車の下取りに出す前にカーナビを初期化したほうが得策です


車の下取りを受け付けている大手のディーラーであれば、個人情報の取り扱いも徹底しているところが多いです。このためカーナビの個人情報までチェックして、必要に応じて初期化しているところがほとんどです。

しかしすべてのディーラーがこのような対応を行っているとは限りません。中小のディーラーの中には、個人情報のチェックの甘いところもあります。

そこで念のため、カーナビに登録している情報については消去しておいた方がいいでしょう。初期化をしておいた方が安心なはずです。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

重要な個人情報が漏洩する恐れがあります

車の下取りに出す前に自分でカーナビの初期化をした方がいいのは、個人情報漏洩対策にあるといっても過言ではありません。普段あまり意識しないかもしれませんが、カーナビには大事な個人情報が登録されています。

自宅の情報の入っている可能性

たとえばカーナビに自宅の情報を登録している人は多いでしょう。機種によっては自宅の情報を登録しておくと、ワンタッチで簡単にナビをスタートできるので便利です。

もしこの情報がそのまま残された状態で車を下取りに出すと、買い手に皆さんの自宅情報が漏洩する恐れがあります。絶対に悪用されるわけではないですが、自宅の場所を知られるのは決してプラスではありません。

ほかの人に迷惑をかけてしまう恐れも

中には友人や知人の自宅を車で訪れる、親せきや実家の情報を登録している方も多いでしょう。もし初期化せずにカーナビを下取りに出してしまうと、このような情報も第三者の手に渡ってしまう恐れがあります。

そうなると自分だけが被害を受けるだけでなく、自分の大切な人に迷惑をかけてしまう恐れも出てきます。このようにカーナビには大事な個人情報がいろいろと登録されているので、初期化を行っておいた方が安心です。

住所を知られることのリスク

住所を知られることによって、不都合はそう多く生じないかもしれません。しかしやはりデメリットは残ります。

皆さんの愛車を中古車として購入した見知らぬ、第三者に住所を知られるのは気持ちが悪いと感じるでしょう。自宅を訪問される危険性もゼロではないです。

住所を元にして、ほかのいろいろな個人情報を手に入れられる可能性も出てきます。場合によってはストーキングされる可能性も低いかもしれませんが全くないとは言えません。

個人情報を明かすことはいろいろな場面で必要になるでしょうから、完璧に漏洩対策するのは難しいでしょう。しかし不用意に出す必要はないですから、やはりカーナビの住所などは消去したほうがいいとなるわけです。

カーナビの初期化の方法はメーカーによってさまざまです

個人情報を悪用されないためにも、車を下取りに出す際にはカーナビの情報を初期化したほうがいいです。では具体的にどうやって初期化するのかという問題が出てきます。

取扱説明書などで確認して作業しよう

初期化の方法については、メーカーによって具体的な手順は異なります。カーナビを購入した際に取扱説明書も渡されるはずですから、それでやり方について確認しましょう。

もしかすると取扱説明書を紛失して手元にないという方もいるはずです。機種によってはメーカーのホームページからマニュアルを入手できる可能性もありますから、ネットで検索しておくといいです。

後付けのカーナビの初期化方法

自動車のメーカーのではなく、後付けでカーナビを取り付けた場合、初期化を一発でできるメニューは用意されていません。主要なメーカーのやり方を見ると、目的地並びに走行履歴を消去することで対策します。

メーカーによって手順は異なりますが、情報や設定、編集などのメニューをタッチすると履歴情報が出ます。そして履歴の消去を選択すると、カーナビに登録されている情報が消されます。

メーカーによっては、一括で履歴を消去する方法を用意しているものもあります。こちらを利用すれば、作業時間の短縮化も図れます。

純正カーナビの初期化方法

中には車を購入した段階で、すでにカーナビの搭載されているケースもあるでしょう。この場合、自動車メーカーのカーナビで純正カーナビといいます。

純正カーナビについても初期化方法はメーカーによって、手順は異なります。取扱説明書で確認しながら、段階を踏んでいきましょう。

純正カーナビについても後付けのカーナビと流れはほとんど一緒です。設定や編集というメニューを選択すると、データの消去に関する選択肢が出てきます。

こちらで消したいデータを選択して消去していきます。一部純正メーカーのカーナビの中にはデータ消去の方法について動画で説明している場合もありますから、こちらを見ながら作業を進めるといいでしょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車下取りにおけるカーナビの評価は機種によりさまざまです

車を下取りに出すにあたって、カーナビをどうするかで迷うという話をしばしば耳にします。とくに車を買い替える場合、今まで使ってきたカーナビを次の愛車にも使いたいと考える人もいるでしょう。

カーナビの機種によって異なる査定

車の下取り価格にカーナビの与える影響についてですが、ケースバイケースです。カーナビの査定は、どの機種化によって変わってきます。

インダッシュといって、ダッシュボードにあらかじめ搭載されているカーナビの場合、査定額のアップする可能性が高いです。ただしHDDやメモリーの場合はいいですが、DVDタイプは機種が古いこともあって、下取りの査定額にあまり影響を及ぼさない傾向があります。

ただし外付けのカーナビの場合、査定がプラスになることはまず考えにくいです。もし買い替えで次の車にカーナビの装備されていないモデルであれば、取り外して引き続き次の車でも使用したほうがいいかもしれません。

またカーナビに機能が搭載されているとさらにプラス査定になる可能性は高いです。ツインモニターやカメラ類の搭載されているモデルであれば、さらに値上がりするかもしれません。

故障したカーナビの取り扱いについて

カーナビがついているけれども、長年使ってきたせいもあって故障して使えなくなっているケースもあるでしょう。その場合、マイナス査定になってしまう恐れが高いです。

故障したカーナビは買取業者で取り外す必要があります。その実費分がマイナスになってしまうのです。

カーナビ自体は故障していなくても、何か問題のある場合には査定でマイナスにされてしまいます。たとえば外付けカーナビの場合、そのまま出してもプラスにならないことはすでに紹介しました。

そこでカーナビを取り外してから査定に出す人もいるはずです。この場合取り外し跡が残った場合には、減点の対象になる可能性があります。

またカーナビの取扱説明書の有無も意外と重要です。もし使える機種でも取扱説明書がないと、それだけでマイナス査定の対象となりえます。

大きなマイナス査定にされてしまうのが、地図ソフトのない場合です。カーナビは場所の案内をするためのツールで、地図ソフトは中核を担うアイテムです。

もしそれがないとカーナビが故障しているのと同じような減点にされます。もし地図ソフト用のメモリーカードを持っていると、つけたままの状態で査定に出したほうがいいでしょう。

カーナビの初期化は自分で行っておくべきです


カーナビを愛用している人の中には自宅情報など、重要な個人情報を登録しているケースも多いでしょう。きちんとしたディーラーに下取りに出す際は、カーナビの個人情報を消去してくれるはずです。

万が一のために初期化を行っておくといい

しかし100%どのディーラーでも行ってくれる保証はどこにもありません。もし心配であれば、下取りの手続きをする際にカーナビの初期化を行ってくれるかどうか確認をとっておいた方がいいでしょう。

行っていない、もしくはあいまいな返答しかなかった場合には自分で初期化するのも一考です。メーカーによってやり方は異なるものの、自分で手順に従ってデータ消去することも可能です。

自宅や友人・身内の住所など、ピンポイントで消去できるようなモデルもあります。お店の情報など消去しなくても影響のないものはそのまま残しておいてもいいでしょう。

カーナビの査定評価は機種によって変わる

カーナビをそのままつけて下取りに出すかどうかで迷う人もいるでしょう。純正のもので比較的新しいモデルであれば、査定金額が多少アップするかもしれません。

しかし後付けの社外品の場合、査定でプラスに働くことはまずないと思ったほうがいいです。もし車を乗り換えて次の車でもカーナビを使おうと思っているのなら、取り外して次の車で活用したほうがいいでしょう。

故障しているカーナビを下取りに出すと、マイナス査定になる恐れが高いです。取り外しにあたっての手間賃が査定金額に反映されてしまうからです。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

(まとめ)車の下取り時にカーナビは初期化した方がいい?

1.車の下取りに出す前にカーナビを初期化したほうが得策です

ディーラーの中にはカーナビの初期化をして個人情報対策を行っているところもありますが、すべてがそうとは限りません。もし心配であれば、自分で前もってカーナビの初期化を進めておきましょう。

2.重要な個人情報が漏洩する恐れがあります

カーナビの中には自宅や友人・知人の住所を登録している方も多いでしょう。車を下取りに出す際にカーナビ情報の初期化をしておかないと、このような個人情報が漏洩する危険性も出てきます。

3.カーナビの初期化の方法はメーカーによってさまざまです

カーナビの初期化の方法ですが、メーカーによってその手順は異なります。取扱説明書にデータ消去の方法に関して記載がありますし、なくしてしまったらホームページにそのやり方が掲載されている場合も見られます。

4.車下取りにおけるカーナビの評価は機種によりさまざまです

カーナビの下取りにおける評価は取り付けられている機種によってまちまちです。ただし外付けのものはあまり高く評価されませんし、故障しているものは取り外しの工賃分マイナスになってしまうので注意しましょう。

5.カーナビの初期化は自分で行っておくべきです

自宅の住所など、重要な個人情報を登録している場合にはカーナビを自分で初期化するといいでしょう。外付けのカーナビの場合、査定ではプラスに反映されないので取り外して次の車でも使用するのも一考です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる