車検の有効期限がいつまでなのかは新車かどうかで変わるものです

車検の有効期限がいつまでなのかは新車かどうかで変わるものです
車検の有効期限は、新車は3年・初回以降や中古車は2年です。万が一車検が切れてしまった状態で公道を走れば、道路運送車両法違反に該当しますので注意しましょう。

車検が切れた場合は、仮ナンバーを申請したり、業者に運んでもらったりすることで、車検を受けることができます。車検は前倒しで、受けることが可能です。

一般的に、車検は満了日から数えて一ヶ月前に受けるのがベストといわれています。車検切れを防ぐためには、事前に連絡する業者を利用したり、アプリを活用したりする方法が有効です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

車検の有効期限は新車は3年・初回以降や中古車は2年です

車検には有効期限が設けられていますので、期限が過ぎないように注意が必要です。万が一車検切れした車で公道を走ってしまった場合は、ペナルティがあります。

こちらでは、車検の有効期限についての解説と、車検切れにペナルティはあるのかについてお伝えします。

車検の有効期限はいつまでなのか?

日本国内の公道を車で走行する場合、車検を通じて国土交通省が定めている基準を満たしていることを証明しなければなりません。車検はどのような車であっても行われ、自家用車の車検の場合は新車は3年、初回以降や中古車は2年の有効期限があります。

車検の有効期限を調べる際は、車検証の下の方を見るか、もしくはフロントガラスに貼られている車検証シールの裏側を確認しましょう。また、新車は3年、以降の検査は2年という認識は、自家用乗用自動車・軽乗用自動車・250cc超の小型自動車二輪にだけ通用します。

それら以外の車は車検の有効期限が異なっていますので、よく確認してから車検を受けるようにしましょう。

万が一車検切れしてしまった場合ペナルティはあるのか?

車検が切れている車は、公道を走ってはいけないことになっています。万が一、車検切れの状態で公道を運転してしまった場合、道路運送車両法違反となってしまいます。

自賠責保険も切れている場合は、自動車損害賠償保障法違反も適用されるのでそうならないように注意しなければなりません。道路運送車両法違反と自動車損害賠償保障法違反の2つに該当してしまった場合は、違反点数が12点、80万円以下の罰金、もしくは1年6ヶ月以下の懲役になります。

車検切れの車は多くが、自賠責保険も切れているため、これらのペナルティに該当するケースは少なくありません。また、車検・自賠責保険の両方が切れている状態で事故を起こしてしまえば、さらに重たいペナルティが課されてしまいます。

車の所有者は、車検・自賠責保険の有効期限が切れないように意識する必要があります。

車検の有効期限が切れた場合は2つの対処方法があります

車検の有効期限が切れた場合は2つの対処方法があります
車検の有効期限が切れた場合は、公道を走らせることができないため、車検をどう受けるべきか迷ってしまうでしょう。車検が切れてしまった場合、車検を受けるための方法は2つあります。

仮ナンバーを利用する

赤の斜線が引かれたナンバープレートは、仮ナンバーと呼ばれるものです。このナンバープレートを装着することで、一時的に公道を走ることが許されます。

仮ナンバーは各市区町村役場で申請が可能です。審査が行われればすぐさま発行されますので、早めに取得する必要はありません。

車を動かす当日、もしくは前日に申請を行うと良いでしょう。申請をする際は、以下の書類が必要となります。

  • 運転免許証(申請者本人のもの)
  • 自賠責保険証(原本)
  • 対象となる車に関する書類(自動車検査証やメーカーが発行した譲渡証明書など)

申請の際はこれら3つの書類に加えて、印鑑、手数料(750円)、申請書などが必要です。発行してもらえたら、仮ナンバーを装着しましょう。

装着はねじ止めが一番良いですが、ワイヤーや紐などを使って止めても問題はありません。ナンバープレートを装着すべき場所に取り付けていれば良いので、取り付け方はあまり気にする必要はないです。

ただし、失くしてしまうと面倒ですので、外れないように装着した方が良いでしょう。仮ナンバーは使用した後は、返却しなければなりません。

返却の窓口は、申請を行った窓口と同じです。返却期日が決まっていますので、過ぎないように注意しましょう。

業者に運んでもらう

仮ナンバーを取得するのが面倒に感じる場合は、車検を行ってくれる業者に車を運んでもらうことも可能です。業者に依頼した場合、数万円ほどの費用がかかります。

必要となる費用は業者によって異なりますので、依頼をする前に確認しておくと良いでしょう。また、中型以上の運転免許証を持っている方は、レンタカーを借りてご自身で持っていく方法もあります。

レンタカー代がかかりますが、多くの場合業者に依頼するよりも費用を抑えられます。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

車検は前倒しで受けることが可能です

車検切れを防ぐために、早めに車検を受けたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。車検は前倒しで受けることが可能です。

「仕事が忙しい」」「うっかり車検を受けるのを忘れそう」など、何らかの理由がある場合は、前倒しで受けるのも良いでしょう。こちらでは、車検を前倒しで受けられることについての解説と、車検を受けるベストなタイミングをお伝えします。

車検は前倒しで受けられる

車検は有効期限に関係なく、いつのタイミングでも受けることが可能です。極端な例を挙げるのであれば、更新した次の日に、車検を受けることもできます。

そのため、車検切れを心配するのであれば、早いタイミングで受けるのも良いでしょう。しかし、注意点があります。

それは、車検を更新した場合、更新する前の車検の有効期限は失効することです。車検をたくさん受けたからといって、有効期限が積み重なっていくわけではありません。

例えば、有効期限が4ヶ月あるタイミングで車検を受けた場合、その4ヶ月は失効され、無駄になってしまいます。早いタイミングで車検を受けた方が、車検切れの心配はしなくても良いです。

しかし、車検の費用はそれなりにかかるものですので、なるべくは期限が切れるギリギリのタイミングで更新をしましょう。時期によっては、車検場が混雑する場合があります。

業者に連絡をして、混雑をしていないかどうかを確認することをおすすめします。一般的に、12月や3月などは混みやすいといわれています。

それらのタイミングで車検を受ける方は、注意した方が良いでしょう。

車検を受けるベストなタイミングとは?

車検を早く受けすぎると、前回分の有効期限が残っていますので勿体ないです。しかし、遅すぎると車検が切れる恐れがあるため、ちょうど良いタイミングを見極める必要があります。

車検を受けるベストなタイミングは、一般的に満了日から数えて一ヶ月前だといわれています。理由としては、特例が存在するからです。

車検は満了する日から一ヶ月前以降に限り、「本来の期日を変えることなく、車検が有効になる」という特例があります。例えば、満了する日が9月10日だったとします。

8月28日に車検を受けた場合、9月10日から数えて2年後の9月10日までが有効期日となります。つまり、満了する日から一ヶ月前以降であれば、早く受ければ受けるほど有効期日が伸びる結果となるのです。

車検切れを避けるための方法は2つです

車検切れを避けるための方法は2つです
車検切れを起こすと、車検を受けるために手間や費用がかかってしまいます。なるべくは車検切れしてしまう前に、車検を受けるのがベストでしょう。

車検切れを防ぐ方法は、以下の2つがあります。

連絡をしてくれる業者を利用する

車検を行っている業者の中には、車検案内を出してくれる業者がいます。ご自身が車検のことを忘れていたとしても、業者が車検の時期を教えてくれるので車検切れを未然に防げます。

車検を行っている業者といっても様々ですので、調べてみると良いでしょう。一般的に費用を重視するのであれば車検代行業者、安心を重視したいのであればディーラーが良いといわれています。

業者ごとに車検に対する取り組みの姿勢、費用などが異なります。依頼した後に、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、リサーチは徹底しましょう。

また、費用に関していえば、見積もりを行えば車検に必要となる正確な金額を把握できます。見積もりは無料で対応している業者が多いです。

複数の業者に査定を依頼しておけば、費用を見比べることができます。車検案内を出してくれるのかどうかも踏まえて、業者に連絡してみると良いでしょう。

アプリを活用する

最近では、車検をはじめ車のメンテナンスに関するアプリが登場しています。メンテナンスの記録を行えるアプリや、次回に車検を行うべき時期を教えてくれるアプリなど、様々な種類があります。

ご自身に合うアプリがある場合は、積極的に活用すると良いでしょう。アプリを有効に活用すれば、車検切れになるリスクを最小限に抑えることが可能です。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

(まとめ)車検の有効期限はいつまでなのか?

1.車検の有効期限がいつまでなのかは新車かどうかで変わるものです

車検の有効期限は、新車は3年・初回以降や中古車は2年です。車検が切れた状態で公道を走るとペナルティがあります。

車検が切れた場合は仮ナンバーなどを利用すると良いです。車検は前倒しで受けられます。

車検は満了日の一ヶ月前に受けるのがベストです。

2.車検の有効期限は新車は3年・初回以降や中古車は2年です

車検の有効期限は、新車は3年・初回以降や中古車は2年と決まっています。万が一車検が切れてしまった状態で公道を走れば、道路運送車両法違反に該当します。

ペナルティがあるため、車検切れには注意しなければなりません。

3.車検の有効期限が切れた場合は2つの対処方法があります

車検の有効期限が切れている場合は、「仮ナンバーを利用する」「業者に運んでもらう」など2つの方法で車検を受けることができます。

どちらの方法が良いのかは人によって異なりますので、よく考えた上で選択すると良いでしょう。

4.車検は前倒しで受けることが可能です

車検は、前倒しで受けることが可能です。しかし、車検を更新した場合、更新する前の車検の有効期限は失効しますのでその点は注意しましょう。

一般的に、車検は満了日から数えて一ヶ月前に受けるのがベストといわれています。

5.車検切れを避けるための方法は2つです

車検切れを防止するためには、「連絡をしてくれる業者を利用する」「アプリを活用する」などの方法があります。車検切れを起こすと、手間や費用が発生します。

車検切れをしないように、これらの方法を駆使すると良いでしょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる