中古車の値段の相場はそれぞれの車によってピンキリです


同じ車種の車であっても、新車と違って中古車は1台1台すべて、状態が違うものです。そのため、中古車としての相場も、同じ車でありながらまちまちとなっています。

ただし、どの中古車においても、知識のない初心者が購入するには値段が安すぎて危ないラインというものが存在します。値段ごとのリスクを知り、自分に合った車を選びましょう。

中古車の値段には幅があります

一口に中古車といっても、その価格はまちまちです。もととなる車も様々な車種があり、普通車か軽自動車か、どのくらいの年式か、どのくらいの走行距離か、あるいはどのくらいオプションが積んであるか、そして車そのものの状態はどうかなど、様々な要素によって値段が左右されます。

そのため、「この車種ならばこの値段」といった明確な基準は特にありません。例えば、新車価格が150万円の車があったとして、その車が中古車として販売される場合、30万円以下で売られていることもあれば、ほとんど新車と変わらない140万円程度で売られていることもあるでしょう。

そして、探せば当然、50万円、60万円、70万円と中間の値段で少しずつ差がある中古車も販売されているはずです。その車種全体の平均価格はありますが、新車と違い中古車は1台1台状態が違うため、平均値を鵜呑みにすることはできません。

自分のニーズに合ったものを慎重に選ぶことが重要となります。

値段によっては新車が買えてしまうことがあります

欲しい車種によっては、中古車でも100万円以上することはしばしばあるでしょう。しかし、車種やオプションにこだわらないのであれば、100万円もあれば他の車種の新車が買えてしまいます。

そのため、なぜ中古車が欲しいのかをよく考えた方が良いでしょう。

コストパフォーマンスも考えましょう

中古車である以上、同じ車を新車で購入するよりは安くなるのは当然です。しかし、うわべだけの安さに釣られてしまうと、あとで損をすることもあります。

例えば、もともとの価格が500万円以上するような高級車の中古車を100万円で購入するのであれば、中古で購入する意味もあるでしょう。しかし、もともとが130万円の車を中古車で100万円で購入するとなると、新車との差がほとんどなく、車検代や諸経費などを合わせるとかえって新車で購入した方がリスクが少なく、コストパフォーマンスが良い場合もあります。

新車との差額も大切です。

中古車の購入動機から車選びをしましょう


中古車の値段が自分の使い方に見合っているのかを考える上で、今一度自分の購入動機を見直してみると良いでしょう。中古車の購入動機は人によって様々なものがあります。

  • とにかく何でもいいから車が欲しい
  • 欲しい車種の新車では手が出ないため、安く中古車で買いたい
  • もともと車にかかられる予算が決まっており、その中でできるだけ安く車が欲しい
  • 飽き性であるため1、2年しか同じ車に乗る予定がなく、いずれ買い換えることを前提で購入したい

これらの動機によって、どの値段の車を選べば良いのかが異なってきます。例えば、1~2年しか乗らない予定で車を購入する場合、安すぎる車を購入すると次に車を購入する際、下取りに出してももともとの価格が安いだけに値段がつきません。

しかし、ある程度元から高い値段の車を買っておけば、再び中古車として売却することができ、更に次に購入する車の資金とすることができるでしょう。あるいはあえて安い車を買って、使い潰すつもりで乗るという手もあります。

このように、自分のニーズによってどの程度の値段の車を選べばいいかは異なります。高い買い物であるだけに、購入したあと後悔しないよう、慎重に車選びをしていきましょう。

販売店に行く前に相場を調べましょう

販売店で適切な相場で買い物するためには、事前に知識を仕入れておくことが大切です。中古車の価格はインターネットで検索すれば、その車種においてどの年式のものがどの程度の価格で、何台くらい売られているか大体を調べることができます。

そのため、単純に「とにかく安く車に乗りたい」というような漠然とした考えでなく、事前にどんな車種にするのか具体的に考えておいた方が良いでしょう。具体的に購入したい車種を決めた上で販売店に赴き、インターネットで調べた相場を元に高いか安いかを判断するべきです。

いくつかの販売店を見て回りましょう

特に初めて中古車を購入する場合、1つの販売店だけ見て決めるのはやめた方がよいでしょう。中古車販売店の質もピンキリであり、1つの店舗しか見ないでいると最初の販売店が悪質な店であった場合気が付きにくくなります。

高い買い物をするだけに、車だけでなく店そのものも気に入ったところを選んだ方がトラブルは少なくなるでしょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

安い車には理由があります

もし、値段重視で車選びをしている場合は、安すぎる車に注意した方が良いでしょう。中古車の中には30万円以下で買えるような車もちらほらあります。

また、友人や知人などから「オークションで5万円で買った」というような話を聞いて、自分もそのくらいの値段で買いたいと思う人もいるかもしれません。しかし、実際にそのような驚くほど安い車を素人が買うのは危険なことです。

安い車には安い車なりの理由があります。

事故車である可能性

安い車に多いのが事故車である場合です。事故車と聞くと「事故を起こした縁起の悪い車だから安いのだろう」と考えてしまう人も少なくありません。

それも理由のひとつではあるのですが、事故車にはもっと致命的な欠点があります。事故車とは、正確には「車の骨格部分にあたる部分を過去に修復したことのある車」つまり修復歴のある車のことを指します。

修理したのならいいのではないかと思われがちですが、残念ながら車の骨格部分は完全修理が難しい部分です。そのため、事故車、修復歴のある車を安く購入してしまうと、内部に問題がありまっすぐ走れなかったり、スピードを出した時に勝手に右や左へ曲がっていってしまったりなど、うまく走れないかもしれないリスクがあるのです。

修復歴の有無は開示義務があり、担当者に聞けば教えてくれるはずです。必ずチェックした上で、試乗し問題がないことを確認しましょう。

メンテナンスが必要な車である

30万円以下で購入できるような安い車は、維持するために日頃のメンテナンスが欠かせないことが多いです。もともと車が好きで車に関する知識が豊富であり、最低でも月に1回程度は車のチェックをできるのであれば、お得に乗り回すことができるでしょう。

一方で、車に疎く、ボンネットを開けてもどこをチェックすればいいのかもわからないというような場合は、そのまま使い続けるには不向きとなります。安い車はマメにオイルを交換したり、ベルトの状態をチェックしたりする必要があるのです。

また、もともとついているタイヤも摩耗していることが多いため、早めに交換する必要があるでしょう。その他、安い分累計の走行距離も長くなっていることが多く、走行距離が長くなるにつれ無事だった部品も劣化していきます。

メンテナンスを怠っていると、走行途中にそのまま走れなくなり、事故に繋がる可能性もあるため危険です。少なくとも「安いから」という理由だけで購入するのはやめておいた方が良いでしょう。

最低でも50万円以上の車を選びましょう


よほど車に詳しくない限りは、様々なリスク回避のためにも最低でも50万円以上の車を選んだ方が良いでしょう。30万円以下の車に比べて、50万円以上の車はかなり選択肢が広がります。

事故車のリスクも少なくなり、メンテナンスの楽さという点でも乗りやすくなってくるでしょう。

優良店を選びましょう

少しでも怪しいと思った店からは買わないという勇気も大切です。特に、相場よりかなり安い値段で中古車を販売している店は要注意と思った方が良いでしょう。

本体価格は十数万円にもかかわらず、各種手数料で数十万円も上乗せしてくる例や、修復歴のある車を「修復歴無し」と偽って販売している例、契約の際に部品を交換すると言っていたのに、実際は交換してくれなかった例など枚挙にいとまがありません。安い金額で車を購入しても、アフターサポートが悪いばかりに、結局修理費やメンテナンス費がかかりかえって高くつく例もあります。

中古車を購入する場合は安さではなく、まず店側の対応を見て決めましょう。

優良な店には特徴があります

優良な店を選ぶコツとしては、まず店員の対応が良いところを選ぶことです。中古車を扱っている店の中でも、きちんとしたところであれば隅々まで丁寧に掃除されており、陳列されている車も美しく、そして店員の対応も行き届いています。

どこか薄汚れていて対応の良くない店は、車のメンテナンスすらろくにしていない可能性が高くなるでしょう。また、車の試乗をさせてくれるかどうかもポイントとなります。

店側からどんどん試乗をすすめてくれる場合は、売っている車に自信を持っており、良いお店の可能性が高くなるでしょう。事故車などを扱っていると、走行に支障が出ることから隠すために試乗させてくれない悪質な店もあります。

また、その一方で顧客の立場としても、中古車を購入する時は必ず試乗する姿勢が大切です。試乗せずに購入してしまい、後から何らかのトラブルが見つかったとしても、悪質な店ではろくな対応が望めません。

リスク回避の意味でも必ず試乗しましょう。

(まとめ)中古車の値段の相場はどれくらい?

1.中古車の値段の相場はそれぞれの車によってピンキリです

中古車は一台一台状態が違うため、同じ車種であっても値段は全く異なります。同じ車だからといって、安すぎる車を買うと危ないこともあるため、危険なラインを見極めましょう。

2.中古車の値段には幅があります

中古車の値段は幅があり、同じ車でも30万円以下から新車に近い価格まで様々です。しかし、中古車の価格によっては別の車種の新車が買えてしまったり、車検代などを合せた結果新車の方がコスパがよくなる例もあるため、よく考えましょう。

3.中古車の購入動機から車選びをしましょう

中古車を買う時、多くの人が安い方がいいと思うでしょう。しかし安いだけだと次に買い換える時価格がつかないなどのリスクもあるため、購入動機を見直した上でどの程度の価格帯の車を選ぶかもよく考えるべきです。

相場を調べ、複数の店舗を見て回りましょう。

4.安い車には理由があります

少しでも安く買いたいと思うあまり、極端に安い車を検討することがありますが、あまりよくはありません。安すぎる車は事故車のリスクを抱えていたり、メンテナンスで結局費用がかかったりするケースもあります。

車の扱いに自信がある時だけにしましょう。

5.最低でも50万円以上の車を選びましょう

安い中古車を購入する場合、安全の最低ラインは50万円からとみてよいでしょう。購入する際はその店が優良な店で、親切でありサポートが充実しているかもよく確認するべきです。

また、必ず試乗することである程度のリスク回避もすることができます。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる