ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

N−ONE メタリック系(ホンダ)の中古車を探す

1〜5台

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

車両本体価格 (税込)

74.8万円

支払総額 (税込)

83.1万円

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る
  • 年式2014年
  • 走行距離5.1万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションAT

カラーポリッシュドメタルM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

70.8万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2013年
  • 走行距離5.6万km
  • 車検なし
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラーポリッシュドメタルメタリック

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備無

お気に入り

車両本体価格 (税込)

89.9万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2013年
  • 走行距離5.1万km
  • 車検2024年2月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラーポリッシュドメタルメタリック

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備無

お気に入り

車両本体価格 (税込)

79.9万円

支払総額 (税込)

89.8万円

  • 年式2013年
  • 走行距離5.6万km
  • 車検2023年2月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラーポリッシュドメタルメタリック

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備無

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

62万円

支払総額 (税込)

66万円

  • 年式2014年
  • 走行距離3.8万km
  • 車検2023年9月
  • 排気量660cc
  • 修復歴あり
  • 保証3ヶ月・3000km

ミッションCVT

カラーガンM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

この条件でよく検索しますか?

ホンダ N−ONE | ガンメタ系

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

ホンダ N−ONE

グーネットに掲載されている「ホンダ N−ONE」の掲載状況は?

グーネット中古車ではホンダ N−ONEの中古車情報を2,692台掲載しています。
車両価格は12.8万円~239.8万円、最も掲載の多いボディーカラーはミラノレッドで128台となっています。(2022.11.28)

車種の特徴

「N-ONE」は、ホンダが2011年12月に発売したN-BOXと同じ「Nシリーズ」の第3弾として、2012年11月に発売しました。「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」をコンセプトとして、ホンダ初の軽乗用車である「N360」のモチーフにデザインされています。デザインの大きな特徴はライトにあり、ヘッドライトにはデイタイムランニングライトを搭載しています。これは昼間でも発光するため、対向車に車の存在を知らせることが可能です。また、愛嬌を感じさせるかわいいリングのヘッドライトは、ウインカーではターンランプとしても使用できます。「N-ONE」には、「オリジナル」「プレミアム」「プレミアムツアラー」「RS」の4つのタイプがラインナップされているのが特徴です。まず、「オリジナル」はドアミラーやピラーはボディと同色、ホイールはカラードディッシュ形状にするなど、シンプルで可愛らしいデザインとなっています。「プレミアム」は、フロントの大開口グリルにクロームメッキをあしらうなど、クラッシックを印象付ける上質感のある仕上がりに。「プレミアムツアラー」は、「プレミアム」の装備にターボエンジンを搭載しています。そして「RS」は、大型カラードゲートスポイラーやマッドブラックの15インチアルミホイールを装備したスポーティーなフォルムに仕上げられているのが特徴です。室内空間は、軽乗用車にもかかわらずゆったりとした空間となっており、快適なドライブを楽しめます。また、セパレートシートが身体をしっかりと支えてくれるので、ドライバーは運転に集中できるでしょう。足元の空間にもゆとりがあり、特に助手席はインストルメントパネルを大胆に削っているので、足を伸ばしてくつろぐことが可能です。室内の静かさにも気を配っていて、エンジン音や振動を低減するために防音材を効果的に配置しました。「プレミアム」「プレミアムツアラー」「RS」に関しては、遮音機能付フロントウインドウガラスがついています。さらに、ガラスには紫外線を約99%カットする機能に加え、不快な暑さを低減し、冷房効果を高めてくれる効果もあるのが特徴です。ホンダの安全運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダセンシング)」は、「N-ONE」の全タイプに装備されているなど、安全装備も充実しています。2020年に2代目へとフルモデルチェンジした際には、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)やLKAS(車線維持支援システム)が追加されるなど、安全性能もさらに向上しました。※記載の文章は、2021年7月時点の情報です。

車名の由来は?

「N-ONE」という車名の由来は、「N-BOX」同様、かつてホンダで販売されていた「N360」の「N」から取られました。「N360のDNAを継承する」という意味が込められている他、Nは「NEW」「NEXT」「NIPPON」「NORIMONO」のそれぞれの頭文字も表しています。その「N」に、「唯一の(One and Only)」「個人の(パーソナルな)」「みんなの(Everyone)」という意味を持つ「ONE」を組み合わせ、「N-ONE」という車名になったのです。

モデル概要、その魅力は?

「N-ONE」の魅力はなんといっても、個性が違う「オリジナル」「プレミアム」「プレミアムツアラー」「RS」の4つのタイプが設定されていることです。それぞれデザインの異なるタイプを設定することで、各グレードで与える印象に違いがあります。たとえば、「オリジナル」はシンプルで愛らしいデザインです。「プレミアム」と「プレミアムツアラー」はクロームメッキのモールをあしらうなど上質感あふれる仕上がりに。「RS」は、スポーティーさを特徴としています。「N-ONE」は豊富なラインナップの中から、好みのデザインが選べる車種として人気の一台です。

N−ONE口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印