える時期の一つの目安としては、まず今乗っている車が売れるうちであるということが挙げられるでしょう。

車の買い替えには年式が重要です

車の買い替えにあたり、今乗っている車の価値を決める要素の一つが年式です。年式とは、その車が新車として登録されてから何年経過したのかを表すものになります。

単純に言えば、「何年前の車なのか」ということです。車の買い手としては当然、同じ値段なら新しい車の方を好むでしょう。

そのため、基本的に年式は新しければ新しいほど有利と言えます。

3年落ち5年落ちの車の需要は高くなります

多くの人が車を買い替えるのが、新車として購入してから3年目、あるいは5年目と言われています。そのため、中古車業界としては3年落ちや5年落ちの車が多く、買い手としても3年落ちや5年落ちであればまだまだ乗れるため、人気が高いのが特徴です。

もし、車の買い替えを検討しているなら、新車として購入から少なくとも5年目までに売ると、5年以上経ったものよりもかなり高額で売ることができます。

車検やローンの期限が節目となります

そもそもなぜ、3年目や5年目で車を売る人が多いのかといえば、それは車検やローンの完済日が関係しています。新車として購入すると、3年目に初めての車検がやってきます。

しかし、車検はお金がかかるため、車検が切れるギリギリに車を売却する人が多いのです。

また、3年ローンや5年ローンなどを組んでいる人も多く、3年目から5年目程度でローンを完済する人が増えてきます。ローンを完済次第、前の車を高く売って、また別の新しい車に乗るという乗り方をしている人も一定数いるのです。

このことから、3年落ちから5年落ちの車が中古車業界では豊富になります。実際、売るのであれば車検が切れる前のタイミングや、ローンを完済した時点というのはメリットが多く売りやすい時期です。

もし、ちょうど手持ちの車が該当しているのであれば、この時期を逃さないようにすることで車の買取価格に影響してくるでしょう。

車の価値は走行距離が影響します

車の価値は走行距離が影響します
年式と並んで、中古車としての価値を左右する大きな要素の一つが走行距離です。走行距離を見ることでその車があとどれくらい走れるかといったことが分かります。

もちろん走行距離が少ない時期に売れば、その分買い手は多く乗れるため、買取価格も高くなるでしょう。しかし、実は少なければ少ないほどいいというわけでもありません。

車の価値が高くなりやすい走行距離には特徴があります。

走行距離5万km以内だと高値になりやすくなります

中古車として買取してもらう場合、走行距離5万km以内に収めっている車は比較的高値になる傾向があります。総走行距離には目安があり、普通自動車で1年あたり1万km、軽自動車で1年あたり8000kmが平均的な走行距離です。

このため、この平均的な走行距離を上回ってしまうと、過走行車として同じ年式の車より安値がつけられる傾向になります。

また、年式としては3年落ちから5年落ち程度の車を売る人が多いことから、走行距離もまた、3万kmから5万kmほどが中古車として最も層として厚くなる計算です。3年落ちから5年落ち、走行距離3万kmから5万km以内の車は、売り手も買い手も多く、売っても買ってもメリットが多いといえます。

逆に言うと、この5万kmの目安を超えてしまうと突然車の需要が少なくなり、数十万円単位で損をする可能性もあるため、車を買い替えることを決めた時点で走行距離のを示すメーターには注意しておきましょう。

走行距離10万kmを超えたら廃車を検討しましょう

走行距離5万kmと同時に、もう一つ目安となるのが走行距離10万kmです。走行距離10万kmは車の寿命とも言える、節目の数字となります。

実際には10万kmを超えても問題なく走っている車はたくさんあるものの、中古車としての価値を考えると残念ながらほぼ無価値に近くなってしまいます。そのため、中古車買取店に持ち込んでも買い取ってもらえない、ディーラーに下取りを依頼したところ逆に手数料を要求されたなど、残念な結果に終わることも多いのです。

売れないとなると廃車にするしかありません。一方で、廃車にするにも多少の費用がかかります。もし廃車にするしかない車を所持している場合は、自分で廃車するよりもせめて廃車専門店に依頼し引き取ってもらった方が、無料で引き取ってもらうことができるため、便利です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

13年以上経過した車は税金が高くなります

車を買い替えるのであれば、どんなに遅くとも、新車として購入してから13年以内にするのがおすすめです。その理由が、車に乗っていると避けては通りない税金にあります。

毎年4月1日になると、所有者へと自動車税の請求が来るはずです。そして実は、新車として登録されてから13年以上経過した車を所有していると、残念ながらこの自動車税が高くなってしまいます。

例えば軽自動車なら一律で10800円だったところ、12900円に値上げされます。普通車は排気量によって変わってきますが、2000cc以下であれば39500円だったものが45500円になるといったような違いが出てくるのです。

このように、高くなると言っても普通の一般家庭にあるような車であれば年間で数千円程度ではありますが、積み重なると大きな金額になります。また、今までその税額で乗れていたものが、突然値上げされることに不満を感じる人もいるでしょう。

自動車税が気になるなら13年経つ前に車を買い替えるべきです。

自動車税が高くなるには理由があります

いったいなぜ13年経つと自動車税が突然高くなってしまうのかと言うと、大きな理由としては環境問題が挙げられます。13年も経つと車も進化し、安全性能が高く、燃費の良い車がたくさん登場しています。

自動車から出る二酸化炭素を含む排気ガスなど、環境への配慮もされているのが当たり前になっていると言えるでしょう。しかし、13年前の車となると性能が落ち、環境への配慮が十分とは言えない可能性もあります。

そこで、その環境へかける負担分や利用者への買い替えの推奨の意味も込めて、自動車税が高くなるのです。

古い車は売るのが難しくなります

自動車税の観点から、買い替えの一つの目安として13年と挙げましたが、実際に13年ものの車を売るのはまず無理と言っても良いでしょう。仮に売れたとしても雀の涙程度の額しかつかないはずです。

中古車は買い手がいなければ当然価格もつきません。13年経って自動車税が高くなることが分かっている車、なおかつ13年も使用していて、いつ壊れるか分からないような車を買う人は滅多にいないでしょう。

そのため、13年近くたった車は廃車にするのが現実的です。自動車税が高くなるギリギリまで乗りつぶし廃車専門店に売るか、それとも売れるうちに早めに車を手放して新しい車に買い替えるかはその人次第と言えます。

しかし、確実に言えるのは年数が経てば経つほど車は値段が下がり、最終的には価格がつかなくなるということです。

年末年始は車の売買には向かない時期です

年末年始は車の売買には向かない時期です
車を買い替えるにあたって、具体的な時期についてもお伝えしておきましょう。車を購入するにしろ売却するにしろ、できれば避けたい時期が年末年始です。

特に年末は思わぬデメリットがあることもあるため、慌ててしまわないように慎重に行動した方が良いでしょう。

車の買取価格は新生活が始まる時期に高くなります

車の買取価格は一年中、どの季節でも同じというわけではありません。一般的に、車が必要とされる時期は新生活で環境が変わり、通学や通勤などに車が必要となる4月や9月に、車を購入しようとする人は4月や9月までに納車まで持っていこうとします。

そのため、各中古車販売店はこの時期に備え、数ヶ月前から在庫を確保すべく、買取を強化するのです。つまり、1月から3月、7月から8月と言った時期は車の買取価格が高くなりやすいでしょう。

また、その時期に車を買った人が、今まで乗っていた車を手放すことから、車を購入する場合は4~5月や9~10月頃になると車の需要は下がるにも関わらず、在庫が豊富で安くなるためお買い得です。

年末年始は買取価格が上がりません

一方で、車の買取価格がいまひとつ伸び悩む時期が年末年始です。この時期は車の需要が少ないため、あまり中古車販売店も積極的に買取はしていません。

そのため、買取価格もピークの時期に比べれば抑えがちになってしまいます。今ある車を中古車買取店に査定に出したいという場合は、年末年始は避けた方が良いでしょう。

年末に購入すると年式が1年落ちになります

年末に新車を購入する場合、大きなリスクがひとつあります。それが年式です。

年式は車の購入日ではなく、あくまで毎年1月1日になると1年落ちとして計算されます。そのため、年末に車を購入してしまうと、年明けすぐに1年落ちの車になってしまうのです。

新車として乗っているうちは1年落ちだろうが3年落ちだろうが特に気にすることはないでしょう。しかし、いざ数年経ってその車を売却しようとなった場合、年末に買ったことでほとんど同時期に作られた他の車よりも不利になってしまいます。

そのため、車を新車に買い替えようとしている場合はぐっと我慢して、年が明けてから購入したり、ディーラーに確認を取ってから購入するべきです。古い車の売却のことも考えると、年末年始を避けて春や秋に車を買い替えた方が最終的にお得になりやすくなります。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車を買い替えると自動車税はどうなるの?

(まとめ)車の買い替え時期はいつがいいの?

1.年式などから総合的に判断し車の買い替え時期を決めましょう

古い車は一定の時期を過ぎると値段がつきにくくなるため、その前に車を売ってしまうことが大切です。売れるうちに売るのと、時期を逃すのでは十万円以上の差になることもあります。

買い替えは早めに検討しましょう。

2.中古車としての価値があるうちに車を売却しましょう

中古車を価値があるうちに売却するためには、年式が重要です。中古車として需要があるのはだいたい3~5年落ちまでで、それ以降はどんどん価値が下がりやすくなります。

車検やローンの関係で3~5年で車を手放す人が多いのも特徴です。

3.車の価値は走行距離が影響します

車の売却価格には走行距離も影響するため、走行距離が5万km、10万kmを超えないうちに売ると高くなりやすいでしょう。もし10万kmを超えた場合は買い手がつかないことも考えられるため、そのようなケースでは廃車専門店を利用する方法もあります。

4.13年以上経過した車は税金が高くなります

車を新車として購入してから13年経つと、自動車税が増額されます。環境問題への配慮や買い替えの推進がその理由です。

このため、どんなに長くても13年経つまでには車の買い替えをおすすめします。

5.年末年始は車の売買には向かない時期です

車の買い替えの時期としては、年末年始を避け、4月や9月の前後に合わせるのがお買い得です。新生活での需要に向けて買取が強化され、またこの時期に手放した車が翌月頃店頭に並びやすくなります。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる