名義変更せずとも車検に出すことは可能です

名義変更せずとも車検に出すことは可能です
車検は名義変更をせずとも出すことが可能です。しかし、名義変更をしないことでトラブルになるケースがあるので注意しましょう。

名義変更と車検は同時に行うことが可能です。スムーズに手続きを終えるコツは、必要書類を忘れずに用意することです。

書類が欠けていると、用意をした上で再び窓口に行く必要があります。手続きは、業者に代行してもらうことも可能です。

業者に代行を依頼すれば手間と時間がかかりませんが、代行料が必要です。車検切れになってもペナルティはありませんが、その状態で公道を走ればペナルティがあります。

名義変更せずとも車検に出すことは可能だがデメリットがあります

家族・友人などから車をもらうこともあるでしょう。そのような場合、名義変更を行わなければ、名義が前の所有者のままになってしまいます。

車検は基本的にご自身で手続きをするものですので、名義変更を済ませていないと車検に出せないと感じる方もいらっしゃるでしょう。結論からいうと、名義変更をしていなくても車検には出せます。

しかし、名義変更をしないデメリットはあるので注意しましょう。こちらでは、名義変更をしないデメリットと、他人名義のまま車検に出す方法について解説します。

名義変更をしないデメリット

他人の名義になっているままでも、車検に出すことはできます。しかし、名義変更をしないと以下のように2つのデメリットがあります。

自動車税の納付書が前の持ち主に送られる

自動車税の納付書は、車検証に記されている住所に送られてくるものです。この場合、誰が自動車税を支払うべきかでトラブルに発展するケースも少なくありません。

余計なトラブルを避けたいのであれば、なるべく早く名義変更を済ませておくことが大切です。また、自動車税の納付書がご自身の手元に送られてこないと、支払いを忘れてしまうこともあるでしょう。

自動車税を支払わない限り車検には通りませんので、その点は注意が必要です。

事故が遭った場合前の持ち主に知られる

万が一交通事故を起こしてしまった場合、車検証に記されている住所に通知がいきます。交通事故が発覚したことで、前の持ち主との間にトラブルが生じるケースもあります。

通知は、事故の種類や規模に関係なく実施されます。

他人名義のまま車検に出す方法

車検は原則として、所有者自身が行うことになっています。しかし、前の所有者の代理人として車検を出すことも可能です。

他人名義のまま車検を出すためには、以下の書類を用意する必要があります。

  • 代理人の身分証明書
  • 代理人の印鑑
  • 自賠責保険証
  • 委任状
  • 車検証
  • 自動車納税証明書

これらの書類を用意しない限り、車検を受けることはできません。ご家族や友人、知人などから譲ってもらった場合であれば、すぐに連絡がつくので、比較的スムーズに書類を揃えられるでしょう。

しかし、オークション経由で車を譲ってもらった場合は、取引終了後に連絡がつかなくなる可能性もあるので、その点は注意が必要です。

名義変更と車検を同時に行うことも可能です

名義変更と車検を同時に行うことも可能です
車検と名義変更は、同時に行うことも可能です。車を譲ってもらったタイミング次第では、それぞれの手続きを同時に行った方が楽なケースもあります。

以下では、車検と名義変更を同時に行う方法と、手続きをスムーズに行うために心がけておきたいことについて解説します。

車検と名義変更を同時に行う方法

車検と名義変更を同時にする場合、どちらの手続きが先になるかは人によって異なります。名義変更を先に行い車検を行う方もいれば、車検が終わった後に名義変更を行う方もいます。

どの流れが良いかは、ご自身で判断して決めることができます。しかし、車検が切れている場合は、車検から先に行うことはできません。

先に車検を終えてから、名義変更を行うことになります。手続きは運輸支局の窓口にて行います。

必要書類がありますので、窓口に行く前に用意をして忘れずに持っていきましょう。

手続きをスムーズに行うために心がけておきたいこと

スムーズに手続きを行うためには、必要書類を必ず用意しておくことです。必要書類が欠けていると、不足した書類を用意した上で再び窓口に行く必要があります。

車検と名義変更を同時に行う場合、必要となる書類は以下の通りです。

  • 前の所有者の印鑑証明書
  • 新しい所有者の印鑑証明書
  • 新しい所有者の車庫証明書
  • 車検証

これらのうち、印鑑証明書・車庫証明書には注意しましょう。それぞれの書類は、有効期限が設定されています。

印鑑証明書は発行された日から数えて3ヶ月、車庫証明書の場合は1ヶ月以内に、車検・名義変更を行う必要があります。それぞれの書類の有効期限が過ぎないように注意して、手続きを行うようにしましょう。

愛車のかんたん査定はこちら

名義変更と車検の手続きは業者に依頼することもできます

名義変更・車検の手続きは、ご自身ではなく業者に代行してもらうことも可能です。ご自身で行う必要がないため、手間なく手続きを終えることができます。

こちらでは、代行してもらう際の流れと業者に依頼するメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

代行してもらう際の流れ

名義変更・車検の手続きを業者に代行してもらう場合は、主に以下の3ステップで手続きが行われます。

  1. 手続きに必要な書類を用意する
  2. 業者に書類を渡し、代行料を支払う
  3. 業者が代理で手続きを完了させる

必要書類はご自身で集めなければなりませんが、楽に名義変更と車検を終えることができます。

業者に依頼するメリット

業者に手続きを代行してもらった場合、ご自身の手間と時間をかけずに済むことが最大のメリットです。お仕事や家事など、忙しい日々を過ごしていると、名義変更や車検などの手続きを行うことは簡単ではないでしょう。

業者に依頼をすれば、正確かつスピーディーに手続きが完了します。信頼できる業者さえ見つかれば、最後まで安心して任せることができます。

業者に依頼するデメリット

業者に依頼をした際のデメリットは、報酬を支払わなければならないことです。車庫証明書などの取得代行も依頼した場合は、約4万円かかることもあります。

手軽に払える金額ではないかもしれませんが、代わりに対応してもらえることを考えれば、痛い出費ではないでしょう。報酬を支払わずに手続きを終えたいのであれば、ご自身で行わなければなりません。

業者ごとに代行料は異なりますので、代行を依頼する際は複数の業者をチェックすることをおすすめします。業者によっては、相場よりも安い価格で引き受けてくれる場合もあります。

車検する時期が近づいたら早めに行うことが大切です

車検する時期が近づいたら早めに行うことが大切です
譲ってもらった車の車検が切れそうであれば、早めに車検に出すことをおすすめします。車を所有する限り、車検は避けては通れないものです。

車検が切れたとしてもペナルティはありません。しかし、車検が切れた状態で公道を走ってしまった場合、ペナルティがあるので注意しましょう。

車検が切れただけではペナルティはない

道路運送車両法と呼ばれる法律によって、車は一定の期間ごとに点検を行うことになっています。車は制御できなければ、大変な被害をもたらす凶器となり得るものです。

安全性を確保する上で、車検は欠かせません。車検は車を運転するためには、必ず受けないといけないものです。

しかし、車検が切れただけでは特にペナルティはありません。車検が切れたとしても、運転をしない限りは慌てて車検を受けなくとも良いです。

車検が切れた状態で公道を走るとペナルティがある

車検が切れてもペナルティはありませんが、その状態で公道を走ってしまえば罰則・罰金があるので注意しましょう。以下では、車検切れの車を公道で走らせた場合に、課せられるペナルティを2つご紹介します。

違反点数

日本では、違反点数が累積されるシステムが採用されています。初めはゼロからスタートし、違反するごとにプラスされます。

違反の種類ごとに点数は決まっており、車検切れの車を公道で走らせた場合は6点のプラスです。6点プラスされると、免停になります。

タクシードライバーやトラックドライバーなど、車を運転する機会が多い方にとっては避けたいペナルティですので注意しましょう。

6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金

車検が切れた状態で公道を走った場合、6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金といったペナルティがあります。免停・免許取り消しなどのペナルティは行政処分であり、車検切れの車を走らせれば、刑事処分もありますので知らなかったでは済みません。

これらのペナルティは、あくまで一例にすぎません。実際には、その時の状況によって様々なペナルティが課される可能性があるので気を付けましょう。

また、車検が切れた状態で公道に停めていた場合も違反とみなされます。走らさなければどこに駐車しても問題ないわけではありませんので、その点は覚えておいた方が良いです。

(まとめ)名義変更せずに車検は出せるのか?

1.名義変更せずとも車検に出すことは可能です

車検は名義変更をせずとも出せます。しかし、トラブルになるケースがあるので注意が必要です。

名義変更と車検は同時に行えます。業者に手続きを代行してもらうことも可能です。車検切れの状態で公道を走るとペナルティがあるので早めに車検は済ませましょう。

2.名義変更せずとも車検に出すことは可能だがデメリットがあります

名義変更をしなかったとしても、車検に出すことはできます。しかし、名義変更をしないと余計なトラブルに発展する可能性があるので、早めに名義を換えておくことをおすすめします。

他人名義のまま車検に出す場合は、必要書類を用意しなければなりません。

3.名義変更と車検を同時に行うことも可能です

車検と名義変更を、同時に行うことも可能です。どちらの手続きが先になるかは、人によって異なります。

手続きをスムーズに行うためには、必要書類を忘れずに持っていくことが大切です。書類が欠けていると、用意した上で再び窓口に来る必要があります。

4.名義変更と車検の手続きは業者に依頼することもできます

名義変更や車検の手続きは、業者に代行してもらうことも可能です。必要な書類を用意さえすれば、後の手続きは業者が対応してくれます。

ご自身の手間と時間をかけずに済むのがメリットですが、報酬を支払う必要がありますのでその点は注意が必要です。

5.車検する時期が近づいたら早めに行うことが大切です

車は車検が切れただけではペナルティはありませんが、公道を走らせてしまった場合はペナルティがあります。

車検切れの車を公道で走らせた場合のペナルティとしては、「違反点数(6点)」「6ヶ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金」などが挙げられます。


※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。