掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

ページ
トップ

CR−V グレー系(ホンダ)の中古車を探す

1〜6台

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

車両本体価格 (税込)

114.8万円

支払総額 (税込)

131.9万円

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る
  • 年式2013年
  • 走行距離4.1万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量2400cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラーポリッシュドメタルM

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

26.8万円

支払総額 (税込)

36.8万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2005後
  • 走行距離8.4万km
  • 車検2024年8月
  • 排気量2400cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT5速

カラーグレーM

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備無

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

79.2万円

支払総額 (税込)

97.7万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装3
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2009年
  • 走行距離3.5万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量2400cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションインパネAT

カラーポリッシュドメタルM

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

127万円

支払総額 (税込)

133.8万円

  • 年式2011年
  • 走行距離4.9万km
  • 車検2022年12月
  • 排気量2400cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションAT5速

カラーポリッシュドメタルメタリック

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

購入パックあり グー保証付けられます

お気に入り

車両本体価格 (税込)

34万円

支払総額 (税込)

53万円

  • 年式2007年
  • 走行距離9.2万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量2400cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT5速

カラーグレー

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

44.9万円

支払総額 (税込)

54.9万円

  • 年式2005年
  • 走行距離8.7万km
  • 車検なし
  • 排気量2400cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・1000km

ミッションAT5速

カラーグレー

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備無

購入パックあり

この条件でよく検索しますか?

ホンダ CR−V | グレー系

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

ホンダ CR−V

グーネットに掲載されている「ホンダ CR−V」の掲載状況は?

グーネット中古車ではホンダ CR−Vの中古車情報を315台掲載しています。
車両価格は23.1万円~419.9万円、最も掲載の多いボディーカラーはホワイトオーキッドパールで26台となっています。(2022.08.12)

車種の特徴

「CR-V」は、ホンダが販売するクロスオーバーSUVです。オデッセイに続くRVシリーズの第2弾として、1995年に登場しました。クロスオーバーSUVながらも、4速ATの4WDのみがラインナップされています。珍しいステッキ式パーキングブレーキを採用しており、ウォークスルーも可能な車内で、SUVながらも居住性や実用性に重点を置いたモデルです。滑りやすい路面での走行性能が悪く、オフロード性能よりもシティユースを重視して開発されています。マイナーチェンジで、エアバッグやABSの標準装備、デュアルポンプの改良、MT車の設定などを行いました。この世代と2代目では、シビックのプラットフォームを基に開発されています。2代目では室内の居住性が重視され、エクステリアを都会向けにデザインとなりました。ヘッドライトのデザインが大幅に変わり、二等辺三角形のような形になっています。3代目では、全体的に丸みを帯びたフォルムになり、プレミアム感を演出しました。ボディサイズが拡大し、ミドルサイズのクロスオーバーSUVになっています。海外での販売を視野に入れたために、ボディサイズが大型化しました。インテリアもプレミアム感を重視し、シンプルなデザインで上質な雰囲気を醸し出します。この世代から、大型ミニバン専用のプラットフォームを基に開発されました。4代目は先代と似たデザインとなっており、4WDシステムを新開発。さらに、CR-Vでは初のトルクコンバーターつきCVTを搭載し、低速域でも力強いトルクを発揮します。2016年に登場した現行モデルとなる5代目は、北米市場で発売が開始されました。日本には、その2年後の2018年に登場しています。大型ディスクブレーキや電動ブレーキブースターを採用したことによる、制動力が高さが特徴です。この世代では、ガソリンモデルの他に、ハイブリッドモデルも新たに設定されました。ガソリンモデルは、専用のターボチャージャーによって1.5Lエンジンながらも、2.4Lエンジンに匹敵するトルクを確保しています。そんなガソリンモデルには5人乗りモデルの他に、3列シートの7人乗りモデルも用意されました。3列目のシートにもスプリングを使用し、シートの乗り心地に配慮したため、先代に比べてボディサイズが拡大しています。「CR-V」の最新モデルには、VTEC TURBOエンジンを搭載した「EX」と「EX・マスターピース」、最上級グレードの「EX・ブラックエディション」が設定されました。安全装備では、ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」を全グレードに標準装備しています。※記載の文章は、2021年8月時点の情報です。

車名の由来は?

「CR-V」は、「Comfortable Runabout Vehiclen」という言葉の頭文字をとって名づけられました。「Comfortable」には快適、「Runabout」には自由に走る、「Vehicle」には乗り物という意味が込められています。これらの言葉を組み合わせ、生活の中で快適に自由に楽しめる車を目指して「CR-V」と命名されました。

モデル概要、その魅力は?

「CR-V」の魅力といえば、なんといっても現行モデルである5代目に設定された広い車内空間でしょう。この世代では、5人乗りと7人乗りの2つのモデルが設定されています。7人乗りの場合は3列シートで、家族の人数やアウトドアなどの仕様など、さまざまな使用用途に合わせたシートアレンジを行うことが可能です。広々として車内で、荷物もたくさん積むことができるため、「CR-V」はファミリーカーとしても重宝されています。

色からCR−Vの中古車を探す

クルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

CR−V口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印