トヨタ マークII 【あえてノーマルで乗りたい、「ギャップ萌え」セダン】のレビューをご紹介

トヨタ マークII[不明]

投稿者評価

平均

あえてノーマルで乗りたい、「ギャップ萌え」セダン 投稿日:2023年03月28日※レビューの内容は投稿時のデータです。

star star star star star 4.1

【このクルマの良い点】
一見、おじさん車にしか見えませんが、実は走らせると無茶苦茶速いというギャップがとても楽しいクルマです。見た目通り、通勤に使用しても全く問題ありませんし、あくまでも「4ドアセダン」ですので、家族の受けも上々。ゆったりとしたペースで走る分には、ベースの素質の良さもあり、乗り心地も非常に良いです。

一方、走りモードに切り替わったとたん、全く別物のクルマに変貌します。特に搭載されている「1JZ」エンジンの出来は最高だと思います。ツインターボで過給される、2500ccの直列6気筒エンジンは、非常にスムーズに噴き上がり、あっという間に法定速度付近まで加速していきます。室内に伝わる振動なども少ないため、スピード感があまりなくてもけっこうな速度領域まで速度が上がっていることもしばしば。エンジン音に関しても、耳障りな雑音もないので、よほどバランスの取れたエンジンなのではないでしょうか。

【総合評価】
一時期、トヨタで開発コストを過剰にかけた車として、クラウン、マーク2、カローラが挙げられていました。ミドルセダンの代表であるマーク2は、テストを重ねてから世に出された感はひしひしと伝わってきます。内外装の造り込み、エンジンならびにサスペンションのセッティング、遮音性などなど全てにおいて隙がありません。特に乗り心地や遮音性に関しては、このクラスでは最高だと思います。素材がいいので、チューニングを施してドリフト車に仕上げていた人も多数いましたね。私個人的には、「ギャップ」を楽しむために、あえてノーマルに近い形で乗っていました。

また、前述したとおり、このエンジンは歴代のトヨタのエンジンの中でも歴史に残る名機だと思います。吹け上がりやパワーもですが、独特のサウンドに痺れたものです。ハイブリッドや排気量のダウンサイジング化が進み、高級グレードでも4気筒エンジンが主流となった昨今の風潮は大変残念。車好きを唸らせる官能的なエンジンの再登場を期待しています。

  • 外観5.0
  • 乗り心地4.0
  • 走行性能5.0
  • 燃費・経済性3.0
  • 価格4.0
  • 内装4.0
  • 装備4.0
利用シーン
通勤通学 ドライブ
オススメ
走り好き ファミリー
特徴
カッコいい 安定性 加速

このレビューが参考になった!

参考になった人0

プロフィール画像
架神

佐賀県唐津市

  • 126投稿
  • 268いいね
クルマレビューを投稿する

※販売店レビューの投稿はこちら

マークII

総合評価

4.0
(133件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
4.2 4.3 4.2 3.9
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備
4.2 3.2 3.9

おすすめレビュー

ジェントルな最後の直6エンジンセダン

  • トヨタ /マークII
  • iR
  • TA-GX110

投稿日: 2023年08月09日

トヨタの人気車種のクルマレビューを探す

オプションからマークIIの中古車を探す

マークII(トヨタ)のクルマ情報(中古車両)をオプションから簡単に車両検索できます。

色からマークIIの中古車を探す

マークII(トヨタ)のクルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

マークIIの新着物件を見る

モデル一覧

グーネット中古車お役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜

矢印