軽自動車の高速料金は安いです

軽自動車の高速料金は安いです
軽自動車の高速料金は、普通車に比べると安いです。他の車種に比べれば、道路環境にあまり影響を与えないため、安く設定されています。

高速道路を快適に走りたいのであれば、ターボ搭載の軽自動車に乗ることをおすすめいたします。ターボが搭載されていれば、パワー不足を感じずに済みます。

高速道路で追い越しをする際は、追い越し車線に長時間滞在せずに元の車線にすぐ戻りましょう。車間距離を広めにとると安全性が高まります。

高速道路を長時間運転する際は、休憩をするようにしましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
4ナンバーの軽自動車の税金は安いの?

普通車よりも軽自動車の高速料金は安いです

高速道路を利用する場合、普通車であろうが、軽自動車であろうが高速料金を支払うことになります。しかし、軽自動車の場合、普通車よりも安い料金で利用することが可能です。

こちらでは、軽自動車の高速料金が安い理由と、よりお得に高速道路を利用する方法について解説します。

軽自動車の高速料金が安い理由とは?

高速道路を走る場合、1キロメートルあたりいくらという計算で料金を支払うことになります。軽自動車は、1キロメートル×0.8に料金が設定されており、普通車よりも0.2低いです。

なぜ軽自動車の場合だと高速料金は安くなるのでしょうか?理由としては、以下の3点が挙げられます。

  • 道路に与えるダメージが軽度
  • 車体が道路を占有する度合いが少なめ
  • 高速道路を軽自動車で走行しても得られる便益があまりない

他の車種に比べれば、道路環境にあまり影響を与えないため、安く設定されているということです。

よりお得に高速道路を利用する方法

高速道路をよりお得に利用したいのであれば、ETC割引を活用しましょう。ETCとは、車に装備された車載器と料金所ゲートにあるアンテナとの間で通信を行って、支払いを自動で済ませる仕組みのことです。

そして、ETC割引とは高速道路を利用する際、ETCで料金を支払う時に適用される割引のことを指します。この割引が適用される道路は、NEXCO東日本・中日本・西日本の管理下にある高速道路だけです。

車載器とETCカードを用意し、割引の条件を満たしさえすれば、自動的に割引されます。また、ETC割引には、平日朝夕割引や休日割引などの種類があります。

車載器は、

  • 各ディーラー
  • 自動車整備工場
  • カー用品店

で購入可能です。

ETCカードは、クレジット会社が発行していますので、まずは申し込みを行いましょう。

ターボ搭載の軽自動車であれば高速道路も走りやすいです

ターボ搭載の軽自動車であれば高速道路も走りやすいです
軽自動車で高速道路を走る場合、パワー不足による走りにくさを感じる方も多いです。高速道路を走る場合は、ターボ搭載の軽自動車を使った方が快適に運転できます。

こちらでは、ターボ搭載の軽自動車の概要と、ターボ搭載の軽自動車が高速道路の走行に向いている理由を解説します。

ターボ搭載の軽自動車とは?

ターボとは、エンジンそのもののサイズは変更せず、空気をたくさん取り入れることで、パワーを確保する仕組みを指します。ターボ非搭載のエンジンは、NAと呼ばれます。

昔に比べると、軽自動車のボディは大きくなっているため、エンジンが小さいとパワーが足りなくなりがちです。しかし、軽自動車の排気量は明確に決まっているため、排気量を向上させることによってパワーを出す方法は使えません。

軽自動車の場合、パワーを確保するためには、ターボを採用するのが最も合理的なのです。ターボ搭載車は、非搭載の車に比べると多少燃費が悪くなるのが欠点ですが、近年の技術力のおかげで昔ほどの差はありません。

また、ターボ搭載車は非搭載車よりもエンジンの寿命が短いといわれていますが、メンテナンスをきちんと行えば長持ちさせることも可能です。

ターボ搭載の軽自動車は高速道路の走行に最適

河川の上や海沿いを走っている高速道路は、横風が強く吹くことが多いです。軽自動車は普通車に比べるとパワーが不足しており、横風が吹くと走りにくさを感じることもあります。

車速を落とせば、横風の影響をある程度緩和できますが、いずれにせよ横風の影響を受けると不安に感じることは変わりありません。横風の影響をあまり気にせずに走りたいのであれば、ターボ搭載車の軽自動車がおすすめです。

ターボ搭載車であれば、横風が吹いても風に負けずに進むことができます。アクセルを強く踏み込まないでも進めるので、風の強い高速道路であってもスムーズに運転できるようになるでしょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

高速道路をトラブルなく安全に走るコツは4つです

軽自動車で高速道路をあまり走ったことがない場合、不慣れなためになんらかのトラブルが生じたり、事故を起こしてしまったりすることもあります。安全に高速道路を走るためには、以下の4つのポイントに注意してみましょう。

1.追い越し車線に長時間いない

前の車を追い越す際、追い越し車線に移ってそのままその車線で走り続ける方もいるでしょう。しかし、前の車を追い越したら、元の車線に戻ることをおすすめします。

そもそも追い越し車線は、車を追い越すための車線ですので、いつまでも居続けるのは望ましくありません。追い越し車線に長時間いると、後ろに別の車がぴったりとつき、あおられたような状況になることもあります。

2.車間距離を意識する

車間距離を広めるとることは、安全を確保する基本です。トラックのような車高の高い車の場合、あまりにも距離が近すぎると車高の低い軽自動車が見えないことがあります。

軽自動車は相手からは見えにくいことを念頭に、車間距離を広めにとっておけば安全性を高められるでしょう。

3.風圧を受けても冷静さを失わないようにする

軽自動車は軽い車ですので、大きな車が真横を通ると風圧によって車体が揺れることがあります。風圧を感じて冷静さを失い、事故に繋がる可能性はあるので注意しましょう。

風にあおられただけでは、すぐに事故に繋がることはありません。風圧を感じたら、「軽自動車は軽い車だから当然」という意識を持ち、冷静さを保ちましょう。

4.ルートの情報をあらかじめチェックしておく

現在ではカーナビがあるので、道路の状況を調べずに高速道路を利用する方も多いです。しかし、カーナビが教えてくれる道を走ると、渋滞が発生していてなかなか進まない事態になることもあります。

高速道路を利用する前に、ご自身が通る予定のルートの情報を調べてみましょう。台風によって道路が通行止めになることもあります。

あらかじめルートを調べてみて、トラブルになりそうな情報を発見した場合は、別のルートを探してみると良いでしょう。

高速道路を走る際はこまめに休憩することが大切です

高速道路を走る際はこまめに休憩することが大切です
高速道路を走る場合、定期的に休憩をすることをおすすめします。休憩をしないと、事故を起こす可能性が高まってしまうので注意しましょう。

こちらでは、運転中に休憩しないとどうなるのかについて解説した後に、休憩のサイン、高速道路を運転する際の休憩の目安をお伝えします。

運転中に休憩しないとどうなるのか?

運転を長時間行うと、徐々に集中力と判断力が下がっていきます。わき見運転や安全の不確認といった事故を起こしやすい状態となるため危険です。

また、長時間の運転は居眠り運転を起こすリスクも高まってしまいます。高速道路は景色があまり変化しない場所も多いので、居眠りしやすいです。

加えて、同じ姿勢で過ごすことで、エコノミー症候群になる可能性もあります。エコノミー症候群になると、生命の危機に陥ることもあるので気をつけなければなりません。

休憩のサイン

長時間運転し、疲労がたまってくると、あくびをする回数が普段よりも多くなります。あくびの回数が多い時は、眠気を感じているケースがほとんどであり、判断力が下がっているため注意が必要です。

また、まばたきも休憩をするサインの1つです。まばたきが普段よりも多いと、眼精疲労の疑いがあります。

目が疲れると思わぬ事故に繋がる恐れもあるので、決して軽視して良いものではありません。他にも肩の凝りや足のむくみなどは、長時間運転した時にあらわれる不調ですので、「あ、これは」と感じた時は休憩しましょう。

高速道路を運転する際の休憩の目安

高速道路を運転する際は、2時間に1回は休憩を挟んだ方が良いといわれています。しかし、人の体調は日ごとに異なるものですので、2時間経過していなかったとしても疲れを感じた場合は休むようにしましょう。

休憩をする際は、運転席に座り続けるのではなく、外へ出て深呼吸をしたり、ストレッチをしたりした方が良いです。眠気を感じた場合は、カフェイン入りのドリンクを飲んで対処しましょう。

また、あまりにも眠すぎる場合は、仮眠をとりましょう。ぼんやりとした状態で運転すると、事故に繋がる可能性があります。

仮眠後は、寝ぼけていることがあるので軽めに運動をして、頭を覚醒させましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
4ナンバーの軽自動車の税金は安いの?

(まとめ)軽自動車の高速料金は安いのか?

1.軽自動車の高速料金は安いです

軽自動車は、高速料金が安めです。ターボ搭載車であれば、パワー不足を感じずに済みます。

高速道路で追い越しをする際は、追い越し車線に長時間滞在せずに元の車線にすぐ戻りましょう。長時間運転する際は、休憩をとるようにしましょう。

2.普通車よりも軽自動車の高速料金は安いです

軽自動車の場合、高速道路を利用する際に発生する高速料金が安めです。他の車種に比べれば、道路環境にあまり影響を与えないため、安く設定されています。

よりお得に高速道路を利用したいのであれば、ETC割引を活用すると良いでしょう。

3.ターボ搭載の軽自動車であれば高速道路も走りやすいです

ターボとは、空気をたくさん取り入れることでパワーを確保する仕組みのことです。高速道路を走っていると横風の影響を受けるため、パワーが不足する軽自動車では走りにくいです。

しかし、ターボ搭載車に乗ることで、横風を気にせずに走れます。

4.高速道路をトラブルなく安全に走るコツは4つです

高速道路で追い越しをする際は、追い越し車線に長時間滞在せずに元の車線にすぐ戻りましょう。車間距離を広めにとると安全性が高まります。

風圧を受けても冷静さを失わずに走りましょう。また、ルートの情報を事前に調べておくとトラブルを回避できます。

5.高速道路を走る際はこまめに休憩することが大切です

長時間運転をすると集中力と判断力が下がるので、定期的に休憩しましょう。あくびやまばたきの回数が増えると、疲労がたまっている可能性があります。

目安としては、2時間に1回は休憩を挟んだ方が良いといわれています。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる
グー買取ラボ編集部
グー買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。