事故車とは修復歴車のことです

事故車とは修復歴車のことです
事故車は、修復歴車のことを指します。フレーム部分にダメージを負い、フレームの交換・修理を行った場合は修復歴車に該当します。

事故を起こしたとしても、フレーム部分にダメージがなければ、修復歴車に該当しません。修復歴車は、正常に走れない、安全性に問題がある、安くでしか買い取ってもらえないなどの問題点があります。

修復歴車であっても、売却は可能です。特に事故車を専門に扱っている業者や解体業者は、修復歴車でも問題なく買い取ってくれます。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

事故車とは厳密にいえば修復歴車のことをいいます

「事故車とはどういった車ですか?」と質問された場合、交通事故によってダメージを受けた車と答える方も多いのではないでしょうか?もちろんその答えも間違いではありませんが、自動車業界において事故車とは修復歴車のことをいいます。

こちらでは修復歴車についての説明を、2つの項目に分けて行います。

修復歴車とは何か?

修復歴車とは、交通事故もしくは災害によって、フレーム部分にダメージを負い、フレームの交換・修理を行った車のことです。フレームは車の骨格部位のことであり、主に以下の9つを指します。

  • フレーム(別名サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • ラジエータコアサポート
  • トランクフロア

これらの部位は車にとって重要な部位です。近年の車はモノコック構造を採用していることが多く、搭乗者を衝撃から守ってくれます。

しかし、この構造は安全性が高い一方で、車体にダメージが加わりやすくなります。そのため、モノコック構造の車で事故を起こした場合、フレームにダメージを受ける可能性は高く、最悪の場合走行できなくなるケースもあるのです。

事故を起こしたからといって修復歴車に該当しない場合がある

事故を起こしたから修復歴車と判断されるわけではありません。ボンネットやドアなどの部位が事故によって損傷し、修復したとしてもそれらの部位はフレームではないため修復歴車には該当しないのです。

言葉が似ているのでややこしく感じる方も多いかもしれませんが、フレーム以外の部位が損傷し、修理を行った車は修理歴のある車として扱われます。修復歴車の定義ははっきりと決まっているため、違いを把握しておきましょう。

修復歴車には3つの問題点があります

修復歴車には3つの問題点があります
修復歴車になってしまったとしても、ダメージ次第では乗り続けることも可能です。しかし、通常の車に比べて修復歴車には、3つのデメリットがあります。

正常に走れない可能性がある

フレームは、車にとって欠かすことのできない重要な部位です。正常に走るためには、フレームの状態が大きく影響します。

交通事故や災害などによってフレーム部位にダメージを受けてしまった場合、まっすぐ走ってくれない、ハンドル操作が正確に行えないなどの問題が発生する可能性があります。修復歴車に乗っている場合は、正常に走れなくなるリスクを抱えていることを意識しておく必要があります。

安全性に問題を抱える

フレームの損傷を修理したとしても、完璧に元通りになるわけではありません。車は周りを頑丈な部品で覆っていますので、事故が起きても搭乗者を守ってくれます。

しかし、フレームにダメージが加わっている場合は、十分に衝撃を受けとめきれない可能性があるのです。一見問題ないように見えたとしても、安全性は低くなっていることは理解しておきましょう。

安くでしか買い取ってもらえないことが多い

一般的に修復歴車は、高額買取されるケースは少ないです。きちんと修理を行ったとしても、問題を抱えていることに変わりはありませんので、マイナスに評価されてしまいます。

もちろん業者によっては、修復歴車でもそれなりの金額で買い取ってくれる場合もあるため、売却の際は複数の業者に査定を依頼すると良いでしょう。注意点としては、場合によっては廃車費用を請求されるケースもあります。

中古車として魅力がないと判断し、「処分をするのであれば廃車費用をお支払いください」と提案する業者もいます。費用を支払ってまで処分する必要がないと感じる場合は、断るようにしましょう。

愛車の簡単査定はこちら

修復歴車を売りたい場合は買い取ってくれる業者もいます

所有している修復歴車を売りたいと思った場合、「売れるのか?」と疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は修復歴車であっても、売れる理由が3つあります。

こちらでは、3つの理由について解説していきます。

海外に輸出できる

日本の車は、海外で人気があります。たとえ修復歴車でも、海外であれば高値で売買されることもあるようです。

日本では買い手がいないような車であっても、輸出を得意とする業者であれば買い取ってくれる可能性は高いといえるでしょう。

部品は利用できる

修復歴車の中には、走ることが困難なほど状態の悪いものもあります。そういった車は乗り物としての魅力はありません。

しかし、パーツそのものは使える部分も多く、解体をすれば利用価値があります。走れない車は乗り手にとっては持っていても仕方のないものですが、解体のノウハウがある業者であれば宝の山に見えるのです。

鉄そのものが役立つ

走らせることはできず、分解しても大して利用できるパーツがない場合、さすがに売れないと思う方は多いかもしれません。しかし、パーツとして利用できなくとも、鉄そのものは価値があります。

車を潰して、金属資源として扱えば、お金になるのです。車としての状態がどれほど悪いとしても、鉄を使っている以上、価値がまったくのゼロになるわけではありません。

修復歴車は事故車を扱う業者と解体業者が買い取ってくれます

修復歴車は事故車を扱う業者と解体業者が買い取ってくれます
修復歴車を売却しようとした場合、買取を断る業者もいます。しかし、一方で事故車を扱う業者や解体業者は、修復歴車であっても問題なく買い取ってくれることが多いです。

それぞれの業者は特徴が異なりますので、買い取ってくれる業者を探す際は特徴を把握したうえで選ぶようにしましょう。こちらでは、事故車を扱う業者と解体業者の特徴について解説します。

事故車を扱う業者の特徴

修復歴車を一般の買取業者に査定してもらった場合、値段がつかないことも多いです。しかし、事故車を扱う業者であれば、修復歴車であってもそれなりの価格で買い取ってくれる可能性があります。

事故車を扱う機会が多い業者ですので、修復歴車の査定を正確に済ませたうえで、買取額を教えてくれます。

解体業者の特徴

解体業者に修復歴車の買取を依頼する場合、車の車種もしくは鉄自体の価値次第で買取価格が異なります。走ることができない車も買い取ってくれますので、状態が悪すぎる車は解体業者に依頼すると良いでしょう。

走れない車を引き取ってもらう際は、なるべくご自身で持っていくことをおすすめします。レッカーで引き取りにきてもらうことも可能ですが、レッカー代がかかるため、売却できても大した金額を受け取れない可能性があるからです。

どうしてもご自身で持っていくことが難しければ、レッカーで運ぶ代金がいくらかかるのかを質問してみると良いでしょう。あまりにも高いと感じた場合は、別の業者に依頼するのも手です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

修復歴車を売る際に気を付けておきたいポイントは3つあります

修復歴車を売る際は、3つのポイントに注意しましょう。これらの注意点を押さえたうえで、売却に臨むことで損をするリスクを回避できます。

修復歴は正直に話す

高く売却するために、修復歴の事実を話さないで売るのは避けましょう。査定の際にはバレなかったとしても、後に判明してしまえば裁判などのトラブルに発展する恐れがあります。

そもそも業者は、車に関する知識が豊富であり、査定の際は厳しくチェックを行います。修復歴の事実を隠しても、暴かれる可能性が高いので、査定額が下がったとしても正直に話すことが大切です。

修理はしない

修理をして売った方が高値で買い取ってもらえます。しかし、修理費と修復歴を理由に下がる金額を比べた場合、修理費の方が高くつくことが多いです。

修理はせずに売却をした方が得をする可能性が高いので、修復歴車を売る際は、そのままの状態で査定を依頼しましょう。

修復歴車であっても査定額にはこだわるべき

修復歴車だと、安値でも仕方ないと思う方も多いかもしれません。しかし、査定額にはこだわることをおすすめします。

修復歴車であっても高値で買い取ってくれる業者はいます。複数の業者に査定を依頼して比べた場合、思った以上に買取金額に差が生じる可能性はあります。

査定に出して「安い」と感じるような金額を提示されてしまった場合は、別の業者に依頼をすると良いでしょう。

(まとめ)事故車とはどういった車を指すのか?

1.事故車とは修復歴車のことです

事故車は、修復歴車のことです。フレーム部分にダメージを負い、フレームの交換・修理を行えば修復歴車に該当します。

修復歴車は様々な問題を抱えていますが、買い取ってくれる業者はいます。

2.事故車とは厳密にいえば修復歴車のことをいいます

事故車とは自動車業界では、修復歴車のことを指します。修復歴車とは、事故や災害によってフレーム部位に損傷を受け、修理や交換を行った車のことです。

フレーム以外の部位にダメージを受け修理をしても修復歴車としては扱われません。

3.修復歴車には3つの問題点があります

修復歴車であっても、ダメージの具合によっては走ることも可能です。しかし、「正常に走れない可能性がある」「安全性に問題を抱える」「安くでしか買い取ってもらえないことが多い」などのデメリットがあるため、その点は覚えておきましょう。

4.修復歴車を売りたい場合は買い取ってくれる業者もいます

修復歴車であっても、「海外に輸出できる」「部品は利用できる」「鉄そのものが役立つ」などの理由によって売ることができます。「売れないのでは?」と諦める前に、一度査定に出すことをおすすめします。

5.修復歴車は事故車を扱う業者と解体業者が買い取ってくれます

修復歴車を売る際は、事故車を扱う業者や解体業者に査定を依頼すると良いでしょう。事故車を扱う業者と解体業者は、特徴が異なります。

売却の際は、それぞれの違いを把握したうえで、査定を依頼する業者を探しましょう。

6.修復歴車を売る際に気を付けておきたいポイントは3つあります

修復歴車を売る場合は、3つのポイントを意識しましょう。3つのポイントとは、「修復歴は正直に話す」「修理はしない」「修復歴車であっても査定額にはこだわるべき」などです。

愛車の簡単査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。