キャリイトラック ブラウン系(スズキ)の中古車を探す

モデルで絞り込む

  • キャリイトラック DA06系

    2013年9月~

  • キャリイトラック DA、DB02、03、05系

    1999年1月~2013年8月

  • キャリイトラック DC、DD01系

    1991年9月~1999年1月

  • キャリイトラック DA、DB01系

    1985年3月~1991年9月

価格相場もっと見る

平均価格71.7万円
(中古車価格帯6.8~449万円)

クルマレビュー

総合評価

3.871件

外観3.9

乗り心地3.4

走行性能3.9

燃費・経済性4.0

価格4.2

内装3.5

装備3.6

満足度4.1

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数                        ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

5台中1~5台表示

新着順 ▲新 ▼古

本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

キャリイトラック KC エアコン・パワステ

本体価格 (税込)

85万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2005年
  • 走行3.0万km
  • 車検なし
  • 排気660cc
  • 保証3ヶ月・5000km
  • 修復なし

ミッションAT5速

カラーブラウン

ボディタイプ軽-トラック

法定整備整備込

キャリイトラック KCエアコン・パワステ 4インチリフトアップ 社外アルミ 社外HDDナビ ワンセグTV

本体価格 (税込)

68万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2009年
  • 走行11.1万km
  • 車検なし
  • 排気660cc
  • 保証保証無
  • 修復なし

ミッションAT

カラーブラウンM(色替)

ボディタイプ軽-トラック

法定整備整備無

グー保証付けられます

キャリイトラック  4インチリフトアップ オーバーフェンダー 社外アルミ フロントスペーサー 4WD AC MT ナビ ノーマルタイヤあり

本体価格 (税込)

45万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2007年
  • 走行13.6万km
  • 車検2021年7月
  • 排気660cc
  • 保証保証無
  • 修復なし

ミッションMT5速

カラーライトブラウン

ボディタイプ軽-トラック

法定整備整備無

キャリイトラック KCエアコン・パワステ 5MT 4WD 3方開 保証付 2inchリフトアップ マッドタイヤ 全塗装

本体価格 (税込)

88万円

支払総額 (税込)

95万円

  • 年式2006年
  • 走行2.5万km
  • 車検車検整備付
  • 排気660cc
  • 保証3ヶ月・3000km
  • 修復なし

ミッションMT5速

カラーブラウン(色替え)

ボディタイプ軽-トラック

法定整備整備込

ページトップへ戻る

スズキ キャリイトラック

グーネットに掲載されている「スズキ キャリイトラック」の掲載状況は?

グーネット中古車ではスズキ キャリイトラックの中古車情報を3,261台掲載しています。
車両価格は6.8万円~449万円、最も掲載の多いボディーカラーはホワイトで2,249台となっています。(2021.05.14)

車種の特徴

1961年にリリースされたスズキの「キャリイトラック」は、自動車を仕事に利用する人の利便性などを考えて開発された軽トラックです。このクルマには、運転のしやすい室内と乗降性の高い幅広のドアのほか、低い荷台床面で積み下ろしが容易な荷台が備えられています。なお、この車両は、2013年から、日産「NT100クリッパー」の2代目モデルとしてOEM供給がされている他、2014年からは、三菱自動車「ミニキャブトラック」の7代目モデルとしても、OEM供給が開始されています。2018年5月発売モデルには、2代目「スペーシア」や「クロスビー」でも採用されている後方誤発進抑制機能が搭載されており、ボディカラーに関しては、「スペリアホワイト」や「シルキーシルバーメタリック」などが用意されています。なお、このモデルの発売と同時に、「キャリイ」をベースにキャビンのスペースを広く確保した派生モデル「スーパーキャリイ」が登場しています。そのほか、このクルマの特別仕様車については、2016年8月発売モデルにラインナップされている誕生55周年を記念した「KCスペシャル」や、「農繁スペシャル」などがあります。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

英語で「運ぶ」を意味する「CARRY」が由来のストレートなネーミングで、軽トラックとしてムダなく荷物を運搬するという決意が表れている。39年にわたって車名別年間販売台数1位を占めるという快挙を記録したベストセラー商用車だ。カタカナ表記では「キャリー(長音)」「キャリィ(小文字)」などの誤りが多い。

モデル概要、その魅力は?

10代目(1999年)からは、それまであったワンボックスボディの「キャリイバン」が消滅し、「エブリイ」に移行されている。荷物運搬に特化されたシンプルな構造は、耐久性の高さや整備のしやすさで、世界140カ国以上で販売されるなど高い評価を獲得している。1961年から販売され続ける、日本を代表する長寿モデルでもある。

口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます