8台見つかりました

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

ページ
トップ

スペーシア メタリック系(スズキ)の中古車を探す

1〜8台

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

車両本体価格 (税込)

68.8万円

支払総額 (税込)

78.8万円

  • 年式2014年
  • 走行距離9.7万km
  • 車検2023年2月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションCVT

カラーガンM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

お気に入り

車両本体価格 (税込)

83万円

支払総額 (税込)

96万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装3
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2013年
  • 走行距離4.4万km
  • 車検2022年7月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証6ヶ月・5000km

ミッションインパネAT

カラーガンM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

グー保証付けられます

お気に入り

車両本体価格 (税込)

44.8万円

支払総額 (税込)

49.8万円

  • 年式2013年
  • 走行距離12.9万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴あり
  • 保証1ヶ月・1000km

ミッションCVT

カラーガンM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

購入パックあり グー保証は購入パックCパックでお選びいただけます。

お気に入り

車両本体価格 (税込)

77万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2014年
  • 走行距離4.0万km
  • 車検2024年6月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証6ヶ月・6000km

ミッションCVT

カラーガンM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備別 別途33,000円

グー保証付けられます

お気に入り

車両本体価格 (税込)

75.8万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2013年
  • 走行距離6.7万km
  • 車検2023年7月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証6ヶ月・10000km

ミッションインパネAT

カラーガンM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

お気に入り

車両本体価格 (税込)

148万円

支払総額 (税込)

155.2万円

id車両
あんしん、まる見え
車両状態評価書を見る
  • 年式2018年
  • 走行距離5.8万km
  • 車検2023年10月
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションCVT

カラーガンメタ

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

73万円

支払総額 (税込)

78万円

  • 年式2017年
  • 走行距離9.6万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証6ヶ月・5000km

ミッションCVT

カラーガンM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備込

お気に入り

車両本体価格 (税込)

89.1万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2014年
  • 走行距離3.1万km
  • 車検なし
  • 排気量660cc
  • 修復歴なし
  • 保証6ヶ月・5000km

ミッションCVT

カラーガンM

ボディタイプ軽-RV系

法定整備整備別 別途55,000円

この条件でよく検索しますか?

スズキ スペーシア | ガンメタ系

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

スズキ スペーシア

グーネットに掲載されている「スズキ スペーシア」の掲載状況は?

グーネット中古車ではスズキ スペーシアの中古車情報を4,041台掲載しています。
車両価格は7.6万円~296.3万円、最も掲載の多いボディーカラーはブルーイッシュブラックパール3で733台となっています。(2022.05.29)

車種の特徴

2013年にスズキからリリースされた「スペーシア」は、女性ユーザー向けのファミリーカーとして、「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに開発された軽トールワゴンタイプの自動車です。同社の「パレット」の実質的な後継車として、副変速機構付CVTや両側スライドドアを受け継いでいる他、改良された「アイドリングストップシステム」が全車に標準装備されています。なお、このクルマは、「2016年度JNCAP予防安全性能アセスメント」において最高ランク評価「ASV++」を軽自動車として初めて獲得しています。フルモデルチェンジにより2代目モデルとなった2017年12月発売モデルでは、「ハイブリッドX」「ハイブリッドX 衝突被害軽減ブレーキ非装着車」「ハイブリッドG」「ハイブリッドG 衝突被害軽減ブレーキ非装着車」などのグレードがラインナップされています。このモデルでは、道路標識や車両情報などを表示するヘッドアップディスプレイや、クルマの周囲を立体的に確認できる「3Dビュー」といった機能が多く搭載され、安全性能が充実しています。さらに、乗り降りが容易になる後席両側スライドドアや荷室高を拡大したラゲッジルームなど、利便性を意識したパッケージングが採用されています。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア(Spacia)」は、「空間」を意味する英語「SPACE(スペース)」からの造語で、「室内空間の広さを強くアピールするとともに、経済性と広さ・使い勝手で、笑顔があふれる家族の空間にしたい」という願いが込められたネーミングだ。

モデル概要、その魅力は?

明るく広々とした室内には、両側スライドドアで容易にアクセスできる。強固なボディにレーダーブレーキサポートなど先進の安全装備も充実し、ファミリー層をはじめ幅広く人気を集める。また減速エネルギーを電装品に使用する「エネチャージ」や蓄冷材を搭載することでアイドリングストップ中でも冷風を送ることが可能な「エコクール」など、快適性でも注目を集める。

スペーシア口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印