中古車の購入に必要なものは書類です

中古車の購入に必要なものは書類です
中古車の購入に必要となる書類は様々です。どういった書類が必要となるのかを把握した上で、用意しましょう。

車庫証明の申請をご自身で行う際は、手続きの流れと必要書類を把握しておくことが大切です。また、中古車を購入する際は、ローンや任意保険の確認も行っておくと良いです。

車を買い替える際は、必要書類を準備するだけでなく、古い車の処分方法も考えておきましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
中古車の値段の相場はどれくらい?

中古車を購入する際に必要となる書類は様々です

中古車を購入する際に必要となる書類は様々です
中古車を購入するためには、様々な書類を用意しなければなりません。購入する時に慌ててしまわないためにも、購入前にどのような書類が必要となるのかを確認しておくことが大切です。

一部の書類は販売店に代行を依頼して用意してもらうことも可能ですが、ご自身で用意する必要がある書類もあるので、漏れがないように注意しましょう。不安であれば、販売店に確認すると安心です。

以下では、普通車と軽自動車を購入する際に必要となる書類をご紹介します。

普通車を購入するために必要な書類

普通車に必要となる書類は、6つあります。以下では、それぞれの書類について解説します。

車庫証明書

車を保管する場所があることを証明する書類で、警察署で申請することができます。販売店が申請の代行を行ってくれるケースがほとんどであるため、ご自身で準備するのが面倒に感じる場合は業者に任せましょう。

実印

実印は、ご自身が住んでいる市区町村で登録(実印登録)を済ませておく必要があります。まだ、登録をしていない場合は、契約を結ぶ前にしておきましょう。

実印は、どんなハンコでも良いわけではなく、変形せずに使えるものを用意しなければなりません。

印鑑証明書

実印が実印登録を済ませているのを証明するのが、印鑑証明書です。実印が必要である以上、こちらも用意しなければなりません。

車を購入する際は、発行した日から数えて3ヶ月以内の印鑑証明書が必要となりますので、その点は注意しましょう。

自動車検査証

こちらの書類は、ご自身で用意する必要はありません。中古車の販売店が、大切に保管しているはずです。

車を購入した後は、名前の欄がご自身の名前になっているかチェックしておきましょう。

自賠責保険証明書

自賠責保険に関する手続きは、販売店が代行してくれることが多いので、自分で用意する必要はありません。

委任状

車の名義を、新たに所有する人物に移すための手続きを販売店は代行してくれます。委任状は代行を依頼するために、必要となるものです。

軽自動車を購入するために必要な書類

普通車と軽自動車とでは、必要となる書類の内容が異なるので注意しましょう。軽自動車を購入する場合、5つの書類を用意しなければなりません。

印鑑

印鑑は、認印でも構いません。しかし、自治体ごとに異なりますので、あらかじめチェックしておきましょう。

住民票

中古車を購入する人物の氏名・現住所が確認できる住民票を用意しなければなりません。この書類がないと、現在どこに住んでいるのかを証明できませんので、忘れずに用意して提出しましょう。

自賠責保険証明書

普通車と同様に、軽自動車を購入する際にも自賠責保険証明書は必要です。車検が中古車に残っている場合は、名義を変更しなければなりません。

自動車検査証明書

名義変更は、販売店が対応してくれるため、ご自身で行わなくても良い場合が多いです。不安を感じるようであれば、代行してくれるかどうかを確認すると良いでしょう。

委任状

販売店に代行を依頼する場合は、軽自動車も普通車と同様に委任状が必要です。

車庫証明の申請をご自身で行うなら手続きの流れと必要書類を把握することが大切です

車庫証明の申請をご自身で行うなら手続きの流れと必要書類を把握することが大切です
中古車を購入する際、費用を少しでも減らすために車庫証明の申請をご自身で行いたいと考える方もいるでしょう。申請は、対象となる駐車場のエリアを担当している警察署でできますので、ぜひ申請してみてください。

こちらでは、車庫証明申請の大まかな流れと、必要書類の一覧をご紹介します。

申請の大まかな流れ

車庫証明を申請する際は、以下のような流れで行うことになります。

1.車を駐車させる場所を確保する

車を駐車させる場所はどこでも良いわけではなく、自宅から車を駐車させる場所まで、直線で2㎞以内である必要があります。道路から問題なく出入りが可能で、車全体をきちんと収容できる場所こそが、保管場所として認められるのです。

また、これらの条件を満たすだけでなく、車を所有する方が自動車を駐車させる場所を使用する権利をしっかりと持っていないといけません。

2.申請に必要となる書類を用意して提出する

車庫証明に必要な書類は、警察署で手に入れることが可能です。対象となる駐車場を担当している警察署で、書類を受け取ったら必要事項を記入しましょう。

書類が出来上がったら、再び警察署に行って書類を提出します。その際、申請手数料がかかりますので、忘れずに用意しましょう。

申請手数料は、2100円です。

3.車庫証明を取得する

交付する日になったら、警察署に行きましょう。交付の際は保管場所標章交付手数料と印鑑を持っていく必要がありますので、忘れないように注意が必要です。

保管場所標章交付手数料は、500円です。

車庫証明を申請するために必要な書類

車庫証明を申請する際、以下の4つの書類が必要になります。

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 権原書面
  • 所在図・配置図

必要書類は警察署にありますので、申請をご自身で行う場合は取りに行かなければいけません。わからないことがあれば、書類を受け取る際に質問しておくと良いでしょう。

また、必要書類は警察署のホームページからダウンロードすることができます。直接行くことが難しい場合は、ホームページをご確認ください。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

中古車を購入するならローンや任意保険の確認も忘れずにチェックしましょう

中古車を購入する際は、必要書類の準備だけに意識を向けるのではなく、ローンや任意保険などもチェックするようにしましょう。ローンや任意保険は、ご自身で合ったものをチョイスすることが重要です。

ローンは金利をチェックして組む

車の購入は高額となる場合が多いため、ローンを活用する方も多いでしょう。ローンは各社ごとに金利が異なります。

ローンを組んだ場合、毎月の返済をしていく必要があるため、ご自身の収入に合っていない返済額だと苦労することになります。ご自身のライフスタイルと収入を考えた上で、無理なく支払えるようなローンを組むと良いでしょう。

また、ローンを組む際は、金利をチェックするのはもちろんのこと、中古車の販売価格にも厳しく目を光らせることが大切です。ローンであれば、多少高くとも問題ないと判断しがちかもしれません。

しかし、高い価格の車を買うと、当然毎月支払う金額が高いため、負担は大きくなります。ローンの組み方次第では、長い期間支払い続けることもあるので、慎重に決めるようにしましょう。

任意保険は内容を見て判断する

任意保険は、自賠責保険と異なり、補償の範囲が幅広いため、ご自身のニーズに合わせて選択できます。また、任意保険には補償だけでなく、ロードサービスや特約などもありますので、中古車を購入するのであれば、各社の任意保険を確認しておくことをおすすめします。

任意保険の加入は強制ではありません。しかし、万が一事故が発生した場合、自賠責保険のみだと不十分なことも多いです。

中古車を購入して新しい車に乗った場合、慣れるまで時間がかかります。運転に自信があったとしても、慣れない車での運転は普段よりもリスクが伴うものです。

納車の前までに加入しておきましょう。

中古車を購入する際は必要なものを用意するだけでなく古い車の処分方法も決めておくと良いです

中古車を購入する際は必要なものを用意するだけでなく古い車の処分方法も決めておくと良いです
車を乗り換えるために中古車の購入をする方もいるでしょう。購入に必要な書類を用意したり、ローンや任意保険の確認をしたりするのと並行して、古い車の処分方法も考えておくことをおすすめします。

お得に処分をしたいのであれば、買取もしくは下取りを選択すると良いでしょう。

買取と下取りは何が違う?

買取は、車の買取店に車を売却することです。相場変動の影響を受けやすく、人気のある車は高く売れる可能性があります。

一方、下取りはご自身がこれから購入する車の販売店が、あなたの古い車を引き取ることを言います。買取と違い現金を受け取れない代わりに、購入する車の支払総額が値引きされたり、特典があったりします。

どちらが良いかはそれぞれのメリットで判断する

買取と下取り、どちらが良いか迷った際は、それぞれのメリットを把握した上で判断すると良いでしょう。以下では、それぞれのメリットをご紹介します。

買取のメリット

買取は、一般的に下取りよりも高い価格で売却できることが多いです。また、現金を受け取ることができるため、車の購入に限定するのではなく、ご自身の好きなように得たお金を使えます。

下取りのメリット

下取りのメリットは、車の購入と処分を一括で行えることです。手間なく購入・処分を終えたい方にとって、このメリットはありがたいと感じるものでしょう。

また、下取りは相場の影響を受けにくいため、その点もメリットとして挙げられます。

合わせて読みたい!おすすめ記事
中古車の値段の相場はどれくらい?

(まとめ)中古車の購入に必要なものとは?

1.中古車の購入に必要なものは書類です

中古車を購入するためには、書類を用意しなければなりません。車庫証明の申請をご自身で行う場合は、手続きの流れと用意すべき書類を把握しておきましょう。

また、書類だけでなくローンや任意保険のチェックも行っておくと良いです。

2.中古車を購入する際に必要となる書類は様々です

中古車を購入する場合、様々な書類を用意しなければなりません。一般的に普通車は6つ、軽自動車は5つの書類が必要です。

一部の書類は販売店が代行してくれるものもありますので、その点は覚えておきましょう。

3.車庫証明の申請をご自身で行うなら手続きの流れと必要書類を把握することが大切です

車庫証明の申請をご自身で行う場合は、駐車場の確保から申請、取得など、手続きの一連の流れを覚えておくと良いでしょう。また、申請の際は書類を用意する必要があるため、忘れずに用意してください。

4.中古車を購入するならローンや任意保険の確認も忘れずにチェックしましょう

中古車を買う際は、必要書類の準備だけでなく、ローンや任意保険なども確認しておきましょう。ローンは各社ごとに金利が異なるので、よく見比べた上で判断すると良いです。

任意保険は、各社ごとに内容が異なるので、ニーズに合わせて選びましょう。

5.中古車を購入する際は必要なものを用意するだけでなく古い車の処分方法も決めておくと良いです

中古車を購入する際は、古い車の処分方法も考えておきましょう。お得に処分をするなら、買取・下取りを選択すると良いです。

買取と下取りはそれぞれメリットが異なります。どちらが良いか迷った際はメリットを比べてみましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる