C−HR ワイン系(トヨタ)の中古車を探す

モデルで絞り込む

  • C−HR 10、50系

    2016年12月~

価格相場・詳細もっと見る

平均価格214.8万円
(中古車価格帯146.3~440万円)

カタログ情報・詳細もっと見る

WLTCモード燃費 14.3~25.8km/l
JC08モード燃費 15.2~30.4km/l
10・15モード燃費 -- km/l
排気量 1200~1800cc

口コミ

総合評価

星 星 星 星 星

3.655件

外観4.0

乗り心地3.7

走行性能3.7

燃費・経済性3.6

価格2.9

内装3.5

装備3.6

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数
メーカー区分
ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
運転支援
その他

条件指定

10台中1~10台表示

新着順 ▲新 ▼古

車両本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

お気に入り

C−HR G

id車両
グー鑑定車
内装4
外装5
機関/正常
車両状態評価書

車両本体価格 (税込)

226.4万円

支払総額 (税込)

243.2万円

  • 年式2018年
  • 走行距離1.4万km
  • 車検2023年7月
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションCVT

カラーワイン

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

お気に入り

C−HR G ワンオーナー メモリーナビ フルセグ CD・DVD再生 バックカメラ 衝突被害軽減システム ETC LEDヘッドランプ オートクルーズコントロール スマートキー

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る

車両本体価格 (税込)

201.3万円

支払総額 (税込)

210.4万円

  • 年式2017年
  • 走行距離3.9万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションCVT

カラーワイン

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

C−HR S LEDパッケージ フルセグ メモリーナビ DVD再生 バックカメラ 衝突被害軽減システム ETC LEDヘッドランプ ワンオーナー 記録簿

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る

車両本体価格 (税込)

204.6万円

支払総額 (税込)

214.8万円

  • 年式2018年
  • 走行距離2.8万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションAT

カラーワイン

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

C−HR G ナビ フルセグ バックモニター パワーシート ルーフキャリア リフトアップ 社外16AW マッドタイヤ スマートキー

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書

車両本体価格 (税込)

225万円

支払総額 (税込)

235万円

  • 年式2019年
  • 走行距離6.9万km
  • 車検なし
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションCVT

カラーワイン

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

グー保証付けられます

お気に入り

C−HR ハイブリッド1.8G 禁煙 ワンオーナー

車両本体価格 (税込)

205.9万円

支払総額 (税込)

222.6万円

  • 年式2017年
  • 走行距離4.0万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・2000km

ミッションCVT

カラーセンシュアルレッドマイカ

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

お気に入り

C−HR G 純正 9インチ メモリーナビ/シート ハーフレザー/車線逸脱防止支援システム/パーキングアシスト バックガイド/ヘッドランプ LED/ETC/EBD付ABS/横滑り防止装置 衝突被害軽減システム

車両本体価格 (税込)

204.9万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2017年
  • 走行距離6.9万km
  • 車検2022年9月
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT

カラーワインレッド

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備無

お気に入り

C−HR S−T フルセグTV&ナビ バックモニター ETC スマートキー 純正アルミホイール ドライブレコーダー

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る

車両本体価格 (税込)

206.2万円

支払総額 (税込)

215.8万円

  • 年式2017年
  • 走行距離0.7万km
  • 車検2022年12月
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションCVT

カラーセンシュアルレッドマイカ

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

お気に入り

C−HR S GRスポーツ フルセグ メモリーナビ バックカメラ 衝突被害軽減システム ETC LEDヘッドランプ 記録簿

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る

車両本体価格 (税込)

258万円

支払総額 (税込)

266.6万円

  • 年式2019年
  • 走行距離2.5万km
  • 車検2022年10月
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションAT

カラーワイン

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

お気に入り

C−HR G−T フルセグ メモリーナビ DVD再生 バックカメラ 衝突被害軽減システム ETC LEDヘッドランプ ワンオーナー 記録簿

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る

車両本体価格 (税込)

193.8万円

支払総額 (税込)

204万円

  • 年式2018年
  • 走行距離2.8万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1200cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションAT

カラーワイン

ボディタイプSUV・クロスカントリー

法定整備整備込

ページトップへ戻る

トヨタ C−HR

グーネットに掲載されている「トヨタ C−HR」の掲載状況は?

グーネット中古車ではトヨタ C−HRの中古車情報を2,687台掲載しています。
車両価格は146.3万円~440万円、最も掲載の多いボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャインで589台となっています。(2021.12.07)

車種の特徴

「C-HR」は、「TOYOTAの世界戦略SUV」というキャッチコピーで、2016年12月に日本での発売を開始したコンパクトクロスオーバーSUVです。日本に先駆け、2016年3月の第86回ジュネーブ国際モーターショーにおいて世界初披露されました。この車種が生まれたのはトヨタ自動車東日本の岩手工場で、東日本大震災からの復興を目指す東北地方にとって大きな後押しになったといいます。2016年12月の発売当初から大きな注目を集めたC-HRは、「Toyota New Global Architecture(TNGA)」の第2号車として投入されたことでも話題を呼びました。発売されてから半年で約8万台の販売台数を記録し、2017年上半期のSUV新車販売台数第1位を獲得。さらに1年間で約11万7千台の販売台数を記録し、2017年のSUV新車販売台数第1位も獲得しています。これまでにマイナーチェンジを何度か行っていますが、フルモデルチェンジはまだ行われていません。2016年12月発売当初のグレード構成は、「S」「G」「S-T」「G-T」の4つです。「S」と「G」が1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の2WD車で、「S-T」と「G-T」は1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の4WD車となっています。マイナーチェンジで「S-T GRスポーツ」と「S GRスポーツ」という新たなグレードが追加設定されたのをはじめ、「S-T」と「G-T」にも2WD車が設定されました。しかし、現在のグレード構成も基本的には上記4つのグレードが中心です。装備の面では、全車にToyota Safety Sense Pや電動パーキングブレーキ、本革巻き3本スポークステアリングホイール、スマートエントリー&スタートシステムなどが標準装備されています。さらに「G」と「G-T」には18インチアルミホイールやLEDフロントフォグランプ、ブラインドスポットモニター、クリアランスソナー&バックソナーなどの装備も加わり、充実した装備内容が特徴です。2021年6月に行われたマイナーチェンジでは、「レーントレーシングアシスト」や「ロードサインアシスト」、「バックガイドモニター」などの機能が全車に標準装備されました。また、このモデルは低燃費であることも大きな特徴で、JC08モード走行燃費で「S」と「G」がクラストップレベルの30.2km/Lを実現し、「S-T」と「G-T」も15.4km/Lを実現しています。※記載の文章は、2021年7月時点の情報です。

車名の由来は?

車名である「C-HR」は、「Compact High Rider(コンパクトでリフトアップされたプロポーション)」と「Cross Hatch Run-about(ハッチバックのような気持ちのよい走り)」という意味を持った両方の頭文字から命名された造語です。この由来どおり、開発チームのボディ設計へのこだわりで「C-HR」は欧州競合車にも負けないほどのボディ剛性を達成しました。さらに、デザインは洗練されたフォルムだけでなく、細部まで徹底的に追求されています。

モデル概要、その魅力は?

「C-HR」の魅力はいくつもありますが、そのうちのひとつがデザインです。SUVとしてアウトドアで使えるのはもちろん、街中にもなじむおしゃれなデザインとなっていることも魅力のひとつといえます。さらに、歩行者や車を検知して衝突を回避する機能や駐車アシスト機能などの安全装備が充実。極めつけは、トヨタの新しい車づくりの理念である「Toyota New Global Architecture(TNGA)」を採用したプラットフォームを使用したことです。これにより、クラストップレベルの低燃費を実現しており、その高い燃費性能から心地良い加速フィーリングを両立させています。

矢印