その場でラクラク 乗り換え時をサクッと判断! AI乗り換えシミュレーション

トヨタ C−HR(CHR)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

トヨタ C−HR 2021(令和3)年6月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを生かした「S GRスポーツ」(ハイブリッドシステム)、「S‐T GRスポーツ」(レギュラーガソリン仕様)を設定。「G」、「S」、「S GRスポーツ」は2WD、「G‐T」、「S‐T」、「S‐T GRスポーツ」、には2WDと4WDを用意。「G」、「S」はクラストップレベルの30.4km/Lを実現。予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、検知対象に歩行者(夜間)や自転車運転者(昼間)、そして交差点右折時に直進してくる対向車および、右左折時に対向方向から横断してくる歩行者も加えた「プリクラッシュセーフティ」、「緊急時操舵支援機能」を搭載。そのほか、「レーントレーシングアシスト」や、「ロードサインアシスト」、「バックガイドモニター」を全車に標準装備するとともに、快適温熱シート(運転席・助手席)、電動ランバーサポート、ナノイーなどの快適装備を一部グレードに標準装備した。今回、「G」、「G‐T」をベースとした特別仕様車「G モード ネロ セーフティプラスII」、「G‐T モード ネロ セーフティプラスII」を設定。マットブラック塗装とダークスモークメッキナットの18インチアルミホイール、ブラックエクステンション加飾のBi‐Beam LEDヘッドランプを採用し、クールなスタイルを実現。インテリアは、ブラックの専用シート表皮を設定。安全装備は、インテリジェントクリアランスソナー、リヤクロストラフィックオートブレーキ、パノラミックビューモニターを特別装備。ボディカラーは特別色「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」を含む全8色設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
G−T モード ネロ セーフティプラスII 3BA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 14.9km/l 2,715,000
G−T モード ネロ セーフティプラスII 3BA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14.3km/l 2,913,000
G モード ネロ セーフティプラスII 6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25.8km/l 3,045,000

トヨタ C−HR 2020(令和2)年8月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを生かした「S GRスポーツ」(ハイブリッドシステム)、「S‐T GRスポーツ」(レギュラーガソリン仕様)を設定。「G」、「S」、「S GRスポーツ」、「S‐T GRスポーツ」は2WD、「G‐T」、「S‐T」、には2WDと4WDを用意。「G」、「S」はクラストップレベルの30.4km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(4WD車、JC08モード走行燃費)。今回、一部改良を行うと共に、Super CVT‐i[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]を搭載した「S‐T GRスポーツ」(2WD、4WD)を設定。一部改良では、予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、検知対象に歩行者(夜間)や自転車運転者(昼間)、そして交差点右折時に直進してくる対向車および、右左折時に対向方向から横断してくる歩行者も加えた「プリクラッシュセーフティ」、「緊急時操舵支援機能」を搭載。そのほか、「レーントレーシングアシスト」や、「ロードサインアシスト」、「バックガイドモニター」を全車に標準装備するとともに、快適温熱シート(運転席・助手席)、電動ランバーサポート、ナノイーなどの快適装備を一部グレードに標準装備した。併せて、「G」、「G‐T」をベースに特別仕様車「G モード ネロ セーフティプラス」、「G‐T モード ネロ セーフティプラス」を設定。エクステリアは、フロントスポイラー(ロア部)やアルミホイールなどにブラック塗装を施すとともに、インテリアでは、シートやインストルメントパネル、ドアトリムオーナメントなどをブラック基調にするなどクールな仕様とした。安全装備として、「パノラミックビューモニター」をはじめ、「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」や、「リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]」などを特別装備した。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S−T 3BA-NGX10 1196cc 5 6MT FF 5名 15.4km/l 2,382,000
S−T 3BA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 14.9km/l 2,415,000
S−T 3BA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14.3km/l 2,613,000
G−T 3BA-NGX10 1196cc 5 6MT FF 5名 15.4km/l 2,682,000
G−T 3BA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 14.9km/l 2,715,000
G−T モード ネロ セーフティプラス 3BA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 14.9km/l 2,715,000
S−T GRスポーツ 3BA-NGX10 1196cc 5 6MT FF 5名 15.4km/l 2,782,000
S−T GRスポーツ 3BA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 14.9km/l 2,815,000
G−T 3BA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14.3km/l 2,913,000
G−T モード ネロ セーフティプラス 3BA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14.3km/l 2,913,000
S−T GRスポーツ 3BA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14.3km/l 3,013,000
6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25.8km/l 2,745,000
6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25.8km/l 3,045,000
G モード ネロ セーフティプラス 6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25.8km/l 3,045,000
S GRスポーツ 6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25km/l 3,145,000

トヨタ C−HR 2019(令和1)年12月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」を設定。「G」、「S」は2WD、「G‐T」、「S‐T」には2WDと4WDを用意。「G」、「S」はクラストップレベルの30.4km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(4WD車、JC08モード走行燃費)。特別仕様車には、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを生かした「S GRスポーツ」「S‐T GRスポーツ」を設定。操舵応答の向上やフラットな乗り心地によりスポーティな走りを実現した。安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。今回、ボディカラーの追加を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S−T 3BA-NGX10 1196cc 5 6MT FF 5名 15.4km/l 2,367,000
S−T DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,400,000
S−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,598,000
G−T 3BA-NGX10 1196cc 5 6MT FF 5名 15.4km/l 2,632,000
G−T DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,665,000
G−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,863,000
6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25.8km/l 2,730,000
6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25.8km/l 2,995,000

トヨタ C−HR 2019(令和1)年10月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」を設定。「G」、「S」は2WD、「G‐T」、「S‐T」には2WDと4WDを用意。「G」、「S」はクラストップレベルの30.4km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(4WD車、JC08モード走行燃費)。安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。今回、マイナーチェンジを行うと共に、1.2L ターボ車(2WD)の「G‐T」、「S‐T」に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を追加した。「C‐HR」の拘りのひとつであるデザインが、ワイドスタンスを強調するフロント&リアスタイルとすることで、よりスタイリッシュに進化。また、スマートフォンとの連携を可能にしたディスプレイオーディオ(DA)や車載通信機DCMを全車に標準装備することにより、コネクティッドカーとして便利で快適なカーライフを提供。安全機能においても、駐車時など、静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]をオプション設定するなど、装備の充実を図った。さらに、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを生かした特別仕様車「S GRスポーツ」「S‐T GRスポーツ」を設定。フロア下にフロアセンターブレースを追加しボディ剛性を強化。操舵応答の向上やフラットな乗り心地によりスポーティな走りを実現した。専用の19インチタイヤを採用するとともに、足回りついても専用のチューニングを施し、GRの走りを追求した。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S−T 3BA-NGX10 1196cc 5 6MT FF 5名 15.4km/l 2,367,000
S−T DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,400,000
S−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,598,000
G−T 3BA-NGX10 1196cc 5 6MT FF 5名 15.4km/l 2,632,000
G−T DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,665,000
S−T GRスポーツ 3BA-NGX10 1196cc 5 6MT FF 5名 15.4km/l 2,732,000
G−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,863,000
6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25.8km/l 2,730,000
6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25.8km/l 2,995,000
S GRスポーツ 6AA-ZYX11 1797cc 5 CVT FF 5名 25km/l 3,095,000

トヨタ C−HR 2018(平成30)年12月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、「S LEDパッケージ」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」、「S‐T LEDパッケージ」を設定。「G」、「S」、「S LEDパッケージ」は2WD、「G‐T」、「S‐T」、「S‐T LEDパッケージ」には2WDと4WDを用意。「G」、「S」、「S LEDパッケージ」はクラストップレベルの30.2km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」、「S‐T LEDパッケージ」は15.4km/Lを実現(4WD車、JC08モード走行燃費)。安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。今回、「G」、「G‐T」をベースに特別仕様車「G モード ネロ」、「G‐T モード ネロ」、「G モード ブルーノ」、「G‐T モード ブルーノ」を設定。「ネロ」のインテリアは、ブラック基調とし、クールな印象を高めた。シート表皮にはアクセントカラーとしてクールグレー(本革部)を採用、インストルメントパネルアッパー(上部)やコンソールボックスなどをブラックとした。また、ブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを特別装備した。「ブルーノ」のインテリアは、ブラウン基調とし、上質な印象を高めた。シート表皮やインストルメントパネルアッパー、コンソールボックスにはダークサドルタン(ブラウン系)を配色。エクステリアにはフロントアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すことでおしゃれな仕様となった。また、それぞれにバックカメラとリヤクロストラフィックアラート(RCTA)を特別装備。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
G−T モード ネロ DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,655,200
G−T モード ブルーノ DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,655,200
G−T モード ネロ DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,849,600
G−T モード ブルーノ DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,849,600
G モード ネロ DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,979,200
G モード ブルーノ DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,979,200

トヨタ C−HR 2018(平成30)年5月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」を設定。「G」、「S」はクラストップレベルの30.2km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(4WD車、JC08モード走行燃費)。安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。今回、1.2Lターボ車に2WD車を追加設定。さらに、すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付Bi‐Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を新たに標準装備した「S LEDパッケージ」、「S‐T LEDパッケージ」を設定。ボディカラーは、新規設定色「ネビュラブルーメタリック」を含むモノトーン8色、「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」を含むツートーン8色の全16色を用意。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S−T DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,290,000
S−T LEDパッケージ DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,346,000
S−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,484,400
S−T LEDパッケージ DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,540,400
G−T DBA-NGX10 1196cc 5 CVT FF 5名 16.4km/l 2,605,200
G−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,799,600
DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,614,000
S LEDパッケージ DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,670,000
DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,929,200

トヨタ C−HR 2017(平成29)年11月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」を設定。「G」、「S」はクラストップレベルの30.2km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(JC08モード走行燃費)。安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。今回、特別仕様車「S LEDエディション」、「G LEDエディション」、「S‐T LEDエディション」、「G‐T LEDエディション」を設定。すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付Bi‐Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を特別装備。右左折時に、車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルターンランプが先進的なイメージを付与。さらに、リヤコンビネーションランプもLED化したほか、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、エモーショナルなデザインに磨きをかけた特別仕様車としている。ボディカラーは、「ブラック×センシュアルレッドマイカ」を含む2トーン4色、「メタルストリームメタリック」を含むモノトーン4色の全8色を用意。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S−T LEDエディション DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,540,400
G−T LEDエディション DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,799,600
S LEDエディション DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,670,000
G LEDエディション DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,929,200

トヨタ C−HR 2017(平成29)年8月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」を設定。「G」、「S」はクラストップレベルの30.2km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(JC08モード走行燃費)。安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。今回、ツートーンのボディカラーはベースのモノトーン8色にブラックまたはホワイトのルーフ、ピラー、ドアミラー、リヤスポイラーなどを組み合わせており、カラーバリエーションを充実させることで、クルマとしての魅力をより高めた。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,516,400
G−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,775,600
DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,646,000
DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,905,200

トヨタ C−HR 2016(平成28)年12月 発売モデル

トヨタ C−HR

「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入した新型車「C‐HR」。ラインアップは、高効率・小型・軽量化を追求した1.8L 直列4気筒DOHCハイブリッドシステム搭載の「G」、「S」、1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(レギュラーガソリン仕様)搭載の「G‐T」、「S‐T」を設定。「G」、「S」はクラストップレベルの30.2km/Lを実現、「G‐T」、「S‐T」は15.4km/Lを実現(JC08モード走行燃費)。外形デザインは、デザイナーの想いをそのままの形で実現することを目指して開発。「センシュアル スピード‐クロス」をキーワードに、スピード感あるキャビン形状・彫刻的な面造形・「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、独創的なスタイルを追求。キーンルックやアンダープライオリティなどTOYOTA独自のエモーショナルなデザイン表現により、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現。インテリアは、質感・形状・色など細部にこだわり大人の感性に響くデザインを追求したほか、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できるドライバーズ空間を実現した。安全装備では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献。ボディカラーは「ラディアントグリーンメタリック」を含む全8色用意。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,516,400
G−T DBA-NGX50 1196cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 15.4km/l 2,775,600
DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,646,000
DAA-ZYX10 1797cc 5 CVT FF 5名 30.2km/l 2,905,200

色からC−HRの中古車を探す

C−HR (トヨタ )のクルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

トヨタ C−HRの車種カタログ情報ならグーネット中古車

グーネット中古車お役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜

矢印