車のローンの残りがある場合でも乗り換えは可能です

車のローンの残りがある場合でも乗り換えは可能です
車のローンの残りがある場合でも、乗り換えることはできます。しかし、乗り換えてもローンは残るので注意しましょう。

ローン返済中の車を乗り換える場合、一括でローンを支払う、車を売ったお金で完済するなどの方法がよく用いられます。ローン返済中の車を乗り換える際は、車検証の所有者欄をまずは確認しましょう。

必要書類を用意したら、所有権の解除を行う必要があります。ライフスタイルが変化したなど、車を乗り換える際は、タイミングも見極めましょう。

車をお得に売りたい場合は、清掃を行う、傷は修理しないなどのコツがあります。

ローンが残っていても乗り換えは可能だがローンは残るので注意

ローンの残金が残っている車を乗り換えることは可能です。しかし、乗り換えたからといって、ローンそのものが消えるわけではありません。

ローンは計画的に組めば、無理のない返済ができますが、逆にいえば無理に組んでしまうと月々の支払いが辛いものとなります。ローンが残った車を乗り換える際は、ローンが残ることを念頭に、支払う方法を考えるようにしましょう。

また、ローン返済中の車を乗り換える際は、まず車検証を確認することをおすすめいたします。車検証には所有者というものが記されています。

銀行が提供している無担保ローン、もしくは現金で車を手に入れた場合は、所有者が本人の名義になっているはずです。しかし、ディーラー・信販会社などの名義になっている場合、対象となる車を自分の判断で好きに売買できないので注意してください。

そのような車を乗り換えるためには、名義を本人あるいは、新たなローンの会社に変更しなければなりません。

ローンが残っている状態で車を乗り換える方法

ローンが残っている状態で車を乗り換える方法
ローンが返済中の車を乗り換える方法は、主に以下のような方法があります。

一括で残ったローンを支払う

貯金しているお金や借りたお金などを使って、残ったローンを一括で返済すれば、ローン契約を解除できます。その場合は、名義が本人のものになります。

車を売ったお金で完済する

ローンを返済中の車を売って得たお金を、ローンの返済に充てて返済する方法があります。例えば、ローンが70万円残っており、車が80万円で売却できればご自分が支払わずとも、ローンを完済できます。

この方法で買い替えた場合、名義は本人名義になります。

これから購入する車のローンに残ったローンを加える

ローンで新しく車を購入する場合、前の車のローンを上乗せする形にもできます。しかし、ローンが残っている状態で、新たにローンを組むことは簡単ではありません。

審査が厳しくなるため、その点は覚えておきましょう。この方法で買い替えた場合の名義は、本人ではなく新たなローン会社のものとなります。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

ローンが残っている車を乗り換える流れを紹介します

ローン返済中の車を乗り換える場合、どのような流れで新しい車を手に入れることになるのでしょうか。こちらでは、3つのステップに分けて乗り換えの大まかな流れを紹介します。

ステップ1

車検証を用意して、所有者の名義を確認しましょう。ディーラー・信販会社などの名義になっている場合は、ローンを返済した後に、名義をご自分のものに変更しなければなりません。

自分の名義になっている場合は、契約の内容を確認しておきましょう。

ステップ2

自分の名義になっている場合は、所有権の留保という文字が契約書に記されていないかチェックしてみてください。この表記がされている場合、名義が自分であったとしても、ローンの支払いが終わらない限り売却できません。

名義がディーラー・信販会社などになっている場合、車を売却する前にローンの完済を行わなければなりません。いくつかの方法がありますので、よく調べた上で最もベストな方法を選びましょう。

どうすれば良いのか分からない場合は、購入予定の車を販売しているお店に相談すると良いです。お客様を想って対応してくれるお店であれば、真摯に相談に乗ってくれるでしょう。

ステップ3

ローンをどのような方法で返済するかが決まったら、所有権の解除を行いましょう。解除を行うためには、以下のような書類が必要です。

  • ご自分の印鑑証明書
  • 所有者の印鑑証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 印鑑
  • 申請書
  • 車検証
  • 納付書(手数料納付書)
  • 譲渡証明書
  • 委任状

これらのうち、所有者の印鑑証明書、譲渡証明書、委任状などの書類は、ローン会社が準備してくれます。書類を準備し終えたら、陸運局にて手続きを行いましょう。

どうしてもご自分での対応が難しい場合は、車買い替え関連の手続きを手伝ってくれるお店で車を売却・購入することをおすすめします。

車を乗り換えるタイミングを見極めることも大切です

何となく車を乗り換えたいと思ってはいても、具体的にいつ乗り換えるべきなのか決まっていない方もいるでしょう。車を乗り換えるベストなタイミングは、人それぞれ異なります。

以下では、4つのタイミングについて紹介します。

1.ライフスタイルが変化した

子供が入学した、これまで住んでいた土地を離れ新しい土地での生活を始めたなど、ライフスタイルが変化したら車を乗り換えた方が良い場合もあります。例えば、バスや電車など、公共交通機関が利用しにくい地方に引っ越した場合、車を使用する機会は増えるでしょう。

その場合、燃費が悪い車を使っていると維持費が増えていく一方です。燃費が優れた車に買い替えることで、毎月かかる費用を最小限に抑えられます。

2.車の売却価格が大きく下がる可能性がある

現在所有している車の新モデルが登場した、もしくはライバル車が新しく販売されることになった場合、売却価格が大きく下がる可能性があります。そのような情報を知ったら、なるべく早く売却することをおすすめいたします。

特にローンが残っており売却して得たお金を返済に充てたい場合は、売却価格が下がるのは避けるべきことですので注意しましょう。

3.走行距離が10万km以上になる前

車は走行距離が10万km以上になると、買取価格が大きく下がる傾向にあります。近年の車は、10万kmを超えても問題なく走り続けることが多いです。

しかし、車を購入する方は、10万kmを超えた車よりも10万km以下の車を選ぶ傾向にあります。買取業者としては、なるべく10万kmに到達する前に買取したいため、走行距離が一定以上になると売却価格を下げてしまいます。

4.車検が切れる前

車検にかかる費用は、車の維持費の中でも高額の部類に入ります。数十万円以上かかるケースもあるため、車検が切れる前に乗り換える方は多いです。

特に古い車の場合、交換すべき箇所が多いため車検にかかる費用は高額になりがちです。車検の見積もりをしてみて「高い」と感じるようであれば、乗り換えを検討してみてもいいでしょう。

車を高く売るコツは3つあります

車を高く売るコツは3つあります
ローンが残った車を乗り換えるにあたって、少しでも車は高く売りたいと考えるものでしょう。こちらでは、車を高く売るためのコツを3つ紹介します。

清掃を行う

車を高く売りたいのであれば、査定に出す前に車を軽く清掃しておくことをおすすめします。清掃をしたからといって、必ず高値で売れるとは限りません。

しかし、査定を行うのは機械ではなく人間です。きれいな状態の車を見れば、良い印象を抱きプラスに評価する可能性はあります。

外装はもちろんのこと、内装もできる限り清掃しておきましょう。内装で注意すべき点は、においです。

普段からタバコを吸う方やペットを車に乗せる方は注意してください。臭いは減額の対象となります。

消臭スプレーをかけるなどして臭いが少しでも残らないように工夫しましょう。

修理は行わない

傷やへこみがある場合、高く売却するために修理を行う方もいますが、あまりおすすめいたしません。修理をした方が高く売却できるのは間違いないでしょう。

しかし、修理にかかった費用よりもプラスに評価されることは少ないです。小さな傷であれば、大きくマイナスに評価されることはありません。

また、へたに自分で修理を行って、かえって傷が増えてしまうかもしれません。修理はせずに売ることも、お得に売却する重要なコツといえるでしょう。

査定は複数の業者に依頼する

同じ車であっても、業者AとBとでは買取価格に差が生じることはよくあります。売却の際は、複数の業者に査定を依頼することをおすすめします。

査定の結果を提示してもらい、その中で最も高く買い取ってくれる業者に依頼をすれば、お得に売却を済ませられます。

(まとめ)車のローンの残りがある場合でも乗り換え可能なのか?

1.車のローンの残りがある場合でも乗り換えは可能です

車のローンの残りがある場合でも、乗り換えは可能です。ローン返済中の車を乗り換える際は、手続きの流れを把握しておくと良いでしょう。

ライフスタイルが変化したなど、乗り換える際はタイミングも見極めた方が良いです。

2.車のローンが残っていても乗り換えることはできます

ローンが残った車を乗り換えることは可能です。しかし、ローンが残るため、支払い方法は慎重に考える必要があります。

ローン返済中の車を乗り換える場合、一括でローンを支払う、車を売ったお金で完済するなどの方法がよく用いられます。

3.ローンが残っている車を乗り換える流れを紹介します

ローン返済中の車を乗り換える際は、車検証の所有者欄をまずは確認しましょう。名義がディーラー・信販会社などになっている、もしくは所有権の留保という文字が契約書に記されている場合は、ローンの支払いを行ってからでないと売却できません。

4.車を乗り換えるタイミングを見極めることも大切です

ライフスタイルが変化した時や車の売却価格差が大きく下がる時、走行距離が10万km以上になる前、車検が切れる前など、乗り換えを考えるタイミングは様々です。乗り換えを考えている場合は、どのタイミングがご自分にとって良いのかを考えることが大切です。

5.車を高く売るコツは3つあります

少しでも高く売りたい場合は、車を清掃しておきましょう。傷がある場合は、修理を行わずに売った方がお得な結果になる可能性が高いです。

査定は複数の業者に依頼しましょう。査定を複数の業者に依頼することで、高く買い取ってくれる業者を見つけられます。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる