軽自動車の名義変更は、所有者を変えるための手続きです

軽自動車の名義変更は、所有者を変えるための手続きです
車にはそれぞれ所有者が決まっており、車検証にも記載されていて、車の売却などの権利を有します。軽自動車を手放す際などは、所有者が変わるので名義変更手続きを行うことになります。

手続きは、業者に依頼しなくても自分でもできます。必要な書類を揃えて、軽自動車検査協会に出向いて提出するだけなので、思ったよりも簡単です。

代行業者や販売店などに依頼した場合は、必要書類を提出するだけで、代わりに軽自動車検査協会へ手続きのため出向いてもらえるので効率的です。ただし、代行手数料がかかるので費用がかさみます。

また、軽自動車の所有者が亡くなり、相続する際も名義変更は必要となります。売却目的であってもまずは名義変更をしなければならないのです。

合わせて読みたい!おすすめ記事
4ナンバーの軽自動車の税金は安いの?

軽自動車の所有者が変わった場合、名義変更が必要となります

名義変更とは?

軽自動車の売買や譲渡を行う際は名義変更手続きが必要となります。軽自動車の自動車検査証(車検証)には、車の所有者が記載されていますが、その名義変更というのは所有者を変更することを意味します。

名義変更に関しては、道路運送車両法で車の購入、納車後15日以内に行うことと定められていますが、行わなくても罰則はありません。しかし、名義変更をしていないと、自動車税の納付書や交通違反、交通事故を起こした際の通知書が所有者の元へ届いてしまうなどのトラブルを招きます。

やはり、車の所有者が変わるのなら名義変更をしておいた方いいでしょう。軽自動車の名義変更は、普通車よりも簡単なので難しく考える必要はありません。

名義変更の方法

名義変更というと、専門業者しかできないようなイメージがありますが、自分でもやろうと思えばできます。もちろん販売店に代行してもらうことも可能です。

自分で行う場合は、必要書類を揃えてかかる費用も確認し、自ら軽自動車検査協会に出向きます。必要な用紙などをもらい、記入後に書類一式を提出し新たな車検証を受け取るという流れで行います。

販売店に依頼すると、業者から指示された書類をこちらでそろえて提出すれば、あとは業者が手続きしてくれます。

手続きが完了すれば新しい車検証が届きます。業者に依頼すると手数料がかかる分、名義変更に必要な費用がかさんでしまいますが、自分で検査協会に出向かないでよいので効率的です。

名義変更を自分で行うとかかる費用を抑えることができます

名義変更を自分で行うとかかる費用を抑えることができます
自分で行う際の必要書類

名義変更を自分で行う場合は、まず必要となる書類一式を揃えることから始めます。車検証は車の助手席側ダッシュボード内のファイルに保管されているはずなので確認しておきましょう。

  • 車検証に記載の所有者の印鑑
  • 新使用者の印鑑
  • 新所有者の印鑑(新所有者と新使用者が異なる場合)
  • 新使用者の住所が確認できる住民票もしくは印鑑登録証明書
  • 前後2枚のナンバープレート(ナンバー変更がある場合)
自分で行う際の手順

名義変更は各都道府県の軽自動車検査協会の窓口にて手続きが可能です。必要書類を持参し、窓口で「軽自動車税申告書」や「自動車検査証記入申請書」などの必要書類を受け取って記入します。

書類が全て揃ったら提出します。書類に不備がなければ、新しい使用者が記載された新車検証が交付されるので内容に間違いがないかをまず確認しましょう。

ナンバーの変更をするには、別の窓口で新たなナンバープレートを購入します。希望のナンバーが欲しい場合は、事前予約となるのであらかじめ問い合わせて確認しておきましょう。

また、軽自動車は基本的に車庫証明はいりません。しかし、地域によっては保管場所の届け出をしなければならない場合もあるので全国軽自動車連合会のホームページで確認したほうが良いでしょう。

保管場所の届け出が必要なら警察署で手続きができます。

手続きにかかる費用

名義変更をすると以下の項目に対して費用がかかります。

  • 軽自動車税環境性能割
  • 住民票や印鑑登録証明書の交付のための手数料
  • 収入印紙代

手数料や印紙代は数百円ですが自動車取得税に変わる環境性能割は、税率が登録年などによって変わるので一概にはいえません。数千円程度だとされています。

ナンバーを変更する場合は別途1500円~5000円程度です。また、希望ナンバーにした場合は更にプラスで1000円~2500円程度かかると言われています。

そして、地域によって保管場所の届け出が必要な場合は、保管登録場所標章の交付手数料が500円程度かかります。しかし、それでも自分で行なえばかなり費用が抑えられるでしょう。

愛車のかんたん査定はこちら

業者に名義変更手続きを依頼すると代行手数料がかかります

業者に依頼する時の必要書類

販売店や代行業者に名義変更を依頼する場合の必要書類は、自分で行う場合と少し異なります。

  • 新使用者の住民票や新使用者の認印が押印された新使用者の申請依頼書
  • 旧所有者の認印が押印された旧所有者の申請依頼書
  • 車検証
  • ナンバープレート(ナンバー変更希望の場合)

が必要です。

第三者である販売店が名義変更を代理で行う場合は、

  • 新旧両方の車の持ち主の申請依頼書

が必要です。書類と費用を業者に渡すだけで手続きは完了です。

プラスで代行手数料がかかる

販売店に依頼する時の費用は、代行手数料がプラスでかかります。保管場所の届け出の手続きを含まない場合は、大体1万円~2万5000円位が手数料の相場となります。

保管場所の届け出手続きを含む時は、軽自動車検査協会のみならず、管轄の警察署にも出向かなければなりません。そのため、場合によっては4万円くらい代行費用がかかることもあります。

ただし、業者によって手数料は大きく違ってくるので、利用する前に調べておくと安心です。また、ナンバープレートを変更する場合、保管場所の届け出が必要な地域では費用が加算されることも忘れないようにしましょう。

ナンバープレートもペイント式なら希望ナンバーで4000円程度です。ただし、字光式といってナンバーの数字が光るタイプにすると、希望ナンバーだと6000円程度はかかります。

費用を計算する時に、どちらのナンバープレートにするのか、希望ナンバーにするのかなども決めておく必要があるでしょう。また、軽自動車を中古車買取業者に売却する場合は、業者の方で名義変更の手続きを進めてくれます。

ただ、手数料は売却代金から差し引かれる場合がほとんどですが、自分では手続きしなくても良いのでとても楽です。逆に中古車を購入する際の名義変更も、購入先の販売店がほぼやってくれます。

一方で販売店を通さないで手に入れる場合、知り合いや家族から譲り受けるといったケースでは、自分で行うか代行業者を依頼するかになります。

相続による軽自動車の名義変更は手続きは簡素化されています

相続による軽自動車の名義変更は手続きは簡素化されています
相続による名義変更も手続きは簡単

軽自動車の名義変更を行うケースとしては、軽自動車を相続した場合も当てはまります。軽自動車の所有者が亡くなった場合、故人の財産である軽自動車も相続の対象になります。

相続するといっても、具体的には名義変更の手続きを行うだけです。そして、軽自動車の相続による名義変更は、普通車の場合よりもかなり簡素化されています。

必要な書類は通常の名義変更に必要な書類に、亡くなった方の戸籍謄本をプラスするだけです。

  • 車検証
  • 新所有者の住民票
  • 新所有者の認印
  • 亡くなった方の戸籍謄本

一方で、普通車の場合相続人の印鑑証明書や遺産分割協議書などが必要となり、他の相続人に実印を押印してもらうなど、協力を仰がなければならないので面倒ではあります。

ただし、軽自動車の相続による名義変更は、個々のケースが地域によっては書類が多少異なる場合もあります。何度も出直さなくも済むように、あらかじめ都道府県の管轄の軽自動車検査協会に問い合わせておいたほうが良いでしょう。

売却目的でも名義変更は必要

軽自動車の場合は手続きが簡単だからと言って、他の相続人の意向を無視して自分の独自の判断で、他の相続人には内緒のうちに名義変更をしてはいけません。後で軽自動車の時価相当額にあたる金額の損害賠償請求などを受ける可能性があるので注意が必要です。

軽自動車であっても売却すればお金に変えることができるため、財産的な価値は高いとされるからです。ただ、相続しても軽自動車が不要で、すぐにでも売却したいというケースもあるでしょう。

しかし、いくら売却が目的であっても、まずは亡くなった方から相続人への名義変更を行ってからでないと、売却はできないことになっているので注意しましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
4ナンバーの軽自動車の税金は安いの?

(まとめ)軽自動車の名義変更の手続きとは?

1.軽自動車の名義変更は、所有者を変えるための手続きです

軽自動車の売却などで所有者が変わる場合、名義変更手続きを行います。必要書類を揃えて軽自動車検査協会に出向けば自分でもできます。

業者に依頼すれば、代行手数料はかかりますが効率的です。

2.軽自動車の所有者が変わった場合、名義変更が必要となります

軽自動車の売買などで所有者が変わる場合は、名義変更手続きを行います。手続きをしないと、自動車税の納付書が以前の所有者に届くなど不都合が生じます。

名義変更の手続きは、業者に頼んでも良いし、自分でもできます。

3.名義変更を自分で行うとかかる費用を抑えることができます

軽自動車の名義変更は、業者に依頼しなくても自分でも手続きが可能です。車検証などの必要な書類を揃えて、軽自動車検査協会に出向いて必要書類を提出し、新車検証を交付してもらうだけなので簡単です。

必要書類も普通車の名義変更に比べると少なくて楽です。

4.業者に名義変更手続きを依頼すると代行手数料がかかります

業者に軽自動車の名義変更を依頼する場合は、新旧所有者の申請依頼書が必要となります。また、手続きを代行してもらうのに手数料が必要です。

概ね1万~2万円程度かかりますが、保管場所の届け出が必要な場合は更に数万円かかることもあります。

5.相続による軽自動車の名義変更は手続きは簡素化されています

軽自動車の所有者が亡くなった場合も、名義変更手続きを行う必要があります。普通車と違って、軽自動車の場合通常の必要書類に亡くなった方の戸籍謄本をプラスするだけで手続きも簡素的です。

売却が目的であっても、まずは名義変更手続きを行います。


※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。