大手のディーラーであれば遠方でなくても引き継いで車の下取りをしてくれます


大手メーカーのディーラーであれば、日本全国に店舗を展開しているはずです。

例えば、引っ越しをして普段お世話になっていたお店が遠方になってしまった場合、近くのディーラーに引き継いでもらうのがおすすめです。

ディーラーの引っ越しに伴う引継ぎ手続きは、店によって若干異なります。電話や会員用のマイページで手続きできる場合もあれば、店で直接申し込むケースもあります。

メンテナンスノートなどの引継ぎも実施されますので、遠方で行うのと同じように下取りを実施してくれるはずです。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

遠方のディーラーに車下取りはデメリットがあります

遠方のディーラーに車下取りはデメリットがあります
出張査定でも範囲に限界がある

ディーラーの中には自宅に来て実写の査定を行う「出張査定」を実施しているところもあります。しかし、この場合は移動できる範囲に制約が出てきます。あまり遠方のディーラーに下取りをお願いした場合、出張査定を断られるかもしれません。

大手のディーラーの場合、対応してもらえることもありますが、この時に最寄りのディーラーから査定士が派遣され、車のチェックを行うのが一般的です。遠方のお店を指定しても認められない可能性があります。

別途の費用を請求される可能性がある

遠方のディーラーに下取りをお願いした場合、それなりのコストがかかります。

例えば、現地に派遣するための交通費が考えられるでしょう。また、人件費もそれなりにかかります。その結果として下取りをキャンセルした場合でも、交通費や人件費などの名目で費用を請求されるかもしれません。

通常、出張査定の場合は出張費は無料としているところが多いですが、遠方など特殊な事情であれば、このルールが適用されない可能性があります。

もし、遠方から下取りをお願いしたければ、申し込んだ際に「キャンセルした場合でも無料なのか」「費用が掛かる場合どのくらいになるか」について確認しておきましょう。

div class=”heading-s2″>陸送する場合の費用について

もし遠方のディーラーに車の下取りをお願いする場合、どうお店にマイカーを引き取ってもらうかを考えないといけません。

時間があれば、自分で遠方でも車を持ち込めるかもしれませんが、それが難しいとなると、陸送で現地まで運ばないといけません。陸送するとなると、それなりのコストがかかります。このコストを誰が負担するかという問題が出てきます。

恐らく、遠方から依頼する場合はお客さんの負担になる公算が大です。もし陸送費を自分たちが負担することになった場合、それは下取りの中に含まれているか確認しましょう。もしくは提示された金額から陸送費が差し引かれる場合もありますから、注意が必要です。

どうしても遠方で下取りに出す際にはいくつかポイントがあります

どうしても遠方で下取りに出す際にはいくつかポイントがあります
どうしても他府県の遠方のディーラーで車を買い替える、下取りに出したければいくつか注意すべきポイントがあります。

陸送費の目安は把握しておくこと

まず、車を運ぶにあたって「陸送費」はどうしても発生します。

通常車の下取りの見積書を見ると、諸経費が掲載されているはずです。その中にはいろいろな買い替えにあたっての費用が含まれます。もし遠方から車の下取りをお願いするとなると、陸送費や輸送費がこの中に計上される形になるでしょう。この費用がどのくらいかかるのか、おおよその目安を把握しておくべきです。

陸送費の費用は、どの程度の距離を運ぶのかによって変わってきます。しかしネットの情報を総合してみると、安くても2万円程度、高ければ10万円前後かかる恐れがあります。ですから、下取りに出して買い替えを行う場合、この費用がいくらになるのか確認をとっておくべきです。

見積もりの中に反映されているのか、別途で請求されるのかについてもチェックしましょう。

マメに連絡の取れるディーラーであること

もし遠方で車の下取りをお願いする場合には、マメに連絡が取れるかどうかもチェックしておきたいポイントです。最低限押さえておきたいポイントとも言えます。

下取りに出して次の車を購入する際、なかなか遠方だと実物を目にできないでしょう。そうなってくると、車の詳しい情報をコミュニケーションの中で把握しないといけません。

例えば、車の状態をデジカメなどで撮影してもらって、その画像を送信してもらう必要があります。そして詳しく状態を確認して、どの車を購入するか確認する必要があります。そうなってくると、電話をかけたら出てくれる、メールをすると少なくても翌営業日までに返信してくれるところが好ましいです。

もしメールを送ってみたけれども、2~3日経過しても連絡がない場合にはそのお店で車を買い替えるのは控えたほうがいいでしょう。

愛車のかんたん査定はこちら

引っ越した場合いくつかの手続きが必要

引っ越した場合いくつかの手続きが必要
遠方のディーラーで車の下取りをお願いする理由が、引っ越しに伴うものも多いでしょう。もし引っ越しをした場合、いくつか手続きを行う必要があるので忘れずに速やかに行ってください。

免許証の住所変更手続き

まずは免許証の住所変更手続きが必要です。

新居を管轄している警察署や運転免許センターで手続きの受付を行っています。

免許証の住所変更手続きをしなくても、運転するにあたって特別支障はないかもしれません。しかし更新するにあたって、そのはがきが新居に届かなくなります。うっかり免許更新手続きするのを忘れてしまって、その結果失効することもあり得ます。できるだけ早めに変更手続きを進めたほうがいいです。

免許の住所変更手続きをするには、いくつか必要な書類があります。

「現在使っている免許証」と「住民票など新住所を確認できるもの」が必要です。また、他府県から転入する場合には「写真が1枚」必要です。また認印でいいので「印鑑」も持参し、所定の用紙に必要事項を記入して提出します。

車庫証明書の申請手続き

新居でマイカーを使用する場合には、車庫証明書の申請手続きも必要です。正式名称は「自動車保管場所証明書」といいます。

車庫証明書の申請手続きは新居を管轄している警察署で行います。

この時必要書類がいくつかあるので、あらかじめ手配しておきましょう。まずは「保管場所の所在図や配置図」です。その他には「住民票」と「印鑑証明書」「認印」が必要になります。もし自宅内など自分の所有している土地に駐車させる場合には、「保管場所使用権原疎明書面」が必要です。もし駐車場を借りるのであれば、「保管場所使用承諾証明書」もしくは「駐車場賃貸契約書のコピー」などを準備しましょう。そのほかには申請書に貼るための「収入印紙」も必要になります。この収入印紙は申請窓口でも購入できるので、わざわざ準備する必要はないです。

自動車検査証の住所変更手続き

自動車検査証、いわゆる車検証の住所変更手続きも引っ越した場合必要になります。車検証は住所変更があったときから15日以内と決められているので、極力速やかに手続きを進めることです。

受付場所は普通自動車の場合、陸運局です。しかし軽自動車の場合は軽自動車検査協会になるので注意しましょう。

変更する際の必要書類は、「車検証」「車庫証明書」「発行3か月以内の住民票」が必要です。手数料を納付する必要がありますが、陸運局で販売している「印紙」を購入すればいいので準備する必要はありません。「印鑑」も必要ですが、認印で構いません。

その他、申請書類がいくつかあるので、必要事項を記入して提出しましょう。

自動車保険の住所変更手続き

自動車を保有している人は絶対に自賠責保険に加入しているはずです。また、人によっては自動車保険にも加入しているでしょうが、いずれも住所変更手続きをしなければなりません。

この手続きについては、保険会社によって異なるので前もって確認をとっておきましょう。保険会社によっては、車検証の住所変更手続きが完了しないと自賠責保険の手続きが進められない場合もあります。

近くのディーラーに下取りを出すのがおすすめです


このように遠方のディーラーに下取りをお願いしても、出張費用などの観点から断られる可能性があります。日本全国に展開しているディーラーであれば、最寄りのお店で下取りに出すように勧められるでしょう。

下取り対応してもらえない可能性も

例え、ディーラーが違ったとしても、ネットワークがあれば皆さんの愛車情報は引き継がれます。今までお世話になったディーラーではないから、下取り価格が安くなるような心配もまずないでしょう。

もしどうしてもというのであれば、陸送費や出張費などのコスト面の確認をとるべきです。またコミュニケーションをしっかりとって、下取りに出した後でトラブルにならないように注意しましょう。

引っ越しの場合には手続きを迅速に

もし引っ越して普段お世話になっていたディーラーが遠方になった場合、各種住所変更手続きを進めましょう。車検証や免許証、車庫証明などいろいろとあります。

とくに車検証については、変更手続きをする期限が決められています。後々問題にならないためにも、できるだけ速やかに変更手続きを進めることです。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の査定は何社に依頼するべき?

(まとめ)遠方から車の下取り依頼は可能?

1.大手のディーラーであれば遠方でなくても引き継いで車の下取りをしてくれます

大手のディーラーであれば日本全国に店舗を展開していて、ネットワークで情報共有も行っています。このため引っ越しで以前利用していたお店が遠方になった場合でも、新居の近くのディーラーに情報は引き継がれるはずです。

2.遠方のディーラーに車下取りはデメリットがあります

遠方のディーラーに下取りをお願いした場合、スタッフの出張費や人件費をどうするかという問題が発生します。また買い替える場合でもどのように車を運ぶか、その費用をだれが負担するかという問題も出てきます。

3.どうしても遠方で下取りに出す際にはいくつかポイントがあります

遠方のディーラーで車の下取りを出すのはあまりお勧めできませんがどうしてもという場合には、陸送費などの目安に関する情報を収集します。そして質問をしたらすぐにリアクションの来るような、マメに連絡をくれるお店にすべきです。

4.引っ越して遠方になった場合いくつか手続きが必要です

遠方のディーラーで車の下取りを依頼する人で引っ越したからというのであれば、各種住所変更手続きが必要です。免許証や自動車保険、車検証、車庫証明などの変更手続きが必要なので、速やかに進めるべきです。

5.近くのディーラーに下取りを出すのがおすすめです

遠方のディーラーに下取りをお願いしても、最寄りの同じ系列のディーラーを進められるなど断られる可能性が高いです。また陸送費などのコストで下取り価格を差し引かれる恐れもあるので、どうしてもでなければ、近くのディーラーに下取りに出すべきです。

愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。