車の修理のために全塗装をする場合業者に依頼をした方が無難です

車の修理のために全塗装をする場合業者に依頼をした方が無難です
塗装を確実に行いたいのであれば、業者に依頼するのが無難です。業者に依頼をして、どのくらいの金額がかかるのかはケースごとに異なります。

きちんと見積もりを出して、金額を確認しておくことが大切です。業者に依頼する際は、「激安の売り文句を鵜呑みにしない」「見積もりを必ず行う」「作業方法も確認してみる」などのポイントに注意しましょう。

ご自身で塗装を行う場合は、安く行えるのがメリットです。「タッチペン」「スプレー」「ローラー・ハケ」などの方法で塗装する場合が多いです。

塗装した後はダメージに注意しましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

確実に修理したいのであれば業者に依頼するのが無難です

車に傷ができてしまい全塗装を行う場合、業者に依頼をするか、DIYで行うか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか?結論から申し上げると、確実に修理をしたい場合は業者に依頼をした方が良いです。

こちらでは、「業者に依頼をするメリット」「どの業者に依頼すべきか?」「業者に全塗装を依頼した場合いくらかかるのか?」の3つの項目について解説します。修理のために全塗装をお考えでしたら、参考情報としてお役立てくだされば幸いです。

業者に依頼をするメリット

業者に全塗装を依頼した場合、「完成度の高い塗装を行ってくれる」ことがメリットとして挙げられます。素人と違って専門的な知識を有しており、経験も豊富な業者であれば、どこを修理したのか分からなくなるほど、美しく仕上げてくれます。

あまり大きくない傷であれば、ご自身で修理できる方もいらっしゃるでしょう。しかし、広い範囲に損傷がある場合は、業者でないとうまく仕上げることは難しいです。

車の塗装に関する知識が豊富な方でない限りは、業者に全塗装を依頼するのが無難でしょう。

どの業者に依頼すべきか?

どの業者に依頼すべきか?
全塗装を依頼する場合、どの業者に依頼をすべきでしょうか?塗装に対応してくれる業者は、大きく分けると以下の3つに分類できます。

ディーラー

ディーラーに塗装を依頼することも可能です。ほとんどのディーラーは外注先に、塗装を対応させています。

信頼できる外注先が多いので、安心して依頼できます。しかし、どうしても不安に感じる方は、ネットなどを使って調べてみると良いでしょう。

自動車の修理業者

自動車の修理を専門としている業者であれば、塗装を含むほとんどの修理に対応しています。規模の大きい業者であれば、自社で塗装する設備を完備しているので、気になることがあれば質問してみましょう。

板金塗装業者

板金塗装を行っている業者も、自動車の修理業者に負けないくらい質の高いサービスを提供しています。特にそれなりの金額で修理を引き受けている業者は、高品質な仕上がりが期待できます。

業者に全塗装を依頼した場合いくらかかるのか?

全塗装を業者に依頼した場合、30万円が修理費の目安となります。しかし、これはあくまで目安にすぎません。

塗装は車の損傷具合や塗る塗料の種類、車種などによって変化します。業者に依頼をする際は、見積もりを行って金額を確認するようにしましょう。

業者に依頼する際に注意しておきたいポイントは3つあります

全塗装を業者に依頼する場合、注意すべき点は3つあります。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、ぜひ参考にしたうえで依頼先を選んでみてください。

激安の売り文句を鵜呑みにしない

全塗装を激安で対応することを強みとしている業者に依頼をする際は、広告で表示されている値段で必ずしも依頼を引き受けてくれるわけではないことを理解しておきましょう。広告で提示されている料金はあくまで最低料金であり、実際にはそれ以上の値段で対応するケースもあります。

また、激安で引き受けてくれたとしても、マスキングが甘かったり、下処理を丁寧に行わなかったりと、仕上がりがいまいちになる可能性もあります。業者に依頼する際は、値段だけに注目するのではなく、信頼して任せられるかどうかも確認しましょう。

見積もりを必ず行う

広告で表示されている価格は、あくまで目安です。塗装にどの程度の価格がかかるのかは、車ごとに異なります。

実際に車を業者に見せて、どのくらいの価格で対応してくれるのかを教えてもらうことが大切です。見積もりをしっかりと行わないと、後にトラブルにつながる可能性もあります。

作業方法も確認してみる

見積もりの際は、作業方法も確認することをおすすめします。一般的に綺麗に塗装を仕上げるためには、パーツごとに分解をしてから塗装をした方が良いといわれています。

マスキングのみでも綺麗に仕上げることはできますが、相当な腕前が必要です。「分解を行うのに安いのはなぜか?」「マスキングのみで対応するのにそれなりの費用がかかるのはなぜか?」など、疑問に感じたことは遠慮なく質問してしまいましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

DIYで全塗装を行うメリットは安く仕上げられることです

全塗装を業者に依頼するのではなくご自身で行う場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?こちらでは、DIYで行うメリットについて解説することに加え、塗装方法の種類や失敗した時の対処方法についてもお伝えします。

DIYで行うメリットは安く塗装が行えること

車の塗装をご自身で行う最大のメリットは、業者に依頼するよりも安い価格で済ませることができる点です。塗装に必要となるアイテムや塗料を安いもので統一すれば、最小限のコストで塗装を行うこともできるでしょう。

また、ご自身の好みを反映させることができるので、こだわりがある方にとってもDIYはメリットがあるといえます。車の塗装に関する知識と経験がないと、納得できる仕上がりにはならないかもしれませんが、それをクリアできる方であれば挑戦するのも良いでしょう。

DIYで行うなら知っておきたい塗装方法の種類

DIYで行うなら知っておきたい塗装方法の種類
DIYで塗装を行う際は、どういった方法で塗装を行うのかを決める必要があります。以下では、3つの塗装方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

タッチペン

簡単に塗装を行うのであれば、タッチペンを使用するのが良いでしょう。損傷した箇所を塗るだけですので、面倒な下地処理を行う必要はありません。

しかし、損傷箇所を塗料で隠しているだけですので、あくまで応急処置の方法と考えるべきです。タッチペンで全塗装を行うことは、難しいのでちょっとした傷や剥がれを隠す際に使うのが基本的な使い方といえるでしょう。

スプレー

下地処理を行ったうえでスプレーを使って塗装を行えば、それなりの仕上がりになります。しかし、塗料がかかる範囲や力加減の難しさが難点ですので、色ムラが発生しやすいのがデメリットです。

業者の場合は、エアブラシやコンプレッサーなどの機材を用いて塗装を行うため、スプレーに比べるとムラが生じにくいです。そのような機材を持っている場合は、スプレーよりもそちらを利用するのが良いでしょう。

ただし、一から機材を揃えるのはおすすめしません。塗装用の機材を用意するとなると、それなりの費用がかかります。

安くで塗装が行えるDIYのメリットが薄れてしまうので、機材がない場合はスプレーを使用すると良いでしょう。スプレーはカーショップなどで販売されています。

ローラーもしくはハケ

ローラーやハケを使って塗装をする方法もあります。塗装専用の機材を用いるのに比べると、仕上がりは荒いです。

その荒さを魅力と捉えることができる方であれば、ローラーやハケを使うのも良いでしょう。高価な機材を用意する必要がないので、安い費用で塗装を行うことも可能です。

塗装中に失敗してしまった場合の対処方法

塗装中に失敗してしまった場合の対処方法
塗装を行っている際に、失敗してしまった場合は冷静に対処することが大切です。以下では、塗装でよく発生しがちな失敗例を2つ紹介し、対処方法をお伝えしましょう。

ムラができてしまった

ボディの表面にムラができてしまう場合があります。クリアを塗る前にムラが見つかった場合は、きちんと乾燥させた後で、塗装を行えばカバーできます。

既にクリアを塗った後であれば、研磨を行ってから塗装し直します。

表面がブツブツしている

塗装中にホコリが入ったり、下地処理が甘かったりすると、表面がブツブツすることもあります。この場合、塗料が乾燥する前であれば除去可能です。

既に塗料が乾燥している場合は、研磨を行う必要があります。

塗装をした後はボディにダメージが加わらないように注意しましょう

全塗装が終わった後は、再び塗装が必要となる状況にならないように、ダメージには注意しましょう。以下では、車がダメージを受ける原因を2つ紹介します。

飛び石

前方を走っている車が、道路に落ちている石を跳ね上げ、それがボディに傷をつける場合があります。飛び石によるダメージを防ぐには、車間距離をあけることが重要です。

特にダンプカーのような重量のある車や、後輪駆動の車は飛び石をする場合が多いので、前方にそのような車が走っている時は気をつけましょう。

塗装の劣化

車は紫外線や鳥の糞などによって、塗装が劣化していきます。劣化そのものを完全に防ぐことはできません。

しかし、駐車する際はカバーをかけたり、屋根付きの駐車場に停めたりするなど、劣化しにくいように対処することは可能です。せっかく塗装を行った車が早く劣化してしまうのは、所有者としては避けたいところでしょう。

ちょっとしたことを気をつけるだけでも、劣化の具合が遅くなりますのでぜひ日頃から意識してみてください。

合わせて読みたい!おすすめ記事
自動車税が未納でも名義変更できるの?

(まとめ)車の修理のために全塗装をする場合業者に依頼すべき?

1.車の修理のために全塗装をする場合業者に依頼をした方が無難です

確実に全塗装を行いたい場合は、業者に依頼しましょう。DIYは安く塗装を済ませることができるのがメリットです。

いずれの方法で塗装したとしても、塗装後は車にダメージが加わらないように注意しましょう。

2.確実に修理したいのであれば業者に依頼するのが無難です

修理を確実に行いたい場合は、業者に塗装を依頼しましょう。業者であれば、丁寧に仕上げてくれます。

塗装に対応している業者は、ディーラーや自動車の修理業者、板金塗装業者などが挙げられます。正確な修理費が知りたい場合は、見積もりを依頼しましょう。

3.業者に依頼する際に注意しておきたいポイントは3つあります

全塗装を業者に依頼する場合は、「激安の売り文句を鵜呑みにしない」「見積もりを必ず行う」「作業方法も確認してみる」などのポイントに注意しましょう。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、これらのポイントを意識することは大切です。

4.DIYで全塗装を行うメリットは安く仕上げられることです

DIYで塗装を行った場合、安く済ませられるのがメリットです。DIYは主に「タッチペン」「スプレー」「ローラー・ハケ」などの方法で塗装を行うことが多いです。

表面のムラやブツブツなどは、塗装を行う際に起きやすいので注意しましょう。

5.塗装をした後はボディにダメージが加わらないように注意しましょう

せっかく塗装した車にダメージが加わるのは、避けたいところでしょう。こちらでは「飛び石」や「塗装の劣化」についてご説明しています。

ちょっとしたことを気をつけるだけで、塗装した車にダメージが加わるのを避けることができます。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる